キッズライン社長 経沢香保子 blog

Category■キッズライン(KIDSLINE)

突然ですが、福岡市とキッズラインはとってもゆかりが深いのです。

産後のママを対象としている福岡市の助成制度というものがあるんです

お子さんが6ヶ月になるまでの間、産後ヘルパーさんを約半額で依頼することができる助成です。

▼ 福岡市産後ヘルパー派遣事業とは
https://kidsline.me/magazine/article/197

55ecb9fd33bb1ffbbe58f2598fc97c2c_t

産後は新しい家族の誕生で喜びに溢れている一方で、ママにとっては出産は命がけ。そして産後は体力的にも精神的にも負担が大きく、想像以上に周囲のお手伝いが必要なのです。

「家に帰ってきたけど、体中が痛くて全然動けない. . .」

「赤ちゃんがずっと泣き止まなくて、自分まで泣きそう. . . 
どうしたらいいの?

そうやって、周囲の手を借りることができずに苦しんでいるママたちを支援するのがこの福岡市産後ヘルパー派遣事業です。
 
キッズラインも福岡市の助成制度の対象サービスとしてすでにたくさんのご利用いただいていますが、実は産後ヘルパーさんが不足しています。

そんなママたちを助けたい!

少しでもそう感じた方は、キッズラインで産後ヘルパーとして活動しませんか?

まずは以下のページからオンラインの登録説明会へお申込みください。サポートは充実しているので、未経験でもやる気がある方はまずはご応募ください。


▼ <無料>シッターオンライン登録説明会はこちら
https://kidsline.me/sitters/welcome

Screen Shot 2018-05-24 at 19.48.54



福岡市の方は、登録会お申し込みの際に「福岡市産後ヘルパーとして活動したい」旨をご記載ください。

もちろん、福岡市以外でも全国的に産後のママをサポートしてくださる方を募集していますので、お気軽にご参加くださいね。

みなさまのお力添え、よろしくお願いいたします!


現在福岡市ではキッズランのサポーター28名が活躍中です。


スクリーンショット 2018-05-24 23.27.47
スクリーンショット 2018-05-24 23.28.03
スクリーンショット 2018-05-24 23.28.09
スクリーンショット 2018-05-24 23.28.16


▼ <無料>シッターオンライン登録説明会はこちら
https://kidsline.me/sitters/welcome


キッズライン に出資&コミットしてくれている、強力なお二人


まずは、創業から出資&アドバイスいただいている、DeNA ファウンダーであり、エンジェル投資家として絶好調の川田さん

スクリーンショット 2018-05-21 16.32.59

最近ではエンジェル投資家としての側面で著名な川田氏。マッキンゼーでのコンサルティング経験を経て、同僚である南場智子氏(株式会社DeNA 取締役会長)とDeNAを共同創業。いくつもの事業を成功へと導き、日本を代表するIT企業に成長させた豪腕。

こちら
から引用させていただきました


「つねちゃん、売上●●までいったら、強力な助っ人連れて来てあげるよ」


と約束してくれた川田さんが、連れて来てくださったのがこの男!

33077659_1379802652149901_5964357389590200320_n

今ではIPOのプロ、事業計画の達人、そしてエンジェル投資家としての側面を持つ松本氏。株式会社ザッパラスを東証マザーズ、さらに東証1部上場まで導いた後、充電期間を経て、株式会社enishを更なるスピードで東証マザーズ上場から東証1部上場に導く。
(
こちらから引用させていただきました。)


松本さんのこと、私は、心の中で「上場おじさん」ってよんでて(2社の最短上場を成し遂げてるし、そっち系かなと)

私も三顧の礼で、ストーカーのようにしつこく、お願いしてたら、最初めっちゃ嫌がってたのに、或る日突然、ふと、

「手伝うよ!」

と、メッセンジャーが.. . (いろいろと調べ尽くして、ここだと思ってくださったようなのと、新年で気持ちが変わったのかもと思ってる)


私たちキッズライン はちょう自力で、0→1まで、なんとか自力でやってきて、

ここから1→10、100に向かって、拡大していくフェーズということで


いま、お二人はキッズライン にコミットしてくださって、開発の整備や、管理部門の整備、予算策定までいろいろと、大人の技と、経験値の匠と、広い器で…

ほんと、めっちゃたのしい!


