キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tagワーキングマザー


先日、あるワーママと対談したとき、まっんまるの可愛い目でじーっとみつめられ、
以下のようなことを熱く語ってくれました。

私の家庭では、私の3ヶ月の育休後、夫も3ヶ月の育休を取得して、お互い育児のフルコミット期間を経て復職し、働きながら育児をしています。
そのおかげで、2人同じ目線で育児に取り組みながら、お互いの仕事のチャンスも掴むべく、頑張ることができていると感じています。

しかし、夫は最初は3ヶ月も育休を取得するつもりはなく、私も3ヶ月の育休を取得して欲しいと夫にお願いすることに罪悪感がありました。

ただ、経沢さんのFacebookで、「女性も育児と同じようにキャリアを大事にしたいって気持ちに罪悪感を持つ必要はないのだ」と気づき、夫に、育児にも主体的に関わって欲しいって、言ってもいいんじゃないのかな?と勇気をもらいました。

勇気を出して夫と話して見たら、夫も色々と考えてくれて、その中で夫婦の信頼関係も深めることができたと思います。

また、夫も育休を終えてみれば、「これからマネージャーを目指すにあたって育児にフルコミットした期間が活きてくるかも」と前向きに捉えています。

そして何より、夫の育休中から復職後の現在まで、キッズラインのサポーターさんの助けがあってこそ、頑張ってこれました。

勇気をくださったこと、素晴らしいサービスを提供くださっていること本当にありがとうございます。
思わず感激してしまいました。

なんとなく男性の育休って、

奥さんの出産後に、旦那さんも1週間くらい育休とったすごい!みたいなのあるけど、


確かに、今の取得割合、3.16%からしたらそうなのかもしれませんが、(しかも約半数が5日程度と。。)

41


私が感動したのは、奥さんは産後3ヶ月育休のち会社復帰、旦那さんは奥さん復帰後その後3ヶ月育休で、二人で合計6ヶ月育児専念後に、保育園&ベビーシッターで本格復帰というの、すごすぎる。

これぞ、本当の男性の育児休業。育児体験じゃない。


旦那さんのお手伝い的な育休だって、もちろんありがたいけど、男性のフルコミット育休取得が増えれば、女性のキャリアの描き方も変わると思う

男性も女性も同じ期間で育休を交代に取得する社会になったら家族のあり方もかわる。
会社のあり方も変わる。まさに、男性も女性も能力次第で、女性の管理職も自然に増えていくだろう。

女性だけの長い育休や、女性だけの病児の呼び出しだからこそ、しかたなく、男女の格差も広がってしまうのだろう。

こうやって、男性も女性も同じだけ育児にコミットできる社会になれば、働き方も同じくで、いろんな選択肢が増える。

女性が出産しても会社も本人もキャリアの心配がない世界の実現もできる。


それは、経営者にとってもいいはず。能力だけで評価できる社会の実現。

そして、経営者のみなさん、ご存知ですか?

なんとなんとなんと!


男性社員の育休取得で最大補助金が72万円支払われる制度があります。しかも5日以上でも適用→https://t.co/udQvdwi27c

育児に対する温度感の差が夫婦関係の未来にマイナスの影響を与えることも大きいそうです。
ぜひ、会社にとっても、誰にとってもメリットしかない男性育休がもっと増えますように!






私たち、キッズラインは、
貧困な育児の国である日本を変えたいと、ベビーシッター文化の浸透に向けて
あらゆる活動に日々取り組んでいます。
ついに全国47都道府県展開プロジェクトもスタートしました。


<全国展開プロジェクトの詳細はこちら>
https://kidsline.me/contents/news_detail/223


是非キッズラインと同じ想いを持ってご活動いただける、
キッズサポーターさんデビューには欠かせない
<ママ在宅トレーナー>を全国で大募集しています。

ー急募エリアー

北海道/富山県/山梨県/静岡県/和歌山県/岡山県/徳島県/山口県/広島県

長崎県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県 ほか


↓すでにご活躍中のママトレーナーの皆さま↓
ママトレーなー写真


育休中だけど、自宅で人の役に立つ仕事がしたい!
ちょっとだけ副業をしてみたい。
日本の育児の在り方をかえたい!
キッズラインに興味があるので、自宅で出来る手伝いしたい。


そんな方、是非お話聞いてみませんか?

