キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tagワーママ


私は対談が好きです。

単独でインタビューされるのも、講演に呼んでいただくのも、とってもありがたいのですが、

どうしても、自分の過去のストーリーを「小話」のように話すことが多くなるので、、、、
(経歴を、、とか、起業のきっかけを、、とか)

でも、対談は立体的です。

2人もしくは、インタビュアーがいて3人になるので、
経歴や起業のきっかけだけは冒頭だけで、あとは、お互いの話を突っ込んだり、
お相手からの質問を違う角度から回答したり、

頭もぐるぐるなんだけど、何よりも発見や刺激が多い!

たとえば、先日大好きな本の著者である、シバタナオキさんと対談で、1回目上場のときに工夫したことを聞かれ、そういえば「3のことをやれ」と先輩経営者に言われて、それをやってスムーズになったなという話をしたのですが、

それは、

1)まず、経営メンバーを集める
2)次に、営業部隊をつくる
3)そして、男女比率を変える

なのですが、

1回目の上場準備は2007年ごろスタート、無謀にも、経営メンバーがいない時に一人でスタート、まず4億の資金調達して、たくさんの社員を採用して、一気に30名くらい、全然うまくいかなかった(汗)そりゃ多くの人数をマネジメントするのも一人では限界ということで、経営メンバーを探し始め、

で、同時に、社員が増えれば売り上げが上がると思っていた、単純すぎる私は、そうではないことに気付かされ、営業部隊を作り、

当時、女性がほとんどだった会社だと、サービスのクオリティや顧客満足度は上がるのですが、会社を成長させたいという欲は男性の方が強いので、売り上げ拡大のエンジンが健全に働くよう、男女比率を変えるのめちゃたいへんだったけど、それをやったら、優秀なメンバーのおかげですが、なんとか5年で上場できましたとう話をしました。


そしたら、シバタさんが

09

そうなんですよ、経沢さん、知ってますか?

女子高を共学にするのは難しく、男子校を共学にする方が楽なんですよ!

っていって、目から鱗。確かにそうですよね!

2回目の起業では、最初から、エンジニアと文系社員を半々、男性と女性の正社員比率を半々にしよう! とこだわっていたのですが、なるほどど思いました。


他にも、お互いの話す内容に、お互いの経験や見識を立体的に乗せることができるので、とにかく刺激的な時間になるんです。

他にも先週は、フリー社の佐々木社長とも対談させていただきました。
あまりの勉強されてる様子に、読んでらっしゃる本をアマゾンでその場で購入させていただいたり、
刺激を受けました。

29

あと、起業に向けての講演でも、実際の女性起業家である寺嶋さんのお話の引き出しのうまさに、みなさんの役に立つ話ができたと思います。

51
29
32

立体的であることって、すごいなーと思いました!

(上記のセミナーの様子は全て以下で動画で見れます)


あと、毎週金曜日に無料配信しているpodcastでは、いろいろな、著名な方との対談コーナーがあり、好評です。


そして、私が運営している女性起業家サロンでは、毎月著名なゲストをお招きしての対談をメンバーが無料でご招待させていただいています!


対談取材依頼が増えると嬉しいなーとちょっと欲張って、最後に希望をかいて見ました。

では、みなさま、素敵な週末をお過ごしくださいませ。








私は15年前に以下の本をだして、育児と仕事の両立に悩む女性や、社会でおもいっきり活躍したいと思う女性は、起業という生き方も選択肢の一つにあるよ、ということを社会に提唱した。

でも、起業っていうとおっさんのもの、っていうイメージが強かったから、女性らしい起業スタイルとして、年商1億円で、年収が2〜3000万を目指す、オンリーワンのビジネスを目指そう! っていうコンセプトだった。

自分の会社をつくるということ
経沢 香保子
ダイヤモンド社
2005-06-24



いつの時代も「一番最初」というのは印象に残るようで、当時このコンセプトを提示する人がいなかったので、またたくまに、自分でも驚くほどのベストセラーになり、10万部の実売を超えていまでもコツコツ読んでいただいている。

そして、本が売れて数年経つと、「この本を読んで起業しました」という方にたくさんあって、私は思った。

私は起業家だから、社会問題を「商品」「サービス」によって解決するのが仕事だけど、本だって同じだ!と。

よく、社長が本を書き始めると終わる、みたいな都市伝説がまことしやかに囁かれるけれども、それは「過去の栄光のアピール」だった場合であり、

もし、その本が「社会に対しての解決策の提示」だったら、まさに、それは、起業家の仕事となんら変わらない。

そして、同時に私は、いつも女性としても起業家としても困難を乗り越えてきて、大失敗をいっぱいして来て、その経験を、本にすることは、自分も失敗を糧とすることができた。そして、なによりも、後に続く人たちに、「なんだ、こうやって乗り越えればいいのか」と、茨の道ではなく、すこしでも舗装道路を歩いて欲しいと考えて、できるだけ失敗経験もお伝えするようにしています。



