キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tagキッズライン


2回目の起業をしてから、ずっとずっと成し遂げたいと思っていること。

「日本にベビーシッター文化を」

そのために、一人でも多くの方に、ベビーシッターの素晴らしさを、体験して欲しくて、

そして、特に乳幼児の頃は、保育園神話にたよりきりの日本が、育児支援不足に陥っているので、

ベビーシッター保育も、選択肢に入ってもらえるように、コツコツ努力しています。

おかげさまで、キッズラインもサービス開始、約2年が経過しようとしています。


以前より、少し興味を持っていただけるようになり、今週は以下の2本のリリースをだしたところ、




おかげさまで、多数の取材や問い合わせを頂きました。

今週は、上記リリースとは関係ないのですが、月曜日には、ZIPに、キッズラインの東大生ベビーシッターが取材されたり、




火曜日には、NEWS23に
保育園落ちた、不承諾通知を1万円分で買い取りますキャンペーンが、


不承諾通知はインスタにもまとめています。

ぜひ、保育園落ちて絶望を感じている方に、伝わりますように。。。


そして、金曜日にワイドスクランブル生放送と

55

本日日曜日は、日本テレビシューイチに


これからも、一人でも多くの方に、キッズラインの活動を知っていただけるよう、

日本に「ベビーシッター文化」が広まりますよう、精進して参ります。


■キッズラインでは、事務スタッフを募集しています■


以下、金融から転職してきたYさんのコメント

ずっと金融の仕事でやりがいはあったけど、本当は社会に求められ貢献できることに時間を使いたいと思っていました。だからキッズラインは本当にいい。

その他の職種(エンジニア・デザイナー・他)正社員の募集は、Wantedlyやコーポレートサイトをご覧下さい。

https://kidsline.me/corp/team-colors

16





子供のことは大好きだけど、
終わりのない家事や育児にちょっと疲れてイライラしてしまった…
という経験はどんなママにでもありますよね。

29


そんなときは、ちょっとだけ、人に頼ってみると、
ママもリラックスできて、笑顔も増えて、子供も家族もハッピーなはず。

とはいえ、理由がないとなかなか利用に踏み出せないのがベビーシッター

そこで、ベビーシッター利用に興味はあるけれど、
最初の一歩が踏み出せない方へ向けて、

初めての利用に踏み出すきっかけに
「保けいこ」「英語教師」などの利用や、
保育士などの、有資格のサポーターで、「プレ保育園・幼稚園」体験などはいかがでしょうか?


03


ぜひ、以下の記事をチェックしてみてください。


では、実際に、頼んでみようかなぁ〜という時は、以下の記事を参考にしてみてくださいね。


キッズラインが安心・安全な理由について
https://kidsline.me/about/safety


育児だけじゃなくて、家事だって



保育園落ちたあなたにも・・・






ありがたいことに、フジテレビの佳代子の部屋にキッズラインを取り上げていただきました!

社内の様子から、

18
46

私のインタビューと、

image
2017-02-10-17-01-25


実際に、シッティングにお邪魔するところも

2017-02-10-15-55-37
46

テレビに登場したシッターさんは、バイリンガル保育士のMikiさんです!

オーストラリアシドニーの保育園、東京のインターナショナル幼稚園勤務、
数々のベビーシッターの経験を生かして、英語で保育してくださいます。

プロフィール続き→https://kidsline.me/sitters/show/u0446612892


この機会にキッズラインを使ってみたい方は、以下をご活用下さい。



また、今日はワイドスクランブル生放送でした!


キッズライン、シッターさん続々増えています。

また、待機児童で保育園落ちた人が「キッズライン保育園」を活用される方が多いです!

待機なし・住民反対なし・病時でも大丈夫
ということで人気です。



ぜひサイトをチェックしてみてくださいね!









「保育園落ちた・・・・会社に戻れない。。」

「保育園落ちた・・・・キャリアにマイナス・・・」


そんな、悲痛な叫びがSNSにちらほら見かけるようになり、胸が痛みます。

そこで、私たちキッズラインはママ達300人に保活の実態を調査してみました。


なんと、保育園にはいるために離婚したという人もいらっしゃいました(涙)・・・・


実際に偽装離婚を検討した方もSNSでみかけられました。

47


保活を経験したことない人には、そんな〜と思うことかもしれませんが、

保育園にはいれないことで、キャリア形成や、人生設計が崩れてしまう方もいらっしゃるので、

経験者にとって偽装離婚はうなずけるようで、7割の人が「わかる!」と。。。。それほど熾烈な保育園争奪戦。

30



キッズラインは非常にリーズナブルなシッターサービスなので、ベビーシッターで復帰する方も以下のように増えています。


会社の支援があってこそではあるかもしれませんが


自営業の方や、在宅勤務の方などは実際にキッズライン保育園復帰(私たちはキッズラインでの復帰をそうよんでいます)復帰も多いので、次回はそのレポートをお伝えしたいと思います


みなさまにせめてものお役立てになれば、以下ベビーシッター無料体験キャンペーン中です。












キッズラインで働いてくださるシッターさんが700名を超え、

その働き方が、NHKのクローズアップ現代にも取り上げていただき、本当に感謝です。


シッターさんの中には、Blogを書かれている方もいらっしゃり、休日にネットサーフィンしながら、

その本音などを拝見させていただいていました。


元々保育園で働こうと考えていたかずえさんは、ご家族との時間を大切にするために、

キッズラインを選んでくださいました。↓


いま、インフルエンザが流行っていますね。病保育のプロの方のBlog↓


シッターは親子が主役になれるように、手助けする!
在り方を大切に、その気持ちを忘れずにいきたいものです。

キッズラインを介して出会える皆様には、
精一杯の、シッティングをさせて頂きます。

素敵な心意気のBlogです↓


他にも、たくさんのBlogをみつけることができましたし、

ドキドキしながらお仕事を開始しても、すぐにたくさんのオーダーが入るという記事を読んで嬉しくなり


働いてくださる方にも満足をこれからも提供し続けることが出来るように頑張ろうと、改めて思いました! ↓


【ベビーシッターを使ってみたいと思う方へ】
〜いまなら体験プレゼントキャンペーン中〜

   ↓  ↓  ↓



↑このページのトップへ