キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tagスタートアップ


26歳で起業してから、いまはそうでもないのですが、以前の会社の

最大の悩みといえば、男性幹部の採用が難しかったことかもしれません。

でも、自己成長する組織を作るには、男性幹部も欠かせません。それを乗り越えて、そこから、組織が成長し始めました。

男性がエンジンとなり、女性が発想や潤滑油となり、両方の存在が相乗効果を出すサイクルに入るからです。

ですので、今回の会社、キッズラインでは男女比率を5:5を当初より意識しています。

===

でも、女性社長の会社は、どうしても女性社員が集まりやすい傾向があるような気がします。

いいとか悪いとかではなく、バランスの問題になります。

それは、女性たちが、いま所属する会社組織の成り立ちが、男性目線ばかりで不満を感じたり、妊娠出産などに理解を得難い社風なので、場所を変えることで「共感」をもとめていたり、一般的に不在と言われている「女性ロールモデル」を求めてやってくる場合が多いからです。

ただ、会社は「共感」や「理解をしてもらいたい」という姿勢では、成長、発展し続けなくて、十分にお客様の役に立てないのです。

課題を突破したり、売上を拡大したり、利益をだしたり、「狩猟」の要素はかならず必要だからです。


==

女性起業家サロンでも「マネジメントがうまくできない」の悩みがよく寄せられますが

その奥には「社員が言うことを聞いてくれない」というのがぼんやりセットかもしれません。

での、その原因のほとんどの場合「毅然とした態度が取れない」という理由な気がします。

方向性が明確じゃなかったり、指示が曖昧だったるすると、もちろんできませんし、

やっかいなのは、男性社長や男性上司よりも、「女性だから感情的」「女性だから結果より調和」を大事にすると思われてしまいがちな部分もあります。

なので、それを逆に逆手に取らないといけません。

女性社長の良い意味で「暖か」さは残しつつ「毅然とした強さ」を「理論性・客観性・具体性」をもって、うまう表現していけるかどうかは、女性リーダーや女性社長の分岐点なのかな、と私は思っています。

私自身が、自分より優秀な、男女ともに採用できるために心がけているのは、


・志と目標は大きく
・会社を一流にするとフルコミット
・数字で語れるようにする
・必ず結果を出す


まだまだなところもあると思いますが、とにかく「この人について行ったら、必ず勝てる」という、水飲み場に対する嗅覚と、結果にコミットする社長であるよう取り組んでます。

というわけで、男性幹部もエンジニアも大募集中です。

以下の記事が大好評中でした。


どうしても、「育児」という分野と「女性社長」という存在で、女性ばかりの会社との印象を持たれがちですが、

弊社は「テクノロジーを使って社会を進化させる会社」
開発力と発想力を掛け合わせて、非効率を効率にしたり、新しいマーケットを作ったりしながら、これからも社会を進化させる事業を次々やっていきます。

活躍する男性がとても多いので、これからも特に男性社員との対談記事どんどん出していく予定です!

09
 ↓  ↓
https://www.wantedly.com/companies/colorsinc/post_articles/65923



23
 ↓  ↓
https://www.wantedly.com/companies/colorsinc/post_articles/64684















今回は、まさに「テクノロジーカンパニー」

エンジニアが活躍する会社。

テクノロジーの力で「育児」という、いわゆる昭和なスタイルを、進化させ、

便利にすることで、ママや子供の笑顔を増やし、日本の未来を輝かしたいと真剣に取り組んでいます。

すごく価値ある仕事です。


キッズラインを「クロネコヤマトになるまで」「日本一社会を変えるインフラにする」


それに向かって、全身全霊でコミット、関わってくれたエンジニアには、人生の最良最大、最も社会を変革した作品に携わったと満足してもらえる自信があります。



というわけで、頑張ってエンジニア採用に向き合っているのです、


こんな記事書いてみたり、



こんな記事書いてみたり、



ぜひぜひ、エンジニア・デザイナーのみなさん、

お気軽に連絡ください!



現在キッズラインでは、以下2職種を募集しております。

①企画運営職
②カスタマーサポート


どちらの職種も共通して、以下のような想いを持った人と一緒に働きたい!と思っています。

・熱い想いを持ったベンチャーで一緒に事業を前に進めたい。
・これまでのスキルを生かして、少人数の会社で力を発揮したい。
・自己成長のためにも、スピード感のある環境で仕事をしたい。


是非あなたのスキルや想いを、メディアでも話題のキッズラインで活かして働きませんか?09f0d522-s


▼私たちが目指していること


メディアをにぎわす、女性の活躍と、育児や保育園の問題。

すでにベビーシッターが広まっているアメリカやシンガポールでは、同様の悩みが少ないのですが、

日本ではまだ多くの人がどうやって活用していいかわからないと思っているのが実情です。

そんな中で、社会の課題と向き合い、
多くの女性にとってもっと過ごしやすい環境を作っていく事に挑戦しています。

まずはベビーシッター文化を作ること。

そんな熱い想いを持って集まったスタッフが、毎日頑張っています!


