キッズライン社長 経沢香保子 blog

Categoryすべての女は自由である【コラム】

最近、反抗期がない子供が約半数で増加傾向という記事を読んで、

「半数」が多いのか少ないのか、最初は、あまりピンとこなかったです。

なぜなら、私が反抗期がないまま育って今に至るからです。

===

私の場合は、反抗期に、決して反抗する心がなかった訳ではありませんでした。

「あれしたい!」「これしたい!」「父親のこの意見は理不尽だと思う!」

そんな思いは強く強く、本当に強くありました。

でも、あまりにも厳格な家庭で、ルールが明確な家に育ったので、反抗心をだしても無駄だといち早く悟りすぎて、反抗期にもテロ行為にも走ることなく、

「早く自立して自由に生きたい」

という気持ちと自立のための計画をムクムクと心に育ててたのです。小学生の頃から、いろいろな人生計画を人知れず考えていて、いま、現実はそのとき思い描いたものに大変近い気がします。

===

ただ、反抗期って本当は凄く大切だったんじゃないかと、最近は強く思うようになりました。

というのは、反抗期がないという私は、どちらかというと、親の求める優等生的な生き方でずっときて、そのまま、大人になっても、相手の期待にこたえるという生き方をしてきたからです。


それはずっと経営者になってもそうでした。

職業としては「相手の期待に答える」という側面から言うと私の天職なのかもしれません。



でも、同時に、「周囲の期待に答える」その気持ちが強すぎると、人の分までの荷物を背負い込んでしまったり、相手が求めていないのに、相手のために努力し続けたり、パートナーに、実は本音が言えなかったり。。。。

それが、行き過ぎると、いい子のなれの果て、恨みや怒りを発酵させるというマイナスも発生すると思うのです。

===

なので、

人生を自分らしく、自由に生きていこうと思うとき、
多少の反抗心は必要で、反抗心こそが、クリエイティブな生き方の源でもあると思うのです。


いま、私の反抗心は、事業にクリエイティビティを注入することで、発揮することが出来てバランスを保っているのだと思いますが、

ここに来るのにいろいろとあった手前、

大人になってからの反抗期も、悪くないのではないかなーと最近思います。

反抗期を迎えたら、いつかきっと、自分の場所が見つかる気がするからです。

反抗期からはじまる自由な人生ってあるんじゃないでしょうかね。

また、反抗心を上手に表にだすこと、相手に伝えることで、自分らしいままで、周囲と付き合えるように思います。そういう人間関係の方が長続きしますよね。

ふと、以下のはあちゅうの記事を読み返して、つれづれなる心境を書いてみました。





すべての女は、自由である。
経沢 香保子
ダイヤモンド社
2016-04-25









私の、本音の学びを書き綴るばしょであり、心にたまったものを吐き出す場所であり、

心の換気扇のスイッチのような場所です。

今週は、以下の更新をさせていただきました。


一番人気があったのは、以下、


まだまだ未熟者なので、たまにはちょっとした怒りをぶつけさせていただきました以下の記事も。


40代超えてから、以下のような生き方を強く意識するようになりました。


2回目の起業以降、もっとも役立った自己改革のこと。


時々、自分の心をチェックしないといけないと思う点。一番間違いやすいことについて、自戒の念を込めて書いた記事。




noteの会員ではなくても、Amazonでも、過去記事などがまとめて読めます。









今週というか先週、13日〜の1週間は本当に本当に公私ともに怒濤でした。

仕事においては、金曜日に出した2本のリリースが、おかげさまで多くの方の目にとまり感謝です。

何よりも、私たちキッズラインが成し遂げたい「日本にベビーシッター文化を」

その奥にあるのは、誰もが子供を産み育てやすい社会の実現だから、まだまだ高い志で頑張りたいですが、

その一歩となる「キッズライン保育園」を開設できたことはとても嬉しいです。


どうぞ、必要な方にとどきますように、そして、みなさま、暖かく応援してください。

==

仕事は、ある程度予想もコントロールも対策もつくもので、何があってもあまり驚きませんが、

先週のプライベートは本当に怒濤でした。

人生のある意味転機というか、いまさらの、学びが多過ぎて、

きっと80才になっても、100才になっても、時折感慨深く思い出しながら、忘れられない1週間になるのかもしれません。

こんな貴重な経験や学び、そのときの心の動きは、いつか、ちゃんと文章に書いておきたいな、と思います。

===

そんな、Blogにはなかなか書けないけれども、人生で学んだことを綴っている、

「月刊経沢香保子の本音の裏側」

今週は以下を更新しました。




そして、なぜか、アクセスが一位だったのは以下でした。

■性格は変えられないけど、●●を変えれば業績は上がる。
 https://note.mu/kahoko_tsunezawa/n/nd4fceb377d4d


過去記事一気にまとめ読みもできます。

09


実はnote会員ではなくてもお読み頂けるように、
Kindleでも過去記事を販売していたりします。









これからも、公私ともに、大切に一歩一歩進んで参りたいと思いますので、

どうぞ引き続き応援していただけると嬉しいです。





おかげさまで、月刊経沢香保子の本音の裏側、多くの方によんでいただき、熱い感想を頂き、とても感激しています。

今月の途中経過ですが、良くよんでいただいている記事ランキングを見ると




なるほど、お金とモテなのかしら?

そういえば、以下の記事もずーーっと人気です。

■2017年に結婚する方法...【前編】|経沢香保子|note(ノート)
 https://note.mu/kahoko_tsunezawa/n/n2946cb0b14b4


また、おかげさまで、月刊マガジンのまとめ読み1000円オフも大人気です。

02

https://note.mu/kahoko_tsunezawa/m/m3000aa3f6028


どうぞ、引続き頑張って参りますので、どうぞ宜しくお願い致します。

コラム集はこちらの本も人気!



すべての女は、自由である。
経沢 香保子
ダイヤモンド社
2016-04-25









おかげさまで毎月購読してくださる方が増え、反響も大きい、

【月刊経沢香保子の本音の裏側】

最新号(2016年12月号)note、Kindleと先ほど発売になりました!


16


■Kindleの方↓


■noteユーザーの方


ちなみに、どんなことを書いているかというと、、、

目次

■ベストセラーになってもロングセラーにはなれない

■エゴサーチはすべきか否か

■なぜ不安なのか、どうすればいいのか?

■敵をつくるのは、人生に爆弾をうめること

■メンタル最強になれる、たった一つの言葉

■働くママよ、罪悪感は、もう捨てよう

■人に一番に好かれる態度は「●●さ」だ。

■母からの手紙

■不安の先取りはしない

■私がいま、一番身につけたい能力について。

■苦しいときの、最高の逃げ場は「●●」だった。

■幸せになりたかったら、種をうえよう

2017年に結婚する方法...【前編】

2017年に結婚する方法...【後編】



とにかく、人気だった記事は、


ぜひ、週末にお時間あれば、読んでみてください!




ちなみに、KindleUnlimitedユーザーの方が無料で読める、
コラムまとめて3ヶ月づつの大変お特なボーナスパックも大好評です!
(12月号とは内容がかぶりません)


あれっ?!て思うレビューもありますが、
大変好評なレビューを頂き感謝です(*゚▽゚*)









noteでも絶賛販売中です!
https://note.mu/kahoko_tsunezawa/magazines





↑このページのトップへ