キッズライン社長 経沢香保子 blog

■私のやっている事業
「日本にベビーシッタ文化をつくる」を掲げ、
1時間1000円〜即日予約手配も可能なベビーシッターサービス
「キッズライン」を運営!(iosアプリも)

このクーポンコードを入れてシッターサービスKIDSLINE(キッズライン)に登録すると、ベビーシッターの初回利用が1000円オフでご利用いただけます。
クーポンコード:kids_8391129242
新規登録はこちらから:https://kidsline.me/invites/u8391129242


■「女性起業家サロン」を運営中!
起業ノウハウやみなさんの相談に答えるPodcast配信。
毎月旬なゲストに会える対談イベントを実施しています。
起業していない人も、もちろん男性も参加いただけます。
https://lounge.dmm.com/detail/558/

■ブログには書けない話はこちらに
「経沢香保子の本音の裏側」
https://note.mu/kahoko_tsunezawa/m/mbfb175f6ffa2


最近、徒歩通勤を心がけるようにしています。


歩くのは、とても体にいいそうですし、


早朝に、ハイヒールですが、


がしがし、考えながら陽の光を浴びて歩くのは、


結構気持ちいいです。




で、そんな通勤途中に、


気になる名前のお店があって、、、、





===


今日は取締役会議でした。


なんだか、いろんな意味で緊張しました。


まだまだ自分の未熟さを感じます。。。


これからももっとがんばります。



===



先ほど会食が終わり、


打ち合わせのために会社に戻ってきたら、


「はやいですね~」


と、N嬢。




そうですけど、でも、


もう、こんな時間なんですけど・・・(ただいま、23時。。)





こんな月曜日の幕開けですが、


今週も盛りだくさんなのでがんばろうと思います。





===



こんなにも女性に人気があったんですね。


高島社長!



「ブログで期待値あげすぎです!」


と、


http://ameblo.jp/trenders/entry-10017884523.html


このブログ を見て突っ込まれましたが、、



大人気講座で、残席本当にわずかになってしまいました。



一瞬で50名を超えるお申し込みが、、



たぶん、近日中に締め切ってしまう予定です。



Oisix高島社長


経沢が、対談させていただきます。



「コンサルティング業界からのキャリアアップ転職」

http://ones.be/event/index.html



(コンサルティング業界経験者のみとなっておりますので、
あらかじめご注意ください




■無料■(超オススメ)


10月25日! 編集長対談。


あなたのキャリアは、時代とあってる?


女性リーダーを目指す いま、時代に求められる女性リーダーとは?

日経ビジネスアソシエ編集長×とらばーゆ編集長×トレンダーズ経沢


http://www.trenders.co.jp/salon061025/index.html




■女性社長必見■


こんなチャンスはめったにない、


おちまさとさん、直伝。豪華ゲスト講師陣による、


女性社長のためのマスコミ&ブランディングセミナー





■無料■起業したい女性必見 女性起業塾 プレセミナー

http://www.w-e.jp/



■無料■ロジカルなオンナになろう「戦略キャリア塾」プレセミナー

http://www.trenders.co.jp/strategy/explanation.html




「いやーー、ほんと、


そんなに活動してても、


いっつも、元気ですね~」



と、散々、周囲に言われ、



「 ○カは、風邪ひかない 」



を、地で行っている私が、


なんだか、ここしばらく、


風邪ではないけど、



「頭イタイ・・・」 (ノ◇≦。)



と、偏頭痛に悩まされてました。




自分なりに理由を探って、対策立てて。



睡眠をとってみたり、



マッサージに行ってみたり、



気分転換に飲みにいったり?!





一瞬は治るんだけれども、


すぐに、また、イタイ・・・




で、今日、久々に、


運動


したら、一気に治った気がしました。o(^▽^)o




いままで、週に2もしは、3のペースで


トレーニングしていたのですが、



なんだか、忙しさにかまけて、


また、週末の出張が重なり、


イロイロと理由をつけては、


トレーニングをキャンセルしたり、延期したり、


なんだかんだ3週間も、サボっていました。




たった90分のトレーニングが、


私の体調を整えるのに、


すごい重大な役割を果たしていたんだなと、


改めて、思いました。




私はどちらかというと、


人よりエネルギー量が多すぎて、


元気すぎるのですが、


入ってくるエネルギーもたくさんなので、


ちゃんと、すっきり、出しておかないと、


バランスが悪くなるのだと思います。



私が、いろんなこと、しぶとくのり越えてるのも?!