当社サービス:https://kidsline.me/


52



▼お仕事詳細

【 ①企画運営職 】
★第二新卒歓迎!企画未経験者の方もおまちしております。

■業務内容
 ・利用者、ベビーシッター増加に関する企画運営
 ・外部企業との連携
 ・問い合わせ対応  など
(※配属部門は経験とスキルによるため、企画運営職全般となります。詳細は面談の際にお話しできればと思います。)

■一緒に考え実行していきたいこと
・ベビーシッターとして働く人を増やすには?
・既に活躍頂いているベビーシッターの皆さんの為に働きやすい環境を作るには?
・キッズラインの利用者をより多くの方に使っていただくには?
・もっと業務の生産性を上げるための、効率的な手段は?

などを一緒に考えていければと思います。

元人材系、元金融系等のスタッフが活躍しているチームです。
少人数のベンチャーのため、もちろん地道にコツコツ積み重ねる業務もありますが、
「走りながら考える」「誰でもなく自分がやる」
そんなはやいスピードで、自分の仕事の会社への影響を感じながら働くことができます。

第二新卒の方、企画未経験の方、男女不問です。
是非あなたの経験やスキルを活かして活躍しませんか?


【 ②カスタマーサポート 】
★カスタマーサポート経験者歓迎!

■業務内容
 ・お客様のメール、電話対応
 ・サポートセンターの運営業務 など

※カスタマーサポート詳細
「よくあるご質問」がかなり充実しているので多くのユーザーの方が、即時に解決できるようになっています。
その為、お電話による問い合わせというのは少ない方かと思います。

慣れてきたら、以下のようなことにも力を貸していただきたいと思っています。

■一緒に考え実行していきたいこと
・お客様からの問い合わせにもっとスムーズに応対していくには?
・お客様にとって「安心」できるサポートセンターを構築していくことには?
・システム改善や「よくある質問」の進化で対応できる問い合わせはない?

などを一緒に考えていければと思います。

何よりも、大事にしたいのは、
「忙しいママたちのためにも、電話より早く、瞬時に、分かりやすく、いつでもどこでも解決できる」

そんなサポートセンターであることです。

キッズラインのサポートセンターは、
ユーザーの満足度とサービスの未来を左右する重要な入り口です。
ぜひ、CS、カスタマーサポートの腕に覚えのある方、
一緒に、最高のカスタマーサポートをつくりませんか?

=============================================================
【仕事詳細】

★6月〜7月頃から勤務可能な方を歓迎します。

■勤務時間
10:00~19:00

■勤務地
東京都港区六本木オフィス 
(六本木駅徒歩5分)

■待遇

雇用形態:正社員、契約社員、アルバイト
※第二新卒も大歓迎!
※スキルやご経験に合わせてご相談となります。
※アルバイトの場合は、時給1,000~1,500円程度が目安となります。(交通費支給)
※希望の待遇を、必ず応募フォームにお書きください。

■応募方法

上記から応募職種「その他」を選択し、自由回答欄に
「企画運営職」「カスタマーサポート」とお書きの上、ご応募くださいませ。
ご不安な点、聞きたいことなどありましたら(5)にご記入ください。

(1)応募した理由、貢献できそうなこと 
(2)簡単な学歴および経歴
(3)経歴の中で、事務的な業務経験があれば具体的に
(4)勤務開始可能日と時間帯 
(5)希望事項など(待遇ほか)が何かございましたら
エントリーいただいた後は、必ずメールでご連絡致します。 

=============================================================

09

 

是非素敵な仲間になってくれる人をお待ちしております!


こんな気持ちで起業しました!



キッズラインの起業ヒストリー本はKindle読み放題もしくは99円で!





なんとか45歳の誕生日までに、英語ペラペラになろうと苦心している私。

ペラペラになるには、常日頃から英語を使うに限る!

というわけで、みつけましたーーーーー


以下、右の写真、新入社員のよしえちゃん

11


よしえちゃんは、バイリンガルで女子大生の時、キッズラインで大人気シッターさんとして活躍していました。

このたび、無事大学を卒業し、キッズラインに入社。日々日々がんばってお仕事をしています。

で、ある日、突然、私は思いつき、

「よしえちゃんの、重要ミッションは、(社長の)私が英語をしゃべれるようになること。

というわけで、

今日から、私とよしえちゃんの共通語は英語でお願いします!」


というわけで、毎日よしえちゃんに、たどたどしい英語で話しかけ、仕事の打合せも英語で、

電話もよしえちゃんがでたら、英語。

「Please connect to ◎◎ちゃん!!」


などなど

まあ、周囲はぎょぎょぎょとしてますが、世界で戦える会社にしないと。

という、和気あいあいとした、我が社キッズラインでは仲間を募集しています!











