キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tagワーママ


HIUサロンに続き、箕輪サロンや、はあちゅうサロンが、サロンの進化系で活動範囲を広げていますよね。なんかすごい。ほんと、すごい、熱気を感じる。


オンラインサロンが熱狂している。2014年の「ちゅうつね」とはまた違う大きなうねり。


だから、時代に合わせ、女性起業家サロンも進化させてみた、そしたら、凄いことに!


そうか、サロンは副業や起業のきっかけになるばかりではなく、やりたいことが見つかる場所でもあるんだと。

何がすごいって、プロジェクト立ち上げたら、メンバーがどんどん自主的に参加していくということ。そして、それがメンバーの起業や副業のきっかけになるということなのだ。

箕輪さんがツイッターかなにかでかいてたけど、給料をもらう前提の働き方は、いかにさぼったかみたいなのが得した気分になるのかもしれないけど、オンラインサロンとかは、いかに楽しんだか、いかに関わったか、ということが得した気分になると。



実は、私自身も、ちゅうつねサロンを2年ほど運営し、メンバーも600人、サロン交流も活発化して、なんと結婚するメンバーも生まれるほどの結束力だったのですが、こちらからの定期的な配信と、毎月のイベントで、他にも分科会などがあったのですが、ビジネスを生み出すっていうところまでは特に行ってなかったんだなと、、、

でも、大人になって親友ができたとか、大人の学校で楽しかったというのはすごくあって、満足度は高かったんです。

でも、その時から社会の流れはすごく変わって来ているなーと思っていて、

副業とか起業とかフリーランスとか。

みんな、「会社以外」「ママ以外」「いまの自分以外」の新しい何かを探している、求めている。

なので、女性起業家サロンも、進化させました!

通常の情報発信、事業相談は全員きたら絶対乗る、毎月1イベントにプラスで、

めっちゃ参加型・プロジェクト型に、やりたいことを見つけることができる場所、そして、仲間がいるという、パワーアップさせました。


すると、すごい!今日3つプロジェクトを、朝・昼・午後と立ち上げたら、ぐんぐん成長している





そっか、そういうことか
そうなんだ、そうなんだと強く感じました。

これからは、自分のやりたいことをやる時代、それが、信用に繋がるとか、お金になるっていうのはこういう意味なんだっていう意味が体に腑に落ちました。

女性起業家サロンでは、今年の運営テーマは

・最高の出会い
・副業のきっかけプロジェクト
・起業のきっかけプロジェクト
・自分が何があっているのかわかる
・やりたいことを実験できる
・やりたいこと、自分にあっていることがわかる
・フリーや起業家の実績をどんどんつくる


どんどんきっかけを提供するので、それに参加してもらうことによって、自分の好きなことや、自分のやりたいことが見つかる場所にします。実績ができたりする、みなさんにとっても人生の行動の場所にしていきます。

それによって、成功する起業家をどんどん輩出する場所に成長させていくつもり。とにかく、きっかけを行動できる場所を、実験できる場所、つながる場所をどんどん増やします。(女性ばかりではなく男性も参加できます!)

そして、それが、相乗効果を生み、以下のような流れが。。



最近、箕輪さん、はあちゅうのサロンが活気付いているのもあり、女性起業家サロンもすごく問い合わせも増えていて、思いっきりプロジェクトも加味したということで、いま締め切っているのですが「入りたかった〜」「次の入会はいつですか〜」という問い合わせが多いので


明日土曜日朝9時から先着15名さまは入会受け付けます!
https://lounge.dmm.com/detail/558/



いまなら、プロジェクト入れますし、入会した方みなさんに、来月の上記イベント、堀江さんと私の対談の参加券(無料)ゲットできますので、どうぞお楽しみに!

