キッズライン社長 経沢香保子 blog

Categoryつれづれ


ツイッターで以下、つぶやいたら、すごく多くの方が共感してくださったようでした。


楽天時代に「金がないなら知恵を出せ!」的なことは三木谷さんがよくおっしゃっていて、社内でも常識でした。

しかも、それは会社が儲かってからでもです。

たとえば、(あくまで弊社の場合ですが)新規のお客さまがもっとほしいからといって「広告出しましょう」というのは、私はあまり本質ではないと思っていて、その予算があるのであれば、「体験してもらう」ほうが、会社にとっても、お客様にとっても、広告費にじゃぶじゃぶつかうよりはいいのではないか、など。


その方法を無限に思いつくかどうか。思いつく人はもっともっと上に行ける可能性を秘めている。


それは、仕事に限らず、人生も一緒で、「仕事ができる女はモテない」「育児と仕事は両立できない」など、一見ほんとっぽいことに縛られてしまうと人生は楽しくない。



人生がうまく行っている人は「どうやったらもっとうまくいくんだろう」と常に考えている人で、
人生があまりうまくいかない人は「なんでうまく行かないんだろう」と、うまく行かない理由ばかりに集中して考えてしまうんだともう。それはもったいない。


なんで、モテないんだろうっていってしまえば、親もモテなかったとか、体型がイマイチだからダメなんだ、積極性がないからダメなんだとか、ダメ出しの連続になり、絶望につながるけど


どうやったらモテるんだろう、って考えれば、明るい表情にしてみたり、積極的に話しかけて見たり、いろいろとやってみることで、さらに希望の光が見えるものだと思います。


というわけで、おそらく日本一モテる男と明日対談します。
ビジネスでも、パートナーとしてでも、あなたが選ばれる方法を、初代バチェラーと私が対談いたします。

明日夜です!

http://peatix.com/event/287325

01







久々に恋愛コラムを書きました



別れ際に人間性が出るとはよくいいますよね。

恋愛は愛憎劇に、泥沼になりやすいものです。だからこそ、リベンジなどがおこるのかもしれません。

でも、だからこそ、理想論かもしれないけれども、心がけたいことがあると思っています。次に美しくステップアップするために。

お互いへの怒りや攻撃は何も生まないけれども、お互いへの感謝や思いやりは、新しい何かを産むはず。

自分自身過去大切にしてくれたパートナーへの感謝の気持ちも含めて、心を込めて書いて見ました。

↓   ↓

34

https://p-dress.jp/articles/4197


ツイートを拝見させていただくと、賛否両論のようです。

みなさんはどう思いますか? 別れ際にこそ強い意志、まずは、無理やりでも感謝がもてたなら、大人になれるのかなと思います。


ちなみに、ちょっと前の記事ですが、恋愛系、こちらもよろしければご覧ください。

08
https://t.co/2Eh53XrDp5


そして、恋愛はビジネスにもつながる?!こちらのイベントでもお待ちしています。







いま、毎月1本書いてるコラムのタイトルを考えている。

「その男を選んだのは、あなた」というタイトルで書こうかなと思案している。最近ネットでリベンジがすごいなーと思ってしまう。

付き合った相手、結婚していた相手と別れる時、誰しも体の一部を引き剥がされるような気持ちになる。だって生活を共にしていたんだもん。私だってそうだ。(私はすごくさっぱりして見えるらしいのですが、そんなことはない。私は付き合ったらとても長いし、深い方だと思う、だからこそ、めちゃくちゃ辛いし、人生を見失う)

でも、だからこそだ。

だからこそ、お別れ際は、さっぱりしたいと思う。すごくすごく辛いけど、こじれたらおしまいだ、無理に何かをすれば泥沼にはまっていくだけだ。人生は思い出だ。思い出を汚すのは、生きてた自分を汚すことと同じだ。

すっぱり潔くいこう。

別れ際こそ、相手が拍子抜けるほど潔く、綺麗でいたいと思う。自分が愛されたという、感謝の気持ちだけもって再出発したい。

好きであればあるほど、こじれたら、一旦距離を置いたほうがいいのだ。未来を見たほうがいいのだ。本当に好きなら、そのほうが復縁の可能性だってたかまるから。あなたの尊厳だって、未来だって、実は保全されるのだ。あなたの価値は別れ際にこそ高まる方がいい。別れるのだからこそ女をあげなくちゃ。「いい女だった」って一生の記憶に残した方がいい。

