キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tagキッズライン


キッズラインもリリース後、8ヶ月近くが経過し、
コツコツコツコツ、進化を続けています。


キッズラインが、1時間1000円〜で、即日予約も可能という事から、
検索も日付から簡単だった事から、
「単発のベビーシッターサービス??」と思ってらっしゃる方もいるようですが、
(誤解していたかた、ごめんなさい)


実は、

リピート率が80%前後で、定期利用の方が非常に多いです。

ですので、最初から定期利用で探したい方のために、以下の検索項目を
トップページにつくりました!!


そのものズバリ

「定期で検索する」

56

定期でお願いできるひとをすぐに検索できるのです。
クリックするとこんな感じです。


03


ユーザーの方からしてみたら、とても使いやすいみたいで、さっそく沢山の方に
ご利用いただいていて、とても嬉しいですヾ(=^▽^=)ノ


そして、そして、左上の赤まるに注目してください!



条件を絞り込む、があるために、より、条件のあった人に出会いやすいようにしているのですが、


簡単な家事も請け負ってくれる人
家庭教師が出来る人
病児保育が出来る人


は、やはり、大人気です。


いま、毎月50人くらいのペースで新しいシッターさんが増えています。
機能も毎月どんどん追加していて、これからももっともっと充実させていくので、

どうぞ、随時チェックし、
フル活用いただければと思います。


キッズラインはこちらから
(会員登録しなくても、どんなシッターさんがいるのかどなた様でも検索できます)
https://kidsline.me/


Twitterや、Facebookでは、随時新しいサポーターさん、シッターさんを紹介していますので、
ぜひ、チェックしてみてください。(人気の方はすぐに埋まってしまいますので、早めにコンタクトしてみてください)

Twitter  https://twitter.com/KIDSLINE_Colors
Facebook https://www.facebook.com/kidsline.me/


51

12

Twitter  https://twitter.com/KIDSLINE_Colors
Facebook https://www.facebook.com/kidsline.me/














以前、女子大生ベビーシッター講座を開講して以来、

press用_01


キッズラインには、
保育士さんにもひけととらないくらい、沢山の優秀な女子大生が、活躍してくれています。


新生児や1歳未満は、保育士さんのニーズはとても高く、保育士さんも大人気ですが、

もうすこし大きくなると
「保育園に迎えにいってもらって、そのまま英語の勉強を見て、食事して寝かしつけ」とか、

さらには、小学生になると、
「英語で話しかけてほしい」「勉強や宿題を見てほしい」

定期予約での、家庭教師系のニーズが急増えます。


登録している大学生は、上智の学生が一番おおくて、次に慶應、青学と続きますが、
バイリンガルなシッターはやはり大人気ですが、

そして、ロールモデルとして、家庭教師として、東大生もかなり人気です。
(現在東大生は4人活躍中)


たとえば。。。

彼女は東京大学文科3類の2年生です。
来年度から教育学部比較教育社会学コースに進学そう

現在、運動会応援部チアリーダーズで活動しています!

04

地域:千葉県 時給:1200円 対象年齢:1歳3ヶ月〜
https://kidsline.me/sitters/show/u1059745265

なんと、東大教育学部でチアリーダー!
いつも笑顔でとっても素直で前向き、 本当に感じの良い可愛い学生。
お子様にとって、良き将来のロールモデルになること間違いなし!

小さなお子様が大好きで、幼稚園にボランティアへ行ったり、
家庭教師として小学生を指導したりしている中で、
もっともっと関わりたいという想いが強まりベビーシッターを始めたそうです。



そして、彼女は東京大学文科一類の2年生です。
来春から教育学部に進学予定で、現在は運動部のマネージャー。
選手の要望や体調を常に気にかけることが非常に大切な役職なので
気配りには自信が!

