キッズライン社長 経沢香保子 blog

■私のやっている事業
「日本にベビーシッタ文化をつくる」を掲げ、
1時間1000円〜即日予約手配も可能なベビーシッターサービス
「キッズライン」を運営!(iosアプリも)

このクーポンコードを入れてシッターサービスKIDSLINE(キッズライン)に登録すると、ベビーシッターの初回利用が1000円オフでご利用いただけます。
クーポンコード:kids_8391129242
新規登録はこちらから:https://kidsline.me/invites/u8391129242


■女性起業家を支援しています!
https://synapse.am/contents/monthly/woman_kigyou_salon

■ブログには書けない話はこちらに
「経沢香保子の本音の裏側」
https://note.mu/kahoko_tsunezawa/m/mbfb175f6ffa2

■コメンテーター
毎月土曜 テレ朝「週刊ニュースリーダー」
毎月日曜 日本テレビ「シューイチ」
不定期 東京MX「モーニングクロス」


以前、超真剣に書いていたコラム月刊経沢香保子の本音の裏側

有料noteで、賛否両論(無料で書くべきVS無駄な誹謗中傷で荒らされるより有料が一番)でした。

賛否のせいで辞めたわけではなく、約1年間真剣に書き続けたので休憩という気持ちです。


noteでもシーズンごとにまとめているので、一気に読んでいただくこともできるのですが、

kindle読み放題の方は、無料ですらすら読めると思います。

ぜひ、魂に火をつけたい方は、お読みください。

これを読んでの感想は「私のイメージが変わった」という方がすごく多かったです。








あのネットの有名人 えとみほさんは上記についてこんな感想をくださいました。

18

https://note.mu/etomiho/n/n2d2ebe2c8f46


ちなみに、無料で読めるといえば、こちらが大好評なkindle本です。
キッズラインの創業物語






よく、運がいい、とか、運が悪いとか言いますよね。

実は、私は、ずっと17年間経営者としてやってきて、実は「運」には、大きな違いがないようにも感じています。

もちろん、笑顔で過ごすとか、敵を作らないとか、みんなに喜ばれることをやるとか、徳を積むというのはやればやるほど、確かに効果があると思います。

そうやって、いいチャンスが巡ってくるための小さな善行の積み重ねは絶対にプラスに働く、と思うんですけど、それは、「運」ではなく、「努力」でコントロールできる範疇のような気がするんです。

(逆を言えば、人の悪口ばっかり言っていたり、自分だけ良ければいいという思考の人に、悪いことが起こるのは運が悪いといより、当然の流れかなと)

それを「運がいい」の一言で片付けてしまうのは、「それほどの努力を人は運という」 by見城徹氏ではないでしょうか。

だから、特に経営者、リーダーとか責任者とか、チームや家族に責任を持つ人は、いわゆる運が良くなるような、一見運に見えるようなものを引き寄せるために、悪行を減らし、善行を積むことは大切だと思うのです。


あと、同時に、私がもっと大切で、意思でコントロールできることは、

物事を継続させること


だと思います。

やっぱり、長くやっていれば、それだけ情報も集まりますし、ネットワークもできますし、そして、打席に立つ回数が多ければ、チャンスも「数」として増えるからです。


さらに、それを楽しくやっていたら、「楽しいから思わず長続きする」というサイクルに入るので、

好きなことをやっている

というのも重要だと思います。「仕事が遊びで遊びが仕事」 byマックス松浦氏

という感じではないでしょうか?



つまり、運がいい人が持っている、最も強い力は「継続力」ではないか?

継続するには好きなことじゃないと無理だし、好きなことをやってると笑顔になれるし、周囲にも優しくできる。アイディアも湧きやすい。

そして、実は好きなことに巡り合えることが幸運なのかも

それだけでずーーっとずーーっと幸せでいれるような気がします。好きなことに時間をつかえて、好きなことで人の役に立てる。愛する人(好きな人)に出会えて、その人とともに人生を豊かにできる。

「好き」のパワーは最強です。

ふと、そんなことを徒然に考えていた私でした。

私がいま、夢中で取り組んでいるのは「日本にベビーシッター文化」を作ることです。

女性たちが、子供をもっても、自分の自律的選択肢を持てること、パートナーともいい関係が継続するための選択肢を提示したいです。

また、子育ての呪縛をとくことで、もっと多くの女性が「子供を産んでみたいな」と、少子化改善の一翼を担えるように、

クロネコヤマト目指して頑張ります!

6月は以下の取り組みを真剣にやっております。日本から病児保育問題を無くしたいです。

キッズラインの病児シッターを6月中は無料で体験できます!






成功者って、魅力があるから成功者だと思うのですが、
経沢さんはどう「魅せる」を意識してますか?



そんな質問をメンバーにもらって、成功者の魅力とか、一般的な魅力について考えてみました。

私はまだまだ志の途中なので、成功に向かって経営者としての魅力を高めなければいけない段階です。その視点で、皆さん温かくお読みいただければ嬉しいです)

まず、魅力あるところに、人もお金もチャンスも舞い込んでくると思うので、「魅力」って本当に大事ですよね。

そして、「魅力」って、表面ではなく深層から滲み出る方が圧倒的に強いですよね。
洋服とか地位とか外見とかの「みてわかる魅力」って、実はそれほど人は興味が惹かれないと思うのです。

すぐに終了してしまうというか、すぐにわかってしまったり、すぐに真似できるから。

それよりも
「何であの人ああなんだろう??」とか
「なんであの人はそこにたどり着いたんだろう??」


という

表面では見えないけれども、
目を凝らしてみなくてはいけない魅力
付き合ってみないとわからない魅力のほうが、
人を惹きつけてやまない魅力

んだと思います。


だから、ぱぱっと身につけられる魅力も悪くないけど、じわじわ魅力を高めていく生き方って重要ですよね。


そのために、当たり前なんだけど、経営者として気をつけているのは、

(0)魅力的な人と付き合い続ける自分でいる(これはベース)

(1)経営の基本として「必ず結果をだす」

(2)人間の基本として「自己責任で、自分の行動がもたらした結果を全部受け入れる」

(3)外見的な魅力は「心身ともに健康的であること」が基盤

(4)独自性の魅力として「本当にやりやいことをやっている」


そして本当にやりたいことをやりながらも、そのプロセスにおいては、対立する価値観も受け入れることができる。そうやって、いろんなことを飲み込みながら、社会全体を幸せにする絵を描き、実行できる。

そんなことを、以下、ツイッターや、詳細は、女性起業家サロンに書きました。





まだまだがんばるぞ〜

もしよろしければ、以下の記事も参考にしてください。










↑このページのトップへ