キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tagキッズライン


私の人生は、なんとなく、3年ごとに大きなターニングポイントを迎えてるような気がする。

2000年に起業し、
2004年に難病の長女を出産し、
2007年に上場を目指し組織拡大、未熟な私は七転八倒し、娘も亡くし、
2010年にサイバーエージェントの子会社になったことで私自身が復活し、
2012年後半に悲願だった上場を果たし、
2014年にはその会社を苦渋の退任、離婚もし、新たに起業
そして、現在2017年キッズラインが3年目を迎え、基盤ができつつあるという現在

眺めてみると、半分以上は苦しいことで、一見どんずまりだった。でも、そこで、私は何かを見い出して、希望の光を見つけ、新しい道へ思い切って踏み出して、なんとか運命を繋げ、新たな発見をし、そんなふうに糧にして来たのかもしれない。

2017年現在の私は、この3年間のマイナスは一通り分析、消化したし、学び尽くしたかもしれない。

すごくスッキリした自分がいて、
新しい会社も基盤ができ、軌道に乗って来て、3年後のイメージや目標は明確になってきた。いまは、そのさらに3年後(つまりいまから6年後)の自分自身のあり方を視野に入れながら、いろんなものを再設定、明確化しているという感じなのかもしれない。

そういうプロセスにおいては、多読になったり、体力を鍛え始めたり、なんとなく「自分強化」「インプットしたくて、そして活動したい」みたいなゾーンに入っていく。

だから、過去の自分が書いた記事を読み返したり、



自分を掘り下げてみたり、すごくごく文章が書きたくなったりしていて、箕輪さんの編集室にいれてもらったりして、多くの人から活動エネルギーもらってます。

今年は行動量増やして、一歩でも前に進んで生きたい。

いつも、思うのは、年齢を経れば経るほど、人生では変えることができることの方が増えるということ。

小さい時は、どんな家庭に生まれたか、どんな容姿にうまれたか、そういうことがその地点での人生の決定要因に大きく関わったりしたけれども、もう40も過ぎれば、自分自身で人生を切り開くことができるんだ、たとえ、大変でも、そんな風に感じて生きていくほうがスッキリする感覚を身につけられるのかもしれない。

時間がかかっても、根気が必要でも、自分の一度きりの人生で、これだけ多くの人に支えていただいたんだから、変えることができるだけ社会を進化させたいと思う。青臭くても、理想を追求したいと思う。

過去の読み返してる自分の本たち。

すべての女は、自由である。
経沢 香保子
ダイヤモンド社
2016-04-25










読んでくださった方、お手に取ってくださった方、本当にありがとうございます。これからも頑張りますので、どうぞ、引き続き応援してください。




七夕が、旧カラーズの設立日なんです。

一人でしんみりしながら以下のブログを書いたり、


事業計画とにらめっこしたり、面接したり、必死になってPCむかっていたら、
「社長、ちょっといいですか?」
と呼び出されると!
なーんと、

2017-07-07-17-37-02

わーーーーーーうれしい! サプライズ・サプライズ・サプライズ!


全然気づかない私も間抜けでしたが、
せっかくなので、短冊片手に、願いを込めて、ろうそくの火を消させてもらいました。
本当にこんなに暖かいメンバーに囲まれて幸せです。キッズラインのサービスに温度があるのは、メンバーの情熱の暖かさです。

本当にみんな、ありがとう!!ヾ(=^▽^=)ノヾ(=^▽^=)ノ
2017-07-07-17-37-02

3年前のある日、日本にベビーシッター文化をつくりたい

そう願ったとき、周囲の多くは「日本には広まらないんじゃない?」「だいたいどんなに計算しても儲からないんじゃない?」と。

そりゃそうですよね。見たことも、さわったことないものは、想像できないですから。

私にとっては、うまくいくとかうまくいかないとかよりも、いま、日本に新しい育児インフラをつくらないと。誰かがやらないと、だから、私がやるんだ!

そんな使命感もありましたし、頭の中にはもうサイトのイメージも温度感もありました。

52

一人ずつ一人ずつ素敵なメンバーが集まって来て、そして、素晴らしいシッターさんがあつまってきて、
そして、お客様にも徐々に浸透していって、、ここまでの道のりは簡単ではなかったけど、でも、予想以上に、使っていただいたお客様からは、愛され、必要とされるサービスになりました。

いままでの期間が、基盤づくりだったとしてら、ここからの3年は、拡大期に入りたいと思います。全国

津々浦々に必要としている人たちの届けることができるよう、今年は、今いらっしゃるお客様とシッターさんの温かい気持ちを広げていくようなイメージで、たくさんのエネルギーを注ぎながら、インフラとして進化させていきます。

とりあえず、新しい1年、次のステージの3年、みんなでがんばるぞポーズ


2017-07-08-16-48-26

(何人か写ってないメンバーごめんよ。。)


どうぞ、これからも、キッズラインを応援してください。みなさんと一緒に、日本に美しいベビーシッター文化をつくってけたらと思います。





キッズラインご利用いただく方が増えてきて、本当に嬉しいです。
即日や翌日も予約できるのは強みです。(もちろん、先も、定期も大丈夫です)



実家が遠かったり、シングルマザーだったり、遠慮なく気軽に頼っていただけるインフラにしたいです。

詳細のレポありがとうございます↓





私は、家事代行でもキッズラインを頼んでいます。今日は、これから、家庭料理の方を頼んでいて、娘が料理を習いたいというので、一緒にクッキングしてもらう予定です。

35

あと、いま、話題のモンテッソーリも

image





今日は七夕ですね!

