キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tagワーママ

もうすぐいい夫婦の日ですね!

何か計画されていますか?

キッズラインは、今年も「いい夫婦の日応援します!」


実は、いい夫婦の日にちなんで、夫婦関係に関するアンケートを取らせていただいたのですが、

なんと
なんと
なんと


結婚前と比較して、結婚前より相手を好きになった割合は。。。









たった、6人に1人・・・

結婚前より相手の愛情が増した夫婦は
6人に1人。。。


large_image_0177e511-b9fb-498d-a75e-4c786dc763da

そして、逆に結婚前と比較して、

「愛情が薄れてしまった」
「どちらかと言えば嫌いになった」



なんと
なんと

約41%

・゚・(ノД`;)・゚・


なかなかしびれる結果となりました。
そしてどうして、このような気持ちの変化が起こったのか深堀りしたところ、


子供優先になっているうちに夫婦間での会話が少なくなり、距離が出来てしまった。

・育児のことや家事のことは全部任せきりで、協力的ではない。また、会話が一方通行になり愛情が薄れてしまった。

育児で忙しすぎて、夫婦関係や愛情について考える暇がなくなり、育児タスクを実践できる一員としか見られなくなった。


などなど、結局、育児が原因・・・という悲しい結果に。


子育てに関しての夫婦の考え方や関わり方が十分にすりあわせてないと、
夫婦の愛情にも影響することがわかりました。



これもやはり、子供ができると夫婦二人だけの時間を持つ習慣がない
日本人の特徴なのでしょうか。
子供を介した会話しかなくなってしまう夫婦関係は
少子化にも影響してしまう!

そんな夫婦の危機を、キッズラインが解決しよう!

ということで、

せっかくなので、いい夫婦の日に、
夫婦二人だけの時間を過ごしてほしくて

私たちが、ベビーシッターをプレゼントしますので、

夫婦だけで、一緒にご飯を食べにいってください!
二人だけで過ごしてください!
たまには、デートしてください!

というお節介企画です。

41

昨年の調査結果でも

「二人っきりでごはんを食べたい」と
8割以上が思いながらも、
実際は年に数回そのような
機会があるかどうか。。。
という悲しい調査結果
が出ていました。

ぜひこの機会だからこそ、夫婦二人の時間を作っていただき
ディナーや映画鑑賞など手をつないでデートにいっていただきたいと思います!

ご応募はこちらから
https://kidsline.me/information/bestcouple
※今回のキャンペーンはキッズラインのご利用が初めての方に限ります。予めご了承くださいませ。




先日、あるワーママと対談したとき、まっんまるの可愛い目でじーっとみつめられ、
以下のようなことを熱く語ってくれました。

私の家庭では、私の3ヶ月の育休後、夫も3ヶ月の育休を取得して、お互い育児のフルコミット期間を経て復職し、働きながら育児をしています。
そのおかげで、2人同じ目線で育児に取り組みながら、お互いの仕事のチャンスも掴むべく、頑張ることができていると感じています。

しかし、夫は最初は3ヶ月も育休を取得するつもりはなく、私も3ヶ月の育休を取得して欲しいと夫にお願いすることに罪悪感がありました。

ただ、経沢さんのFacebookで、「女性も育児と同じようにキャリアを大事にしたいって気持ちに罪悪感を持つ必要はないのだ」と気づき、夫に、育児にも主体的に関わって欲しいって、言ってもいいんじゃないのかな?と勇気をもらいました。

勇気を出して夫と話して見たら、夫も色々と考えてくれて、その中で夫婦の信頼関係も深めることができたと思います。

また、夫も育休を終えてみれば、「これからマネージャーを目指すにあたって育児にフルコミットした期間が活きてくるかも」と前向きに捉えています。

そして何より、夫の育休中から復職後の現在まで、キッズラインのサポーターさんの助けがあってこそ、頑張ってこれました。

勇気をくださったこと、素晴らしいサービスを提供くださっていること本当にありがとうございます。
思わず感激してしまいました。

なんとなく男性の育休って、

奥さんの出産後に、旦那さんも1週間くらい育休とったすごい!みたいなのあるけど、


確かに、今の取得割合、3.16%からしたらそうなのかもしれませんが、(しかも約半数が5日程度と。。)

41


私が感動したのは、奥さんは産後3ヶ月育休のち会社復帰、旦那さんは奥さん復帰後その後3ヶ月育休で、二人で合計6ヶ月育児専念後に、保育園&ベビーシッターで本格復帰というの、すごすぎる。

これぞ、本当の男性の育児休業。育児体験じゃない。


旦那さんのお手伝い的な育休だって、もちろんありがたいけど、男性のフルコミット育休取得が増えれば、女性のキャリアの描き方も変わると思う

男性も女性も同じ期間で育休を交代に取得する社会になったら家族のあり方もかわる。
会社のあり方も変わる。まさに、男性も女性も能力次第で、女性の管理職も自然に増えていくだろう。

女性だけの長い育休や、女性だけの病児の呼び出しだからこそ、しかたなく、男女の格差も広がってしまうのだろう。

こうやって、男性も女性も同じだけ育児にコミットできる社会になれば、働き方も同じくで、いろんな選択肢が増える。

女性が出産しても会社も本人もキャリアの心配がない世界の実現もできる。


それは、経営者にとってもいいはず。能力だけで評価できる社会の実現。

そして、経営者のみなさん、ご存知ですか?

なんとなんとなんと!


男性社員の育休取得で最大補助金が72万円支払われる制度があります。しかも5日以上でも適用→https://t.co/udQvdwi27c

育児に対する温度感の差が夫婦関係の未来にマイナスの影響を与えることも大きいそうです。
ぜひ、会社にとっても、誰にとってもメリットしかない男性育休がもっと増えますように!





