キッズライン社長 経沢香保子 blog

■私のやっている事業
「日本にベビーシッタ文化をつくる」を掲げ、
1時間1000円〜即日予約手配も可能なベビーシッターサービス
「キッズライン」を運営!(iosアプリも)

このクーポンコードを入れてシッターサービスKIDSLINE(キッズライン)に登録すると、ベビーシッターの初回利用が1000円オフでご利用いただけます。
クーポンコード:kids_8391129242
新規登録はこちらから:https://kidsline.me/invites/u8391129242


■「女性起業家サロン」を運営中!
起業ノウハウやみなさんの相談に答えるPodcast配信。
毎月旬なゲストに会える対談イベントを実施しています。
起業していない人も、もちろん男性も参加いただけます。
https://lounge.dmm.com/detail/558/

■ブログには書けない話はこちらに
「経沢香保子の本音の裏側」
https://note.mu/kahoko_tsunezawa/m/mbfb175f6ffa2

昨日のブログ、


弊社 (というか、わたし (;^_^A) の食糧事情  につづき、


新人たちの食糧事情を書きます。



そのまえに、


弊社の新人には、

社内に、

「父」 と 「母」 がいます。


(父母制度というのを導入していて、部署を超えて相談できる両親です。

両親は子供の成長を見守るというミッションがあります)



そして、新人たちは、いままで、


名刺獲得キャンペーン

テレアポキャンペーン


の2つを全員で競いました。



その結果、優勝した新人には、豪華食事券がプレゼントされ、

「家族ディナー」 音譜が開催されるのです。



2日間で30を超えるアポイントをとった、

テレアポキャンペーンで優勝した、

室永チャン


両親と、カウンターで お寿司!



夢中で食べてます。


おいしそうな、うに・・・・・!!




感想はこちらのブログにも

http://ameblo.jp/07trenders/entry-10031115637.html



いいなぁ~~~




そして、名刺獲得キャンペーンで優勝した

豊田ちゃん。


感動的なブログを書いていましたが、

http://ameblo.jp/07trenders/entry-10030191224.html



彼女は、家族と、フレンチ!




母と娘


そして、両親



なんだか、楽しそう!


いいなぁ~~



しかも、




美味しそう・・・・・なんですけど!!!



いいなぁ~

うらやましぃーーー叫び



でも、優勝した二人はがんばったもんね。

親孝行が早速できてよかったですね。



私も、早く目標達成して、

美味なる、祝杯をあげようと思います。



来週は4月最終週です。

がんばりまっす!

















おとといの、この  ブログでエントリーした

弊社食糧事情の続きです。


さっそく、以下のお店から




どんべえを購入。




横にはちゃんと、お箸まで!



お湯を入れて、


「何分だっけなぁ~」


と、独り言を言っていると、

システムO氏より、渡された、以下↓



タイムウオッチ


なんという、至れり尽くせりの

ラーメン屋さん!!


(もちろん、セルフですが)




そして、先日のエントリー記事 をみた

ヤフーのO氏が、私を哀れんでか?


差し入れをしてくださいました。




というわけで、


昨日は、カップラーメンにケーキのデザートつきの

フルコースでございました。



私のこんな食糧事情と比較して、

新人たちは、すごいことになっているので、


その話は、明日に・・・・・・






今日読んでいたメルマガに書いてあった言葉


苦しみとは

感動の準備である


本当にそのとおりだとおもう。


だから、苦しみから逃げると、

感動できないから、もったいないよね。




最近よく考えていること。


「一番欲しいものは何?」


そして、


「二番目に欲しいものは何?」


そして、最後の質問


「一番欲しいものを手に入れるために、
 二番目に欲しいものを捨てることはできますか?」



欲しいもの。

どれくらい欲しいのか。
是が非でも手に入れたいのか。


そんな問答をすると、よくわかるのだと思う。

自分がそれが、本当に欲しいのかどうか。



===



経営者の仕事って、


できてあたりまえ

できなければ、非難されて当たり前


結果のみで判定されて、
あまりほめられることのない仕事だと思う。


それでも、社長として、

成し遂げたいものがあるかどうか



蛇口をひねれば水がでて当たり前。
でも、水が出なければ、みんな怒る。


水が出るのは当たり前すぎて、いちいち感謝されない。
でも、その当たり前がちゃんと行われるように、
24時間意識を払っている人がいる。



そんな仕事だよっって、以前、教えられました。



でも、いつも、誰かの役に立つ仕事でもあると、

改めて感じたことを、ふと、思い出しました。


さぁ~がんばるぞ!





↑このページのトップへ