キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tagシッター


あなたは、子供が生まれた後、
ママのことを「ママ」って呼ぶようになりますか?
それとも、変わらず名前で呼びますか?


ここに出産後の夫婦関係のヒントがあるようです。

===

子供が生まれると、夫婦の様子ってがらっと変わりやすいですよね。

最近、「出産して妻の性格が悪くなった」という記事がバズってました。

性格が悪くなったというより
女性は子供を産むと、24時間赤ちゃんの世話になり、まったく自由がなくなるから、「自分だけの時間がない」「自由にトイレも行けない」そんなストレスが溜まる一方、

男性は子供が生まれても、そのまま変わらない日々を送るので、
「なんで、二人の赤ちゃんなのに、私だけが不自由で、、、」と、自由に過ごす旦那さんをみて、お互いの溝が深くなるという構図なのだと記事には書いてありました。

===

最近は、育休を取る男性も増えていて、「男性の育休は、男性がパパになるための助走期間」のようなことを、駒崎さんがおっしゃっていて、なるほどな〜と思いました。

弊社の記事でも、9ヶ月の育休をとったパパの記事が反響が大きかったです。

子育てより大変で素晴らしい仕事はないー9ケ月育休を取ったパパが考える、チーム育児の大切さ

https://kidsline.me/magazine/article/93

ママ1人で頑張らなくていいー9ケ月育休を取ったパパが復職後にぶつかった「病児保育問題」


https://kidsline.me/magazine/article/95


47


確かに、旦那さんが育児に協力的だとママは嬉しいと思います。

でも、それぞれの家庭にも事情があり、役割を分けたほうがうまく行く家庭や、パパの仕事の事情でどうしても十分に育児に参加できない家庭もあると思うのです。

その家庭、その家庭のあり方は、他人がどうこういうこともできないと思うのですが、

私が思うには、物理的支援ができないなら、精神的に大切にしてくれるだけで随分違う。


それが冒頭の話になりますが、以前本で読んだデータがずっと頭に残っていて、ネットで調べるとやはりありました。(以下こちらより引用)

「ママ」「お母さん」ではなく名前で呼ぶことで、体の中のホルモンの働きにいい影響が出るという研究結果があります
普段は夫から名前で呼ばれていない女性を対象に、彼女たちが名前で呼ばれたときに起こる体内の変化を調べたのです。その結果、名前で呼ばれることでオキシトシンという“愛情ホルモン”濃度が15.9%も増加することが分かりました。


ママという呼び方から、名前で呼ばれるだけで、幸福度が上がるってすごいですね。

精神的に労ってほしいという気持ちと、いつまでも女性として見てほしいという気持ちが、ママをハッピーにするようですので、ぜひぜひ、パパのみなさん、試してください!


精神的労り派のイクメンのみなさんが、最近、キッズラインを使って、「毎月1回は夫婦で食事に行くようにしてます」

「好きなように自分の時間をつくっていいよ」、って、ベビーシッターをプレゼント(https://t.co/XovtSaTrSVしていたり、

そういうあり方も素敵だな、と、私は思うのです。



そういえば、こんな調査をしましたので参考までに。

【調査レポート】9割のママが「ある」と答えた育児ストレス。週1回3時間の自由時間があればストレスは減ると回答


https://kidsline.me/magazine/article/97


【産後の夫婦関係調査レポート】〜夫婦の危機が産後に訪れた割合は?


夫が産後サポートした割合が63%。妻が夫にイライラをぶつけた割合は74%。そして、産後に夫婦の危機が訪れた割合は。。

https://kidsline.me/magazine/article/98





昔、育児していた頃、よくベビーシッターさんに依頼していました。

でも、

ベビーシッターさんに、ゴミ捨てを頼むと、プラス500円
ベビーシッターさんは、家事のお手伝いはしません!!
ベビーシッターは子供しか見ません!!!

いちいち、NGがおおくて、(もちろん安全面からの配慮でしょうが)


同じ信頼できる人が、お料理や、家事なども手伝ってくれたら、どんなにいいことかとおもって、
個人で探したりしていました。

ですので、キッズラインでは、育児はもとより、ご家庭全般をサポートしてくださる方が多いのが嬉しくて、

最近は、サポートと一緒に料理をしてくださる方が増えていて嬉しいです。




しかも、キッズラインならお値段もリーズナブルですし


今日や、明日など、直近でも呼ぶことができます!


