キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tagリクルート


先日、素敵な女性とランチしました。

NHKプロフェッショナル 仕事の流儀 
でも特集されたことがある方なので、ご存知の方も多いかもしれませんが、
私の古巣であるリクルートの先輩の森本千賀子さんです。

10


以前から、千賀子さんの存在は、耳にしたことは多かったのですが、
ご縁があって、弊社の育児キュレーションで執筆を引き受けてくださって、


以下のような素敵な育児記事を書いてくださっています。

http://up-to-you.me/curator/56

29

59

この他にもいろんなところでいろんなご縁が細く繋がっていたのが、一気に太くなり、
導かれるように、

そこから、実際にお会いさせていただくはこびに。

あった瞬間に、共感できることばかりで、
ランチのオーダーも忘れて話し込んでしまうほどにヾ(=^▽^=)ノ



彼女が「早起き」によって人生をより良くしているという話は以前からいろんなところで目にしていたので、

私も、さっそく通常より3時間の早起きを実行しているのですが、
これが、すごい効果でした!



image





最近早起きにはまってて、朝のパワーが溢れる時間にエネルギーチャージしてから、仕事をしたり、前からやりたかったことをやったり、情報収集したり、運動したり、本当に人生が向上しそうな気がします。


そして、彼女の元気で明るく、素敵な人生を歩んでいる秘訣がわかったような気がします。

本の中には早起きの具体的な方法ばかりではなく、朝食に食べているものや、習慣としていること
仕事で大切にしていること等が書かれていて、共感しながら面白く一気に拝読させていただきました。

真似したいことが一杯で、気持ちがアップしていきます。


人生って素晴らしいなって思える本でした。






昨日は古巣のリクルートで講演。
リクルートマーケテイングパートナー代表取締役社長の冨塚さんの運営する寺子屋で。

2015-01-15-18-01-36

対談形式で、過去を振り返りながら、聞かれるままに自分の学んできたことをしっかり伝えようと全身に汗をかきながら頑張りました。

いままで聞かれなかったことで、人生の転機になったことも。語り慣れてないので、自分の中で整理しながら。

===

私は沢山人に迷惑をかけて、沢山の失敗と恥ずかしい経験をしてきました。
そのときは取り返しのつかないようなこともありました。まだ清算してないこともあるかもしれません。

でも、そのマイナスは未来で返すしかないことを、起業家人生の中でいやというほど味わってきました。


だから苦しいときは逃げずに、ごまかさずに、
苦しみとまっすぐ向き合うしか方法がないことを知っています。

苦しみをもっとも上手に乗り越える唯一の方法は、
苦しみのど真ん中を、しっかり現実と向き合いながら、通過することと。

その生き方が、もしかしたら、私の成長に繋がっているのかもしれません。


それら経験を通じて、「現実としっかり向き合うこと」の本当の意味が分かってきました。

現実を過度に悲観することも、
現実を過小にみて安心しようとするでもなく、

現実をそのままのサイズで受け止めることが出来るようになったのは大きかったです。

現実をそのまま受け止めた上で、
ポジティブに、一筋の未来を見続ける力が、起業家としての15年以上の経験で得た大きな財産だと思っています。

===

熱心に参加してくださった皆様、本当にありがとうございます。
新しい会社も、新しいサービスも、情熱を傾けてしっかり頑張っていこうと思います。




先日リクルートが上場。古巣なだけにとっても嬉しかったです。

私の在籍した会社、リクルート・楽天・トレンダーズは、いずれも私が入社したときは未上場。3社とも試行錯誤をして上場という通過点を経ていて感慨深いです。同時に、私は常に、恵まれた環境、成長を目指すのが当たり前な意識を持つ人に囲まれたビジネス環境だったなーと、とても幸運に感謝しています。






















現社長の峰岸さんはめちゃくちゃかっこ良くて努力家。確かゴルフも始めてから半年くらいで80くらいになっていたような。(週に1回レッスンを受けて家で毎日素振りをしたから上達したと、さわやかにいっていて仰天した)
個人的にも、食事やゴルフをよく藤田さんらとご一緒させていただいているのですが、毎回「島耕作」みたいな人ですよねーと密かに話してます。

トレンダーズ時代にはご出資もいただいています。私が、ゴルフ場で「出資してほしいのですが、、」とお願いしたら、ご快諾いただいて。。個人的にも、悩みを相談すると、ずばっと一言の返し。いつもはっとさせられました。広きにわたって、大変感謝しています。