キッズライン は、まさにこれから全国展開、横展開、クオリティーアップ、本格的に日本のインフラにすべくアクセルを踏む時期なのです。

そして、まさに、いまジョインしてくれる仲間を探しているんです。

まだ、20人前後のスタートアップ。でも、基礎はできているので、リスクも少ない。

というわけで、知恵を絞って、お二人と私で対談を

IMG_8607

スクリーンショット 2018-05-20 20.12.04


・なぜ、お二人はキッズライン に参画したの?
・経営者、経沢香保子のダメなところはどこですか?
・キッズライン の課題は?

・いまキッズライン に参加したい人はベストなタイミングである理由は?
・キッズライン の社風って?
・今後必要とされるメンバーは?
・女性社長ってぶっちゃけどう?

(お二人は、南場さんや仲さんや玉置マリさんを支援して来た)

スクリーンショット 2018-05-20 20.12.35

・経沢香保子は目標に向かう行動力は凄いけど、実は妄想癖?

・これからのビジネスマンに問われるのは、経験を積んだ時間ではなく、会社にどのような価値変容をもたらしたか。

・キッズライン はまさにいま、1→10のタイミング。ビジネスマンが成長するのには、一番経験値が積めるフェーズ。行動しただけ成長できる、価値変容を体感できるフェーズ。



名言続出で面白かったです。

ただ、収録の際のコンディションが悪く、音声がききとりにくいんです(ごめんなさい)

なので、ぜひアプリの設定を

FullSizeRender


音の設定で

声の大きさを最大にして、BGMを最小にして、イヤホンで聞いてください!

FullSizeRender

もしくはこの方法も!




「音は聞きにくいけど、内容は面白かった」という感想が!


スクリーンショット 2018-05-20 20.47.58

スクリーンショット 2018-05-20 20.47.52
スクリーンショット 2018-05-20 20.47.38

第81夜 キッズライン ってどうよ
https://voicy.jp/channel/630/21256

【特別編】スキルが10倍身につく転職タイミングとは?
https://voicy.jp/channel/630/21258



キッズライン に興味がある方は、ぜひエントリーお待ちしています!

https://kidsline.me/corp/team-colors

もっとキッズライン を知りたい方は、大好評の以下を






このblogは有料noteを実験的に無料化したものです。47本入っている有料コラムはこちらでまとめて購入できます(アマゾンでも読み放題なら無料で買えます)


「人生をいかに生き抜くか」

というのは、誰にとっても、意識しているしてないにせよ、重要な問題であるような気がします。


この世に生まれ落ちてから、一度も悲しい出来事や、一度もピンチと思うことに遭遇したことがない人なんていないし、


(言葉が適切かどうかわかりませんが)ビックになろうとしているならば、何回失敗したか、そして、何回立ち上がったか、で、1回でもプラスであればよいわけだし、


大きなことを成し遂げようとしているなら、他の人が挑戦したことない未踏をぐんぐん進んでいく人生な訳で、



つまり、


人生とは、そもそも、サバイバルゲーム。

みたいな感覚と私は思っています。



でも、ちょっと視点を変えてみると、


現代は便利でサービスが行き届き過ぎて、お客様であることがめちゃくちゃ有利な社会になりつつあるような。


そうすると、ほとんどの人は、無意識に、「周囲や環境が何かしてくれることを当然」と思って、安くよりよいサービスを受けたい、いい条件を引き出そうと、生み出すより、くれくれが初期設定に、、、



