キッズライン社長 経沢香保子 blog

Category■キッズライン(KIDSLINE)


キッズラインおかげさまで、たくさんの親御さんからお申込いただいています。

23

現在、素敵なベビーシッターさんがたくさん活躍してくださっていますが、

36


ますます増えるお申込に対して、まだまだ追いついてなく、
お困りの親御さんのために、もっともっとたくさんのシッターさんに出会いたいと思っています。


54


ぜひ、みなさん、知人や周囲に以下のような方がいたら紹介してください!

・既に他の会社に登録してベビーシッターをやっている


→キッズラインは登録時給は自分できめることができますし、お仕事をうけるうけないも自分で判断できますので、より働きやすい環境だと思います。

・保育士や看護師の免許をもっているけれども、結婚を機に退職してしまった


→キッズラインは、好きな時間だけ働く事が出来ます。週に3時間〜でもOKです。
現役時の感覚を忘れない為にも、よりよい仕事を継続するためにもぜひご活用ください。

・現在、保育園や幼稚園で働いているけれども、Wワークに興味がある

→キッズラインは夕方からのお仕事や週末のお仕事が多いので、ご都合のよい場所で好きなときに働けます。また、お泊まりのニーズもあるので、空いた時間を有効活用できます。

・子供がとにかく好きな専業主婦の方

→あなたの育児スキルはきっと困った親御さんの御役に立てます。

・子供が大好きな大学生の方

→キッズラインでは看護学校や医学部の学生ばかりではなく、上智大学、早稲田、慶應、ICUなど、聖心女子など、女子大生がたくさん活躍しています。英語が話せるとなおさら親御さんには大人気です。


そして、名前は挙げる事が出来ないのですが、キッズラインのお客様は本当に素敵です。
感性を引き出すシッターを提唱しているからか、意識が高くて、社会でも活躍されているような方達ばかりです。

経営者の方々、スポーツ選手のおくさま、モデルやタレントさん、大企業で活躍されるワーキングマザーや素敵な奥さま、育児に対して意識の高い方々の間で口コミでどんどん広まっています。


ですので、ここで働く事を通じて、素敵なご家庭との出会い、刺激になりながら役に立つ仕事の楽しさを感じていただきながら、スキルアップを目指していただければと思います。


自薦他薦をといません。私のFacebookに直接でも、以下から応募でもかまいませんので、ぜひぜひ、ご紹介お願いします。いま、みなさんがお願いしているシッターさんでもフリーのシッターさんでも大歓迎です。


https://kidsline.me/sitters/welcome


素敵な育児の輪を広げていきたいと思いますので、ぜひみなさまご協力いただけると助かります。








キッズライン、おかげさまで、評価をいろんなところで高くいただいていて、
まさに、口コミで広がっていく状態で、
本当に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

でも、こんな事では納得も満足もしてなくて、まだまだ改善したい事はいっぱいあります。

「他のシッターサービスよりいいね」

ということではなくて、

「このサービス、本当にすごい!」
と、他の業界にも参考にされるくらいの驚きや感動を持ちたいですし、

「既存の育児の概念を変えた」
安心して預ける事が出来るのは最低限ですが、子供が喜んだ、感性が引き出された、など
育児スタイルすら進化させるような

自分が子供がいるからだと思いますが、親目線からも拘りたいですし、
自分が2回目の起業だからかもしれませんが、経営者としても、
最高の作品を、社会のインフラになるような素晴らしいサービスを創りたいという意気込みが強いです。


===

と、ついつい、理想の世界を熱く語ってしまいますが、

とっても嬉しかった事で、

多くの企業様が福利厚生で活用されている、ベネフィットワン経由でご利用いただくと、さらに安くご利用いただけるのですが、

45


その口コミ評価がなんと満点、★★★★★ 星5つをいただいていました。


29
38
口コミの内容が、

「シッターさんが事前にどんな人かわかって安心して頼める」
「メッセージのやり取りが直接出来て、はじめてお願いする場合も安心」
「他社に比べて安い上、すくすくえいどの割り引きでかなり安くてうれしい」
「安かろう悪かろう」ではなく、良いサービス
柔軟に利用できそう

など、本当に私たちの細部までのこだわりを理解いただける口コミで、
本当に本当にうれしくて。。

まだまだみなさんに期待を超えるようなベビーシッターの仕組みを作っていきます!