(出資話の余談で、、あくまで私の場合ですが、ご出資いただく際、話はトップ同士、一発で決めてくださる方が多く、そういう場合の方が信頼と発展があり、現場同士もスムーズだった気がします。互いに仁義も果たし合うし。実は、トレンダーズが上場を目指した時、後学のためにと、あと調達ってどれくらいまで出来るのだろうかと、いろんなVCさんとも面談したりプレゼンしたり何やらありましたが、前述の方法にはまさるものがなかったような。もちろん、あくまでも個人的な経験ですが)























今回の上場で、リクルートの良さや社風について、いろんな人や卒業生が語っていたので、なんとなく私も書いてみたくなりました。そこで一番思い出すのは「トップと現場の距離の近さ」です。簡単に言えば「超フラットな組織」ということなのでしょう。たった、1年半しか在籍していなかった私がいうものなんですが、「会社ってこれでいいの?」と、一番衝撃&感動した事でもあります。

私が入社した1997年頃は、確か、1兆円の借金がいよいよ返し終わるころ。社員3000人で、売上3000億 経常利益が1000億とかだったような気がします。キックオフでのプレゼンでの利益率にも驚きましたが、新人の頃から社長と飲む機会が頻繁にあったのも驚きでした。役員の方ともよく飲む機会がありました。(おそらく、新卒採用にめちゃくちゃ力をいれていたので、どんな新人が入社したのか、経営陣が興味津々だったのだと思います)私が新人の頃は位田社長でしたが、位田さんは、何件もはしごして、銀座のクラブにまで連れて行っていただいたり、プロフィールページにも写真を掲載していますが、ダイエーの中内さんまできて盛り上がった事もありました。

卒業後は、創業者の江副さんとも何度か食事をご一緒させていただきましたが、とにかく、上司が(というか会社全体が)人に対する強い興味をもっています。それは、年齢とか性別とか関係なくて、「お前は何がしたいのか?」「お前は何を考えているんだ」と常に問いかけてくれる感じ。 入社直後に新人研修で「たとえ営業で売れなかったとしても、会社に対して意見があればひるんではいけない。何でも思った事は言うように。それが新人の役割」と言われたのが強烈に記憶に残っています。

あだ名で呼び合う(創業者の江副さんはエゾリンだったと)こととか、社長室は常にドアが開けっ放しであることとか、「超フラットな組織」を裏付けるエピソードには枚挙にいとまがないのだと思いますが、それはすなわち、階級は関係なくて、年次ではなくて、実力であり、結果で入れ替わる事も大いにあり、だから、理不尽な事も少なく、一人一人の中に公平性とか透明性とか、いわゆる青臭さみたいなのが健全にあり、無駄な社内政治もすくなかった気がします。(下っ端だから本質は分からなかっただけかもしれませんが)


書き出すといろいろと伝えたくなってきりがないですが、思い出してみると、改めてすごく沢山の良い影響をうけたなーと思います。仕事のマインドに関しては、とにかくまずは量で勝負し、質に転換させる事が若いときの近道だとか、事業を立ち上げるときの、事業ドメインの考え方とか、利益率の設定方法とか、人材というシーンにおいては、とにかく優秀な人を仲間にする事が会社のすべてであるとか、人事のありかた、モチベーションの持たせ方などなど。
リクルートで全部学んだというよりも、リクルートで体に刷り込まれて、気づかぬうちに通常の感覚となり、楽天にはいって、それらがブラッシュアップ・洗練されたという感じかも知れません。起業してなお、リアリティーをもって言語化、現実化になって完成に近づいていく感じがします。(まだまだ修行ですが)

時代とともにビジネスのトレンドは変わっていくのでしょうが、いくつかの大切な要件は変わらない気がします。その基礎体力を徹底的に鍛える事が出来たのは、私にとってはとても幸運な経験でした。一番伝えたいのは、関わってくださったみなさんにとても感謝しているということ。

リクルートのみなさん、本当にこの度は上場おめでとうございます。
私もこれからも、卒業生の一人として、頑張っていきたいと思います。


自分らしく生きたいあなたに

起業したい・自分らしい人生を作り上げたいあなたへ、オンラインサロンで学べます。
ちゅうつねカレッジ」570人の仲間と刺激、学び合いましょう。

{9C6F4E97-35DF-497C-B208-7849C8DD4B29:01}

10万部のベストセラー 起業したい女性のバイブル『自分の会社をつくるということ』
自分の会社をつくるということ
経沢 香保子
ダイヤモンド社
2005-06-24


 


Women be colorful!!   
新しい会社をたち上げました。創業メンバー募集中です。colorsinc.me/
colors_logo  IMG_2486



