キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tagインタビュー


私は対談が好きです。

単独でインタビューされるのも、講演に呼んでいただくのも、とってもありがたいのですが、

どうしても、自分の過去のストーリーを「小話」のように話すことが多くなるので、、、、
(経歴を、、とか、起業のきっかけを、、とか)

でも、対談は立体的です。

2人もしくは、インタビュアーがいて3人になるので、
経歴や起業のきっかけだけは冒頭だけで、あとは、お互いの話を突っ込んだり、
お相手からの質問を違う角度から回答したり、

頭もぐるぐるなんだけど、何よりも発見や刺激が多い!

たとえば、先日大好きな本の著者である、シバタナオキさんと対談で、1回目上場のときに工夫したことを聞かれ、そういえば「3のことをやれ」と先輩経営者に言われて、それをやってスムーズになったなという話をしたのですが、

それは、

1)まず、経営メンバーを集める
2)次に、営業部隊をつくる
3)そして、男女比率を変える

なのですが、

1回目の上場準備は2007年ごろスタート、無謀にも、経営メンバーがいない時に一人でスタート、まず4億の資金調達して、たくさんの社員を採用して、一気に30名くらい、全然うまくいかなかった(汗)そりゃ多くの人数をマネジメントするのも一人では限界ということで、経営メンバーを探し始め、

で、同時に、社員が増えれば売り上げが上がると思っていた、単純すぎる私は、そうではないことに気付かされ、営業部隊を作り、

当時、女性がほとんどだった会社だと、サービスのクオリティや顧客満足度は上がるのですが、会社を成長させたいという欲は男性の方が強いので、売り上げ拡大のエンジンが健全に働くよう、男女比率を変えるのめちゃたいへんだったけど、それをやったら、優秀なメンバーのおかげですが、なんとか5年で上場できましたとう話をしました。


そしたら、シバタさんが

09

そうなんですよ、経沢さん、知ってますか?

女子高を共学にするのは難しく、男子校を共学にする方が楽なんですよ!

っていって、目から鱗。確かにそうですよね!

2回目の起業では、最初から、エンジニアと文系社員を半々、男性と女性の正社員比率を半々にしよう! とこだわっていたのですが、なるほどど思いました。


他にも、お互いの話す内容に、お互いの経験や見識を立体的に乗せることができるので、とにかく刺激的な時間になるんです。

他にも先週は、フリー社の佐々木社長とも対談させていただきました。
あまりの勉強されてる様子に、読んでらっしゃる本をアマゾンでその場で購入させていただいたり、
刺激を受けました。

29

あと、起業に向けての講演でも、実際の女性起業家である寺嶋さんのお話の引き出しのうまさに、みなさんの役に立つ話ができたと思います。

51
29
32

立体的であることって、すごいなーと思いました!

(上記のセミナーの様子は全て以下で動画で見れます)


あと、毎週金曜日に無料配信しているpodcastでは、いろいろな、著名な方との対談コーナーがあり、好評です。


そして、私が運営している女性起業家サロンでは、毎月著名なゲストをお招きしての対談をメンバーが無料でご招待させていただいています!


対談取材依頼が増えると嬉しいなーとちょっと欲張って、最後に希望をかいて見ました。

では、みなさま、素敵な週末をお過ごしくださいませ。








なんと、ありがたいことに、最新号のGINGERに2ページも!

恋愛相談に答える形式で、私が・・・汗

image

恋愛は人間を豊かにするものだと思いますし、素晴らしいパートナーをえて上昇する人もいれば逆もあり、、
人間力が試されるなと思っている修行中の私ですが、

年齢を重ねているせいか、コラムなどでも依頼が多くて、以下のような記事を今まで書いています。





これからも、大切なパートナーはあたたかい愛で包んで、とともに悩み、問題に向き合いながら、成長していくような人間を目指したいと思っています。


私の2つ上の姉が、Oggiにインタビュー2ページ!〜私が決断した時〜というコーナー。

image


小さい時、家父長制で江戸時代みたいだった我が家。


年長者のいうことは絶対で、私はどんなに合理的に姉に意見を述べても

父親が「姉が正しい」としたので、本当に喧嘩ばっかりしてた。


生意気で口が達者な妹で、彼女は嫌だったと思うけど、

二人の仲が良くなったのは、創業間もない楽天で姉妹で働いた時だと思う。


それからは互いの人生を支え合えたかな。


私が前職退任の時なんて、私より姉が悩みすぎて考え事しすぎて階段から落ちたりしてた

意外と妹思いw。


その後も、めざましく活躍、いまでは、バスケのBリーグの立ち上げ広報部長で、

ゼロからスタートしたBリーグの認知度を65%まで上げた立役者。


こんなすごい仕事してる姉を妹は心から尊敬しています。

キャラも顔も全然違うけど、声がそっくりです。


もしよろしけばdマガジンある方は、The Turning Point〜私が決断した時〜

見てみてくだいませ。


最近、キッズラインのシッターさんもよく取材依頼いただく。周囲がどんどん注目されるのは嬉しい!



