キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tagキッズライン


今日、Facebookをみていたら、IVS Launch Padの締切迫るというエントリーが目に入ってきました。

01


実体験からも、力説できますが、エントリー絶対にお勧めします。

挑戦して会社の未来が変わった実感があります。
詳細は、こちらのBlogに書きましたが

http://kahoko.blog.jp/archives/1035901590.html) 

実は私も、Facebookのフィードをみて、ぎりぎりに申し込んだのです。

だからこそ集中してやりました。人間何でもやれば出来る。

そして何より当日は本当に感動しました。


当日の様子→http://kahoko.blog.jp/archives/1030634433.html 



スタートアップって、売上げも信用も少ないから、

こういうところで優勝したり入賞すると、本当によい加速になります。


認知度がない間は、何度もなんども自社のサービスをプレゼンするわけで

そういう意味でも、エントリーして書類が通ると、何度かIVSのスタッフの方に駄目だしされ

アドバイスを客観的にうけることができる貴重な機会です。


また、他の方のVTRみて、「分かりやすいプレゼントは?」「心うごかすプレゼントは?」と、一生懸命勉強、練習するので、


社長の仕事にとって重要な、プレゼンのまたとない勉強にもなります。


こんなBlogを書いていただいていてうれしい。

http://tossproblog.hatenablog.com/ent…/review_PersonalImpact



そして、結果を出すという事に拘るのは、

大切な事だと思います。結果はいろんなものを凌駕する事があります。


http://tomosoe.com/topics422


もちろん、優勝だけが結果じゃない。

本当の結果も伴うようにますます全社を挙げて頑張ってます。




プレゼン動画も、IVSのみなさんに、このように大切に残していただき、

多くの方にみていただき、未だに反響があります。

もうすぐ3000再生!→https://vimeo.com/album/2682884/video/132780159


見ていただいていて本当に感謝です。


迷われている方いたら、まだ間に合います。ぜひエントリーしてみてください!

私も恥ずかしかったし、大変そうだなっておもって迷ったし、

田中さんや、小野さんや、小林さんに、ダメだしいっぱいされて、途中でやめたくもなったけどw


かけた時間やエネルギー以上に大きな成長と成果がありました。

何よりも社員が喜びました。


宝の経験です。ということをいいたくて思わず書いてしまいました。



以下のようなプレゼンができるまでになりました。

https://vimeo.com/album/2682884/video/132780159


49

https://vimeo.com/album/2682884/video/132780159




※ちなみに、このBlogは誰に頼まれたでもなく勝手に書いてます。本当に1社でも多くの方が挑戦する事が、ベンチャーの活性化だと思ってますので。IVSのみなさんには心から感謝しています。



以下Facebookのフィードより

==



【IVS Launch Padについて】
– スタートアップ(個人でも応募可能)から大手企業の新規事業まで応募可能
– デモが可能なレベルのプロトタイプからサービス開始後 6ヶ月など応募可能
– 何度でも応募可能。過去に落選していても再チャレンジ可能ですし、過去に出場しても予選を通過すれば何度も登壇可能。

【応募は以下からどうぞ】
http://www.infinityventures.com/ivs/launch/

【IVS Launch Pad 募集について】
募集期間 :2015年10月30日(昼12時)まで

(注)審査は順次行います。プレゼン企業数が上限に達した段階で締め切ります。
第2次選考は2015年11月9日・11月10日の間の2日間に東京で行う予定です。
最終選考は2015年11月30日・12月1日の間の2日間に東京で行う予定です。

決定時期 最終決定は2015年12月1日までに決定。

募集対象分野
インターネット、モバイル、ソフトウエア、デジタルコンテンツ、コンシューマーエレクトニクス(ロボット含む)の製品・サービスなどネット・IT全般を対象

(対象製品・サービス)
製品・サービスのデモンストレーション可能な製品・サービスであること。

(企業規模など)
個人・企業の所属は問わず、上記の分野やデモンストレーション可能であれば応募可能です。過去のアーカイブもぜひご覧ください。

IVS Launch Pad 傑作プレゼンテーション動画集
https://vimeo.com/album/2682884






1回目の起業と2回目の起業は、こうも違うのかということを実感する日々。

いずれも楽しいのだけれど、1回目で学んだ事の本質は一緒なんだけど、
それを大きく、さらに進化させていくような、内側から、枝葉がぐーーっと延びて、おもいっきり光合成していくような、気持ちよさを感じる事が多い。


