キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tagワーママ

起業したい人、事業を成功させたい人が集う、オンラインサロン
21389236_1379353892181220_913266281_o

これまで起業のノウハウをお伝えしたり、交流イベントを行ってきましたが、



それだけではなく、
今月から「女性起業家サロン」を
本格リニューアルしました!

今日は、女性起業家サロンリニューアルのポイントを3つおしらせしますね。

1)旬なゲストをお呼びしたオフレコ対談

旬に活躍するすごい人をお呼びして、
ずばずば切り込む、オフレコ対談を毎月女性起業家サロン内で開催。

サロンメンバー参加無料ですし、生中継もしていますし、録画のアーカイブも見放題なんです。
これまで、
女性起業家・江藤美帆さん、はるひなたさん、和田幸子さん、
幻冬舎のカリスマ編集者 箕輪 厚介 (Kousukeminowa Kousuke Minowa)さん
男性起業家・Finc社長の 溝口 勇児さん、バチェラー久保裕丈さん
がゲストとして出演していただきました。 

今月はなんと、新刊「40歳が社長になる日」が話題の
 岡島 悦子 (ETSUKO OKAJIMA)さん!
9月25日18時〜開催します。 

20031659_10213231615120464_5509500351856891652_n

 

2)サロン内限定のポッドキャスト
一般向けのポッドキャストも先月から開始しましたが、
サロン内ではさらに起業ノウハウやマインドについて深いお話もさせていただいています。
サロン内で頂いた、これまで頂いた質問もアーカイブももちろん聞き放題です。

28

3)今なら限定!Tech in Asia Tokyo Conference」( 9/27、28)に無料ご招待
女性起業家サロンメンバーは今なら「アジアと繋がるTech in Asia Tokyo Conference」( 9/27、28)に無料ご招待しています!Tech in Asia Tokyo Conference事務局様から、起業家や独立を目指す女性起業家サロンメンバーへカンファレンスの無料招待をしていただきました。(通常147ドルのところ無料です。)
 rocket2

起業ノウハウ。コネクション。資金調達。これらの機会を実現する登壇者、ワークショップ、ネットワークイベントなどの一流ラインアップをご活用ください。

このように時期によって、女性起業家サロンならではの特典も提供しています!
 

女性起業家サロンは男性も入会可能。

最近メンバーも増えて、
起業準備中から上場目指す系まで素敵な方々ばかり、めちゃ素敵なメンバーです。
みなさんもぜひ仲間になってくださいね!

https://lounge.dmm.com/detail/558/ 



キッズラインがVERYに掲載いただきました!

23

実は、サービスを立ち上げた時から『VERY』掲載は夢の一つでした。

なぜなら、VERYさんに掲載された時、キッズラインが、ママにとって罪悪感を感じず、おしゃれなライフスタイルの定番となるきっかけになるのではないかと思ったからです。


実は、サービス立ち上げてしばらくして、無理やりVERY編集部におしかけ、取材をお願いに行ったことがあったんです。


その時は、まだまだVERYさんもピンとこなかったようで「わざわざシッターさんに頼むより、身近なおばあちゃんかなと思います」というような会話で前に進まず。。。
熱弁ふるう私は、広告掲載をお願いする立場だったのに、お時間とらせて申し訳ないととぼとぼ帰りの道についたのです。


それから2年、今回は先方から取材依頼が!


多くのシッターさんやお客様のおかげで、少しづつ少しつづですが、広まってきているのかもしれません。



私は、26歳で起業した時から、日本の女性の生き方をもっと自由に楽しく、カッコよく自立できるよう、それをサポートする事業やサービスを提供していくのを目標に一歩一歩前に進んできました。


いまは、チームキッズラインの素晴らしい仲間に囲まれて「キッズラインを日本の新しい育児インフラに」「日本に新しい育児の選択肢を」広めることで、ママと子供の笑顔を増やしたいです。これからも頑張りますので、応援いただけると嬉しいです。



私たちのサービス1時間1000円〜スマホで呼べるベビーシッター「キッズライン」https://kidsline.me/


こんなプロジェクトもやってます!





突然ですが、最近いつ美容院いきましたか?


「髪がまとまらない!・・・」
「お風呂上がりは子供達の髪を乾かすので精一杯。自分の髪は半乾きでパサパサになってる。」

AdobeStock_85614749 のコピー


髪は女の命と申しますも、子供はママの命であるのも同然。

ついつい自分のことが後回しになってしまう、
独身時代の頻度で行くことが物理的に無理!
赤ちゃんより自分のことに時間を使うことに罪悪感を感じたりと悩みは尽きないようです。

でも実際にアンケートを取ると、自分だけの自由な時間があったら、
美容院やマッサージなどのサロンに行きたいという回答が圧倒的だったんです。

large_image_9e0e1671-fed4-4280-8a28-233571695d5f

(2016年 キッズライン調べ)

だったら、ぜひぜひ、行ってください美容院

われわれキッズラインがお子様を無料で預かります!

それが、


#ママのツヤ髪プロジェクト
 です!