教育も大事ですよね!(父は経済観念めっちゃ強かったけど、教育は熱心だったので心から感謝している)

話題のモンテッソーリ無料体験できるキャンペーンもやってます!

妹も、日本の育児を彩り豊かにするために頑張ってます!






今日は、タリーズ創業者の松田公太さんと対談させていただきました。


2016-09-02-19-18-07

公太さんとは、思い返してみるともう15年以上のお付き合い。


私が起業してすぐに読んで感動した本
この本との出会いは衝撃的でした。





そのあといろいろと交流を深めさせていただき、
6年前くらいの、ある日の夜、一緒に飲んでたときに、

「実は立候補しようと思うんだけど、応援してよ!」

と、いわれ、

(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

衝撃的な告白だったけど、公太さんが立候補するなんて、
なんとなく自然の流れのような気がして、

また、政治の世界に経営者が進出していくのはとても良いことのような気がして、

インターネットを活用したマーケティングを駆使して
たくさんのボランティアの方の協力を得て、


そして、私も選挙カーにのったりして、本当に貴重な経験をさせていただきました。

41


当選した日のことは今でも昨日のように覚えています。


いま、おもうと、一見、当時の私とはまったく関連性のないような選挙活動の経験は、
今の仕事にとても役立っていると思いますし、

義理堅い公太さんは、いろいろと応援してくださって感謝です。

==

当選後は、驚くほどの活躍をされながら、新しい政治家像を創り上げた公太さんは
6年の任期を無事終え、


再びビジネスの世界から日本を元気にするべく立ち上がったそうです。


今日は、その辺りの話も詳しく聞かせていただき、

2016-09-02-18-55-49


私がやっている、育児支援、
キッズラインの事業についてもいろいろと聞いてくださいました。

23


2016-09-02-18-55-30


そして、お互いの志である、誇れる日本をもっともっとカッコ良く、元気にすべく
頑張っていきましょうと、再スタートを励まし合えて嬉しかったです。


なぜか編集長の新田さんの仕切りで、ベビーシッター風の写真をとったのが
ちょいと恥ずかしかったです。

2016-09-02-18-55-41


2週間後くらいに掲載されるそうなので、記事がUPされましたらまたご報告します。



公太さんの6年の七転八倒の苦しみも書いてある、最新著書も面白いです。

愚か者
松田 公太
講談社
2016-01-15



そして、私の新書も「この本は男性も読むべき」と絶賛してくださったのがありがたかったです。




私の2回目の挑戦はこちら(読み放題の方は無料です)





私がとても尊敬し、以前対談もさせていただいた、新将命氏の記事
「ビジネスの原理原則」


興味深い記事をみたので、自戒の念も込めてメモ


去年の倒産件数は9731社と。

倒産理由を大きく3つにカテゴライズすると

・倒産の主な理由はすべて内部要因ばかり
・倒産の原因、直因・遠因共にすべて経営トップ(社長)に起因
・方向性が不明確、環境変化に対応ができていない


「倒産の原因ベスト10」

(1)経営者の高慢、経営能力の過信
(2)社員教育の不備、欠如
(3)事業目的・目標・計画性の欠如
(4)業界情報の不足と環境変化への対応
(5)新商品の欠如、技術開発の遅延
(6)家庭不和、同族経営の弊害
(7)公私混同、経営哲学の欠如
(8)決断力・実行力の欠如
(9)計数管理の不足と勉強不足
(10)ワンマン、反省心の不足


「倒産する社長の共通10項目」

(1)自己中心(私利ありて他利なし)
(2)悪いことはすべて他人のせい(他責)
(3)嫌いなこと、苦手なことを避ける(問題回避)
(4)真の勇気がない-――縮小、謝罪、相談(怯懦の心)
(5)頭で分かっていても実行しない(有言不実行)
(6)お人好し――頼まれたらノーとは言えない(悪い意味でのYES MAN)
(7)還元の心なし(ヤラズブッタクリ精神)
(8)反省心の欠如(反省なくして進歩なし)
(9)時間貧乏――働きすぎ、遊びすぎ(タイムマネジメント能力の欠如)
(10)公私混同――金銭感覚の欠如(杜撰経営・ドンブリ勘定)


以上、以下の記事から引用しました。
http://biz-journal.jp/2015/12/post_12892.html


新将命「ビジネスの原理原則」

倒産企業社長が明かす「倒産の原因」の共通点…自己中心、他人のせい、苦手なことを避ける


以前対談させていただいた記事





■対談記事

経営者として考える
ダイバーシティマネジメントにおける
女性の新しい働き方と価値観の創出
【対談】新将命×経沢香保子――女性の活躍が日本を強くする

http://diamond.jp/articles/-/37914


 


大好きな先生の本


↑このページのトップへ