「女性」というキーワードからはじまる、
ひとりひとりが輝く社会の実現したいというのは、まったくかわらないけど、


スタート時点の前提条件も
取り組んでるビジネスモデルも、メンバーも違うから当然なんだけど、


その面白さというのは、


2回目の挑戦は、いきなりとっても高い山に登っている感じがある。

そして、C2Cという大きなうねりにおかれているということ。

女性のライフスタイルが進化したのに、それに追いつくサービスが足りないという
いそがなきゃ、という健全な焦燥感。

そして、今回は、「その焦燥感や課題を、テクノロジーの力で解決する!

というアプローチも本当に刺激的。


もちろん、テクノロジーの力だけではないところも楽しいのだ。

そこにヒューマンな力がないとやっていけないから。
人を集める力、集まった人が幸せになる支援、
ルールつくりにおいては、正しい倫理観や、判断基準をもつこと、

そこの場がもつ価値自体をどうやって正しくあげていかなくてはいけないという試行錯誤。


私たちは株式会社だけど、ます、究極の理想を追求し、使う方々、参加する方々が、もっともっと
「最高だ」って思う事が、まず先。

だから、利益だなんだ、ビジネスモデルがなんだというより、関わる人たちの幸せを、どうあるべきが、みんながよりhappyになるのか。

第2期はそれを最優先におもいっきり追求していくと決めてる。

来期はそこで学んだ事を、どう、よい流れにかたちづくり、それを大きな流れに出来るか。


そんな風に

こんな理想が追求できるのも、ホスピタリティーと、貢献心あふれるメンバーに囲まれているからなんだと思う。


22

昨日、夜仕事してて「お腹空いたんだけど、焼肉つき合ってくれる人・・・」と遠慮がちに聞くと、
続々とメンバーが集まってきてくれて、本当に楽しい時間だった。


誰かの喜びや、誰かの笑顔を優先できる、人として大切な事が一緒なメンバー
自然エネルギーを発電にかえれるような、オーガニックな、あったかい人たちに囲まれて、幸せだなって心から思った。(本当に、みんな、いつもありがとうございます)

だから私も毎日もっともっと自分を磨きたい。

それが、いつか、正しい、理想の、キッズライン、C2Cにつながるのだと確信してる。



こんなカラーズを、より盛り上げてくれる人、仲間を大募集です。
(デザイナー、エンジニア、アシスタント、インターン)参加したい方お待ちしています。








昨日、今日で、沢山掲載いただいたので、簡単にまとめ。(本当にみなさま、ありがとうございます!)

【テレビ】

朝4時半おきで(涙)7時からの生放送! モーニングクロス!

2015-10-09-09-18-592015-10-09-07-32-15

待機児童の問題や、保育士求人倍率等のお話をさせていただきました。
保育士さんが好きな時間で好きな給与で働ける社会をつくりたいと、心から思っています。



そのあと、そのまま急いで移動して、10時30分〜テレビ朝日ワイドスクランブル生放送
髪型だけ変更していただきました(☆゚∀゚)

2015-10-09-10-13-50
23


そして、掲載記事


【掲載記事】

キッズラインの目指すところを書いていただきました。

起業したときからずっと、大きな社会問題を解決する事業にチャレンジしたいと思っていました。
育児支援不足という問題に対して、私たちのアイディア 【キッズライン】を提案できること、とてもやり甲斐を感じています。まだまだ始まったばかりの挑戦ですが、
このように取り上げていただける のは本当にありがたいです↓ 

 http://bizkyo.com/183

23


【体験記事が!!!】

そして、キッズラインの体験記事を社内で発見!!
すんごーーーく、うれしいです。

01



読んでいる私が泣きそうになってしまうほど、嬉しかった。

先日ユーザーアンケートで「知人に薦めたい」が約9割の結果で、
それもスゴく嬉しかったです。

「考え尽く されている」って最高の褒め言葉いただいて。。。

でも、まだまだ理想の状態まで、うんうんうなりがら改善を積み重ねていきます。
子をもつ親御 さんにとって感動を与えられるようなサービスにしっかり育てていきたいと思います。