その基本は、この、丈夫な体なんだと思います。




どんなに忙しくても、


トレーニングは最優先で、


それが仕事の効率を高めること、


そして、溌剌で、いっつも、たのしい自分のモトなんだと、


改めて思いました。





なんだか、まじめな話のあとに恐縮ですが、


昨日の日記


「オンナ社長の秘書より、


男性社長の秘書のほうが、モテる?」


にいただいた、


みなさんのコメント面白かったです!(*゜▽゜ノノ゛☆




秘書A嬢も、かなり、喜んでました。(≧▽≦)


今度はもっと、知的なネタを提供したいそうです。



そんな私たちコンビですが、


今後もよろしくお願いします。




■無料■(超オススメ)


10月25日! 編集長対談。


あなたのキャリアは、時代とあってる?


女性リーダーを目指す いま、時代に求められる女性リーダーとは?

日経ビジネスアソシエ編集長×とらばーゆ編集長×トレンダーズ経沢


http://www.trenders.co.jp/salon061025/index.html




■女性社長必見■


こんなチャンスはめったにない、


おちまさとさん、直伝。豪華ゲスト講師陣による、


女性社長のためのマスコミ&ブランディングセミナー





■無料■起業したい女性必見 女性起業塾 プレセミナー

http://www.w-e.jp/



■無料■ロジカルなオンナになろう「戦略キャリア塾」プレセミナー

http://www.trenders.co.jp/strategy/explanation.html

私の秘書のA嬢は、


いつも、いろんなねたを持っています。




先日、合コンしたそうで、そのときのレポートを聞きました。




どうも、合コンでは、


「 秘書 」


という、職業は、モテ系だそうです。




「 へ~、秘書なんだ 」


キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!




と、男性チームから


(ちなみに男性チームは、すてきな、お医者さんだったそうです)



羨望とも好奇心ともつかぬまなざしで見つめられ、



人気を博したそうです。




でも、秘書としてサポートしている社長が、



「女性である」



と話したとたん、




男性陣、一気に興味が激減の様子が、


手に取るようにわかったそうです。(ノ_-。)



男性社長 & 美人秘書



という、組み合わせのほうが、


モテ度たかいのは、


なぜだろうか?




というネタを皮切りに、


私と、秘書A嬢と、S嬢は、


深夜まで、ガールズトークで


盛り上がった、楽しい夜でした。



(上記に関しての解釈、男性の方々、ぜひ、コメントください)




帰りに一人になった私は、


彼女が 「私=女性」」 の秘書であることで、


モテ度が減るのかと思うと、ちょっと責任を感じたりしました。。。。





他にもイロイロとある、


秘書K嬢のネタは、かけないものがほとんどですが、


今後も小出しにしていきたいと思います。





いずれにせよ、


彼女のサポートのおかげで、


私の仕事に対するモチベーションと、効率が、


飛躍的にあがっているので、


いつも、感謝しています。


アリガトウ  o(^▽^)o



■無料■(超オススメ)


10月25日! 編集長対談。


あなたのキャリアは、時代に乗ってる?!


女性リーダーを目指す いま、時代に求められる女性リーダーとは?

日経ビジネスアソシエ編集長×とらばーゆ編集長×トレンダーズ経沢


http://www.trenders.co.jp/salon061025/index.html




■女性社長必見■


こんなチャンスはめったにない、


おちまさとさん、直伝。豪華ゲスト講師陣による、


女性社長のためのマスコミ&ブランディングセミナー





■無料■起業したい女性必見 女性起業塾 プレセミナー

http://www.w-e.jp/



■無料■ロジカルなオンナになろう「戦略キャリア塾」プレセミナー

http://www.trenders.co.jp/strategy/explanation.html








↑このページのトップへ