キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tagキッズライン


「口は災いのもと」というのは、会社を経営していると、より、痛感するし、公私ともに、ダイレクトに影響を受ける。

特に、私の場合はテレビでコメントをする仕事もしているので、より慎重にならざるを得ない。

うっかりの、たった一言が、いつまでも一人歩きしてしまうこともある。一度口にだしたら、言葉は消せない。

相手に対してよくない感情を持っているとき、
同時に、話している相手に対して好かれたいという思いを強くもつとき、

なおさら気をつけなくてはいけない。

「たとえば」のような話から、誰もが納得できるたとえにならず、誤解をされ、湾曲して、間接的に伝わり、相手の心に鉛のように重くよこたわってしまうこともある。

お酒の席などで、場を盛り上げようと、サービス精神を発揮していった冗談の一言が、昼間に言葉だけが「再現」され、ビジネスの場所で自分自身の評判を下げることもある。

==

その場にいない人の話を聞き出されるときは、理性を働かせないといけないし、情報伝達は本能的におこなってはいけないな、とつくづく思う。


経営者なら、手痛い失敗をしても、実績や経験で、なんとか挽回できることもあろうし、周囲が合理的な人たちに囲まれているので、受ける誤解も最小限かもしれないが、


政治家こそ、失言で職を失う可能性が最も高い仕事だな、と、複雑な気持ちで、テレビを見ながら思うことも多い。

そんななか、伊吹文明元衆院議長が失言を避けるために留意すべき6つの「た」を所属議員に訓示したというニュースを見た。


6つの「た」とは

(1)立場をわきまえて発言すること
→失言したら、応援してくれた有権者に大変な恥をかかせるから

(2)正しいと思っていることを話すとき注意すること
(3)多人数の場で話すとき注意すること


→正しいと思っていることを言うときに、よほど注意しなければいけない。政治の世界では、何が『公平』や『平等』か、人によって判断が違う。多人数のときは、自分の価値観と違う人もたくさん来ている」

(4)旅先で話すとき注意すること
→笑いを取って、楽しく話してあげないといけないと思うから、ついつい舌が滑る。

(5)他人の批判をするとき
→他人を批判するときは、よほど注意しないと、自分にもう一度戻ってくる

(6)例え話をするとき
→たとえ話は、非常に危険だ。例え話をすると誤解されるから


大変勉強になった。

また、ふと思ったのは、失言をしてしまうときは、

理性が緩んでる時に、うっかりとか、
怒りを抑えきれない時、爆発してしまうとか、
常日頃理不尽に感じていて思わず、言いたくなるとか、
相手に好かれたいための迎合的発言だったり、
場を盛り上げるためのサービストークだったり、

そういう心理状態なのだと思う。

だから、失言を避けるためにも、常日頃から自分のコンディション調整や、感情の整理を行っておかないと、と思う。

精神状態をフラットに、客観的に、冷静にしておくことは大切だ。

逆に、相手の方が、「そこまでいってしまうんだ」という発言をされる場合は、その方が怒りや不満を抱えていることが多いな、と思うので、それもきちんと受け止めるようにしたい。

言葉のパワーは凄いので、勇気や希望をともすような使い方をしていきたいと、改めて、思いました。


以下は、本音を綴っているので、失言があるのかもしれないと、焦りながら、Kindle読み放題に入られている方は、宜しければGWにお読み頂けると嬉しいです。










母の日のプレゼントを探している方は、大人気の以下はいかがでしょうか? ご自身にお子様がいてもいなくても、キッズラインに登録していなくても簡単にプレゼントできます。




0歳から15歳までのお子様がいて、キッズラインをまだお使いになったことがない方は、以下ぜひご活用下さい!






先日、おかげさまで誕生日を迎えた私です。



たくさんのみなさんにお祝いしていただいて心から感謝です。
さて、私の人生の目標ですが

・120歳まで毎日楽しく生き抜くこと

そのために、私と一緒にいる人は、人生が良くなるような、プラスな人間でありたい

・たとえ、大きなお力になれなくとも、私と一緒に過ごす人は、笑顔でいれるような存在

そんなふうに、人も自分を大切にできる人でありたい、できれば、周囲のみなさまの人生にプラスの存在でありたい。

そのために、自分の強みを思いっきり磨きあげたいと同時に、自分の弱みはしっかり補強していきたい。もっともっと。才能ばかりではなく、人格を磨きたい。才は人としての在り方の上にあってこそ、正しく発揮できると思うので。