30

ラクロス部マネージャーの彼女は、以前にホテルで接客のご経験もあり、
対応もしっかり丁寧。
昔から小さなお子様が好きだったそうで、面倒見の良いお姉さん。
 教えることも好きだそうで、 サポートをしながら勉強を見てもらうことも可能ですよ♪

地域:東京都 時給:1100円 対象年齢:2歳〜
https://kidsline.me/sitters/show/u8019793513



シッターさんはキッズラインのFacebookページで毎日3人くらいづつ紹介していますので、
ぜひ、いいね!でチェックしてみてください。
最新のシッター紹介が届きます。

https://www.facebook.com/kidsline.me/?fref=ts

人気のシッターさんはすぐうまってしまいますが、各シッターさんページより気軽にメッセージがおくれますので、スケジュールの調整もきいてみてください。定期予約をお勧めします。





某メディアで、全6回の連載の話をいただいて、

2回目の起業や、いくつかの山を乗り越えての、現在のキッズラインのサービス展開まで
そして、経営者としての自分の変化なども、書かせていただくことに。

その連載 第1回掲載のために、「そのときの写真を下さい」といわれ、探していたのですが、
既に懐かしい!

1年前なのに・・・

オフィスを造る時、

2015-10-27-12-04-28

仕事柄、多くの人がいらっしゃるので、便利な場所がいいけど、
家賃をすこしでも節約したくて、定期借地オフィスにしたこととか

すこしでも節約するために、聖子ちゃんと一緒にIKEAに買い物に行ったこととか。

2015-10-27-12-04-24


自宅からスタートして、六本木に今の最初の事務所に引っ越してきてから、
ちょうど一年です。

17


何もない会社が、まだ、サービスも開始してないのに、みなさんからたくさんのお花をいただいて、
本当に感激して感激して、うれしかったなー


その数ヶ月後に、生み出されたキッズライン https://kidsline.me/ は、まだよちよちだけど、あかちゃんなら、首がすわってきた時期くらい。


日々、社会の、お客様の、関わるみなさんの期待を感じながら、サービスに打ち込める事心から感謝しています。


国の政策でもある、女性活躍推進。
日本は女性リーダーが少ない事も一因といわれていますが、

アメリカのIT企業、Google、ヤフー、Facebookなどの女性役員はみなさん複数のお子様をもつワーキングマザーで

海外で女性活躍が根付いている国は、すべてベビーシッターが根付いている国でもあります。

だからこそ、私たちは、スマホで簡単に予約できるベビーシッターサービスを通じて、日本にベビーシッター文化をつくり、多くの企業が上手に女性の能力をいかせるよう、

そして、その流れを加速させて、日本中の女性たちがより輝くように、しっかり、お手伝いしていきたいと思っています。



いま、キッズラインは1歳未満のお子様をもつ親御さんに3000円無料体験プレゼント中です。



私たちはベビーシッターのみならず、新しいサービスを始めました。

ママたちの、妊娠、出産、新生児育児をトータルでサポートする
「産前産後ケア専門家」による出張サービスを開始しました。

09


韓国でもママたちに大人気の産後ケア。
絶対に絶対に日本でも普及、一般化させたく、ずいぶん丁寧に準備してきました。

人生最大の命をかけた大仕事「出産」の後、

ママの体調回復を優先したいところ。


でも、同時に24時間 新生児のケア、不眠不休の子育てがスタートします。

実家の支援 があればよいですが、核家族化が進行して

十分周囲の支援もうけられず、同時に十分な体調回復できないまま、

たったひとりの「孤育て」となり、


体調不良と育児不安と戦い、5人に一人が産後うつに なるとも言われています。



少子化対策が叫ばれる中、

日本でも安心して子供が産めるために必要だと思って、

「産前産後ケア専門家集団」を育成するドゥーラ協会と提携しました。


34


そして、出産前から産後のママさんの自宅に

出張ケアサービスを開始しました。


https://kidsline.me/contents/doula



21


キッズラインのベビーシッターと同様に、

業界一のリーズナブルさで、

ネットで24時間予約、即日手配も可能です。


産まれる前から子供が12歳になるまで、

キッズラインにお任せください。(https://kidsline.me/



多くのママが安心して好きなときに子供を産める社会に。

そして、女性が輝く社会に、これからも頑張って参ります。



ただいま、スタート記念に先着100名さまに

キッズラインを無料体験できるクーポンを差し上げてます。

(出産直前の妊婦さんから1歳未満のお子さんを持つ、初回利用の方)


45

https://kidsline.me/contents/doula


どうぞ、拡散や該当する妊婦さんや、新生児のママさん、

キッズラインに興味がありそうな方に教えて頂けると嬉しいです。



話題の一番を獲得できたリリースはこちらです。

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000011508.html



1時間1000円〜 即日も予約手配可能なベビーシッターサービス【キッズライン】
おかげさまで、サービスを開始してから半年以上たち、シッターさんも数も大分増えてきました!