オンラインサロンの考え方、わかったこと、発見したことは、voicyでもお話ししています。興味のある方は是非是非聞いて見てください。

仮想銀座高級クラブ「かほこ」第48夜
・最近の発見
・なぜオンラインサロンが熱狂してるのか
・サロン2.0とは何か?
・最近読んだ本3冊
https://voicy.jp/channel/630/18541



それから、キッズライン の方の以下のプロモーションがすごくヒットしていて、嬉しい限りです。とりあえずダウンロードしておいて損はありませんので、ぜひ!











今日は、前々から待ちに待ってたベストセラー『人生の勝算』対談!

16


私が運営するオンラインの
女性起業家サロンが毎月開催している、著名人をお招きしての恒例イベント。

今回は、SHOWROOM 前田社長をお招きしての対談でした!


優しくて熱い語り口に、終始会場は静まり返ってたと思うと、

42

面白くて、愛に溢れる回答に、会場がどんどんあったかくなって、

49


私は「人生の勝算」を読んだ瞬間から、(詳細は以下)

http://kahoko.blog.jp/archives/1066649720.html

ぐわーーーっと前田さんに心掴まれてました。なんとか友人を経由して会食が実現したんです! 



実際のリアル前田さんにお会いして、さらに、そのお人柄や、不遇をバネに前に進む姿やエピソードに胸を打たれ(本当は本に10倍以上書きたいことがあったとおっしゃっていて)

いつか、女性起業家サロンのメンバーとその時を一緒にしたい!と、お忙しい前田さんに無理やりお願いして、実現したのが今日。


本当に前田さん、ありがとうございました!

そして、いつも参加してくれる女性起業家サロンのメンバーのみなさんも、ご足労頂き有難うございます・

58

少人数で前田さんを囲んでの贅沢で学べる素晴らしい時間でした。

(この対談の全ては女性起業家サロンで無料でみれます)


ぜひ、みなさんも女性起業家サロンに参加しませんか?


旬なゲストをお迎えして毎月イベントが開催されます!




男性女性に起業実績の有無にかかわらず、本気で社会を変えたいと思う人は参加できる、(自分で言うのもなんですが)素晴らしい出会いのあるサロンです!

■女性起業家サロン
https://lounge.dmm.com/detail/558/


イベント以外ではこんな内容をオフレコ発信したり経営相談に乗ったりしています。



ちょっと興味があるから無料でのぞいてみたいという方は、
毎月恒例の著名人を招いての対談は、その内容を一部podcastでも配信しています!









私たちキッズラインは3年前の2月にスタート

「ベビーシッターってどうなのよ?」というマイナスの状態から。

それでも、自分の経験や社会の状態をみるにつけ、絶対に必要なものだし、社会のインフラにしたいと思って、

あえて「日本にベビーシッター文化を」と掲げました。

「より便利で、よりリーズナブル、より安全」を追求すべく、一歩一歩みなさまに支えながら進めてきました。

当然、つかったことないものは誰もがわからないので、不安視、懸念されやすい。

特に大切なお子さんを預けるならなおさらなので「ベビーシッターってどうなの?」と思われる方が多かったと理解しています。

ですが、だからこそ、なのだと思いますが、過剰な宣伝より「利用してもらうこと」に重きをおきました。

おかげさまでキッズラインは、使っていただいた方の口コミによって、徐々に広がってきています。

最初にローンチした日から比べると、「ベビーシッター」という育児支援が、ベビーシッターという働き方がよりよいイメージ(もともとも正しい状態に)きちんと、認知されてきているようで、本当にありがたいです。

↓  ↓







はじめてのベビーシッター体験記
https://kidsline.me/magazine/article/81

53


妻とデートしたいんです。
https://kidsline.me/magazine/article/103
52







社会のインフラとなるよう頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします!

特に保育士免許を持っていながら活かしきれていない方、ぜひ、ベビーシッターという、より働きやすく、より人気職業で、子供を育てる仕事に復帰しませんか?


キッズラインは年会費登録料など一切かかりません。いざという時のために準備したいペアレンツの方はよろしければ以下ご活用ください




ここまでこれたのは、飛び込んでくれたチームキッズラインのおかげです。引き続き時代を変える仲間を募集しています!





