ツイッターで以下、つぶやいたら、すごく多くの方が共感してくださったようでした。


楽天時代に「金がないなら知恵を出せ!」的なことは三木谷さんがよくおっしゃっていて、社内でも常識でした。

しかも、それは会社が儲かってからでもです。

たとえば、(あくまで弊社の場合ですが)新規のお客さまがもっとほしいからといって「広告出しましょう」というのは、私はあまり本質ではないと思っていて、その予算があるのであれば、「体験してもらう」ほうが、会社にとっても、お客様にとっても、広告費にじゃぶじゃぶつかうよりはいいのではないか、など。


その方法を無限に思いつくかどうか。思いつく人はもっともっと上に行ける可能性を秘めている。


それは、仕事に限らず、人生も一緒で、「仕事ができる女はモテない」「育児と仕事は両立できない」など、一見ほんとっぽいことに縛られてしまうと人生は楽しくない。



人生がうまく行っている人は「どうやったらもっとうまくいくんだろう」と常に考えている人で、
人生があまりうまくいかない人は「なんでうまく行かないんだろう」と、うまく行かない理由ばかりに集中して考えてしまうんだともう。それはもったいない。


なんで、モテないんだろうっていってしまえば、親もモテなかったとか、体型がイマイチだからダメなんだ、積極性がないからダメなんだとか、ダメ出しの連続になり、絶望につながるけど


どうやったらモテるんだろう、って考えれば、明るい表情にしてみたり、積極的に話しかけて見たり、いろいろとやってみることで、さらに希望の光が見えるものだと思います。


というわけで、おそらく日本一モテる男と明日対談します。
ビジネスでも、パートナーとしてでも、あなたが選ばれる方法を、初代バチェラーと私が対談いたします。

明日夜です!

http://peatix.com/event/287325

01