キッズライン社長 経沢香保子 blog

Category■キッズライン(KIDSLINE)


社員のインタビューが記事になってた。




今日はホワイトデーでエンジニアのみんなが工夫した演出を凝らして、さすがすぎるサプライズがありました!



社長業をやっていると、とにかく、素晴らしいメンバーとの出会いがあると、テンションが高まる。

私はいつも人に恵まれ、いま、ここには書けないけれども、どんどんすごい仲間が集まってきて、

まさに、夢である、日本にベビーシッター文化をつくる日に、一歩一歩近づいていると思います。

いま、キッズラインでは絶賛仲間募集中ですので、ぜひぜひ、我こそという方は、お待ちしています!

https://kidsline.me/corp/team-colors




今日、とうとうTBSサンジャポファミリー入りした、箕輪厚介さん!!

私はずーーっと前から注目し、応援していたので、すごくすごく嬉しいでーす(^∀^)

しかも、キッズラインもお手伝いしていただいているので、サンジャポ親戚くらいになった感じです!


箕輪さんとは、知る人ぞ知る、幻冬舎のカリスマ編集者であり、

いまや社外のプロジェクトも100本以上回す、

現代のカリスマ。

ですが、そんな

一見完璧すぎる箕輪さんの「最大の弱点は奥様」というインタビュー記事が、男性ビジネスパーソンの胸に響くと、大人気だったので、晒しておきます!


https://kidsline.me/magazine/article/170


箕輪さん、本番前緊張してたけど、大丈夫かな。。。

ちゃんと、いじられてるみたいです!


おっつ、無事にアピールして終わったようです!



ご自身の出演感想!


ネットの著名人の上手で新しいテレビの活用方法って感じでさすがでした!



そんな箕輪さんと一緒に働き方革命本を出しましたー
おかげさまでアマゾンレビュー好評な出足です!

36

「子ども好き」なら月30万円
キッズライン編集部
2018-03-02


我が家もそろそろベビーシッターを使ってみようかなというご家庭は、割引中です!


箕輪さんとの活動写真!


FullSizeRender

13
02


箕輪さんも参加してくれた 女性起業家サロン 男性も女性も参加可能で、大好評受付中です!

10




58


08

18



増床したばかりで、まだまだ何も整備されてない、っていうか、乱雑な場所での収録でした。
Kさん、ありがとうございます!

IMG_7498

あとちょっとでセミナールーム完成します!

みなさま!!!
もしよろしければ、ウイッシュリスト明日3月2日中までなので、ひとポチいただけると嬉しいです。
      ↓   ↓

【3周年&増床でお花より欲しいウイッシュリスト】
http://amzn.asia/3OgJrbe

53


キッズライン3周年です!

と、記念動画をアップすると、多数の温かいメッセージをいただき、本当に本当に皆様のおかげなのに嬉しくて嬉しくて、ありがとうございます。



そして、増床します!

(移転を検討していたら、なんと幸運にも、いまのビルの一つ上が空いた)

私たちにとって一番大切な、研修ルームを開設し、会議室なども作る予定…

と、言うと、「お花贈ります」とのお申し出が多数……感謝です(涙涙)

以前、オフィス移転した時は、こんなにたくさんのお花をいただき、感謝感謝で感動しました。

12


本当に、とっても嬉しいのですが、今回は研修ルームで増床ですし、

私たちは、日本に、安く便利で安全なシッターサービスを広めるために、本当に本当に細かい、経営努力を積み重ねて来ました。



ですので、もし、お祝いご検討頂ける方は、お花より欲しいウイッシュリストをポチっていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。


(送付先は、キッズラインお祝い用をチェックいただければ届きます)



と、フェイスブックに書いたら、次から次にたくさんのプレゼントが!!

プロジェクターに、ホワイドボード、椅子や、パーテーション


(家入一真さん、けんすうさん、えとみほさん、松本浩介さん、川田尚吾さん、美容師の木村さん、トレーナーの屋代さん…)



まだ、なにもない、研修フロア、こっちがわも、


IMG_7394

あっちがわも、がらんどう。。。。


IMG_7440


でしたが、暖かいみなさまのご協力で、しっかり、この場所がうまっていきそうです


引き続き、日本にベビーシッター文化を広めて参りたいと思います!


IMG_7383



みなさま、ご協力いただけるとうれしいです。

1944円からです。どうぞ、よろしくお願い致します!



