キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tagモンテッソーリ

娘が「ママにお料理つくってあげたーーい」と言ってくれるので、ついでにお料理を習わせることに。

送り迎えが難しい私は、送迎不要で自宅という慣れた場所でできるのがメリットで、
キッズラインのシッターさんで探してみました!

全てのシッターさんの中から、「家庭料理」で探して、その中で以下の方にしました。

予約して、メッセージのやり取りもスムーズで早かった。

そして、当日娘と話し合ってもらい、予算の中でメニューを決め、一緒にスーパーで買い物してもらって、お料理を教えてもらって、作って、そして、私と一緒に食べるという流れにしてもらいました。

こちらのサポーターさんは、保育士の資格をもっていますが、通常は金融でお仕事をされているそうです。

元お堅い銀行から、最近某生命保険ベンチャーに転職され、そして、副業が自由な会社なので、もともとお子さんが好きで、独学で保育士をとったからということで、キッズラインに登録して活動を始めたそうです。プロフィールの文章もお人柄が出ていて素敵でした。

最初、娘は恥ずかしそうにしてましたが、先生(サポーターさん)が積極的に話しかけてくださって、すぐに意気投合して、一緒にスーパーへ、帰ってくると、予算内で、ママにお花を買って来てくれました(涙涙)

2017-07-08-17-37-24

一本一本予算とにらめっこしながら、アレンジを作ってくれたそうです。(なかなか帰ってこないなーと思ったら、そんな風に頑張ってくれていたそう。サポーターさんからも「お花選びに時間がかかってもう少しで帰宅します」とフォローメッセージが、こんな気配りも嬉しい)

そして、いよいよお料理開始。

2017-07-08-19-34-44

やりやすいところからスタートしてくれて、難しいところはお手本を見せてくれて、

2017-07-08-19-39-25

次回は自分で作れるように、レシピも書きながら、

2017-07-08-19-38-53

わからないところがあればすぐに聞き、

2017-07-08-19-36-56

楽しそうに進んでいきます。

そして、いよいよ完成!!!


2017-07-09-11-19-54

ハートマークをつけてくれたオムライスと、サラダ、娘の大好きな唐揚げと、ナスとマッシュルームのチーズ乗せグラタン

とっても美味しかったです!

そして、終了後の完了報告もしっかりされていて、すごく嬉しかったです。
image


===

忙しいママにとって、気軽に習い事をさせるのは、送迎のことや自分のスケジュールもあり、難しいけれども、キッズラインなら、バイオリン、ピアノ、バレエ、絵画、図工、プログラミング、鉄棒、かけっこ、など、さまざまな先生がいるし(フリーワードで検索してみてください)、自宅という慣れた環境で、ママが不在でもできるのがメリットだなーと。

次はバレエの先生にも来て欲しいな〜


最近話題のモンテッソーリも人気です。

さてさて、もうすぐ夏休み!

自由研究や宿題、そして、いろんな体験をさせてあげたいなーと思う方が、ぜひ以下チェックしてみてください。

2017-07-10-14-12-47
2017-07-10-14-13-00
2017-07-10-14-13-05
2017-07-10-14-13-12
2017-07-10-14-13-17
2017-07-10-14-13-22
2017-07-10-14-13-30
詳細はこちらです。また、いまならブログレポートしてくださる方に、5000円で夏休み体験キャンペーンを行なっています。詳細は以下ご覧ください! めっちゃお得なキャンペーンです!
また、キッズラインの良さを広めるのにぜひぜひぜひ、ご協力ください!

↓  ↓

https://kidsline.me/curations/lessons





キッズラインをご利用いただくお客様は、検索や口コミがほとんどです。
本当にありがたいことに、ネットで体験をレポートしてくださる方が増えています。

めっちゃ、詳細レポートしてくださっているブログに感激!





