アリーテ姫の冒険

photo:01


はあちゅうコラムで話題になっていた、
上記の本

強くて賢い「自立型お姫様」たちの悩み

はあちゅうの女の本音


>助けがないと幸せになれない「依存型お姫様」ではなく、
>自分の力で運命を切り開く「自立型お姫様」になるんだ、私は!


http://am-our.com/love/100/8555/


さっそく読みましたが、
とってもとっても素敵な絵本でしたグッド!グッド!


あとがきも、すてきです。



女の子はどうしても素直で、
可愛いくて、控えめで、という模範がおしつけられがちです。

ほんとうの勇気と知恵とやさしさと、
いきいきとした生命力に満ち溢れた
アリーテ姫が、女の子たちの
憧れのモデルになったら、どんなにすてきなことでしょう。


その問題解決のしかたも素敵です。
そこにはこれまで男たちが鎧や甲や剣のような
武器や権力を使って解決しようとしたために、
失敗してきたのだというメッセージが読み取れるからです。


アリーテ姫は、相手を傷つけたり争ったりせず、
物語に登場する人や動物、
植物とも仲良くして、

その勇気とかしこさで次々と問題を解決してしまうのです。





FBにちょっとこの件を投稿したら、
何人かの女子たちから

「私も昔読みましたー」

と、反響があったのですが、

それらの女子たちはみな、

アリーテ姫のように、


誇示しない内に秘めた強さと
女性らしい協調性と聡明さと、
自分の足で歩いているチャーミングな
女性たちばかりでした。



娘が

「将来は、ママのようにお仕事したいビックリマーク

最近よくいってくれます。


嬉しい半面、

本当にこのような道を歩かせることが、
彼女の、女性の幸せになるのだろうか、
そんな風に考えてしまうよう困難にあたることもあります。

登れば上るほど険しいこともある。
登れば上るほど誰も見たこともない美しい世界と進化があって。


ずっと遠く先かもしれませんが、
それ以上に大きなものがあることも、
なんとなくきづいています。


個人としてもそうですが、
それだけではない、

女性が社会が、新しい時代に対応して、
進化して生きていく。

うまく言えないけど、
そんな壮大な冒険であり挑戦。


ずっと昔から、チャーミングな女性たちが、
挑戦して切り開いてきてくれた道なんだなって、
改めて思いました。


そんな道の、あとに続きながら、

一歩でもすすんで、もっと新しい世界に気付いて、
何かを伝えていけたらいいなとも。


そして、それは、
自分も、楽しみながら進む道であり、
周囲を楽しませながら創る道であり、

工夫次第で、
ユニークで美しいものに包まれながらでありたいと思ってます。

だから、新しくて、素敵なのだと。

アリーテ姫の冒険

2回目は娘と読みたいと思います。