ママのツヤ髪


日頃から仕事に育児に「髪を振り乱して奔走」するママ達に、
キッズラインが一人っきりで過ごす時間をプレゼントするこの企画。

これをきっかけにリフレッシュとツヤツヤ秋色の髪、両方を手に入れてみませんか?
https://kidsline.me/information/tsuyakami


こんなあなたに戻りませんか?

09


ご参加は、ツヤ髪になりたい・リフレッシュしたい・輝きたいというママであれば、
どなた様も、先着300名様
までご参加いただけます!

また取得した体験クーポンは他のママや奥様にプレゼントすることも可能です!
ぜひお気軽にご参加ください♪

また、美容院関係者の方やサロン関係者の皆様で、
この企画に賛同される方は、ぜひ本企画について、お客様にお知らせいただいたり、
ソーシャルでシェアいただき、ママをツヤツヤにするお手伝いいただければ嬉しいです。

※ご自由に拡散ください!
https://kidsline.me/information/tsuyakami


ちなみに、明日など直前でも予約は可能!

直前に上手使いこなすポイントは以下にてチェックしてみてくださいね!

https://kidsline.me/information/request_today

予約の成立率がぐーんと上がっているようです♪


先日、年収1000万円も目指せる保育士の新しい働き方という記事が思った以上に各所から反響がありました。

とはいえ、誤解を招きたくないのは、お金を目指してみんなが働いているわけではありません。ママからたくさんお金を取ろうを思っているわけではありません。

ただ、保育士という仕事の社会的地位はもっと正当に評価されるべき、と私は心底思っています。
同時に、育児の担い手が増えて行く仕組みが今の日本には必要です。子供の笑顔を増やすため、そして、未来の日本の活力を増すために。

それは、育児の担い手の方々(キッズラインのサポーターさん)に、「評価システム」「社会貢献」「報酬」「働き方」という柱にきちんと向き合っていただきながら、プロとして自分で決めた働き方に満足していただくことだと思って、様々な一人一人がもっとも輝ける働き方の工夫の仕組み(毎回レビューによるフィードバックがある、自分で時給やサポート内容を決める、スケジュールを自分で決める、レスポンスの速さや時間はオープンになってるなど)をキッズラインでは入れています。

また、ママや親から必要以上にお金をいただくことはしていません。シッターさんは自分の決めた時給で働いてくださっていますし、ママは好きなシッターを時給1000円〜選べるようにしています。マージンはそれぞれ、保険料やカード手数料も含めた10%を頂戴し、シッターさんの採用や研修、お客様サポートも含め、キッズライン社の運営をさせています。中間マージンを究極まで圧縮し、できる限りお安く提供できるように、徹底的なIT化とに取り組んでいて、システム開発に先行投資しています。そのような経営努力やみなさんの応援やご協力の結果、通常のベビーシッターサービスの3分の1程度で、初期費用なしで使えるようにしています。

また、それでも、育児というのもが日常です。さらにリーズナブルに使っていただけるよう、私たちは、自治体との取り組みや、各種福利厚生での取り扱いなどの助成のお願いに何度も何度も国会にも足を運び頭を下げ、ご協力のお願いをしています。そして、法人導入なども積極的に営業活動しています。(ぜひ、関係者の皆様や人事の方、ご協力いただけると嬉しいです!)

リロクラブやベネフィットワンなどをご利用の方は、補助チケットで1時間500円ほどで利用できる方もいらっしゃいます。

===

さて、実際に、キッズラインスタート当初より活躍してくださっている、仲宗根さんと対談させていただいたのが以下の記事です。保育士シッターさんの働き方をよりリアルを感じていただければと思います。


そして、キッズラインでは3歳以上のお子さんは、女子大生も預かり可能になっていて、女子大生のみなさまからは、たくさんの「やりがいがあった」というコメントをいただくのですが、こんなブログも発見


そして、シッターさんがお子さんに女子大生シッターさんを頼むという現象も!


ベビーシッターというお仕事が珍しいせいか、そして、臨機応変さを求められるからか、就職活動にはプラスになるようです!


小学校4年生の学力だった「ビリギャル」を慶応に現役合格させた、坪田先生も、キッズラインの愛用者でこのようなコメントを寄せてくださいました。

28


ビリギャル、本もすごいけど、アマゾンで見れる映画もすごく感動しました!(5回くらい号泣)




====

育児の悩みは尽きないですよね。今日は、こんなシッター求人もありました。


人気インスタグラマーもキッズライン!


そして、ママたちがよりリーズナブルにご利用できるように、以下のようなクラウドファンディングも行なっています。ぜひ、みなさま冒頭の動画だけでもご覧いただければ嬉しいです!





今日、プレスリリース出させていただいた以下



大変、たくさんの反響をいただいて嬉しいです。
寄せられたコメントは以下のようなものが多く、みなさんが潜在的に「保育士はもっと報酬を受け取るべき」そんな、同じように感じてくださったのが嬉しいです。





そして、実際にキッズラインで半年働いた方の感想も嬉しかった


個性的でキャリアをもつサポーターさんが多いキッズラインは、夏休みの自由研究も、宿題も、英語もお任せ下さい!




↑このページのトップへ