お子さんのいらっしゃる方、ぜひご一読ください。

http://yorimichi-mag.com/article/1955



【学生さんにインタビューを受けました】

学生の方に、学生の目線で、ベビーシッター文化とは、ということや、私の学生時代、新時代、そして、カラーズのやっていることをインタビューしていただきました。(もちろん、学生インターンも大募集してます!)

38

http://bb-relife.jp/interview/it-web/4285



社会人アルバイト、アシスタント、学生インターンも大募集しています。





安倍政権の新3本の矢は、
第1の矢「希望を生み出す強い経済」(名目GDP600兆円達成)
第2の矢は「夢をつむぐ子育て支援」(出生率1.8の回復)
第3の矢は「安心につながる社会保障」(介護離職ゼロ)


第2の矢のためにますます育児支援が重視されていくのだと思う。
本日も以下のような記事が

2015-10-07-09-34-59


少子化対策にかかせないのは、保育士不足の問題。
右の記事では保育士不足が取り上げられている

2015-10-07-09-34-31

保育士にとっては、保育園等の施設で働く事は、
低賃金、重労働が改善されないと難しいと思う。

通常の保育時間以外にも書類の作成を家に持ち帰ってやったり、
人間関係の煩わしさ等で、長期間働き続けるのが難しい環境に。


実際に保育士の資格をもっているが
「時間や給与等の勤務条件があわないから働きたくとも働けない」
という潜在保育士さんは全国に60万人いると言われている。



そういった環境が保育の質の低下を招くのは、子供にとっても良くない。

ですので、
私たちカラーズは「好きな時間に好きな時給で保育スキルを活かしてはたらく」
そして、一対一の育児を通じて、ここの家庭の方針に会わせた、理想の育児を追求する
子供の感性を引き出す。

キッズラインでのベビーシッターと言う働き方を通じて、
少しでも育児支援を盛り上げていきたいと思います。


昨日発表したリリース(http://goo.gl/d7qfmn
「あたらしい働き方講座」続々とお申込いただいています。

55


第1期は先着100名さまに報奨金1万円を支給します。
せひ周囲の保育スキルを持ちながらもっと活かしたいと思っている方にお伝えいただければと思います→https://goo.gl/jUIGDW


キッズラインに登録しているシッターさんは育児経験豊富な方が多いのですが、

たとえば、資格取得状況については、
以下のように、保育師さんや幼稚園教諭など、育児のプロが中心ですが、

10

病児保育はもちろんですが、
保育園に入れないあいだの新生児保育、産前産後お手伝い、
そんないざという時から、
外国語や英語レッスン、スポーツレッスン等、子供の感性を引き出す育児まで、

21

そして、時給もリーズナブルで大変好評をいただいています。

36

そんななか、小学校の体育でも導入されている、ダンス講師は人気ということで、
ダンス協会さんとコラボレーションさせていただきました。

2015-09-29-16-09-01

みなさん熱心に参加してくださって、キッズラインの登録をしてくださっています。

協会代表とコラボ記念ショット!

2015-09-29-16-07-35


これからも、1対1で子供と向き合う、ベビーシッター等究極の育児
子供に愛情を注ぎながら、感性を引き出せる、新しい育児スタイル、おおくの方にあった育児スタイルを提案していきたいと思います。


ぜひ、あなたに合った育児パートナーをキッズラインでみつけてください。
保育園にはいれない、病児保育をお願いしたい、今日の残業をどうしよう。。。
急な困ったにも対応します。

20

会員登録がお済みでない方でも、シッターさんのプロフィールや検索ができるようになっています。
ぜひ、チェックしてみてください。

https://kidsline.me/






↑このページのトップへ