「相談して決めます」というコミュニケーションが起こることがある。

何かを決めるときに、情報収集は大前提で、アイディアだってたくさん出た方がいい、そのために「相談すること」はとっても必要だと思う。

ただ、もしも、その「相談します」が、「相談した結果〜〜にしました」というところに、ちょっとでも結果責任を誰かとシェアしましたみたいなニュアンスがあったら、勿体無いことだと思う。

なぜなら、自分で決めてこそ、よい結果に近づくから。


私のような、もともと甘い人間は、起業家や経営者になって「決断すること」の大変さや、苦しさに本当の意味で向き合った。

しっかり情報収集して、頭を研ぎ澄ませて徹底的に考えぬいた結果、自らが選んだ道を、「正解の結果にしていく」その過程で、いかに自分が成長するのかとうことを痛感させられた。

相談はあくまで相談であり、選択肢はあくまで選択肢である。
考え抜いて、自分で決めたからこそ、ゴールまでのイメージもあり、何が何でも正解に導いていこうという力も湧いてくるのである。だからこそ、結果に結びつく確率が飛躍的に上がるのだ。


相手がいったから、そうした。
だからうまくいった、だから、うまくいかなかなかった。
と、人生を「相談相手」に左右されるのは、何も蓄積されない。相手だって迷惑だろう。


表面的な手法に左右されていては、他人に振り回され、根本や本質を理解しないで、表面でたまたま当たった、外れたを繰り返し、人生を消耗すれば、「生き延びる力」という自分の人生の資産は全く蓄積されない。主導権まで他人に渡していることになるからだ。

たまたま、宝くじに当たったからお金持ちになれた。
たまたま、宝くじに当たらなかったからお金持ちになれなかった。

そんな風な人生では悲しい。


ただ、相談することは重要だ。同じ道を通ってきた人や、専門家に聞くことで、リスクを減らしたりショートカットできたり、思考のブラッシュアップにもなり、相手の意見をいただいて、よりよい正解、より自分らしい解にたどり着くための目的ならば、相談は重要だ。


何かをやるとき、相談は欠かせない。
だからこそ、相談上手な人になって、人生を圧倒的に豊かに、圧倒的に強く、歩みたいなと思います。


毎週金曜日に無料で配信しているラジオ番組のようなpotcast スマホがあればどなた様でもすぐに聞くことができます。元気が出る話と好評いただいています。

自分で自分らしい人生を作りたい方には、女性起業家サロンとその仲間がお待ちしています!
メンバーは、私にいつでも相談できます。





年明け、いよいよ、待機児童問題や復職問題のせいか、キッズライン、ますますご要望いただくようになりました。







絶賛仲間募集中です!







昨日、以下の投稿をしたら、意外と反響が大きくて、


キッズラインでは、あらゆる職種で仲間を募集しています。働き方ややりたいことは要望を伺って決めていきますので、ピンと来た方はどしどし!

・新規事業をやってみたい
・創業者の側で働いて見たい
・幹部として会社を支えたい
・社会貢献の事業をしたい

などなど。。

WEBプロデュースの経験を活かしたい、マーケができる、広報やってみたい、デザインができる、事業立ち上げ経験を活かして社会貢献したい、、、などなど

02




さてさて、ただいま急募なのは


① 事務スタッフ
② カスタマーサポート
③ アシスタント

上記の職種は、主婦の方の復帰として選ばれる方が多いのです。

※くわしくはこちらの記事ご覧ください。

そこで、実際に、現在カスタマーサポートのメンバーに、キッズラインで働くことになった経緯や、やりがいなどをインタビューしてみました!

