キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tagベンチャー


昨日のブログ(有料コンテンツに思うこと)がきっかけで、久々に自分のnoteを読み返したりしている。

書くことが自分の心の支えでもあったことを思い出す。

まず、心のあり方を正すことで、不安を吹き飛ばし、冷静に、前向きに一歩一歩進めたことは大きかった。

ゼロから再び2回目の起業の真っ最中、今回はインフラを作る事業なので、最初はどうにも利益とは無縁だった。周囲に問われれば、「そうですね、駄菓子屋くらいでしょうか〜」とか、「次はケーキ屋目指してね!」とか笑い飛ばしてた初期の頃を懐かしく思い出す。 (決して、駄菓子やケーキ屋を否定してるのではなく、当時も社員、エンジニアも割と雇ってたので)

みなさまと、社員の頑張りのおかげさまで、すくすく元気に育っている我らがキッズライン。

もちろん、当時だって、いや、現在だって、事業の未来に確信をもっているし、10年かかっても社会に必要なものだから私財が尽きるまでやる覚悟はあった。でも、巻き込んだ仲間を考えると、弱気が頭をもたげる時もあったし、採算ラインに乗る日を誰よりも心待ちにしてた。

書くことで、客観的に自分を見つめ、冷静になり、いま、必要な行動を浮かびあげることができる、最高の機会だった。

しかも、お金をはらってまで「読みたい」と思ってくださる方のおかげで、そのみなさまからいただいた応援のお金を、キッズラインの事業に全部投資できた。

そんなことを思い出しながら、

せっかくなので、感謝の気持ちを込めて、評判の良かった記事を一部無料公開してみようと思いついて、

私がよく女性起業家から問われる「起業初期のメンタルが不安定で。。。」「人を雇うってこんなに大変だったんですね」「起業してバリバリになったらモテなくなるのでは」という、漠然とした悩みに関して、かいてみた以下の記事を無料公開させていただきました。

ご興味のある方は是非読んでみてください。(一部改定しています)

=========


■強い女だけが、弱い女を演じられる
 経沢香保子 note

53


美人の女性起業家、20代後半で、外見ばかりでなく、性格もめちゃめちゃよい良い彼女が、あるお仕事で一緒になったとき、ふと苦しい心情を吐露してくれた。


「経沢さん、実は、私、ずっと、体調が優れなくて、今日も熱があるんです。会社も休んでいて。。。でも、今日は、経沢さんにお会いできることを楽しみに無理を押してきました!」


と、くりくりのお目目で語りかけられて、胸がキュンとしつつ、思い当たる原因を聞くと、


「たぶん、ストレスだと思います(涙)私、弱いんですかね。どうしていいか分からないです。。。」と。


そこで、おせっかいな(まさに、老婆心から)私は、20代の起業したばかりの当時のことを思い出して話した。


いやー 私もそうだったよ〜 20代の女性起業家は本当に本当に辛いよね。私も毎日新しい事だらけで、頭はパンク、内心はどきどきしてた。当時の記憶がないくらい(苦笑)


経験なくても、経営者は経営者だし。当然だけど、社員にもお客様にも容赦なく最高レベルを求められ、脇が甘いと突っ込まれ、売上げのプレッシャーもあるし、売上げれなかったら死ぬしね。


なのに生存を賭けた必死の営業スマイルが、おじさま達のやっかいと周囲の誤解を引き寄せることもあってややこしいよね。


そういえば、と、その当時、私が同じようなことを悩んでいて、年上の先輩女性起業家が教えてくれた、いまでも私にとって大切な学びを思い出し、彼女にそのまま伝えてみた。



普通の20代女性は、周囲からかわいがられ、応援され、うっかりしてると、ふわふわして過ごしてしまう時期になる。下手すると、人生の地盤がゆるんじゃって、いつのまに、なにも積み上げてなくて、30代後半にいろんな意味で慌てふためく女性がふえてくる。


でも、起業家って、全部受け止めて、その上で社会に提案、創造していく生き方だから、すんごい難しいことを、若いときから無理矢理やってるだけ。


だから、超大変でも、その分、誰よりも早巻で生きて、誰よりも人生の土台をしっかり作ってるんだよ。


そうやって生きていると、40代になると、無敵。本当に楽しく感じるよ。自分の意思で、人生を描き、つくり出していけるなんて。たった一度きりの人生、そんな楽しさと誇りをめいいっぱい感じれるなんて、最高じゃない。


だから、安心しなさい。いま、軟弱と感じる自分を20代のうちに、しっかり鍛えまくって、大変であれば大変であるほど、将来の起業家としての自分への投資だから、もっともっと鍛えて、強くなっておきな!