■ママトレーナーとは?
当社で採用したベビーシッターさんの
研修の一部を在宅お手伝いいただく方
のこと。

※謝礼はキッズラインポイントでお支払いします。

<すでに活躍中のママトレーナーの皆さんの会の様子はこちら>
→ http://kahoko.blog.jp/archives/1065619968.html


■キッズサポーターがキッズラインに登録されるまで

キッズラインでは、とにかく安全・安心を最優先しています。

インターネットでのマッチングとはいえ、
全てのキッズサポーターに
 面談⇒座学研修⇒実地トレーニングを行い、
すべてを合格した方のみ登録という流れで実施しております。

さらに、利用者すべてのレビューを蓄積させることで、
利用者の方がより安心・安全に利用できるよう努めています。

そこでキーとなるのがママトレーナーさんに担当して頂く実地研修(トレーニング)です。

以前、テレビのBiz Streetで特集していただいた際にも、
トレーナーさんのキッズサポーターさんへのアドバイス風景を紹介していただきました。 
私達のサービスに欠かせない存在です。 

ママトレアドバイス風景

■ママトレーナーさんのお仕事、実地研修とは?

デビュー前のキッズサポーターさんが、トレーナーさんのご家庭に伺い、
ベビーシッター業務を行います。
その方に対し、トレーナーマニュアルをもとにOJTで指導していただきます。


0ea9c1ff 

■こんな方を募集しています!
・全国47都道府県
・1~4歳くらいのお子様がいらっしゃる方
・ご在宅中、自宅にキッズサポーターを受け入れ、チェック・指導してもよいというご家庭の方


在宅でできて、ベビーシッターを評価し育てるお仕事です。
子供の笑顔を増やすために、安心して子供を預け合える社会の実現に共感してくださる方、
お力かしてもらえませんか?

ご応募お待ちしています!


◼︎詳細・ご応募はこちらから行っていただけます
※事前にスカイプもしくは対面での面接・選考がございます。
 

※ご応募の際は、希望職種はママトレーナーをご選択いただき、
最後の欄には以下をご記入ください。

(1)お子さんの人数とそれぞれの年齢と性別(例:2人 5か月女と2歳6ヶ月男)
(2)今回応募した理由
(3)(育児休業の場合) 育児休業はいつまでか
(4)簡単な経歴(いままでの簡単な職歴や仕事内容・仕事されていたときの曜日や時間帯)
(5)月に何回受け入れ可能か・いつから参加可能か
(6) いままでシッターサービス利用経験の有無とある方はどのような利用をされていたか簡単に教えてください。
(7) 自宅までの最寄り駅と徒歩(例:JR田町駅 よりバス10分 徒歩2分)


今日は七夕ですね!

実は2014年の7月7日にカラーズを設立し、2015年3月にキッズラインがスタートしたのです。
私にとっては思い出深い日であり、月です。

最初の妊娠中、お腹の中にいる子供に病気が発覚。「生まれる前に死んでしまうか、生まれてきても24時間介護が必要で、長生きはできません」と宣告され、幸せの絶頂が、一瞬にして絶望に変わりました。

自分の身にそんなことが起こることも受け止められなかったし、子供の命があやういこともどう対処していいかわからなかったし、当時経営していた会社の代表として、保育園に預けられないことも、イコール仕事が会社が続けられないという現実の壁も立ちはだかっていました。

当時の会社を売却しようか、介護に専念しようかと死ぬほど悩んだ日々に、「ベビーシッター」という保育の方法があると知った、13年前のあの日から、キッズラインの構想は頭の中にありました。

というのは、当時のベビーシッターは手続きも煩雑でしたし、値段も高くて、セレブのものでした。しかも病気の子供を預かってもらうので本当に高かった。でも、シッターさんが十分なお給料をもらっているかといえばそうでもなく、マッチングするのに間に人が立つのでどうしても運営コストがかさむようで、シッターさんが受け取る時給と、私が払っている時給は3倍くらいの差があることを知りました。
間に人が入るのは一見安心なような気がしましたが、人づてのコミュニケーションはヒューマンエラーも多かったし、担当者もよく変わって、心もとない経験もありました。
さらに、当日までどんなシッターさんが来るのかもわならなくて毎回毎回不安だったけど、仕事を続けるにはベビーシッターに頼みつづけるしか方法がありませんでした。

なので、当時、インターネットの世界に身を置いていた私としては「いつかテクノロジーの力で、誰もが、安全・安心・安価に気軽に頼めるシッターサービスのインフラをつくろう」「保育する人も報酬がたくさんもらえる社会にしたい」と心に決めました。それがいまのキッズラインです。

13年前の絶望のあの日に、自分の心に灯した希望でした。

キッズライン(旧カラーズ)と同じ7月生まれの娘は、おかげさまで、みなさんに助けられ、4歳で旅立つ日まで、常に周囲に笑顔を振りまいてくれました。キッズラインは、娘の代わりに生まれたサービスであり、私の中に受け継がれています。なので、必ずしや社会のお役にたてるような立派なインフラにしていきます。