【3周年&増床でお花より欲しいウイッシュリスト】
http://amzn.asia/3OgJrbe

33

が!本当に申し訳ない事に、


不勉強で、ウイッシュリストは、送っていただいた方がわからないそう。よろしければ、フェイスブックのコメント欄やツイッターに、送ったよーなど教えて頂けると感謝がリアルに伝えることができます。


みなさま、本当にありがとうございます。





子供をもったとき、会社を立ち上げたとき、サービスをローンチするとき、
その「名付け」ってすごく悩みますよね。

語源をフランス語からとってもじったとか、ネーミング辞典をひっくりかえしたり、名付け辞典をひっぱりだしたり。。。


先日読んだ本で、落合陽一さんの名前の由来がプラスとマイナス、「+」=陽と「一」=一と考えてつけられたと書いてあって、すごく、おしゃれだなーと思いました。そして、落合さんご自身の、今のデジタルポジティブな生き方を表してる気がして、名は体を表すだなーと。

( ちなみに、私の香保子という名前は、「香り」を「保つ」「女の子」で、香りは一瞬で周囲を華やがせるので、そして、さらに、それを維持できるような素敵な女の子に、という願いだそうで、過分で、体を表してないかも知れませんが、年齢がたてばたつほど、気に入っています。お母さん、ありがとう!)


話が逸れましたが、名前の由来って、面白いのでちょっと書いてみようかなと。


子供の名前を出生届に書くとき、登記簿に社名を記入するとき、サービス名をつけるとき、URLをとるときって、すごくドキドキ。受け入れられるか、愛されるか…

名前の中には込められた意味ってあると思うし、その名前を呼ばれるたび、使い続けるたびに、当事者も、ユーザーにも、みんなにじわじわ浸透して、少なからず影響を与えているんではないかなと思っていて。

時が経てば経つほど、価値を増していくものだとも感じています。


私は子供3人名前をつけていて、そして2社の会社の創業で名付けして、
その時は、すごく悩んで、でも、いずれも、とっても気に入ってるので、社名とサービス名の経験について書いてみます。


私が一社目に創業した会社は「トレンダーズ」まだ、自宅のマンションでたった一人で起業したばかりで、登記する時に焦って考え、その社名を、苦心しながら、ドキドキしながらつけたのを思い出します。

女性が輝く社会を実現するというビジョン。それを実現するには、まず、時代を変えるのは、トレンドセッター、トレンドリーダーの共感からではないかと思いました。女性のあり方を多様化させるには、ロールモデルがいっぱい産まれますように、と。

そこで、トレンドを作る人たちの集合体という意味で、TREND+ERS =トレンドな人たち、と。

車を運転する人が、DRIVE+ERSで、ドライバーズという図式からお借りしました。

また、トレンドには、「本質的」という意味もあったので(のちに知るけど。。。)、社員は、本質思考を持って新しいことを創造しつづけて欲しいという意味も込めました。

==

2社目の会社は、当初「カラーズ」という社名でした。

31


それは輝く人たちの集合体という意味で、女性が輝く社会の実現と、一人ひとりが輝く社会の実現は私にとって同じでしたし、サブタイトルには、主体的な意思を込めて、Women be colorfulと刻みました。

そして、それを手に手を取り合って実現していこうというロゴマーク。


すごくすごく気に入ってたのですが、のちに、社名をキッズラインに変更することになります。。。その経緯は以下。


「株式会社キッズライン」へ社名変更した経緯と創業者の想い

https://kidsline.me/magazine/article/34

35


と、話が逸れましたが、そして、キッズラインの由来ですが、


一人一人が輝く社会、女性が輝く社会を実現するために、その最初のサービスは、女性のライフスタイルを実際に進化させる解決策になるものにしようと決めていました。

思想や考え方のみならず、現実的に便利に楽しく変化をもたらすサービスとして。

そこで、女性にとって人生の大きな岐路になる「出産」「育児」。

それをもっと楽しめるよう、日本にもベビーシッターベビーシッター文化をつくる、というのを目標にして、テクノロジーを駆使して、便利で安全、リーズナブルなベビーシッターサービスを広めたいと思いました。

===

そこで、名前です。サービスの名前。どうしようどうしよう、と。

最初はわかりやすく「シッター●⚫︎」とか「●⚫︎シッター」とか考えていたのですが、どうしてもピンとくるものが思いつかず、会う人会う人に相談してました。

当時、ワイドスクランブルにでていたので、デーブスペクターさんの前で、私が毎週毎週、うんうんうなってたら、デーブさんが、

34


「キッズライン」ってどう?っていってくれて、「これだーーー」と、ピンときたんです。

便利なベビーシッターを広めていくときに、

子供は社会の宝物なので、母だけではなく、みんなで育児をして、みんなで笑顔を増やして、みんなで未来を増やしていくという考えがあったので、「キッズ」で「繋がる」という「キッズ」+「ライン」という名前はすごくイメージ通りと思って、使わせていただいています!(いまのところ、ライン銘柄ではありません)

02


という、キッズラインの名付け親は私ではなく、デーブスペクターさんでしたというオチです。
でも、ほんと、デーブさんには感謝しています。ありがとうございます! すごく気に入っています。














↑このページのトップへ