キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tagプレゼント


来週の日曜日は母の日です!

来週の日曜日は母の日です!
2017-05-07-10-58-52

って、娘にいってみたら、

「ママになんか贈ろうって言ってくれました(笑)ほんと、やさしいので、「愛をください(*・ω・)ノ」って言ったら笑われました。

2017-05-07-10-58-55


この間ネットのニュースで、母の日に欲しいものという記事を発見。


実際に喜ばれたプレゼントは、モノよりコトで、ちょっとぜいたく気分をあじわえるものが好評。「これが欲しい」とは言いにくいのが現実のようです。

なるほど・・・

たまには、ママに一人時間と美容をプレゼントするのがいいかもしれませんね。

ぜひぜひ、ベビーシッタークーポンなどご活用下さい!

いまなら、限定で、さらに上乗せで1000円分を無料でプレゼント
↓ ↓


キッズラインを100回使ったヘビーユーザーの人だからわかる、リアルなベビーシッター体験談を発見
↓ ↓


はじめての利用の方はこんな感想を
↓ ↓


初体験の人は、以下、利用いただければ、あなたも私も1000円GET

image



明日はいよいよホワイトデーです。

男性の皆さん、プレゼントのご用意は大丈夫でしょうか?


まだの方、最高のプレゼントがあります! 

しかも1分で贈れる、他にはない、人気が出ること間違いなし



1時間1000円〜24時間即日予約手配も出来ちゃう、ベビーシッターサービス「キッズライン」では、

ベビーシッターのソーシャルギフトをスタートさせました



相手のメールアドレスやLINEがわかれば、たった1分でベビーシッターが贈れるのです。

16


しかも、いまならホワイトデーキャンペーンで+1000円余計にプレゼントできんです。

たとえば、4000円買えば、5000円分贈れるんです!
(ただし3000円以上の購入に限りますのでご注意下さい)

というわけで、

イクボスのみなさんイクメンのみなさん女性から女性でも


きっと、お子さんをお持ちの方なら、誰もが喜ぶ、世界に一つのあたらしいプレゼントを贈りましょう!

(このクーポンは、ベビーシッターのみならず、産前産後ケアや、家庭教師や家事代行にも、キッズラインの全サービスに使えます)

27


利用方法詳細はこちら
↓ ↓ 
https://kidsline.me/point_gift





「保育園落ちた・・・・会社に戻れない。。」

「保育園落ちた・・・・キャリアにマイナス・・・」


そんな、悲痛な叫びがSNSにちらほら見かけるようになり、胸が痛みます。

そこで、私たちキッズラインはママ達300人に保活の実態を調査してみました。


なんと、保育園にはいるために離婚したという人もいらっしゃいました(涙)・・・・


実際に偽装離婚を検討した方もSNSでみかけられました。

47


保活を経験したことない人には、そんな〜と思うことかもしれませんが、

保育園にはいれないことで、キャリア形成や、人生設計が崩れてしまう方もいらっしゃるので、

経験者にとって偽装離婚はうなずけるようで、7割の人が「わかる!」と。。。。それほど熾烈な保育園争奪戦。

30



キッズラインは非常にリーズナブルなシッターサービスなので、ベビーシッターで復帰する方も以下のように増えています。


会社の支援があってこそではあるかもしれませんが


自営業の方や、在宅勤務の方などは実際にキッズライン保育園復帰(私たちはキッズラインでの復帰をそうよんでいます)復帰も多いので、次回はそのレポートをお伝えしたいと思います


みなさまにせめてものお役立てになれば、以下ベビーシッター無料体験キャンペーン中です。












昼間は思いっきり仕事をして、終われば保育園に駆けつけて、

食事をつくって、宿題をみたり、明日の準備をしつつ、お風呂と寝かしつけ。。。

毎日すごく忙しい。

それなのに、子供が泣き止まない。

一瞬でもママがみえなくなると、泣き始める。

あたりまえだけれど、育児は24時間。その責任はママの肩にばかりのしかかることが多い。

ツイッターなんかをみても、

「育児つかれた、たまには、一人になりたい・・・」


というつぶやきはおおい。誰もがそう思ったことはあるのではないでしょうか?