また、起業家としては、

・社会を進化させるインフラをつくれる経営者でありたい

・そのために、キッズラインをクロネコヤマトにしたい
(ヤマトがあったから日本のECが進化したように、キッズラインがあったから、日本の女性が輝き、子供の笑顔が増えた)

短期的な目標、今年、来年は、

・今年、来年と、仕事全開モード! 受験生のように仕事したい。

・キッズラインを社会のインフラにするための基盤強化

・そのために、全国展開、認知度アップ、各種連携など、精力的に活動をしていく




そんな風に、人生も経営も長期的に見据えて、しっかりと丁寧に創り上げていきたいです。


ともに、キッズラインをインフラにして下さる方、仲間になって下さい。



そして、GWにお時間のある方は、以下の本は読み放題で無料、もしくは99円で、あっという間に読めます。



こちらも大好評ですので、宜しくお願い致します。



すべての女は、自由である。
経沢 香保子
ダイヤモンド社
2016-04-25



キッズライン、まだ使ったことがない方は、以下、ご活用下さい!









前からずーーっとずーーっとやりたかったサービスを、

実験的にリリースしました。

東京、大阪地区限定となりますが。


モニター期間なのでかなり格安(キッズライン価格の約半額)で実験提供開始しました。


通常のシッターサービスと比べたら、いまなら4分の1くらいの値段かと。


会員の方は「キッズラインラピット」(東京と大阪のユーザーさんは、ログイン後のトップからのバナーは「当日予約のアフター6」がでますので見てみて下さい)




使ってみると分かるんだけど、言葉で説明するのは難しいというサービスで、


私たちは、スピード、安さ、安全性を両立するのに、試行錯誤しました。


「矛盾した中に答えがあるはず」とエンジニアもサービス開発もあらゆる側面で頑張ったので、

みなさんの反応が楽しみです。


実験がうまくいけば、社会に広まるよう、ベビーシッター文化が広まるようにさらにブラッシュアップして頑張ります。



*モニター期間中は3000円割引ですが、

アンケートにご協力頂くことが前提の実験内容です。

ご理解ご協力頂ける方はぜひお得なのでチェックしてみて下さい!!




キッズラインでは、吉野家のような「早い、うまい、安い」を、ベビーシッターでも再現できないかということで、アプリやサイトのUIなど工夫していますが、

何よりも大切なのは、シッターさんの登録クオリティ

というわけで、

キッズラインのシッターさんが登録するまでには、

応募→説明会&研修への参加→面接(合否判定)→現場で実地テスト(合否判定)→自治体登録→デビューという結構ながい流れになります。

(育児経験のない女子大生は筆記試験も)
(登録後も、レビュー監視や、ミステリーショッパーなどで継続的に品質向上を目指しています)


そのなかで、大きな役割を担ってくれている、現場で、実際に実地テストと指導してくれるのが「ママトレーナーさん」

2017-04-20-18-34-40


昨日は、いつもお世話になっているママトレーナーさんたちのなかから一部メンバーが集まって情報共有やミーティング

2017-04-20-18-33-28

秘伝のタレのような、現場でのシッターさんへのアドバイス方法などを共有したり(^∀^)

2017-04-20-18-34-05

ママトレさんは、実際にお子さんがいらっしゃり、キッズラインの事業に共感してくださって、在宅で手伝ってくださっています。

2017-04-20-18-31-31


まさに、キッズラインは、愛あるママトレーナーさんの存在によって助けられているのです。

ぜひぜひ、ピンと来た方は、ご協力下さい。

全国で在宅で出来るママトレーナーさんを募集しています!
■ママトレ応募フォーム
https://kidsline.me/information/trainer-recruitment


キッズラインは大阪でも人気です!

キッズラインを使ってみたい方は、ぜひ、以下ご利用下さいね!

シッターとして好きな時間に子供と向き合う仕事をしてみたい方はこちら






キッズラインは、オンラインで手軽にいつでも予約が出来るという便利と、通常のシッターサービスの3分の1の値段で使える安さなどで、

「いままでベビーシッターを使ったことがなかった」


という方を中心にご利用が広がっています。

ワーママばかりではなく、自分の時間が欲しい専業ママたちにも人気です。

ちょっと興味があるなーというかたは、ぜひ、ユーザーインタビューを参考にしてみてください。


テレビでもおなじみで、ベストマザー賞を受賞した、女医でタレントの友利新さん


そして、CAさん

勤務が不規則でもあるため、保育園の補助としてご活用いただくので非常に人気です。


また、フリーランスのかたは、お仕事を継続してやられたい場合には、ベビーシッターさんがぴったりということでした。


キッズラインに興味がある方は、以下1000円オフのクーポンをぜひご利用下さい。







↑このページのトップへ