今日は毎週金曜日恒例ワイドスクランブル生放送からスタート
































同じネクタイは2度しないという、今日も元気なデーブさん。












































今日、ふとFacebookをみていたら、私、プレジデントの記事に「元リクルートで注目の10人」に取り上げていただいていて大変光栄です。


































しかも、10人の中、同期が4人もいて、私は、リクルート→楽天と経験していますが、いつでも、恵まれた環境においていただいて本当にラッキーだったなーと思います。

「成功したければ、成功者のそばにいろ」とは、どっかで聞いた事がある言葉ですが、つくづく本当だと思います。近くにいる人の時間の使い方や、生き方のペーストか、みているだけで、学びが沢山ありますもの。

最近では、はあちゅうの仕事の速さとか、決断力とか、積極性とか、ちゅうつねカレッジを一緒にやって、沢山の事を学んでいます。そして、ちゅうつねの人たちからも、刺激や学びを一杯頂いていて感謝しています。

そうそう、#ちゅうつねNHK英語部 順調にすすんでます。今日は朝生放送だったので、私は、23時からの再放送を今から聞きます!


■本日24時までの特別なお知らせ■

本日、スクー出演特別企画で、
ちゅうつねカレッジ(いまみたら、残り先着7名)特別枠を24時まで受付ます。入会後すぐに入れますので、週末から新しいスタートが出来ます。過去のレッスンもすべて参加できますので、興味のある方はお見逃しなく。



























Women be colorful!!   
新しい会社をたち上げました。創業メンバー募集中です。colorsinc.me/
colors_logo  IMG_2486



こちらにも私の詳細プロフィールを掲載しております。
↓↓↓
https://kidsline.me/magazine/article/59


ーーー

私は「女性が輝く」をテーマに生きてきました。


【幼少時代】

女系一家で育ちました


10708363_692228674188054_470397465_n  10695097_692228677521387_1461256012_n


【中学・高校時代】

女子ばかりの学校桜蔭で中学高校を過ごしました


10711755_692237924187129_1041603415_n

その後、慶応大学経済学部を卒業し、男女が分け隔てなく活躍する環境をもとめ就職氷河期戦線を戦い

リクルートに入社しました。

【会社員時代】

新卒でリクルート→創業間もない楽天でアントレプレナーシップを骨の随まで学びました


10707938_692228664188055_1479138553_n  10714819_692228654188056_355574056_n  10601198_692228650854723_218331826_n

 

【起業家時代】

26歳 自宅で1人で女性マーケティング・トレンダーズを創りました

女性起業塾 女性管理職紹介「one's be」女性限定SNS「Onlyone.be」
美容クーポンサイト「キレナビ」など、日本初の女性向けサービスを次々と立ち上げてきました


10715929_692228657521389_1567018437_n  10647823_692228660854722_51066476_n

 

【プライベートでは3回の出産】


現在2児の母。育児の楽しさも全身で感じています
family2family


【2012年 当時女性社長で最少年で東証マザーズに上場】


967807_692231850854403_1945107939_n  10715880_692231847521070_2106554209_n


【発信しているお仕事】

・テレビ朝日ワイドスクランブル金曜コメンテーター



38


・テレビ朝日:週刊ニュースリーダーコメンテーター


2016-09-19-11-38-52




9冊のビジネス書 執筆や講演活動など
 

kouen



本気の女性起業家を支援するオンラインサロンを運営

19


・「ちゅうつねカレッジ

・自分らしい人生を作り上げたいあなたへ


{9C6F4E97-35DF-497C-B208-7849C8DD4B29:01}



【日本にベビーシッター文化を広める仕事をしています】


 
1時間1000円〜即日も予約手配できるベビーシッターサービス 
KIDSLINE(キッズライン)

https://kidsline.me

52


インターネット業界のトップレベルの経営者が一同に会する
Infinity Ventures Summit(インフィニティ・ベンチャーズ・サミット)
@2015 Spring Miyazakiの、

新サービスの発表の場として設けられた「LaunchiPad」で
カラーズが運営している「キッズライン -KIDSLINE-」が
見事選考を勝ち抜き、優勝いたしました。


53


「LaunchiPad」のプレゼンはこちらからご覧ください。

10


■新刊■前職の退任から今回の起業に至るまでの最新書

「心が震えた」「4回泣いた」など、大変好評です。





■ビジネス書だけど泣きましたと大好評

「すべての女は自由である」




これからも、「女性が輝く社会」の実現に向けて、
プライベートでの経験、ビジネスでの経験を最大限生かして精進します。
 


↑このページのトップへ