キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tagワーママ


みなさま、あけましておめでとうございます!
戌年ですね。ドックイヤーのような成長ができたらうれしいな、と思います。

45

さて、実は、出張を兼ねての海外だったにもかかわらず、空港でPCを忘れてしまうという大胆な間抜けをしてしまった私。(電源プラグはしっかり持っているという。。。)
でも、プレゼン資料は秘書にデータで送ってもらったり、なんとかなるものですね。

しかも、知人の知人夫婦が偶然同じ場所に渡航するとうことで、本当に幸運にも手元に愛しのPCが戻ってきました。

そんなこんなで今になってしまいましたが、頭の中にあった2017年の振り返りと、2018年のことについて、書いてみたいと思います。


■2017年の取り組み 以下、3つの活動を中心に


(1)サービスの基盤の徹底化

キッズラインのサービスも2015年の2月にローンチしてから3年になりました。

とにかく安全・安心を最優先して、急がず慌てず、サービスや会社の基盤を作ることに注力してまいりました。おかげさまで、今年は去年に比べてさらにたくさんのお客様にご利用いただくことができました。

そのうえ、過去に13万件以上のシッティングをさせていたきながらも、1件も大きな事故やクレームがなかったのは本当に第一にシッターさんのおかげです。キッズラインのシッターさん全てに心から感謝します。そして、弊社のサービスに理解、ご利用いただいている、お客様のおかげです。どうぞ引き続きよろしくお願いします。

01

今年の活動ダイジェストはhttps://kidsline.me/contents/news_detail/234

さらに、僭越ながら、優秀なエンジニアのみんなのおかげで、システムがより進化しました。シッターさんと親御さんの電話やメッセージ、アプリのやり取りを極限までスムーズに、事故が起こりにくく、親御さんのストレスがないよう、これからもよりブラッシュアップしています。テクノロジーの力を極限まで利用して、利便性と安全性、そして満足度を高めていきます。

社会に貢献しようと頑張る誇らしいチームキッズラインのエンジニアのみんな(以下現在の主要メンバー↓ ↓)本当にありがとう。引き続きよろしくね。来年も新エンジニア入社予定で、増員してますます頑張ります。

09
https://www.wantedly.com/companies/colorsinc/post_articles/65923

05
https://www.wantedly.com/companies/colorsinc/post_articles/66664

23
https://www.wantedly.com/companies/colorsinc/post_articles/64684

(キッズラインは絶賛、エンジニア募集中です)


そして、チームキッズラインのホスピタリティー溢れるサポートチームのおかげで、解決センターの設置や、コンシェルジェデスクの設置など、ネットを使っているから、プラットフォーマーだからということではなく、お客様に安全を届けるのが仕事と、しっかりとサポート強化できたのも良かったと思います。

image

55
コンシェルジェチームのみならず、採用をする部門のみんな、マーケのみんな、本当にありがとう!心を砕いてくれてたくさんの愛を届けてくれて、感謝しています。あなたたちがキッズラインの「心」「heart」です。

(2)政府への提言活動〜1時間500円程度で誰もが使えるように

私たちキッズラインは、女性が輝く社会をつくるために、そして、子供とママの笑顔を増やすために、政府にも提言活動をしています。

2017-12-20-01-37-39
2017-04-30-12-40-59
2017-04-14-18-21-32
2017-04-14-16-56-36

1時間1000円〜即日もベビーシッターを24時間手配できるシステムを提供していますが、

私たちの願いは1時間500円程度で、誰もが安心して、簡単に使えるベビーシッターのインフラを作ることなんです。

ですので、現在のところは、リロクラブやベネフィットワンなどの福利厚生サービス経由、法人営業により多くのナショナルクライアントにも導入を始めています。

さらには、6つの自治体(品川・渋谷区、千代田区、調布市、福岡市)でも。
34

申請方法などの詳細はhttps://kidsline.me/service/price


実は自治体導入も、キッズラインのユーザーさんが「キッズラインを対象にしてほしい」と電話してださったので実現したんです。これからもユーザーさんと協力しながら、対象範囲を広げていきたいと思います。

ですので、2017年はとにかく、私自身も積極的に政府に足を運ばせていただきました。多くの政治家のみなさんが耳を傾けてくださって、必ずしや「誰もが育児しやすい社会」「待機児童ゼロ」を実現していきたいです。