ベネフィットワンに登録の会社様はぜひ、よりお得に使えますので、
ご活用くださいませ。

みなさまのご家庭に育児革命を起こします。



1時間1000円〜即日予約可能な安全・安心のベビーシッターサービス【キッズライン】

■キッズラインご利用の流れ■

29

ご利用の流れ
https://kidsline.me/help/user







IVSで優勝した効果というのは、有形無形に多大なものがあったので、
改めてBlogにまとめていきたいなーと思っていますが、
以下のプレゼンをご覧になった

38

動画はこちらからご覧になれます→https://goo.gl/sJdEgt



法人さまでベビーシッターを導入検討いただく会社様が増えた事です。

法人で導入いただくメリットは、スゴく大きいです。

・その会社さんの女性活用に実質的にもイメージにもプラス
・ママやパパが、より安い金額で(1時間500円〜)ベビーシッターさんを呼べる
・子供が病気の時ベビーシッターさんをすぐに呼べるので、親御さんも会社も安心
・友達がつかったシッターさんがFacebookで可視化されるので、よりシッターさんが探しやすくなる

などなど・・・あげればきりがないのですが、

そればかりではなく私は、
ベビーシッターが文化になるためには、
男性や企業様の理解や協力が必要だと思う
からです。


本当にみなさま、ありがとうございます!

===

先日、モバイルファクトリーさんがファミリーDAYにキッズラインをご利用くださいました。

36


41


47

こちらはファミリデーの様子です。
子供達が楽しめるよう社員の方がこの日のためにゲームを作ったり、パパママがお仕事している様子を見たりと、とても素敵なお取り組みをされておりました。

今回は社員の方がお仕事の間、会議室をお借りしてキッズラインのシッターさんが2名お手伝いさせていただきました。

そして、その日はお時間をいただいて、キッズラインの説明をお子様をもつご両親にさせていただきました。

09

実際にシッターさんもその場にいるので、多くの社員の方と交流させていただくことで、
今後の利用の際にスムーズにご利用いただけるよう心がけました。


社員の皆様とのコミュニケーションやお子様たちとの時間は、とても有意義な時間だったようで、

本当に日々勉強させていただいて感謝感謝です。


女性がより働きやすい職場をつくるために、
ベビーシッターサービスを社員の福利厚生として補助する法人導入をご検討されている会社様が
すごく増えていて、私たちはとても嬉しいです。


一社一社に最適なプランは違ってくるので、しっかり話し合い、社員のみなさんにも説明会をしたりしながら、最高のサービスを提供していきたいと思います。


ベビーシッターサービスを社員の福利厚生としてご検討されている
会社様はぜひ御気軽にご連絡ください!

しっかりご説明にあがります!

https://kidsline.me/service/corporate_inquiry





本日プレスリリースさせていただいたのですが、

29


キッズラインが 吉田社長( Koichiro Yoshida) 率いる
クラウドワークスさんと連携させていただきました。


29


在宅でお仕事ができる画期的なクラウドワークスタイル。
育児との両立も可能なその働き方は、育児を担う女性にとって光となっているのだと思います。


ただ、早ければ2017年1月に専業主婦の扶養控除が廃止予定です。


そうなると仕事をセーブしていく意味もすくなくなり、
もっともっと、より仕事がしやすい
環境整備は必要になってくると考えています。


派遣やクラウドワーカーのみなさんも
きっとそれを見越して、お仕事の可能性を広げたり、
キャリアアップなどをはかりたいと思っているでしょう。

また、現在のクラウドワーカーのみなさんは、

もっと大きな仕事をいただけそうだから、打合せで外出したい
締切前に集中して仕事がしたい
スキルをつけるために勉強会にも参加してみたい

などなどのニーズもあるはずです。

ですので、吉田社長率いるクラウドワークスのみなさんと相談し、


そんなときは、キッズラインのベビーシッターさんを活用して
自分の時間を生み出すお手伝いをさせてほしいと提案させていただきました。

まずは、クラウドワークスに登録のクラウドワーカーのみなさんに
キッズライン体験2000円ポイントをプレゼントします。

育児パートナーをみつける面 談やお試しシッティングなどにご利用ください。
世の中にもっともっと新しいワークスタイル・ライフスタイルが提供できればと私たちは願っています。


なんと、配信後1位になった
PRタイムスはこちらからご覧いただけます。
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000052.000009958.html




上記ポイントをご利用されたいクラウドワーカーのみなさんは
クラウドワークスの会員ページからご覧いただけるようですので、
ぜひ、奮ってご登録ください。




小学校入学!
33

親にとってもすごくすごくうれしいことです。

育児の階段を一段のぼった! という感じ。

私の娘の小学校1年生になり、入学式では感慨深かったです。


ですが、ですが、、、

保育園から小学校になると、育児が何倍も大変になるのです!


