キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tagイクメン


先日、あるワーママと対談したとき、まっんまるの可愛い目でじーっとみつめられ、
以下のようなことを熱く語ってくれました。

私の家庭では、私の3ヶ月の育休後、夫も3ヶ月の育休を取得して、お互い育児のフルコミット期間を経て復職し、働きながら育児をしています。
そのおかげで、2人同じ目線で育児に取り組みながら、お互いの仕事のチャンスも掴むべく、頑張ることができていると感じています。

しかし、夫は最初は3ヶ月も育休を取得するつもりはなく、私も3ヶ月の育休を取得して欲しいと夫にお願いすることに罪悪感がありました。

ただ、経沢さんのFacebookで、「女性も育児と同じようにキャリアを大事にしたいって気持ちに罪悪感を持つ必要はないのだ」と気づき、夫に、育児にも主体的に関わって欲しいって、言ってもいいんじゃないのかな?と勇気をもらいました。

勇気を出して夫と話して見たら、夫も色々と考えてくれて、その中で夫婦の信頼関係も深めることができたと思います。

また、夫も育休を終えてみれば、「これからマネージャーを目指すにあたって育児にフルコミットした期間が活きてくるかも」と前向きに捉えています。

そして何より、夫の育休中から復職後の現在まで、キッズラインのサポーターさんの助けがあってこそ、頑張ってこれました。

勇気をくださったこと、素晴らしいサービスを提供くださっていること本当にありがとうございます。
思わず感激してしまいました。

なんとなく男性の育休って、

奥さんの出産後に、旦那さんも1週間くらい育休とったすごい!みたいなのあるけど、


確かに、今の取得割合、3.16%からしたらそうなのかもしれませんが、(しかも約半数が5日程度と。。)

41


私が感動したのは、奥さんは産後3ヶ月育休のち会社復帰、旦那さんは奥さん復帰後その後3ヶ月育休で、二人で合計6ヶ月育児専念後に、保育園&ベビーシッターで本格復帰というの、すごすぎる。

これぞ、本当の男性の育児休業。育児体験じゃない。


旦那さんのお手伝い的な育休だって、もちろんありがたいけど、男性のフルコミット育休取得が増えれば、女性のキャリアの描き方も変わると思う

男性も女性も同じ期間で育休を交代に取得する社会になったら家族のあり方もかわる。
会社のあり方も変わる。まさに、男性も女性も能力次第で、女性の管理職も自然に増えていくだろう。

女性だけの長い育休や、女性だけの病児の呼び出しだからこそ、しかたなく、男女の格差も広がってしまうのだろう。

こうやって、男性も女性も同じだけ育児にコミットできる社会になれば、働き方も同じくで、いろんな選択肢が増える。

女性が出産しても会社も本人もキャリアの心配がない世界の実現もできる。


それは、経営者にとってもいいはず。能力だけで評価できる社会の実現。

そして、経営者のみなさん、ご存知ですか?

なんとなんとなんと!


男性社員の育休取得で最大補助金が72万円支払われる制度があります。しかも5日以上でも適用→https://t.co/udQvdwi27c

育児に対する温度感の差が夫婦関係の未来にマイナスの影響を与えることも大きいそうです。
ぜひ、会社にとっても、誰にとってもメリットしかない男性育休がもっと増えますように!






あなたは、子供が生まれた後、
ママのことを「ママ」って呼ぶようになりますか?
それとも、変わらず名前で呼びますか?