そんな想いで本を書いているのですが、先日大阪で講演会にいったら、参加している方が、質問してくださった方が、涙を流しているように見えて、どうしたのかなと気にしていたら、実はこのようなことがあったのかと、心が揺さぶられました。


大阪の講演は主催者の寺嶋さんの思いが詰まった素晴らしいもので、私も感動しました。私ももっともっと心を込めて、もっともっと人間臭くてもいいから、真摯に毎日に向き合っていきたいなと思いました。


寺嶋さん、大阪に来てくださった皆さん(わざわざ東京から来てくださった方も)本当にありがとうございました!

起業したい女性の方は女性起業家サロンもぜひよろしくお願いいたします!



08
29




今日は11月22日、いい夫婦の日ですね

キッズラインでは、いい夫婦の日にちなんで夫婦の実態を調査したところ、

32


「生まれ変わっても今のパートナーと結婚したいですか?」
と質問をしたところ、

33.6%の人が「いいえ」と回答


3人に1人が、今のパートナーと来世での結婚は望まない
と考えていることが明らかになりました。


また「パートナーに改善してほしいこと」を聞いたところ、
「尊敬を表現すること(30.8%)」が最多となり、
次いで「役割分担(家事や育児)(18.3%)」が続く結果となりました。

これに関して寄せられたコメントには

「家政婦よばわりしないでほしい!」
「夫婦となり気を使わないせいか、言葉がトゲトゲしすぎる。悪気はないのがわかるけれど、耐え難い」

と夫婦になって、いるのが当たり前の空気のような存在になってしまい、
お互いに持つべき思いやりが欠けたり、尊敬が上手に表現できずに
言葉や行動に現れてパートナーを悲しませているという夫婦の実態も浮き彫りになりました。

円満夫婦の7割が支持した、
円満の秘訣は「
コミュニケーション」です!

large_image_938135f6-471b-4ba3-9160-3a60434863e9


そしてもしお子様を預けて二人でいい夫婦の日を過ごせるとしたら
どのように過ごしたいか伺ったところ、


large_image_f77db158-a931-4e32-943e-2691cf8c7488

【夫婦2人でしたいこと】

1位 食事 (71.8%)
2位 旅行 (10.2%)
3位 映画 (8.6%)

という結果が出ました・・・!
※調査結果詳細はこちらをご覧ください。

そ・こ・で!

キッズラインではパパママが夫婦水入らずの素敵な時間を過ごすお手伝いができたらと思い、
以下のようなキャンペーンを実施中です!

23516271_1438994242883851_1260253648_o



ベビーシッター初回利用無料クーポンをプレゼント中♪


ぜひ、ご興味のある方は、以下より参加してください!11/30までですので、お急ぎください!
https://kidsline.me/information/bestcouple

(ご自身の利用だけではなく、お友達へのプレゼントもできますので、この活動を広めることにご協力頂けると嬉しいです)





もうすぐいい夫婦の日ですね!

何か計画されていますか?

キッズラインは、今年も「いい夫婦の日応援します!」


実は、いい夫婦の日にちなんで、夫婦関係に関するアンケートを取らせていただいたのですが、

なんと
なんと
なんと


結婚前と比較して、結婚前より相手を好きになった割合は。。。









たった、6人に1人・・・

結婚前より相手の愛情が増した夫婦は
6人に1人。。。


large_image_0177e511-b9fb-498d-a75e-4c786dc763da

そして、逆に結婚前と比較して、

「愛情が薄れてしまった」
「どちらかと言えば嫌いになった」



なんと
なんと

約41%

・゚・(ノД`;)・゚・


なかなかしびれる結果となりました。
そしてどうして、このような気持ちの変化が起こったのか深堀りしたところ、


子供優先になっているうちに夫婦間での会話が少なくなり、距離が出来てしまった。

・育児のことや家事のことは全部任せきりで、協力的ではない。また、会話が一方通行になり愛情が薄れてしまった。

育児で忙しすぎて、夫婦関係や愛情について考える暇がなくなり、育児タスクを実践できる一員としか見られなくなった。


などなど、結局、育児が原因・・・という悲しい結果に。


子育てに関しての夫婦の考え方や関わり方が十分にすりあわせてないと、
夫婦の愛情にも影響することがわかりました。



これもやはり、子供ができると夫婦二人だけの時間を持つ習慣がない
日本人の特徴なのでしょうか。
子供を介した会話しかなくなってしまう夫婦関係は
少子化にも影響してしまう!