さすがにうまくやってきたワーキングマザーも、沢山の壁にぶつかります。

たとえば、いままで連れて行くのも迎えにいくのも比較的時間の自由もきいた保育園、
夜も7時8時まで預かってくれた保育園に対して


小学校は定刻に行かなくては行けない、
そして、なによりも、

「子供が早く帰ってくる」


学童の待機児童も多い現在、

45


学童にはいれたとしてもたいていは17時とか18時などの夕方まで。。。

51


そして、

「学校行事が増える」

もちろん、パパもママも参加したい、、でも、平日開催も多くて、また土曜日子供が休みのときに学校行事とか、、、



そして、子供達は、いよいよ本格的に始まる 勉強、

「宿題を見てあげたい」
「塾に入れたいが送り迎えどうしよう・・・」


そうやって、多くの仕事と育児を両立してきたのに、

なんと6割の女性が、子供が小学生になって退職を考えるそうです。。。。

03



せっかくがんばってきたのに、もったいない。
キャリアも育児もあと一踏ん張り。。。


そんなタイミングでいよいよ子供も初めての長期休暇である夏休みに突入。


ますます不安が募り、なんと、
いままで苦労しながらキャリ アを構築してきた

ワーキングマザーたちの約6割が「そろそろ辞めようか」と検討してしまうなんて、


それはほんとうにもったいない。
そのまえに、育児に新しい方法を取り入れてほしい

ということで、

私たちカラーズは、キッズラインという
「信頼で きる育児サポーター(ベビーシッター)を
業界最安値の1時間1000円~即日見つけることができる」

というサービスを通じて、新しい育児スタイルを提案しているので、

ぜひ、ベビーシッターという便利な育児サポーターで
新しい育児スタイルを体験してほしいという事で、


今回は、小学校1年生のお子さんをお持ちになる親御さんに、キッズライン利用3,000円分ポイントを先着100名さまにプレゼント


小1の壁をぶちやぶって、夏休みを
来学期以降も、上手にそして楽しく育児して欲しい!


18
 


【プレゼントの想い】

子供の初めての夏休み。この始まったばかりの長期休暇をより充実させるためにも、そして新学期以降の仕事と育児のよりよい両立方法構築のためにも、今回の プレゼントキャンペーンを通して、宿題の見られるシッターさんと夏休みの課題を済ませてしまったり、英語や美術や体操等が得意なシッターさんと夏休みに新 しい経験をしたり、複数のシッターさんと面接し心強い育児のパートナーを見つけ、新学期以降の仕事と育児のよりよい両立スタイルを見つけるためにと、様々 なシーンでご活用いただきたいと考えています。

【今回のキャンペーンに参加するとこんな事が実現できます】

キッズラインに登録し、簡単な審査が終了した先着100名の方に、3,000円分のキッズラインポイント(シッター利用1.5時間~3時間分)をプレゼントさせていただきます。シッターさん探しと予約手配が瞬時に3,000円以内であれば無料で可能となりますので、

・働き方を変えなくてもいいよう、定期利用を見据えたサポーターさんとの面談に利用できる(面談は1時間の予約で可能)

・習い事送迎サポーターさんを見つけることができる(諦めていた平日の習い事もサポーターさんがいれば安心。子供たちの感性を伸ばせます)

・学童だけでなく、信頼でき、才能あるサポーターさんを見つけて、他のご家庭と違った楽しい夏休みの思い出がつくることができる

・夏休みの宿題サポートができる(有名大学に在籍する学生も多数登録、家庭教師としても人気のサポーターさんに見てもらえるので、子供も大人も余裕を持って始業を迎えられます)

【キャンペーン内容詳細】

■実施期間・・・7/21(火)~8/15(土)
■実施内容・・・キッズラインに会員登録後、簡単な審査を通過した、小学校1年生の子供をもつ親御さん先着100名様にキッズラインで利用できる3,000ポイント(3,000円分相当)を付与します。使い方は自由です。
■ポイントの利用期限・・・8/15(土)利用分まで
■応募方法・・・https://kidsline.me/contents/campaign_2015_fightmama



ぜひ、沢山の方にご利用いただき、
小一の壁を、たのしく乗り越えるお手伝いをしていきたいと思います。


小学校一年生のお子さんをもつ親御さんにぜひ教えてあげてください。






↑このページのトップへ