みなさん、スイミーのお話って知ってますか?



簡単にいうと、小さなお魚が以下のように軍団になって、大きなお魚に立ち向かうって言う話なんです。

13

いま、受講し、勉強させていただいている、APTWomenの授業で、「コミュニティーオーガナイジィング」〜ボトムアップで社会を変えていく〜という講義をうけ、そのなかで、冒頭に先生が事例として話してくれたのが「スイミー」の話でした。


社会起業、いや、起業全般的にそうだと思うのですが、まずは、活動の全ては、たった一人の問題意識からスタートしますよね。

そして、一人から、同志を集め、応援者を集め、活動の輪が広がっていく。。。

一人一人の力は小さいけれども、みんなの力を合わせて大きな力になるというプロセスは、どのように起こるのか、どのように起こせばいいのかという、ハーバードで研究されている、

コミュニティーオーガナイジィング

大変感動しましたので、学びをすこしシェアさせていただきたいと思います。

==

たった一人の問題意識に、人を巻き込んで活動をひろげていくには、まず最初に必要なのは、

「なぜ、私はこの仕事をはじめたのか?」
「いつこういった価値観を持つようになったのか?」


まずは、リーダーである自身が、しっかり分析することだそうです。

そして、その輪を広げていくには、


・まず、一番最初の体験「原体験」をリアルに語る、聞き手が眼に浮かぶように語る
  ↓
・同じ体験をしているような同志に語りかけ、
自分の動機を伝えることと、同志の動機を聞くことで、お互いの感情を確認し、行動につなげる
  ↓
・さらに、その問題は、同志の周囲の人にも「身近にも起きそう」「問題を解決すべき」と共感の波を広げていく。
  ↓
・参加しやすい活動に呼びかけ、仲間を増やしていく。


上記の具体的な事例として、以下の6分の動画ですが、LGBT活動での呼びかけ動画



まさに、上記のプロセスが体現され、心ばかりではなく、行動も動かされるものだなと思いました。


今回の授業では、

_ビジネスとはいえ感情
_感情は世界に伝わる
_感情は共感をもたらす

自分の原体験を元に共有していく大切さを学びました。

そういえば、あまり上手にはかけていませんが、私の妊娠・出産の3回の原体験は以下でした。



そして、ありがたく、優勝させていただいた、ビジネスプランコンテストでの、動画では「原体験」を「語りかけるよう」心を込め、同志を増やそうとしていたのを思い出しました。

https://vimeo.com/132780159

11
30
https://vimeo.com/132780159

そして、なによりも、いま、キッズラインでは、全国の同志200名と、キッズラインの全国展開プロジェクトをやっています。毎日毎日活動の範囲が広がっていくのを感動しています。


そして、保育士さんに対しても、働き方の革命を起こせればと思っています。


 APTの授業を受けながらそんなことを思い浮かべて胸を熱くしていました。
ちなみに、過去の授業レポートは以下です。ご興味のある方はぜひ。

http://kahoko.blog.jp/archives/1068447838.html



今年もまた来るであろう「待機児童問題」

それだけではなく、育児の問題は山積

私たちキッズラインは、たくさんの方から「この街にもキッズラインをお願いします」と言われることがあり、困っているママのお役に少しでも立ちたいという気持ちで、いろいろと試行錯誤し、

全国にキッズラインのインフラを広げるべく、悩んだ結果、

そっか、地元の人たちに手伝ってもらおう、一緒に日本全国に広めよう

ということを考えて呼びかけてみました!


するすと、すると、

どんどん仲間が

ユニークな拠点長から
http://kahoko.blog.jp/archives/1068429932.html

力強い応援団まで
http://kahoko.blog.jp/archives/1068228347.html


おかげさまで、まさに、北は北海道から、南は沖縄まで。。。

本当にありがたいことに、「日本中のシッターさんを探せ」というテーマでの秘密のフェイスブックグループには、200名を優に超える仲間たちが、日々試行錯誤しています。

しかも、「東京だってまだ足りないから集めたい!」という東京の仲間まで・・・・ありがたすぎます。

そのグループの中身もとっても熱いです!






そんなタイミングで

なんと、先日ヤフーニュースのトップにも取り上げられた、保育士の働き方革命!


保育士のみなさんは、参加するだけで交通費5000円支給のセミナー
(遠隔からも映像で参加できます)


しかも、11月1日には新しい発表もあるので、ぜひぜひ保育士のみなさん、潜在保育士の皆さん、
そして、育児の仕事に携わりたいと思っていた皆さん、楽しみにしていて下さい!




みなさん、ビリギャル読みましたか?
超ベストセラーになったこちらの本




実は私、本の時は「自分に関係ない受験の話かな?」だったので読まないままだったのですが、


飛行機に乗る時、アマゾンプライム映画をダウンロードする癖があり、そこで、「ビリギャル」の評判があまりにもよく、ダウンロード



その映画を飛行機で見て、、少なくとも5回は号泣

その後、感動しすぎて、ずうずうしくもツイッターでメッセージを送ると、即レス。
そのまま、坪田先生と、ビリギャルさやかさん(現在は起業して女性起業家)ランチしたりして、

52



素敵すぎる母娘の感動の話(実話)ということで、さやかちゃんがやってるクラウドファンディングで
さやかママを講演に呼ぶ権利をGETし、キッズラインのお客様に、ビリママに育児のノウハウを講演してもらうことに。










本当にためになりすぎる時間で、思わず涙を拭うママたちも、パパたちも多かった。

愛情はかけたもん勝ち! ケチケチせず、無限の愛を注ごう!

そうすると、相手が変化し始める。だから、信じ抜こう。本当にそう思った。

image




ぜひ、お客様のお役に立てればい嬉しいです。




↑このページのトップへ