言い方は悪いけど、株式投資だって、損をしたのは他でもない自分だ。
選んだ自分に責任があると考えた方が生産的だ。


その損にとことん付き合って資産を減らし続ける人生を送るのか、痛みを感じながらも、さっと切り替えて、損切りするのか、別の銘柄に投資して、未来を見るのかによって人生は違ってくる。

早くしたほうがい、相手への感謝も、その男を選んだ自分への誇りも保存される。沼にはまってはいけない。

だって35億 by ちえみブルゾン じゃないけど

人生は、時間のつながりだから。未来に向かって生きていく。

■3連休お時間ある方はぜひぜひ私の著書やnoteをお読みいただければ嬉しいです。

経沢 香保子
ダイヤモンド社
2016-04-22












私の人生は、なんとなく、3年ごとに大きなターニングポイントを迎えてるような気がする。

2000年に起業し、
2004年に難病の長女を出産し、
2007年に上場を目指し組織拡大、未熟な私は七転八倒し、娘も亡くし、
2010年にサイバーエージェントの子会社になったことで私自身が復活し、
2012年後半に悲願だった上場を果たし、
2014年にはその会社を苦渋の退任、離婚もし、新たに起業
そして、現在2017年キッズラインが3年目を迎え、基盤ができつつあるという現在

眺めてみると、半分以上は苦しいことで、一見どんずまりだった。でも、そこで、私は何かを見い出して、希望の光を見つけ、新しい道へ思い切って踏み出して、なんとか運命を繋げ、新たな発見をし、そんなふうに糧にして来たのかもしれない。

2017年現在の私は、この3年間のマイナスは一通り分析、消化したし、学び尽くしたかもしれない。

すごくスッキリした自分がいて、
新しい会社も基盤ができ、軌道に乗って来て、3年後のイメージや目標は明確になってきた。いまは、そのさらに3年後(つまりいまから6年後)の自分自身のあり方を視野に入れながら、いろんなものを再設定、明確化しているという感じなのかもしれない。

そういうプロセスにおいては、多読になったり、体力を鍛え始めたり、なんとなく「自分強化」「インプットしたくて、そして活動したい」みたいなゾーンに入っていく。

だから、過去の自分が書いた記事を読み返したり、



自分を掘り下げてみたり、すごくごく文章が書きたくなったりしていて、箕輪さんの編集室にいれてもらったりして、多くの人から活動エネルギーもらってます。

今年は行動量増やして、一歩でも前に進んで生きたい。

いつも、思うのは、年齢を経れば経るほど、人生では変えることができることの方が増えるということ。

小さい時は、どんな家庭に生まれたか、どんな容姿にうまれたか、そういうことがその地点での人生の決定要因に大きく関わったりしたけれども、もう40も過ぎれば、自分自身で人生を切り開くことができるんだ、たとえ、大変でも、そんな風に感じて生きていくほうがスッキリする感覚を身につけられるのかもしれない。

時間がかかっても、根気が必要でも、自分の一度きりの人生で、これだけ多くの人に支えていただいたんだから、変えることができるだけ社会を進化させたいと思う。青臭くても、理想を追求したいと思う。

過去の読み返してる自分の本たち。

すべての女は、自由である。
経沢 香保子
ダイヤモンド社
2016-04-25










読んでくださった方、お手に取ってくださった方、本当にありがとうございます。これからも頑張りますので、どうぞ、引き続き応援してください。




会社に突然「香保子さんいますかぁ〜!」と来訪者。

(ビビる社員たち・・・)



去年フィリピンに英語留学したときに、一番印象に残っていた「Ryohei!!」

リョーヘイは、弁理士でふむふむな話が多かったからです。


で、彼は、同じ英会話のクラスで、私が、拙い英語で一生懸命「Creating babysitting culture in JAPAN!!」とか「Change the future‼︎とか情熱的にいってたんです。


ただ、一生懸命情熱を込めれば込めるほど「なんか、怪しい女性?!」って思ってたみたいで。。。(そりゃそうですねw)


ただ、帰国後、ある日突然テレビで私をみて「あーーー本当だったんだ KAHOKO!!!」と連絡をくれたという経緯です。


テレビがなければ私はただの怪しい人でした。

マスコミのみなさんいつも応援してくださってありがとうございます。


りょーへいは、帰り際に「フィリピンでも日本でもkahokoさんにあうと元気になります」といってくれてよかったですw









↑このページのトップへ