実は2014年の7月7日にカラーズを設立し、2015年3月にキッズラインがスタートしたのです。
私にとっては思い出深い日であり、月です。

最初の妊娠中、お腹の中にいる子供に病気が発覚。「生まれる前に死んでしまうか、生まれてきても24時間介護が必要で、長生きはできません」と宣告され、幸せの絶頂が、一瞬にして絶望に変わりました。

自分の身にそんなことが起こることも受け止められなかったし、子供の命があやういこともどう対処していいかわからなかったし、当時経営していた会社の代表として、保育園に預けられないことも、イコール仕事が会社が続けられないという現実の壁も立ちはだかっていました。

当時の会社を売却しようか、介護に専念しようかと死ぬほど悩んだ日々に、「ベビーシッター」という保育の方法があると知った、13年前のあの日から、キッズラインの構想は頭の中にありました。

というのは、当時のベビーシッターは手続きも煩雑でしたし、値段も高くて、セレブのものでした。しかも病気の子供を預かってもらうので本当に高かった。でも、シッターさんが十分なお給料をもらっているかといえばそうでもなく、マッチングするのに間に人が立つのでどうしても運営コストがかさむようで、シッターさんが受け取る時給と、私が払っている時給は3倍くらいの差があることを知りました。
間に人が入るのは一見安心なような気がしましたが、人づてのコミュニケーションはヒューマンエラーも多かったし、担当者もよく変わって、心もとない経験もありました。
さらに、当日までどんなシッターさんが来るのかもわならなくて毎回毎回不安だったけど、仕事を続けるにはベビーシッターに頼みつづけるしか方法がありませんでした。

なので、当時、インターネットの世界に身を置いていた私としては「いつかテクノロジーの力で、誰もが、安全・安心・安価に気軽に頼めるシッターサービスのインフラをつくろう」「保育する人も報酬がたくさんもらえる社会にしたい」と心に決めました。それがいまのキッズラインです。

13年前の絶望のあの日に、自分の心に灯した希望でした。

キッズライン(旧カラーズ)と同じ7月生まれの娘は、おかげさまで、みなさんに助けられ、4歳で旅立つ日まで、常に周囲に笑顔を振りまいてくれました。キッズラインは、娘の代わりに生まれたサービスであり、私の中に受け継がれています。なので、必ずしや社会のお役にたてるような立派なインフラにしていきます。

そんなわけで、「7月」は私にとっていろいろと思い出深い月です。

いろいろな思いと願いを込めて、七夕にみんなで短冊にかいたら、笹より願い事のほうが目立ってしまうという弊社ですw

image

サービス開始から、いままで2年間はコツコツ、コツコツ安全性を最優先して、試行錯誤を重ねゆっくり運営してきたキッズラインも、7万件以上の無事故でモデルもオペレーションも安定しました。

ベビーシッターという育児の選択肢を、誰もが気軽に使いやすくすることで、ママと子供の笑顔を増やし、日本の少子化を改善したり、女性が輝く社会、みんなの幸せにつなげるのが私の目標です。

ですので、いよいよ新しい期がスタートするこの7月からは、より多くの方に「ベビーシッター」を届けるべく積極的に活動し、全国により拡大して行きたいと思います。

ぜひ、みなさまのお力もお借りしながら、日本に新しい育児インフラを作り上げたいと思います。

どうぞ、キッズラインの今後にご期待・応援いただければと思います。働きたい保育士の方、育児スキルを活かしたい方力を貸してくださるエンジニアの方、ぜひ、仲間になってください。応募してください。そして、もっと日本に新しい育児インフラが、ベビーシッターが必要だと思う方、ぜひ、キッズラインを試してみてください。

そして、育児にお困りの方に、全てのママやパパに、ぜひキッズラインの存在を広めていただけると嬉しいです。

本日、誕生日を迎えた、キッズライン社を、どうぞ温かく見守っていただければと思います。







子供ができると、夫婦で二人っきりでご飯を食べる回数が激減する! 以前そんな調査結果に愕然!!!!!
↓   ↓
こんな利用の方法をしてくれる方がすごく嬉しいのです。


でも、実はママは、パパと二人っきりでご飯が食べたいのです!

というわけで、Rettyさんとこんなキャンペーンを始めました!

#ママをレストランに!


ぜひぜひ、この機会に!





↑このページのトップへ