キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tagベビーシッター


先日、ある28歳の女性がこう言っていた、

「最後の就職氷河期だった私は、自立したかったし、稼ぎたかったし、女性管理職を目指してた。
でも、結婚予定の旦那様が、不規則勤務なので、考えがかわった。保育園は期待できないし、女性管理職は選ばないかも…」

(ちょっとニュアンス違ってたらごめんなさい)

え〜〜すごく勿体無い! 

私はそう感じた。

自分のやりたいことは、マネージャより実現できるのがプレイヤーだ。チーム運営より、個人で追求したいことがあるとか、そういう理由で女性管理職になりたくないというのはわかる。

でも、育児支援が期待できないから、女性管理職を諦める。という、発想はもったいなすぎる。

そう私が思う理由は2つある。

一つは、育児支援は年々進化していると思うからだ。

私は小さいころ、鍵っ子や保育園は少数派だった。紙おむつだって、便利な育児グッズだって堂々と利用するのをはばかられる時代があったという。

でも、いまや保育園は当然になって来たし、男性の協力だって、会社の支援だって、期待できるようになって来た。

もちろん、いまのワーママは大変かもしれないけど、少なくともこの5年10年でみれば劇的な進化だと思う。

そして、この先の改善はほぼほぼ期待できるトレンドだ。

少子化対策、女性活躍は、多くの人が賛同し、ポジティブな活動が増加中だから。個人個人の育児ニーズに合わせた育児手段として、ベビーシッターだって、広まっていくだろう。

二つ目は、これからますます人生で大事なのは「自分のやりたいことに挑戦する」時代、いや、さらには、挑戦しやすい時代になると思うからだ。

やった後悔より、やらなかった後悔の方が大きい
と以前のBOSSが言っていたが、まさにその通りだと思う。

そればかりでなく、どんどん社会整備や環境が整ってきて、機械化やAIが進化すれば、画一的な労働が減り、一人一人がやりたいことが追求しやすく、そういう意味では、本質的に一人一人が輝く時代に向かって流れ始めていると推測される。

だからこそ、やりたいことはやった方がいいし、さらに言うなれば、やりたいことは早く着手したほうがいいのだ。

確かに、自分のやりたいことが少数派のとき、挑戦するのは周囲が厄介だ。でも、少数派のうちにスタートするからこそ、自分のイメージしやすいものが作れるし、はたからみたら成功しやすいのだ。

みんなが始めてからでは遅い、みんながくればパターン化されてしまうので自由に作り上げることもしにくくなる。

女性管理職を目指すなら、まさに今がチャンスなのだ。

まだまだ少数だし、国も会社も増やそうとしているという後押しだってある。まだ決まったパターンがない、自分が好きなように作り上げることだってできるのだ。


いまから約18年前、私は26歳で起業した。経験もないのに、女性で起業してもうまくいかないよと言われたけど、起業してみたら、逆に、少数派という理由で「女性起業家」としてたくさん取り上ていただき、そのあとの仕事はすごくやりやすかった。

今のキッズラインも起業する前は「ベビーシッターは日本では広まらないでしょ」と散々言われたが、実際にやってみれば、困っている人、必要としている人はたくさんいたのだ。

頭で考えるより、人生は、やってみないとわからないことだらけだ。

時代は変わる。流れは変わる。そして、環境はいくらでも自分の工夫と意思で変えられる

だから、やりたいことを大事にしよう。
そして、やりたいことはできるだけ早く着手しよう。
それが、自分らしい人生を送るための近道だと思う。





02





私たちキッズラインは3年前の2月にスタート

「ベビーシッターってどうなのよ?」というマイナスの状態から。

それでも、自分の経験や社会の状態をみるにつけ、絶対に必要なものだし、社会のインフラにしたいと思って、

あえて「日本にベビーシッター文化を」と掲げました。

「より便利で、よりリーズナブル、より安全」を追求すべく、一歩一歩みなさまに支えながら進めてきました。

当然、つかったことないものは誰もがわからないので、不安視、懸念されやすい。

特に大切なお子さんを預けるならなおさらなので「ベビーシッターってどうなの?」と思われる方が多かったと理解しています。

ですが、だからこそ、なのだと思いますが、過剰な宣伝より「利用してもらうこと」に重きをおきました。

おかげさまでキッズラインは、使っていただいた方の口コミによって、徐々に広がってきています。

最初にローンチした日から比べると、「ベビーシッター」という育児支援が、ベビーシッターという働き方がよりよいイメージ(もともとも正しい状態に)きちんと、認知されてきているようで、本当にありがたいです。

↓  ↓







はじめてのベビーシッター体験記
https://kidsline.me/magazine/article/81

53


妻とデートしたいんです。
https://kidsline.me/magazine/article/103
52







社会のインフラとなるよう頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします!