そして、続けてこんなことも言われた。



「そして、モテなくなるのが不安?!」


そんな可愛いことで悩むのはアホらしいよ。


なぜなら、

ゴルフがうまい人の方が、上手に相手に負けることが出来るように、

強い女の方が、弱い女を上手に演じられるんだよ。

本当の弱い女は、弱い女以上でも以下にもなれなくて、下手すると荷物になるから、強くて弱さを見せれる女が一番。


大丈夫、その境地になれれば、いくつになってもモテるから」と



そんな、先輩女性社長は、いまでもしなやかでカッコ良くて、そしてモテモテだ。

その教えを布教したいといつも思う。

女子たちよ、強くなることを怖がってはいけない。

「強い」は「弱い」を含む、最強の能力だ。


====


そんな感じで全部で100本近く書きためた「本音の裏側コラム」


台風の日に気が向いた方はぜひ、お読みいただけるとうれしいです。noteでもアマゾン(キンドル)でもお読みいただけます。



私のページ@note

57
04


キンドルでお読みになりたい方は以下(読み放題の方は無料です)








 ちなみに、99円で読めるこちらの本もよろしければ。2回目の起業の背景やキッズラインの未来のイメージなど




最後、宣伝になってしまいましたが、週末のお供によろしければ、お手にとっていただけると嬉しいです。


===

オンラインサロンはこちら








私は、

APTWomen」という東京都が主宰する、グローバルに活躍を目指す女性起業家を支援するプロジェクトに受講生として参加しているんです。



詳細はちょっと以下の記事にも書いてますので、興味のある方は、、、

■週末雑感

40
46

続きは

https://note.mu/kahoko_tsunezawa/n/nbeb81aa411af?creator_urlname=kahoko_tsunezawa


昨日は第4回講義があり、以下のような感じだった。






起業家として、海外進出は絶対にやってみたいことの一つで、

(母の気持ちはグローバルだと思うのと、ビジネスパーソンとして幅を広げたいのの両方の気持ちで)

ただ、実際には漠然としたイメージだけだったので、大変勉強になった。

やはり、郷にいっては郷に従え


米国人のビジネス感覚は、

・企業も個人も、利益の最大化が唯一の最重要ミッション

・組織力最大化のアプローチ時には、効率性を最重視

・職務権限と、責任、結果責任を重視

・ビジネスに関係ない話題、見方への関心は薄い

・オンとオフの切り替えは重要(金曜日に重要なアポイントは取らない方がいいくらいw)


大変勉強になった。

何事も「知っていると知らない」では全然違うのだと思う。

久しぶりに講義なるものを受けて、大変楽しく通わせていただいている。

最後は英語プレゼンもあるのでちょっと頑張らないとですが、NY派遣がかかっているので(さらに選抜される)気合を入れないと。


ぜひ、応援してください!

女性起業家支援を受けていますが、女性起業家も支援しています。

↓  ↓








昨日は、ベンチャー三田会という、慶応OGOBの経営者が集まる会合の記念すべき第10回に、
なんと、小泉元総理大臣がゲストに来てくださいました!

2017-10-20-09-09-40

小泉元総理は、現在75歳。
59歳から64歳まで総理大臣を務められました。

印象に残ったお話はたくさんあったのですが、
総理時代は原発が安全だし、最適なエネルギーと思ってたけれども、

政界を引退して、福島原発のこともあり、再びあらゆる勉強をする中で、原発のコストやリスクは莫大だと感じるようになった話をしてくださり、その中で、一生勉強し続けることの大切さ、

そして、いま原発がたとえなくても、蓄電技術や自然エネルギーの技術で十分まかなえるように技術が発達したことから、どんなことでもピンチに陥ったら新しい方法が生まれるのだという話をしてくださいました。


人生は思うようにいかないのが当たり前
でも、自分の努力か環境で運命はきりひらけるのだと

そして、「人生の本舞台は常に将来にあり」と、日本人は変化に強い国民性で、ピンチのときにいつもチャンスに変えて這い上がって来たと。

いろいろな日本史の事例を出していただいて、そこから学んだエピソードなど、リアルで面白くてためになる素敵な時間でした。

小泉元総理が慶応出身って昨日初めて知ったのですが、なんだか嬉しくなってしまいました。

最後に小泉元総理が一番好きな言葉を教えてくれました。


少くして学べば壮にして為すあり。
壮にして学べば老いて衰えず。
老いて学べば死して朽ちず。(佐藤一斎)


若くして学べば、大人になって世のため、人のために役に立つ人間になる。
壮年になっても学びつづければ、年をとっても衰えない。いつまでも活きいきしていられる。
年をとっても学びつづければ、たとえ死んだとしても、その精神は永遠に残る。