ここに出産後の夫婦関係のヒントがあるようです。

===

子供が生まれると、夫婦の様子ってがらっと変わりやすいですよね。

最近、「出産して妻の性格が悪くなった」という記事がバズってました。

性格が悪くなったというより
女性は子供を産むと、24時間赤ちゃんの世話になり、まったく自由がなくなるから、「自分だけの時間がない」「自由にトイレも行けない」そんなストレスが溜まる一方、

男性は子供が生まれても、そのまま変わらない日々を送るので、
「なんで、二人の赤ちゃんなのに、私だけが不自由で、、、」と、自由に過ごす旦那さんをみて、お互いの溝が深くなるという構図なのだと記事には書いてありました。

===

最近は、育休を取る男性も増えていて、「男性の育休は、男性がパパになるための助走期間」のようなことを、駒崎さんがおっしゃっていて、なるほどな〜と思いました。

弊社の記事でも、9ヶ月の育休をとったパパの記事が反響が大きかったです。

子育てより大変で素晴らしい仕事はないー9ケ月育休を取ったパパが考える、チーム育児の大切さ

https://kidsline.me/magazine/article/93

ママ1人で頑張らなくていいー9ケ月育休を取ったパパが復職後にぶつかった「病児保育問題」


https://kidsline.me/magazine/article/95


47


確かに、旦那さんが育児に協力的だとママは嬉しいと思います。

でも、それぞれの家庭にも事情があり、役割を分けたほうがうまく行く家庭や、パパの仕事の事情でどうしても十分に育児に参加できない家庭もあると思うのです。

その家庭、その家庭のあり方は、他人がどうこういうこともできないと思うのですが、

私が思うには、物理的支援ができないなら、精神的に大切にしてくれるだけで随分違う。


それが冒頭の話になりますが、以前本で読んだデータがずっと頭に残っていて、ネットで調べるとやはりありました。(以下こちらより引用)

「ママ」「お母さん」ではなく名前で呼ぶことで、体の中のホルモンの働きにいい影響が出るという研究結果があります
普段は夫から名前で呼ばれていない女性を対象に、彼女たちが名前で呼ばれたときに起こる体内の変化を調べたのです。その結果、名前で呼ばれることでオキシトシンという“愛情ホルモン”濃度が15.9%も増加することが分かりました。


ママという呼び方から、名前で呼ばれるだけで、幸福度が上がるってすごいですね。

精神的に労ってほしいという気持ちと、いつまでも女性として見てほしいという気持ちが、ママをハッピーにするようですので、ぜひぜひ、パパのみなさん、試してください!


精神的労り派のイクメンのみなさんが、最近、キッズラインを使って、「毎月1回は夫婦で食事に行くようにしてます」

「好きなように自分の時間をつくっていいよ」、って、ベビーシッターをプレゼント(https://t.co/XovtSaTrSVしていたり、

そういうあり方も素敵だな、と、私は思うのです。



そういえば、こんな調査をしましたので参考までに。

【調査レポート】9割のママが「ある」と答えた育児ストレス。週1回3時間の自由時間があればストレスは減ると回答


https://kidsline.me/magazine/article/97


【産後の夫婦関係調査レポート】〜夫婦の危機が産後に訪れた割合は?


夫が産後サポートした割合が63%。妻が夫にイライラをぶつけた割合は74%。そして、産後に夫婦の危機が訪れた割合は。。

https://kidsline.me/magazine/article/98





明日はいよいよホワイトデーです。

男性の皆さん、プレゼントのご用意は大丈夫でしょうか?


まだの方、最高のプレゼントがあります! 

しかも1分で贈れる、他にはない、人気が出ること間違いなし



1時間1000円〜24時間即日予約手配も出来ちゃう、ベビーシッターサービス「キッズライン」では、

ベビーシッターのソーシャルギフトをスタートさせました



相手のメールアドレスやLINEがわかれば、たった1分でベビーシッターが贈れるのです。

16


しかも、いまならホワイトデーキャンペーンで+1000円余計にプレゼントできんです。

たとえば、4000円買えば、5000円分贈れるんです!
(ただし3000円以上の購入に限りますのでご注意下さい)

というわけで、

イクボスのみなさんイクメンのみなさん女性から女性でも


きっと、お子さんをお持ちの方なら、誰もが喜ぶ、世界に一つのあたらしいプレゼントを贈りましょう!

(このクーポンは、ベビーシッターのみならず、産前産後ケアや、家庭教師や家事代行にも、キッズラインの全サービスに使えます)

27


利用方法詳細はこちら
↓ ↓ 
https://kidsline.me/point_gift




↑このページのトップへ