ベビーシッターサースを利用するときの両親の3大不満
「①高い」「②不安」「③罪悪感」

それらを解消していくために、

①料金は、通常のシッター会社の3分の1程度に
②弊社が全員面接し、モニターテストに合格した顔が見えるシッターさんのみ登録で、本人のプロフィールや利用者全員のレビューを公開
③お子さんをみるだけではなく、英語やフランス語、体操、音楽、そして小学校受験まで、子供の感性を引き出す、多彩な教育としてのシッティングを目指しています。


「どんなシッターさんがいるの?」というのがよく聞かれるので、
キッズラインのFacebookページでは、毎日シッターさんを紹介していて、
Twitterやインスタグラムでも、#シッター #シッター紹介
(会員登録がまだでも)どなたさまでもすぐに詳細をご覧頂けるようになっています。



たとえば、

忙しい朝こそ手伝ってほしい方必見。
【朝対応可!教員経験15年♪1500円】
ベテランサポーターが今だけ予約可能★明るいお人柄今なら定期での予約も相談可能です。体育教員15年、生後3ヶ月のお子様のシッター経験もございます!
地域:東京都 時給:1500円 対応年齢:0歳〜
https://kidsline.me/sitters/show/u9326927165

55


他にも家庭教師や英語等ができる、上智の女子大生。時給も1000円とリーズナブル
力強い味方!
【勉強も運動もお任せ!元気な上智大学生サポーター1000円 】

体力には自信あり!お子様と一緒に外遊びも大歓迎。
またお子様の宿題や家庭教師としてもご相談くださいと頼もしいサポーターさん♪
地域:東京都 時給:1000円 対象年齢:2歳〜

※来週結構予約入れますので今のうちに面談等どうぞ
https://kidsline.me/sitters/show/u1912763461

2015-10-17-10-59-46



また、埼玉の方必見です。

上智大学フランス語学科の女子大生です。埼玉県 時給1400円

キッザニアでのお仕事経験もあり、英語、フランス語のトリリンガル。
フィギアスケートやギターもできる。
国際色・才能あふれた育児をしたい方ぜひ。

https://kidsline.me/sitters/show/u2602673514

==

【日・英・仏 トリリンガル!キッザニアでお仕事も♪1400円】
英語、フランス語でのシッティングOK。 フィギュアスケートやギターも得意な多彩な女子大生サポーター!国際色豊かなお子様を育てたい方へ。
地域:埼玉県 時給:1400円 対象年齢:2歳0ヶ月〜

2015-10-17-11-01-40


また、産前産後のお母様をサポートするベテランも!

【新生児対応も可能 嬉しいママの家事サポートも!1500円】

子育て経験に加えて、沐浴などの新生児対応もバッチリ!お子様だけでなくママの家事サポートも対応可能な頼れるサポーター♪
地域:東京 時給:1500円 対象年齢:0ヶ月~

https://kidsline.me/sitters/show/u5001820336


46



そして、教育的見地からも経験豊富な幼稚園の先生ばかりではなく
ご自身の双子育児経験もあるかた。時給1300円
2人も同時に見れます
(明日も対応できます)

https://kidsline.me/sitters/show/u6690079667

2015-10-14-18-29-57

キッズラインは、あなたのお子さんやあなたのライフスタイルにあった育児サポーターが
きっとどこよりも手軽に見つかるよう最善の努力をしています。


キッズラインFacebookページや
https://www.facebook.com/kidsline.me?fref=nf&pnref=story

Twitterや インスタグラムの#シッター紹介 も連日更新中です。
ぜひ、チェックしてみてください。


もちろん、会員登録がまだでも、どなたさまも、こちらからシッターさんをすぐ検索できます。

12


https://kidsline.me/


初めての方は、どのような想いで作られた、どんなサービスなのか、どうぞ、大好評だったこちらの動画をご覧下さい。

49



https://vimeo.com/132780159




利用した体験談はこちらが参考になるかもしれなせん。


【体験談】お子さんのいらっしゃる方、ぜひご一読ください。
http://yorimichi-mag.com/article/1955

↑このページのトップへ