お話を聞いてくださって、活動を応援してくださる政治家の皆さんには心から感謝です。


そして、私自身大変保育園にお世話になっているのですが、待機児童問題の解決が困難を極める中、賛否を承知で、思い切って以下の提言をさせていただきました。


22
35

続き・・・

https://note.mu/kahoko_tsunezawa/n/nfb85115ec99b


少しつづ、キッズラインの活動が認められればと思ってます。2018年も引き続き提言活動は続けてまいります。

ですが、どうぞ、みなさまも、応援いただけると嬉しいです。

というのは、ユーザーの方が自治体や政府や内閣府の子育て課などに連絡してくださるのが一番の後押しになっているのです。

企業がいうのはもちろんですが、現在の世の中では、利益団体と見なされがちです。それよりもユーザーの方が「キッズラインを導入してほしい!」といっていただくと実現可能性がぐんとあがるんです。やはり国も自治体も、一人一人の国民の声に耳を傾けてくださっているんですね。


(3)ベビーシッターを文化にするための活動


とはいえ、「ベビーシッター」というのは、まだまだ日本では富裕層のも、ちょっと怖いというイメージがあると思いますので、中間マージンコストを徹底的に圧縮して「誰もが使える値段」にすることのみならず、「サービスの徹底的な可視化」により「安心してつかえる」など、工夫してきました。

ただ、改善や工夫はしても、それが伝わらないと、ムーブメントにならない
「文化」にすることが私たちの目標です。

ですので、多くの方にご協力いただきながら、啓蒙活動にも力を入れてきました。

2017年は、待機児童の時に「不承諾通知買取りキャンペーン」を行って、たくさんの報道関係のみなさまに取り上げていただくこともできました。

06

インスタ映えする(?!)不承諾通知の数々。。。待機児童になって悔しいとおもう気持ちをポジティブに変えたいと思って、頑張りましたw

57
49

報道いただいたマスコミのみなさま、本当にありがとうございます。私たちは皆様に育てていただいているなーと思います。

==

他にも、ママたちばかりが仕事や育児に24時間休みがないという現実、まったく働き方革命から遠いママたちのために以下のような活動も

12


週に1回キッズラインを使って、ママも自由な時間でリフレッシュしてほしい、そして笑顔で育児と仕事に向き合ってほしいという思いなのですが、本当にたくさんの方にご協力・応援いただき、

34

たくさんのママにノー残業デーを届けることができました! 支援いただいた方本当にありがとうございました。皆さんのご協力で活動が輪になって広がりました。

56

2017年をまとめただけで、だいぶ長くなってしまいました。年末には全国展開プロジェクトも開催して、プロジェクトメンバーには感謝の気持ちしかありません。

16

全国に同志がいるのは心強いですね! 本当にありがとう!

スタートしたばかりの全国展開プロジェクトも拠点長と300名近い仲間のおかげで、キッズラインは現在29都道府県で使えるようになりました!

33
あなたの地域でも使えるかぜひチェックしてみてください。引き続き頑張ってきます。
https://kidsline.me/sitter

そして、アマゾンログイン、アマゾンペイもキッズラインができるようになりました。(絶賛使い放題キャンペーン実施中
2018年はもっともっと全国に便利に広めていきます!

本当に本当に関係者の皆様のおかげです。心より感謝申し上げます。
===

2018年はさらに活動を加速していきたいです。だいぶ長くなってしまったので、上記以外のテレビや講演や女性起業家サロンの活動、2018年の目標など、また、改めてブログ書くかもしれませんが、

2018年の目標は、写真の以下の通りです(^∀^)なんか写真が間抜けですみません。。。

image


詳細は、podcastでお話ししていますので、興味がある方は、ぜひ、無料でダウンロードできますので聴いてみてくださいね。

↓↓


そして、キッズラインでは一緒にこのような活動を、日本ばかりではなく世界に広めていきたい仲間を募集しています。



創業からの私たちの活動に興味のある方はぜひ、以下もご覧いただけると嬉しいです。


チームキッズラインの仲間とともに引き続き頑張って参ります!

2017-12-21-00-53-13

どうぞ、引き続き応援いただければ嬉しいです!

みなさまも素敵な一年を!


世界中で2000万回以上再生された、この動画をご存知でしょうか?