ぜひ、みなさんも、素敵な人生のサポーターを探して見てくださいね!





今日はキッズラインのユーザーさんにインタビューさせていただきました!


2017-06-13-14-18-05


・シッターさんに育児相談するためだけに定期的にきてもらってる。本当に頼もしい。


・シッターというと贅沢?!というイメージを周囲にもたれたが、「自治体も推薦するサービス」ということで、両親や旦那さんも「必要なもの」と認識してくれて利用許可が出た。


・顔が見える、レビューがあるというは本当に助かってて、レビュー見れば大体どんな人がどんなサービスをしてくれるかわかる


・忙しい時にシッターさんを探すので、「いかに早く見つかるか」が重要。キッズラインは圧倒的に他社より見つかりやすいが、もっともっと「検索機能」の充実は期待。


・認可外保育園と同じくらいの値段なら毎日でも頼みたい。


・子供がすこし大きくなると「良い遊び相手」という視点で探している。


・ヘビーユースしたいシッターさんは大体時給1500円くらい


・マイページに、「近所のシッターさんが登録しました」という機能は優れてる。新着あるたび、どんな人か必ずチェックしてる。


・登録者が多いので、近所がたくさん見つかるのがすごくうれしい。


・復帰前は平日に、仕事の復帰後は土日に頼むことが多い。


他にもふむふむネタが。明日もインタビューあるので楽しみです。



発見がたくさんあってますますやる気が出ました。


image


ユーザーの皆様本当にいつもありがとうございます!


他にもご利用者の方のリアルなレポートはこちらに

https://kidsline.me/contents/reviews_list





いま、一生懸命取り組んでいることは、以下です。


病児保育が6月中は無料で体験できます!





病児を頼めるシッターさん一覧(全国)


https://kidsline.me/sitter/p_3




おかげさまで、ベビーシッターキッズラインは、
毎月100名近いシッターさんがデビューしていて、総勢もうすぐ1000名に迫る勢いです!

機能も優秀なエンジニアたちがどんどんバージョンアップさせているので、ますます使いやすく便利になっています。

たとえば、
「今日、誰かに子供を見て欲しい!」そんな時でも大丈夫です。


もちろん、「明日、ちょっと外出したいんだけれども・・・」という時にも大丈夫です!


もし、「今すぐ!」とか、「条件にあった人を探すのが手間かも、、」という方は、

シッター求人機能というのがありますので、そちらでかんたん解決です!

https://kidsline.me/about/how_advanced_jobpost



へーーー、でも、実際どうなの? ベビーシッターって?? キッズラインって??
と、思われる方は、ぜひ、以下の記事をご覧ください。


ちなみに、お得なクーポンもございます!


そして、そして、ママたちの悩みの「病児保育」
私たちキッズラインは病児体制もバージョンアップしましたので、
みんなの病児をあんしん解決!
すべく、以下の活動を行なっています。ぜひ、みなさん、広めていただけると助かります。









前からずーーっとずーーっとやりたかったサービスを、

実験的にリリースしました。

東京、大阪地区限定となりますが。


モニター期間なのでかなり格安(キッズライン価格の約半額)で実験提供開始しました。


通常のシッターサービスと比べたら、いまなら4分の1くらいの値段かと。


会員の方は「キッズラインラピット」(東京と大阪のユーザーさんは、ログイン後のトップからのバナーは「当日予約のアフター6」がでますので見てみて下さい)




使ってみると分かるんだけど、言葉で説明するのは難しいというサービスで、


私たちは、スピード、安さ、安全性を両立するのに、試行錯誤しました。


「矛盾した中に答えがあるはず」とエンジニアもサービス開発もあらゆる側面で頑張ったので、

みなさんの反応が楽しみです。


実験がうまくいけば、社会に広まるよう、ベビーシッター文化が広まるようにさらにブラッシュアップして頑張ります。



*モニター期間中は3000円割引ですが、

アンケートにご協力頂くことが前提の実験内容です。

ご理解ご協力頂ける方はぜひお得なのでチェックしてみて下さい!!



↑このページのトップへ