特に保育士免許を持っていながら活かしきれていない方、ぜひ、ベビーシッターという、より働きやすく、より人気職業で、子供を育てる仕事に復帰しませんか?


キッズラインは年会費登録料など一切かかりません。いざという時のために準備したいペアレンツの方はよろしければ以下ご活用ください




ここまでこれたのは、飛び込んでくれたチームキッズラインのおかげです。引き続き時代を変える仲間を募集しています!




昨日、以下の投稿をしたら、意外と反響が大きくて、


キッズラインでは、あらゆる職種で仲間を募集しています。働き方ややりたいことは要望を伺って決めていきますので、ピンと来た方はどしどし!

・新規事業をやってみたい
・創業者の側で働いて見たい
・幹部として会社を支えたい
・社会貢献の事業をしたい

などなど。。

WEBプロデュースの経験を活かしたい、マーケができる、広報やってみたい、デザインができる、事業立ち上げ経験を活かして社会貢献したい、、、などなど

02




さてさて、ただいま急募なのは


① 事務スタッフ
② カスタマーサポート
③ アシスタント

上記の職種は、主婦の方の復帰として選ばれる方が多いのです。

※くわしくはこちらの記事ご覧ください。

そこで、実際に、現在カスタマーサポートのメンバーに、キッズラインで働くことになった経緯や、やりがいなどをインタビューしてみました!

56


■40代女性 女の子のママ 元メーカー勤務で社会復帰■

私は、社長の経沢の本がきっかけで、事業の全体の流れを学びたかったのでスタートアップに大変興味がありました。又、待機児童問題にも心を痛めていて、子育て世代の方々にお役に立ちたいと参画。

キッズラインは、ワンフロアで距離が近いので、すぐ近くのエンジニアに何かシステム改善したいと相談すると、すぐ反映されたり業務のスピード感は楽しさがあります。

又、会社が開催している講演会やイベントなども参加できるため、勉強になるが多く、育児と仕事の両立にも理解があり、アットホームな雰囲気で刺激もあり大変働きやすい職場です。



■30代女性 男の子2人のママ 元Web制作プロデューサーで兼業中■

私はキッズラインが目指している「育児インフラをつくる」に心から共感して、応募致しました。自ら育児を体験してみて信頼できる他力を借りることは、母親にとって不可欠だと思ったからです。

実際入社してみると同じように理念に共感していらっしゃる方が多く、おなじベクトルを持っている仲間と楽しく仕事に取り組んでいます。日々の業務はスピーディーで気づきや提案もすぐに反映される風通しのよさはさすがだと思いました。

また、自ら提案していけば形になるチャンスを与えていただけるのでやりがいがありまし、試行錯誤をしながらも仲間と歩んでいける時間はありがたく、仕事の時間そのものが大きな学びになっています。働き方も個人に合わせて多様で子育て中もママも多く職場の理解もあり環境が抜群です。お仕事に復帰したい方にもとても働きやすい職場です。
IMG_4787


◼︎20代女性 元人材派遣会社で営業から転職◼︎

シッターさんとして登録している方々のカスタマーサポートを行っています。システムも随時バージョンアップしていたり、サービス構築に関わる難しい質問もありますが、丁寧に回答することによって、シッターさんたちが安心して働ける環境作りのお手伝いができていることを感じることができ、やりがいを感じています。

またキッズラインは、何事も取り組むのが早く、親御さんやシッターさんからご意見が上がるとスピーディーに改善する姿勢があり、みなさんにとても喜ばれている点ではないかと思っています。それも少数精鋭なチームだからこそ。同じ方向を向いて仕事ができる職場の雰囲気が好きです。

仲間が助けてくれる環境も理解もあるので、カスタマーサポートに少し不安がある方もぜひ「チームキッズライン」として、一緒にお仕事できたら嬉しいです!

みなさん、とてもイキイキ働いていただいて素敵な方ばかり!
今、大注目のベビーシッターサービスで、一緒に育児のインフラを作っていきませんか?


◼︎◼︎こんな方募集◼︎◼︎

・決められた時間で最大限の成果を発揮したい。
・子供が大きくなったので現場に復帰したい。
・言われたことだけでなく自分のアイデアを仕事に活かしていきたい。
・もともと事務の仕事をしており、人の役に立つのが好き。

キッズラインは、人に喜んでもらうのが大好きな方にぴったり、どんどん提案が形になるのが好きな人にとって最高の職場です。やりがい・働きやすさがライフスタイルにもマッチできる環境なので、自分のペースで働いていただけます。

少しでも興味があるという方、ぜひ以下よりお問い合わせください!