キッズライン広報部員、
現在「大学生インターン」「育休インターン」を中心に絶賛活動中です!

広報インターンには、
大学生、元記者から、はたまた元インテリアコーディネーターまで!

多彩なインターンメンバーで、
六本木でランチをしたり、たまには子連れで出社したり、
たまにはみんなで飲みにいったり・・・と楽しく仕事をしています。

今回、まだまだたくさんやりたいことがあり・・・


キッズライン広報インターン、追加募集します!!
(応募フォームへのリンクは、記事の最後にあります)
 
以下、広報インターンの感想です。



〜元報道記者・現在大学院に通う一児のママ井上さんの感想〜
昨年娘を出産し、保育園に入れられるのか、大学院に通いながら育児が出来るのかなど、様々な不安に直面したことで、「育児支援の充実」は、いまの日本社会にまだまだ足りない環境だと気付かされました。そんな中「自分らしく働き続ける風土を創る」というキッズラインのビジョンに強く共感し、広報のインターンを始めました。
インターンは、日々の生活に合わせて勤務時間を決めさせてもらえるので、大学院に通いながらでも、両立することが可能でした。キッズラインを利用しているたくさんのママさんと出会い、千差万別のライフスタイルやキッズラインの活用方法についてうかがい、記事の執筆を通して社会に伝えていきます。同時に、私自身の今後の仕事と育児についても考える、貴重な時間となっています。
育児をしながらインターン出来るのか不安なママさんも、在宅や自分のペースに合わせた働き方が出来ますので、ぜひチャレンジしてみてください!


〜先日インターンを卒業した大学生インターンのまほさんの感想〜
キッズラインの広報インターンでは、
キッズラインを使ってくださっている親御様や法人導入してくださっている企業の方、
キッズラインで働いている方を取材し、記事を執筆していました。
取材を通してキッズラインが日本での働き方や生活を変えていることを知り、
社会の変化を肌で感じられるとても楽しい経験でした!
キッズラインの理念に共感し、発信することが好きな方、是非是非ご応募ください!!!
手をあげれば任せてくださいますし、自分が良いと思うようにやっていいよと
自由裁量まで与えてくださる環境なので成長すること間違いなしです。
DSC05277



〜元インテリアコーディネーター・現在一児のプレママ松田さんの感想〜
いつかはベンチャー企業で働いてみたいと考えていました。
夫の転勤のタイミングで発覚した妊娠、もうしばらく働けないのかと不安に思っていた矢先に見つけた育休インターンの募集。私がこれから直面するであろう待機児童問題を解決するのはベビーシッターなのでは?と思い応募しました。
不安定な体調で迷惑をかけてしまうかもしれないという不安はよそ目に、在宅ワーク、SNSを活用したミーティング、インタビュー先への直行直帰と今まで古い組織にいた私には目から鱗の臨機応変な働き方をさせてもらっています。お子さんと一緒に出勤するママインターンもいます。
仕事のスピード感も目が回るほどで、以前は3ヶ月かけて仕上げていたようなプロジェクトは1週間あれば完了しています。今の働き方、会社の仕事の進め方に疑問がある方は是非インターンでキッズラインのスピード感を体感して下さい。
ユニークだなと思うのが、スピーディーな仕事をしているのは全員穏やかなメンバー。メンバーは色々なバックグラウンドを持っていて、ちょっと気になること、知りたいことをオンオフ問わず相談に乗ってもらっています。新しいコミュニティを持つことは、人生の充実に繋がるんだなと感じる毎日です。少しでも気になる方は是非!2016年も残り2ヶ月、一緒に駆け抜けましょう。



ときどきベビー連れでお仕事しています。
P1020465



インタビューの様子。いつも和やかな雰囲気です!
DSC_0218

 

■こんな仕事です
イベントや素敵な対象者を取材したりして、「日本にベビーシッター文化」を広めていく仕事です。
 
・弊社を取材してくれたマスコミさん(100社近い)とよりよリレーションをつくる
・社長取材やテレビの現場に同行
・輝く女性を取材し記事にする
・キッズラインや育児などに関するニュースを取材し記事にする
・女子大生ネットワークやママネットワークをつくりイベントの開催
・ユニークなベビーシッターさんを取材し発信する
 
 
■こんなメリットがあります
・新しく魅力的な出会いがあります
・広報のスキルを磨ける
・広報部の立ち上げが出来る
・社長と直接仕事ができるので、ユニークなアイディアや仕事の本質をかいま見れる
・マスコミとのリレーションがつくれます
・良い内容を発信し、そのフィードバックを受ける事が出来る
・ゼロから立ち上げる楽しさを感じる事が出来る
・笑いの絶えないオフィスで楽しく仕事ができます
 
などなど・・・

一緒に工夫しユニークな広報部をつくりませんか?
(上記仕事は、みんなで適材適所で分担していきます)

ご応募はこちらから↓↓ 
https://kidsline.me/corp/recruit

↑このページのトップへ