56


■40代女性 女の子のママ 元メーカー勤務で社会復帰■

私は、社長の経沢の本がきっかけで、事業の全体の流れを学びたかったのでスタートアップに大変興味がありました。又、待機児童問題にも心を痛めていて、子育て世代の方々にお役に立ちたいと参画。

キッズラインは、ワンフロアで距離が近いので、すぐ近くのエンジニアに何かシステム改善したいと相談すると、すぐ反映されたり業務のスピード感は楽しさがあります。

又、会社が開催している講演会やイベントなども参加できるため、勉強になるが多く、育児と仕事の両立にも理解があり、アットホームな雰囲気で刺激もあり大変働きやすい職場です。



■30代女性 男の子2人のママ 元Web制作プロデューサーで兼業中■

私はキッズラインが目指している「育児インフラをつくる」に心から共感して、応募致しました。自ら育児を体験してみて信頼できる他力を借りることは、母親にとって不可欠だと思ったからです。

実際入社してみると同じように理念に共感していらっしゃる方が多く、おなじベクトルを持っている仲間と楽しく仕事に取り組んでいます。日々の業務はスピーディーで気づきや提案もすぐに反映される風通しのよさはさすがだと思いました。

また、自ら提案していけば形になるチャンスを与えていただけるのでやりがいがありまし、試行錯誤をしながらも仲間と歩んでいける時間はありがたく、仕事の時間そのものが大きな学びになっています。働き方も個人に合わせて多様で子育て中もママも多く職場の理解もあり環境が抜群です。お仕事に復帰したい方にもとても働きやすい職場です。
IMG_4787


◼︎20代女性 元人材派遣会社で営業から転職◼︎

シッターさんとして登録している方々のカスタマーサポートを行っています。システムも随時バージョンアップしていたり、サービス構築に関わる難しい質問もありますが、丁寧に回答することによって、シッターさんたちが安心して働ける環境作りのお手伝いができていることを感じることができ、やりがいを感じています。

またキッズラインは、何事も取り組むのが早く、親御さんやシッターさんからご意見が上がるとスピーディーに改善する姿勢があり、みなさんにとても喜ばれている点ではないかと思っています。それも少数精鋭なチームだからこそ。同じ方向を向いて仕事ができる職場の雰囲気が好きです。

仲間が助けてくれる環境も理解もあるので、カスタマーサポートに少し不安がある方もぜひ「チームキッズライン」として、一緒にお仕事できたら嬉しいです!

みなさん、とてもイキイキ働いていただいて素敵な方ばかり!
今、大注目のベビーシッターサービスで、一緒に育児のインフラを作っていきませんか?


◼︎◼︎こんな方募集◼︎◼︎

・決められた時間で最大限の成果を発揮したい。
・子供が大きくなったので現場に復帰したい。
・言われたことだけでなく自分のアイデアを仕事に活かしていきたい。
・もともと事務の仕事をしており、人の役に立つのが好き。

キッズラインは、人に喜んでもらうのが大好きな方にぴったり、どんどん提案が形になるのが好きな人にとって最高の職場です。やりがい・働きやすさがライフスタイルにもマッチできる環境なので、自分のペースで働いていただけます。

少しでも興味があるという方、ぜひ以下よりお問い合わせください!

■■勤務地■■
東京都港区六本木弊社オフィス 
(六本木駅徒歩5分)

■■待遇■■
ご経験に応じて、時給1,000~1,500円(交通費支給)

■■応募方法■■

上記から応募職種「その他」を選択し、自由回答欄に
「①事務スタッフ」「②カスタマーサポート」とお書きの上、ご応募くださいませ。
(もちろん、あらゆる職種で募集していますので、どんなエントリーでも受け付けています)

※できるだけ早期に勤務を開始できる方ですと助かります!

以下の内容も必ずお書きください。

(1)応募した理由、貢献できそうなこと 
(2)簡単な学歴および経歴
(3)経歴の中で、事務的な業務経験があれば具体的に
(4)勤務開始可能日と週に来れる曜日と時間帯 
(5)希望事項など(待遇ほか)が何かございましたら

エントリーいただいた後は、必ずメールもしくは電話でご連絡致します。 

=============================================================

みなさまからのご応募、心よりお待ちしております!

43


↑このページのトップへ