■■勤務地■■
東京都港区六本木弊社オフィス 
(六本木駅徒歩5分)

■■待遇■■
ご経験に応じて、時給1,000~1,500円(交通費支給)

■■応募方法■■

上記から応募職種「その他」を選択し、自由回答欄に
「①事務スタッフ」「②カスタマーサポート」とお書きの上、ご応募くださいませ。
(もちろん、あらゆる職種で募集していますので、どんなエントリーでも受け付けています)

※できるだけ早期に勤務を開始できる方ですと助かります!

以下の内容も必ずお書きください。

(1)応募した理由、貢献できそうなこと 
(2)簡単な学歴および経歴
(3)経歴の中で、事務的な業務経験があれば具体的に
(4)勤務開始可能日と週に来れる曜日と時間帯 
(5)希望事項など(待遇ほか)が何かございましたら

エントリーいただいた後は、必ずメールもしくは電話でご連絡致します。 

=============================================================

みなさまからのご応募、心よりお待ちしております!

43



キッズラインは全国に展開していて、

それは、お子様を預けたいご家庭ばかりではなく、好きな時間に好きな時給でやりがいのある仕事をしたいという方にとっても朗報でありたいと思っています!

北は北海道から!




徳島の方!

愛媛の方!

女子大生
の方も!

徳島がんばってます!

山梨も続々誕生しています!

鹿児島の方も! 鹿児島日記はこちら https://ameblo.jp/nacco-k/entry-12328590878.html

富山にもキッズライン!
福岡は助成もあって、バッキーさんもいて、マスコミ取材もあって、ますます
https://note.mu/bucky1/n/n41637cc4da32

もちろん、東京の方も!



あなたの街でもキッズラインがもう使えるかも?!

続々デビューしてますし、もう直ぐデビューの予備軍も控えていますので、ぜひ、時折チェックしてみてくださいね!

トップよりいけます。

15
https://kidsline.me/


もうすぐいい夫婦の日ですね!

何か計画されていますか?

キッズラインは、今年も「いい夫婦の日応援します!」


実は、いい夫婦の日にちなんで、夫婦関係に関するアンケートを取らせていただいたのですが、

なんと
なんと
なんと


結婚前と比較して、結婚前より相手を好きになった割合は。。。









たった、6人に1人・・・

結婚前より相手の愛情が増した夫婦は
6人に1人。。。


large_image_0177e511-b9fb-498d-a75e-4c786dc763da

そして、逆に結婚前と比較して、

「愛情が薄れてしまった」
「どちらかと言えば嫌いになった」



なんと
なんと

約41%

・゚・(ノД`;)・゚・


なかなかしびれる結果となりました。
そしてどうして、このような気持ちの変化が起こったのか深堀りしたところ、


子供優先になっているうちに夫婦間での会話が少なくなり、距離が出来てしまった。

・育児のことや家事のことは全部任せきりで、協力的ではない。また、会話が一方通行になり愛情が薄れてしまった。

育児で忙しすぎて、夫婦関係や愛情について考える暇がなくなり、育児タスクを実践できる一員としか見られなくなった。


などなど、結局、育児が原因・・・という悲しい結果に。


子育てに関しての夫婦の考え方や関わり方が十分にすりあわせてないと、
夫婦の愛情にも影響することがわかりました。



これもやはり、子供ができると夫婦二人だけの時間を持つ習慣がない
日本人の特徴なのでしょうか。
子供を介した会話しかなくなってしまう夫婦関係は
少子化にも影響してしまう!

そんな夫婦の危機を、キッズラインが解決しよう!

ということで、

せっかくなので、いい夫婦の日に、
夫婦二人だけの時間を過ごしてほしくて

私たちが、ベビーシッターをプレゼントしますので、

夫婦だけで、一緒にご飯を食べにいってください!
二人だけで過ごしてください!
たまには、デートしてください!

というお節介企画です。

41

昨年の調査結果でも

「二人っきりでごはんを食べたい」と
8割以上が思いながらも、
実際は年に数回そのような
機会があるかどうか。。。
という悲しい調査結果
が出ていました。

ぜひこの機会だからこそ、夫婦二人の時間を作っていただき
ディナーや映画鑑賞など手をつないでデートにいっていただきたいと思います!

ご応募はこちらから
https://kidsline.me/information/bestcouple
※今回のキャンペーンはキッズラインのご利用が初めての方に限ります。予めご了承くださいませ。



↑このページのトップへ