そんなわけで、「7月」は私にとっていろいろと思い出深い月です。

いろいろな思いと願いを込めて、七夕にみんなで短冊にかいたら、笹より願い事のほうが目立ってしまうという弊社ですw

image

サービス開始から、いままで2年間はコツコツ、コツコツ安全性を最優先して、試行錯誤を重ねゆっくり運営してきたキッズラインも、7万件以上の無事故でモデルもオペレーションも安定しました。

ベビーシッターという育児の選択肢を、誰もが気軽に使いやすくすることで、ママと子供の笑顔を増やし、日本の少子化を改善したり、女性が輝く社会、みんなの幸せにつなげるのが私の目標です。

ですので、いよいよ新しい期がスタートするこの7月からは、より多くの方に「ベビーシッター」を届けるべく積極的に活動し、全国により拡大して行きたいと思います。

ぜひ、みなさまのお力もお借りしながら、日本に新しい育児インフラを作り上げたいと思います。

どうぞ、キッズラインの今後にご期待・応援いただければと思います。働きたい保育士の方、育児スキルを活かしたい方力を貸してくださるエンジニアの方、ぜひ、仲間になってください。応募してください。そして、もっと日本に新しい育児インフラが、ベビーシッターが必要だと思う方、ぜひ、キッズラインを試してみてください。

そして、育児にお困りの方に、全てのママやパパに、ぜひキッズラインの存在を広めていただけると嬉しいです。

本日、誕生日を迎えた、キッズライン社を、どうぞ温かく見守っていただければと思います。







先日、素敵な女性とランチしました。

NHKプロフェッショナル 仕事の流儀 
でも特集されたことがある方なので、ご存知の方も多いかもしれませんが、
私の古巣であるリクルートの先輩の森本千賀子さんです。

10


以前から、千賀子さんの存在は、耳にしたことは多かったのですが、
ご縁があって、弊社の育児キュレーションで執筆を引き受けてくださって、


以下のような素敵な育児記事を書いてくださっています。

http://up-to-you.me/curator/56

29

59

この他にもいろんなところでいろんなご縁が細く繋がっていたのが、一気に太くなり、
導かれるように、

そこから、実際にお会いさせていただくはこびに。

あった瞬間に、共感できることばかりで、
ランチのオーダーも忘れて話し込んでしまうほどにヾ(=^▽^=)ノ



彼女が「早起き」によって人生をより良くしているという話は以前からいろんなところで目にしていたので、

私も、さっそく通常より3時間の早起きを実行しているのですが、
これが、すごい効果でした!



image





最近早起きにはまってて、朝のパワーが溢れる時間にエネルギーチャージしてから、仕事をしたり、前からやりたかったことをやったり、情報収集したり、運動したり、本当に人生が向上しそうな気がします。


そして、彼女の元気で明るく、素敵な人生を歩んでいる秘訣がわかったような気がします。

本の中には早起きの具体的な方法ばかりではなく、朝食に食べているものや、習慣としていること
仕事で大切にしていること等が書かれていて、共感しながら面白く一気に拝読させていただきました。

真似したいことが一杯で、気持ちがアップしていきます。


人生って素晴らしいなって思える本でした。





創業まもない時期にお世話になった楽天。
当時は毎日が文化祭前夜のような、いわゆる究極のベンチャーという感じでしたが、

今は、働く環境が一層整備され、新設されたクリムゾンハウスには、


45

なんと社内託児所も用意されているそうです。


そして、ワークングペアレンツ向けにイベントを開催されるそうで、そこに私もお邪魔させていただき、僭越ながらプレゼンさせていただくことになりました。



 
5/23(月)11:30〜楽天クリムゾンハウス 朝会会場にて

56



キッズラインは働くパパママの強い味方!ということでお声がけ頂きました。

大事な仕事がある日に子供が体調を崩してしまい、大変な思いをした。
子どもに習い事をさせたいが、平日は送り迎えの時間がない。
自分の時間も欲しい。

そんな悩みを抱えるみなさん、是非話を聞きに来てください。


イベントに参加者限定で「1回無料体験」クーポンもご準備しています。

 
さらに、もともとリーズナブルなキッズラインですが、
ベネフィットワンなど楽天社員さんがさらにお得に利用できる裏ワザ
についても、最大限お伝えできればと思っています。

イベントの参加方法は、人事部の方で申込受付をされているそうですが、
当日の飛び入り参加も可能だそうです! 


他にもパパママ向けサービスの企業がいくつか参加されるそうで、
お好きなブースへ行って話を聞いていただくことができます。
サービス説明は前半後半に分けて2回同じご説明をさせていただきますので、
どうぞご都合の良い時間に足を運んでください。
 
みなさんにとって良い発信が出来るよう頑張ります。
よろしければ、ぜひ、楽天社員のみなさんにシェア頂けると嬉しいです。

当日、どうぞ宜しくお願い致します!



↑このページのトップへ