人間は常に学び続けるからこそ成長する。
人生の本舞台は常に将来にあるのだ。



ここには書ききれないくらい感動しました。
ずっとずっと好奇心を持ち続けて、一生成長し続けたいと思いました。

私はOGとして参加させていただいたのですが、幹事の方のご配慮で、これからは女性活躍の時代と、私の運営する女性起業家サロンのメンバー10人の参加枠をいただき、サロンメンバーと一緒に参加しました。

2017-10-20-09-12-07


幹事のみなさま、素晴らしい会を運営してくださってありがとうございました。
これからも頑張ります!

私も小泉元総理大臣が、日本を良くするために戦ったように、
日本の待機児童をゼロにすること、子供達の笑顔を増やし、女性が子供を産み育てながら生き生き働き続ける社会を作っていきたいと思います。

私たちキッズラインの活動を是非応援していただければと思います。

↓  ↓







それも少なからずあったかと思いますが、2回目の起業の時、最初に資本政策について考えた時、迷いなく「川田さんに入ってほしいな」って思いました。

理由は、DeNAのファウンダーだから実際の経験があるというのもそうでが、

女性経営者である、南場さんとうまくパートナーを組めたということ(女性経営者の扱いに長けている)あと、お会いしたときに知ったのですが、川田さんのお母様が、働く女性で、働く女性に対しての本質的なリスペクトがあること、お話しして見て、いつも、感情的に安定し、フラットな意見をいってくださることが好きです。

起業家と、時にコンフリクトしがちなのが出資者の立場ではないか、と私は思っているところがあるのですが、川田さんには、状況的にもマインド的にも、そんな心配がまったくない感じがしたのもあります。

というわけで、なんとなんと! 川田さんと対談させていただくことになりました。

川田さんのこちらのインタビューが好きです!

https://mirai.doda.jp/series/interview/shogo-kawada/


そして、ツイッターも面白い。

16
24

先行投資について
33


そんな川田さんとの対談、女性起業家サロンのメンバーは無料で招待開始しました。

image

■日時:11月2日(木)
18時45分より受付開始、19時ぴったりスタート
場所:六本木(参加者にはお伝えします)

19時~20時トークイベント
20時〜20時30分 希望者はサロンメンバー交流



サロンメンバーはマナ中継もアーカイブもあります。男性も女性も参加可能です!

お申し込みは以下より

https://lounge.dmm.com/detail/558/


いま、入会されると、過去の対談動画も見れます!
以下は人気の対談でした。ぜひ、この機会に!







先週、拝読させていただいた『革命のファンファーレ』があまりにも面白くて、著者である西野さんのご著書『魔法のコンパス』を今週は読ませていただきました。

2017-10-15-18-57-11


好きなことで生きていこうと考える人ほど、お金と真摯に向き合うべき

っていう、西野さんの考え方は本当に素晴らしいと思っていて、もっと広まって欲しいと思います。


私は起業家なので、ゼロからやりたいことをやるときに、社員に対してや、自分が始めたサービスなどに対して、継続して責任が発生し続けるので、それはすなわち「お金と向き合い続けること」に他ならないと思うのです。

「お金のことばかり考えるのはよくない」という流れがあったかと思えば、最近は、逆に極端に「お金なんて簡単に集まるのだからガンガンやるべきだ」という両極の意見がある中で、「出資したいって言われて」「お金集めてガンガンやれといわれて」と、相談にくる起業家の方は多いのですが、そういう選択じゃなくて、その根本にある哲学や思想が大事だと思うのです。


2017-10-15-18-57-34


そんなことをわかりやすく書いてあったり、商売の基本的なことがつまっているし、そして何よりも「おかしな常識に振り回されない」ところもスカッともします。


起業家は、西野さんの本を読むとすごく勉強になる、というかインスピレーションをたくさん受けるので、起業家であることが楽しくて嬉しくて誇らしく感じる、まだまだやれることがある、って思わせてくださる本です。





そして、先週読ませていただいた、『革命のファンファーレ』こちらも、よりスピード感があって、素晴らしいのですが、感想はこちら。


あまりにも、勉強になったので、西野さんのオンラインサロンに入会させていただくことにして、先ほど決済完了。頭の中を覗き見させていただくの、楽しみです!

http://nishino.thebase.in/items/6730430

32


本気で社会を変えようとする起業家のみなさん、起業家予備軍のみなさん、毎月1回豪華なゲストをお招きしてのイベントもある「女性起業家サロン」もよろしくお願いします!





↑このページのトップへ