頭をからっぽにして、仕事や育児のことをすこしは忘れて、ただただリラックスした時間を過ごしたい。

===

弁護士の荘司さんが、以下のようなエピソードを書いていました。

「時短」で早帰りした彼女がパチンコをしているのを同僚に見つかりました。
周囲から厳しい声が噴出し、彼女は二度とパチンコをしないと約束したそうです。

その話を聞いた時、私も「何とまあ、自覚のないお母さんだねえ」と思ってしまいました。

しかし、よくよく考えてみると、

「時短」になった女性が全ての時間を育児に充てる義務は毛頭ありません。

短縮された時間分は給与が出ていないので、

原則としてどのように使おうが本人の自由です。


 全文は以下


賛否両論あると思うのですが、

「ママはすべてにおいて育児を優先すべきだ」という雰囲気も時に、プレッシャーになることがあると思います。

誰もが子供は可愛いと思う。そして、育児を優先すべきことは、頭でわかっている。

でも、ままならないことが続けば、ストレスがたまることだってある、

24時間体制の育児から、たまには開放されたいと思うときだってある。


だから、子供の一時保育預かりはどこも予約でいっぱいだし、

身内に頼むのも「リフレッシュしたいから」というのはいいにくいのが現状だと思う。


===

そんなときこそ、キッズラインを頼ってほしいと思う。

好きな時間に、好きなときに、家に来てくれるシッターさん。


リフレッシュするには、やっぱり一人時間が重要だと思います。


いま、ちょうど、『ベビーシッター無料体験プレゼント』をやっているので、
ぜひ、この機会に試してみてください。

以下に、いまなら2月に予約が取りやすく、保育士資格ももってらっしゃるサポーターさんを紹介します。


キッズラインには、700名以上のシッターさんが登録しているので、ご近所から、ご予算から、

資格保有状況から、シッターさんのレビューから、あなたに会った方をすぐに選ぶことが出来ます。

以下の「ベビーシッター体験プレゼント」は、ご自身の利用にも、お友達へのプレゼントにも、

奥さまへのプレゼントにも使えますので、ぜひ、この機会にご活用下さいね!





最近巷で話題になることが多い
「ベビーカー論争」


実際のところどうなの?と

ベビーカーを利用するママ達340人に調査し、先ほどリリースをだしました。



詳しくは調査結果をご覧頂きたいのですが、

やはり半数以上の方が嫌な思いをしたことがあり、


32

車内での舌打ち、邪魔者扱い、乗車拒否、ベビーカーを蹴られたという体験談も寄せられ、、、、


19



ママ達も、周囲もそれぞれ状況があることも分かりました。



「ママのマナーと配慮」、そして「周りの優しい目」がどちらも必要だと思うんですよね。


でも考え方がやはり人それぞれなので、

この問題はそう簡単にはなくならない気がしています・・・


そしてこのニュースをみたときキッズラインとして何ができるかを考えました。


ベビーシッターに預けることによって、

ママも身軽に外出ができ、

周囲もベビーカーに対するストレスを解消できるかもしれない。


一つの選択肢としてベビーシッターさんがお役に立てるかもしれない、

そう私たちは考えました。


ママが大変なとき、もっと人に頼ってもいいんです。


47

ですので、リリースと合わせて

ベビーシッター無料体験のプレゼントキャンペーンも実施します!



詳しくは下記リリースをご覧ください!

そして記事のSNSでのシェア、大歓迎です!


(上記、弊社キャンペーン担当藤井のコメント)




どうか、みなさん、ご一読の上、共感頂けましたら、
このキャンペーンの拡散にご協力頂けるよう、

お困りの方にこの情報が届くよう、心よりお願い申し上げます!



↓ ↓

■調査結果およびプレゼントキャンペーン■

https://kidsline.me/contents/news_detail/128

05



↑このページのトップへ