そんな夫婦の危機を、キッズラインが解決しよう!

ということで、

せっかくなので、いい夫婦の日に、
夫婦二人だけの時間を過ごしてほしくて

私たちが、ベビーシッターをプレゼントしますので、

夫婦だけで、一緒にご飯を食べにいってください!
二人だけで過ごしてください!
たまには、デートしてください!

というお節介企画です。

41

昨年の調査結果でも

「二人っきりでごはんを食べたい」と
8割以上が思いながらも、
実際は年に数回そのような
機会があるかどうか。。。
という悲しい調査結果
が出ていました。

ぜひこの機会だからこそ、夫婦二人の時間を作っていただき
ディナーや映画鑑賞など手をつないでデートにいっていただきたいと思います!

ご応募はこちらから
https://kidsline.me/information/bestcouple
※今回のキャンペーンはキッズラインのご利用が初めての方に限ります。予めご了承くださいませ。




先日、あるワーママと対談したとき、まっんまるの可愛い目でじーっとみつめられ、
以下のようなことを熱く語ってくれました。

私の家庭では、私の3ヶ月の育休後、夫も3ヶ月の育休を取得して、お互い育児のフルコミット期間を経て復職し、働きながら育児をしています。
そのおかげで、2人同じ目線で育児に取り組みながら、お互いの仕事のチャンスも掴むべく、頑張ることができていると感じています。

しかし、夫は最初は3ヶ月も育休を取得するつもりはなく、私も3ヶ月の育休を取得して欲しいと夫にお願いすることに罪悪感がありました。

ただ、経沢さんのFacebookで、「女性も育児と同じようにキャリアを大事にしたいって気持ちに罪悪感を持つ必要はないのだ」と気づき、夫に、育児にも主体的に関わって欲しいって、言ってもいいんじゃないのかな?と勇気をもらいました。

勇気を出して夫と話して見たら、夫も色々と考えてくれて、その中で夫婦の信頼関係も深めることができたと思います。

また、夫も育休を終えてみれば、「これからマネージャーを目指すにあたって育児にフルコミットした期間が活きてくるかも」と前向きに捉えています。

そして何より、夫の育休中から復職後の現在まで、キッズラインのサポーターさんの助けがあってこそ、頑張ってこれました。

勇気をくださったこと、素晴らしいサービスを提供くださっていること本当にありがとうございます。
思わず感激してしまいました。

なんとなく男性の育休って、

奥さんの出産後に、旦那さんも1週間くらい育休とったすごい!みたいなのあるけど、


確かに、今の取得割合、3.16%からしたらそうなのかもしれませんが、(しかも約半数が5日程度と。。)

41


私が感動したのは、奥さんは産後3ヶ月育休のち会社復帰、旦那さんは奥さん復帰後その後3ヶ月育休で、二人で合計6ヶ月育児専念後に、保育園&ベビーシッターで本格復帰というの、すごすぎる。

これぞ、本当の男性の育児休業。育児体験じゃない。


旦那さんのお手伝い的な育休だって、もちろんありがたいけど、男性のフルコミット育休取得が増えれば、女性のキャリアの描き方も変わると思う

男性も女性も同じ期間で育休を交代に取得する社会になったら家族のあり方もかわる。
会社のあり方も変わる。まさに、男性も女性も能力次第で、女性の管理職も自然に増えていくだろう。

女性だけの長い育休や、女性だけの病児の呼び出しだからこそ、しかたなく、男女の格差も広がってしまうのだろう。

こうやって、男性も女性も同じだけ育児にコミットできる社会になれば、働き方も同じくで、いろんな選択肢が増える。

女性が出産しても会社も本人もキャリアの心配がない世界の実現もできる。


それは、経営者にとってもいいはず。能力だけで評価できる社会の実現。

そして、経営者のみなさん、ご存知ですか?

なんとなんとなんと!


男性社員の育休取得で最大補助金が72万円支払われる制度があります。しかも5日以上でも適用→https://t.co/udQvdwi27c

育児に対する温度感の差が夫婦関係の未来にマイナスの影響を与えることも大きいそうです。
ぜひ、会社にとっても、誰にとってもメリットしかない男性育休がもっと増えますように!





↑このページのトップへ