キッズライン社長 経沢香保子 blog

■私のやっている事業
「日本にベビーシッタ文化をつくる」を掲げ、
1時間1000円〜即日予約手配も可能なベビーシッターサービス
「キッズライン」を運営!(iosアプリも)

このクーポンコードを入れてシッターサービスKIDSLINE(キッズライン)に登録すると、ベビーシッターの初回利用が1000円オフでご利用いただけます。
クーポンコード:kids_8391129242
新規登録はこちらから:https://kidsline.me/invites/u8391129242


■女性起業家と予備軍向けのサロンを運営しています!
https://lounge.dmm.com/detail/558/

■心を込めて放送している番組 podcastの「起業も人生も味わい尽くす」毎週配信しています!
https://goo.gl/irWJzR

■ブログには書けない話はこちらに
「経沢香保子の本音の裏側」
https://note.mu/kahoko_tsunezawa/m/mbfb175f6ffa2


「ケンカしたら、絶対、勝てない。」


と、しぶしょく で、藤田社長 がおっしゃっていた、

エスグラントコーポレーション さまの
うわさの朝礼を見学させて頂きました。


私 「おじゃましま~す」 (*^ー^)ノ


と、フロアに入るなり、


S社70名の営業

 「ぇいらっしゃぁいまぁせぇぇっ!!!!!」


と、ほぼ、怒号レベルの
元気な挨拶が70人から一斉に。 (*゚ー゚)ゞ



早速 朝礼が始まり、


川田副社長 の挨拶や、

各スタッフからの目標宣言の間には、



「はい はい はい はい!」


「よし よし よし よし!」



「おーーーっす!」


などの、掛け声がはさまれながら、

テンション高く進んでいきます。



右をみても、






左もみても、






フロアを一周囲む形で営業マンが約70名整列。



すごい迫力でした。


私の知らない世界でした。


でも、なんと、最後は円陣にいれてもらって、
私たちも気合を入れて、叫ばせて頂きました。


ちょっと仲間に入れたようでうれしかったです。 (*⌒∇⌒*)



いや~、おそるべし。


確かにケンカしたら勝てなさそう。



でも、みなさん、本当にお優しくて
気持ちのいい社員の方ばかりで、


この結束力が、エネルギーが、
好業績の秘訣なんだろうなって思いました。



そのあとは、エスグラントコーポレーションの
女性営業スタッフの方を対象に、
講演をさせていただきました。



20代前半の女性ばかりで、
瞳がきらきらしていて、
一生懸命聞いてくださる姿が、
本当に印象的でした。


朝礼見学をさせていただき、
講演をさせていただいて、
実際に目で見て肌で感じることができた、


スタッフ同士が思いやりと愛をもった、
会社を一丸となって成長させようという姿は、
本当に勉強になりました。


エスグラントコーポレーション のみなさま、
本当にありがとうございました。






今日も気づくとこんな時間だったりします。
(00時35分)


本当に毎日充実していてありがたいですが、


心配なことは、


不義理をしていないか・・


スタッフが声をかけづらい状況を作っていないか・・


お昼を5分くらいで食べているので、
それって、体に悪くないのか?・・


そんなことです。





重要な話は、サイボウズに15分刻みで打合せとして
入れてもらっていますが、


「ちょっとだけききたい」


という、1分から3分ですむような話は、
遠慮なく、どんな状況でも声をかけていい
携帯に電話していいことになっています。


私自身が会社の業務が進むボトルネックには、
決してなってはいけないと思っています。


眉間にしわよせていたら、ごめんね~




明日は9時から22時まで
移動時間もジャストで、隙間なく、
アポイントが詰まっていますが、


全部わくわくするアポイントなので、
十分味わいつくしたいと思います。


(みなさん、連絡、相談、遠慮なく、
 移動中に折り返しますねっ!


そして、私の友達たち、遠慮なく電話してください。

明日は終わるのは、きっと、早いほうだ。)




それにしても、社長業は


体力


これが、ほとんど。



体力がないと、
忍耐力、薄くなりそうだし、
誤った判断しそうです。



そして、上手な


気分転換


これができれば最高。



どんなに夜遅くなっても、
仕事が、忙しいときのほうが、
不思議と、はじけたくなってしまうんですよね。。。


きっと、左右のバランスを保っているんだろうな。




大臣のように働き、
王様のように遊ぶ


(ちょっと古いかな?)



でも、そんな感じです。


これが、
いまの、私の理想の両立系です。



それでは!   (^-^)ノ~~









「どれが正しいんですか」
「どっちがいいですかね」



という質問は、あまり良い質問ではないな
と、反省することがありました。



状況によって、どっちも、正しい場合があるから、

答えは、

「そんなの、わかんないよ」

が正解なんだと思いました。



(実際に、大先輩に、そういわれた。。。苦笑)



だから、
どれが一番良い選択肢か、という答えは、

本当は、ない。のです。


そして、相手には、決められない。


理由は、


その人、その会社それぞれのおかれている背景が違うから

その人、その会社が目指しているものが違うから



ただ、私が思うのは、

素人と、ばかにされても、知識不足を恥ずかしく感じながらも、


どんな選択肢があるか、


それを必死で知ろうとすることに、恥ずかしがったり、

労力をいとうようなことは、絶対にしたくないと思います。


ぎりぎりのぎりぎりまで、
体と頭を使って、情報収集をして、

いろんな角度から、検討することをあきらめたくはないと思います。


あらゆる選択肢を、自分の場合に当てはめて、
最終的には自分で責任を取るということだと思います。



そして、決断した後は、
その決断を、
正しいものをするためにも、


選んだ選択肢を持って、
何が何でも、
結果をだす。

ただ、それだけなのだと、改めて思いました。


深夜にお世話になった、大先輩。
アドバイス、ありがとうございました。

すぐにご連絡いただいて感動しました。。。


今日も、本当に

みなさまのおかげで、充実していました。


ふーー、楽しかったけど、おつかれさまだったよ~(*^ー^)ノ




↑このページのトップへ