先日、年収1000万円も目指せる保育士の新しい働き方という記事が思った以上に各所から反響がありました。

とはいえ、誤解を招きたくないのは、お金を目指してみんなが働いているわけではありません。ママからたくさんお金を取ろうを思っているわけではありません。

ただ、保育士という仕事の社会的地位はもっと正当に評価されるべき、と私は心底思っています。
同時に、育児の担い手が増えて行く仕組みが今の日本には必要です。子供の笑顔を増やすため、そして、未来の日本の活力を増すために。

それは、育児の担い手の方々(キッズラインのサポーターさん)に、「評価システム」「社会貢献」「報酬」「働き方」という柱にきちんと向き合っていただきながら、プロとして自分で決めた働き方に満足していただくことだと思って、様々な一人一人がもっとも輝ける働き方の工夫の仕組み(毎回レビューによるフィードバックがある、自分で時給やサポート内容を決める、スケジュールを自分で決める、レスポンスの速さや時間はオープンになってるなど)をキッズラインでは入れています。

また、ママや親から必要以上にお金をいただくことはしていません。シッターさんは自分の決めた時給で働いてくださっていますし、ママは好きなシッターを時給1000円〜選べるようにしています。マージンはそれぞれ、保険料やカード手数料も含めた10%を頂戴し、シッターさんの採用や研修、お客様サポートも含め、キッズライン社の運営をさせています。中間マージンを究極まで圧縮し、できる限りお安く提供できるように、徹底的なIT化とに取り組んでいて、システム開発に先行投資しています。そのような経営努力やみなさんの応援やご協力の結果、通常のベビーシッターサービスの3分の1程度で、初期費用なしで使えるようにしています。

また、それでも、育児というのもが日常です。さらにリーズナブルに使っていただけるよう、私たちは、自治体との取り組みや、各種福利厚生での取り扱いなどの助成のお願いに何度も何度も国会にも足を運び頭を下げ、ご協力のお願いをしています。そして、法人導入なども積極的に営業活動しています。(ぜひ、関係者の皆様や人事の方、ご協力いただけると嬉しいです!)

リロクラブやベネフィットワンなどをご利用の方は、補助チケットで1時間500円ほどで利用できる方もいらっしゃいます。

===

さて、実際に、キッズラインスタート当初より活躍してくださっている、仲宗根さんと対談させていただいたのが以下の記事です。保育士シッターさんの働き方をよりリアルを感じていただければと思います。


そして、キッズラインでは3歳以上のお子さんは、女子大生も預かり可能になっていて、女子大生のみなさまからは、たくさんの「やりがいがあった」というコメントをいただくのですが、こんなブログも発見


そして、シッターさんがお子さんに女子大生シッターさんを頼むという現象も!


ベビーシッターというお仕事が珍しいせいか、そして、臨機応変さを求められるからか、就職活動にはプラスになるようです!


小学校4年生の学力だった「ビリギャル」を慶応に現役合格させた、坪田先生も、キッズラインの愛用者でこのようなコメントを寄せてくださいました。

28


ビリギャル、本もすごいけど、アマゾンで見れる映画もすごく感動しました!(5回くらい号泣)




====

育児の悩みは尽きないですよね。今日は、こんなシッター求人もありました。


人気インスタグラマーもキッズライン!


そして、ママたちがよりリーズナブルにご利用できるように、以下のようなクラウドファンディングも行なっています。ぜひ、みなさま冒頭の動画だけでもご覧いただければ嬉しいです!