さらには「してもらうこと」に慣れすぎると、知らないうちに生存能力(サバイバル能力)が失われていくのではないかと私は危惧したりしています。


===


与えられた人生なんて、予定調和でつまらない。


みんなエンタメしてもらうこと、サービスしてもらうことを当たり前と、求めすぎたりではもったいない



では、一度きりの人生だから

自ら理想のシナリオを書き、主人公となって、意志的に歩んでいく。

それこそ、サバイバル能力が試される。



でも、サバイバルっていっても、自分次第でいくらでも楽しめる。私はピンチになると脳内で「007のテーマ」を流すようにしていますが、



なんと、すごく勉強になった名言を美女にもらいました。


それは、あるテレビの企画で、めちゃくちゃお嬢様が、無人島のサバイバル生活を余儀なくされるのですが、



彼女は、お料理を楽しんだり、落ちてる竹の葉でランチョンマット作ったり、周囲を、そこにあるもので美しいものを作り出しているのです。


そんな風に、毎日楽しそうにしているんです。無人島であるものでお気に入りで生活に彩りをだしていく姿。



そんな彼女が、


「生き抜くってことは、楽しい心で過ごせるよう工夫すること」

っていってて、生粋のお嬢様らしい素敵な発想でもあり、「人生を楽しむ逞しさ」を感じました。



私は、ふと困難に立ち向かった時、気合い入れすぎて眉間に皺が寄ったり、不細工になっているんじゃないかと反省させられ、



サバイバルとは戦うことではない、生き延びることだ、そして、それを楽しむこと、と。


どんなことがあっても、楽しく、笑顔で生きぬきたいと改めて思ったのです。


上記のようなコラム47本は以下のアマゾンにも収録されています。








5月13日は母の日ですよ〜

キッズライン ではイベントやりますので、どうぞお越しください。











先日、某社長と話して、大変勉強になったのでシェア


(これは有料noteの一部を実験的に無料化したものです。)



彼は、同業界で競合と一見、デットヒートをしているように見える。率直に聞いてみると、


「周りによく、そんな風に言われるんですけど、実は違うんですよね〜」


と、さわやかな笑顔で彼はこういった、



やはり、最初は気になっていた。気にしてないと言えば噓にはなるが、競合ばかりをみていたら、お客様を見れなくなってしまう。競合ばかりをみていたら、業界全体の流れを見失う。戦いのために無駄なコストを払う事になる。


ある時意識しないようにして、自分たちのやりたい事、お客様の要望に応える事に集中したら、「自社のブランディングが明確になった」と。


というのは、その競合と最初はかぶっていたお客様もかぶらなくなり、棲み分けができ、やりたい事に集中でき、また、業界全体が発展したと思う。



という話をきいてなるほどと思った。



「ベンチマーク」は必要だけど、そこだけを見ていたら、視野が狭くなり、見失うものがある。


ライバルに対する嫉妬に燃えていたら、自分らしさを失うばかりではなく、笑顔などの本来のあなたの魅力も失ってしまうのだ。


隣の人をみて疲弊するよりも、もっと上、もっとやりたいこと、もっと相手のためになるようにエネルギーを集中すべきなのだ。


私たちも、やりたいこと、お客様が求めていることをしっかりやって、日本の育児を豊かなものにしていきたい。




保育の仕事って、どうしても現在のシステムでは評価されづらく


でも、キッズライン では、その人らしく、得意を生かして、評価される

保育の働き方革命を目指しています


たとえば、


お子さんが好きなら、その人そのものが生かせる場所があるのです。


そこで、みなさん、4月19日は何の日かご存知ですか?


4/19は「みんなの保育の日」
ということで、今回はヒューマンアカデミー様とのコラボ講座を開催することになりました。


今回現役で活躍する2名のシッターさんをお招きし、


「どうしてベビーシッターという働き方を選んだの?」
「フリーランスとして働いてみてどう?」
「どんな働き方してるの?」

などなど、弊社スタッフが気になるあれこれを伺っていくトークイベントとなります!
ヒューマンアカデミーの講座生が対象となりますが、今回は特別に招待枠として一般の方のご参加も可能となりましたので、ご興味ある方是非ご参加くださいね!


◆今回登壇される2名のベテランシッターさんはこちら◆

17


フリーランスとしての働き方や、保育のお仕事に興味がある方はぜひお気軽にご参加くださいね。

▼以下詳細

②風景



\残席わずか!/
~女性がより輝く社会へ~自分らしい『新たな働き方』とは

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

◆日時:4/19(木) 13:00〜16:00 (会場:12:45)


場所 キッズライン 六本木本社8階
106-0032 東京都港区六本木5-2-3 マガジンハウス六本木ビル8F
六本木駅徒歩3分(日比谷線3番出口/大江戸線5番出口)

参加費:無料

申込方法:以下URLの下部エントリーフォームより日程4/19を選んでお申し込みください。
https://kidsline.me/sitters/welcome

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

お申し込みをお待ちしております!


↑このページのトップへ