キッズライン社長 経沢香保子 blog

Category


最近、暇さえあればキンドル片手に読書しています。

誕生日を迎えた時、短期的な目標を以下のように設定しブログに書いたのですが、

短期的な目標、今年、来年は、
・今年、来年と、仕事全開モード! 受験生のように仕事したい。
・キッズラインを社会のインフラにするための基盤強化
・そのために、全国展開、認知度アップ、各種連携など、精力的に活動をしてい

その一環でもあります。というわけで、最近読んで面白かった本は以下です。



ぜひ、私の本も読んでいただけると嬉しいです。




自分の会社をつくるということ
経沢 香保子
ダイヤモンド社
2005-06-24








自己啓発系と違って、ビジネス書を読む時、結構、いやだいぶ、気合がいると思います。

なぜなら、自社に照らし合わせて、不足分をピックアップしたりする行為も伴うからです。
いま、ちょうど事業計画をブラッシュアップさせているタイミングなので、気合を入れて読みました。

『リクルートの構創力』

02

私は新卒でリクルートなので、所属したのは97年ですから、前世紀。まだまだリクルートが人材輩出企業と言われる前で、もっともっと、アナログだったし、情報共有も行動も気合で。

もっと共有の仕組みや事業を作る仕組みを進化させればいいのにと、ちびっこながら思っていましたが、そんなペーペーの私がドブ板営業で頑張っているうちに、ちゃーんと上層部は経営方法をブラッシュアップさせてたんだなと改めて尊敬の念。外部になって改めて学ばせていただくことが多いのです。

この本は主に事業を作り出して、拡大して行くためにすべきこと大切なことを書いた本です。






















実は、キッズライン社のミッションは「一人一人が輝く社会の実現」なんです。(なので旧社名はカラーズでした)そして、その概念として、マッチングプラットフォームをつくり、社会の「不」をなくして社会をよりよく進化させるという概念です。

おそらく、新卒でリクルートを選んだのも、その次に楽天にいったのも、私はその概念が、今の時代にもっとも必要だと思っていて、キッズラインにもその理念が受け継がれています。

お客様のニーズを分析し、ただ、他社より安くて便利なシッターサービスをつくりたいということではなく、保育者がたくさんいるのに十分活躍できていない社会を変えたいという、その両者を繋ぐことによって、社会に新しい価値を創造したい、そんな思いがあります。

そういう意味では今のタイミングでこの本を読めたのは本当に良かったです。










セフルイメージが高まると人生で大きなことが成し遂げられるのだと思います。

というわけで、次のステージに上がるために、もう一度、事業計画や自分の人生計画を点検中。

そんな中ふと手に取った本が面白かったです。

女性の人生は自信で9割変わるそうです。ミス・ユニバース・ジャパンも採用している、“セルフイメージ”を高めるメソッドを公開した本です。

07



















本の中にも書いてありましたが、幼少時に心の土台ができるので、子供の教育って重要だなって改めて。
子供自らが自分で自分を育てる、藤井四段やザッカーバーグ、ビルゲイツが受けたと話題のモンテッソーリ最近注目されていますね。


キッズラインでも無料で体験できるキャンペーンを先着50名で開催中です。









セフルイメージが高まると人生で大きなことが成し遂げられるのだと思います。

というわけで、次のステージに上がるために、もう一度、事業計画や自分の人生計画を点検中。

そんな中ふと手に取った本が面白かったです。

女性の人生は自信で9割変わるそうです。ミス・ユニバース・ジャパンも採用している、“セルフイメージ”を高めるメソッドを公開した本です。

07



















本の中にも書いてありましたが、幼少時に心の土台ができるので、子供の教育って重要だなって改めて。
子供自らが自分で自分を育てる、藤井四段やザッカーバーグ、ビルゲイツが受けたと話題のモンテッソーリ最近注目されていますね。


キッズラインでも無料で体験できるキャンペーンを先着50名で開催中です。






この一言にやられました。
そして、まさにまさにまさに!

私は、いま、1時間1000円〜即日も予約できるというベビーシッター「キッズライン」を運営しています。

シッターさんと0歳から15歳までのお子さんをもつ親のプラットフォームです。

09


運営していく上で気をつけていることがいくつかあります。それは、活力ある場所、参加者が輝ける場所です。

なので、主体者の都合でルールで縛りすぎないことと、公平性のバランスを工夫しています。

たとえば、会社側の収入を多くするために、〜〜しか受け付けないなど制限はできるだけ少なく、自由で公平な場所にすること。

なので、キッズラインは1時間から利用したぶんだけの請求ですし(シッターさんが働く時間を自由に決めれる)、価格設定もシッターさんの自由です。

シッターさんがオプションでさまざまな活動を広げていく支援をしていまして、家庭教師や家庭料理や家事代行など。

02
image


1000人を超えるシッターさんがいると本当に才能に溢れる方が多く、最近では話題のモンテッソーリが人気です。

image

その品質を体感いただくために、無料体験キャンペーンも行っています。(残りわずかです)
 ↓  ↓

そうやって、協力者であるシッターさんの自主性を尊重しながら、全体は、明るく楽しく元気に参加できるイメージを大切にしつつ、信頼できる仕組みや信用できる運営を。

結果、働くシッターさんは才能溢れる方が多く、



働く満足度は開始以来100%となっています。


同時に、ユーザーである親側にとって、安心して利用できるために「技術面」「カスタマーサポート」の両方のブラッシュアップに常に向き合っています。

これからも、今までにない新しい外見のサービスだからこそ、高い視野や先見性をもって、参加する皆さんの満足度が高まる運営努力をしてまいります。

「プラットフォームビジネスの教科書」こういうタイミングで読めて、思考もまとまり、とても勉強になりました。










↑このページのトップへ