特別なケアが必要なお子さんでも、対応シッターさんがいます。

ぜひ、使ってみたい、という方は、無料体験キャンペーンや友達紹介もやっていますので、お得にご活用ください。




私の2つ上の姉が、Oggiにインタビュー2ページ!〜私が決断した時〜というコーナー。

image


小さい時、家父長制で江戸時代みたいだった我が家。


年長者のいうことは絶対で、私はどんなに合理的に姉に意見を述べても

父親が「姉が正しい」としたので、本当に喧嘩ばっかりしてた。


生意気で口が達者な妹で、彼女は嫌だったと思うけど、

二人の仲が良くなったのは、創業間もない楽天で姉妹で働いた時だと思う。


それからは互いの人生を支え合えたかな。


私が前職退任の時なんて、私より姉が悩みすぎて考え事しすぎて階段から落ちたりしてた

意外と妹思いw。


その後も、めざましく活躍、いまでは、バスケのBリーグの立ち上げ広報部長で、

ゼロからスタートしたBリーグの認知度を65%まで上げた立役者。


こんなすごい仕事してる姉を妹は心から尊敬しています。

キャラも顔も全然違うけど、声がそっくりです。


もしよろしけばdマガジンある方は、The Turning Point〜私が決断した時〜

見てみてくだいませ。


最近、キッズラインのシッターさんもよく取材依頼いただく。周囲がどんどん注目されるのは嬉しい!



教育も大事ですよね!(父は経済観念めっちゃ強かったけど、教育は熱心だったので心から感謝している)

話題のモンテッソーリ無料体験できるキャンペーンもやってます!

妹も、日本の育児を彩り豊かにするために頑張ってます!






よく、女性が、好きな男性のタイプを問われると、まっさきに、

「優しい男」

と、答えますが、行動や好みを見ると、どうも、「優しいだけの男じゃだめ」だそうです。

だからというわけではないのですが、最近、キャリアでも、3つの掛け算をすれば、最強になれる。
のような流派がはやってますよね。

時代の流れなのでしょうか?

キッズラインも、もしかしたら、多くの方に使っていただいているのは、シッターだけじゃない魅力、子供預かりだけじゃない魅力かもしれません。

たとえば、キッズラインでは、産後ケアサービスも人気ですが、その理由は、生まれたばかりの「赤ちゃんの育て方を教えてもえる」だったり、産後のママの「メンタルケア」もしてくれる、だったり、栄養のあるご飯を作ってくれたり、掃除も手伝ってくれる、だったりします。

そして、キッズラインには「子供の教育」という視点も人気で、有名大学の女子大生による家庭教師や、バイリンガルによる英語教育も人気です。

科目ごとにも検索できるようになっています。

08
02
16

あとやっぱり、人気はお料理です!シッターさんも胃袋つかんできます!

35

キッズラインでは、シッターさんを「家庭料理」で検索すると、お料理写真も出てくるようにバージョンアップしました。

image

みなさん、「お料理もシッター」さん、オススメです。仕事でくたびれてお家に帰ってきたら、料理ができててお子さんも寝静まってるなんて最高!!

スーパーに急いでいかなくても、メニュー考えなくても、子供のお風呂で戦争にならなくても、一人でお皿を洗わなくてもいい、週に1回や2回などの定期利用をすれば、平和な時間を確保できます。(キッズラインなら1時間1000円〜なので、コストもそれほどかかりません)

1時間1000円〜「お料理"も"シッター」200人突破

https://kidsline.me/contents/news_detail/186


そうそう、余談ですが、藤井四段w や、ビルゲイツもうけたと話題の「モンテッソーリ」キッズラインでも人気です!












中学生棋士としてあまりにも有名な藤井聡太四段

14歳ですよ、14歳!

小さい頃、どんな教育をしたのか?


3歳からモンテッソーリ教育を取り入れて、
頭脳開発に大いに役立ったとテレビ話題に。


キッズライン内でもモンテッソーリのできるシッターさんが人気ですが→
https://goo.gl/3CtxM5

なんと、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏も受けていたそう。

モンテッソーリでは、「子どもたちに備わっている『自ら育とうとする力』を発展させる」

その結果、「集中力がついたり、自立することができる」

モンテッソーリ教育が育むのは集中力や自立心だけではない「空間認知能力や言語能力も養われる」


上記記事より引用


キッズラインなら送迎不要で、お子さんが落ち着いて過ごせる自宅で、モンテッソーリの個別指導が受けれ、大人気です。

image
キッズラインではモンテッソーリってどうなのかな?
と思う親御様に、「無料体験」キャンペーンを始めました。

キッズラインにはモンテッソーリができるシッターさんがたくさんいます。
たとえば、以下の方は渋谷区にお住まいで、
例えば以下の方はモンテッソーリだけではなく、お子さん向けクッキングも
例えば、以下の方は、モンテッソーリも人気で、作り置きもしてくださいます。


他にも!モンテッソーリ教育ができるベビーシッターさん一覧
https://goo.gl/3CtxM5

キッズラインでは、バイリンガル、ピアノの先生など、見守りだけではない個性豊かなシッターさんが1000人います。
送迎不要で自宅で英才教育を始めたい方も、ぜひ、ご活用ください。



↑このページのトップへ