その内容は「24時間365日勤務」で「無給」という過酷な仕事。


休みを取ることもほぼできず、かなりの肉体労働の上、複数の専門知識も必要。

でも、この仕事は世界で一番重要な仕事なのです。


以下ご覧になっていただけるとわかるように、その仕事とは…



ママ」なんです。

以前、私たちキッズラインがママたちに調査したところ、

8割のママが育児のストレスを抱えていて、そのストレスがなくなるには、週一回たった3時間の自由時間があればいい

という答えでした。

であれば、私たちがこの現状を社会に投げかけて、一緒に週一回の「ママのノー残業デー」を作ろう!

そんなクラウドファンディングを行ったのですが、たくさんの方にご支援いただき、100名を超えるママたちが、ノー残業デーをいただくことができるようになったんです。

ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございます!

(いま、ママたちの喜びの声の報告レポートをファンドオーナーのみなさまにお届け中ですので、ぜひチェックしてみて下さいね)

そんな中、20万円以上の高額寄付をしてくださった皆さんと対談させて頂きました。
海外と比較しての日本への想いや、自ら起業家として女性に対する思いなど、さまざまな気持ちからこの活動に協力してくださったことがわかります。。。




伊勢社長、伊藤社長、五位尾社長。
そして、ご支援頂いた全ての皆様、本当にありがとうございます!






セブン銀行で講演をさせていただきました。


2017-12-21-15-16-36


セブン銀行さんすごいなーと思ったのは、社内で新しいことをやる風土をつくるために、マスコミなどで登場するベンチャー経営者を招いてシリーズで講座をしているということ!


さてさて、

私は「イノベーションの起こし方」というテーマで講演させていただきました。


2回の起業を通じて、私がどのように「アイディアを着想」「イノベーションを起こすために心がけたこと」についてお話させていただきました。



2017-12-21-15-06-38


まず、私のアイディア着想法ですが、シンプルに「連想ゲーム」です。
風が吹けば桶屋が儲かる。。。的な発想です。

ただ、「社会問題から発生する連想ゲーム」を心がけています。

社会問題ってたくさんありますよね。

高齢化社会になると起きる問題は、、
少子化社会になると起きる問題は、、、
男性も女性も働くようになると起きる問題は、、、

社会の過渡期には必ず、今までと違う、発想や仕組みが必要になるので、その解決策を提供するのが起業家の役割だと思っています。


そして、イノベーションの起こる場所っていうのは「距離のあるところ」だと思っています。
「いかに距離を縮めるか」という発想で。

例えば1回目は「女性マーケティング」がテーマでした、これから女性が活躍する社会になるとみなさんがイメージしていただけれども、とっかかりながなった。そこで私は、「消費」に注目しました。

「消費の中心は女性」(=女性が欲しいものが売れる)
「経営者のほとんどは男性」(=売りたいと思う人は男性)
という心理的距離を「マーケティング」でつなぎました。


そして、キッズラインの場合、これから女性も男性も働くようになり、育児の支援がもっと必要になるということと、一人一人にライフスタイルにあった育児の支援が必要になるというところから、

「保育」に「IT」とかけてイノベーションを起こさねばと思ったのです。


そして、イノベーションを起こすにはどうしたらいいか?

というと、単純に、自分のセンターピン位置を変えること。だと思っています。


普通にイメージすると、同じ情報、同じ場所、同質化されたコミュニティーにいると、居心地がいいので、「イノベーションを起こそう」と思った時に、エネルギーが発生しづらいと思います。


イノベーションを起こすには、まず、自分がイノベーションしないといけません。

なので、私は、自分がこれからイノベーションを起こさねばと思った時、以下4つのステップを取ります。

(1)新しい知識=情報収集する
本を読むジャンルを変える、それに関連する必要な情報を取りに行く

(2)新しい出会い=人に会う
すでに自分の目指す場所にいる人や、興味のある新しい人にどんどん会いに行く

(3)新しい自分=場所を変える
自分のいる環境を変える。転職、起業でも、引越しでも、海外移転でも、頻繁な旅行でもいいのですが、いる場所を変えると自分も必ず変わります。

(4)新しい思考=発信を変える
自分がやりたいことや目指していることに関する情報を発信したり、会った、相手にいつも「〜〜がやりたいんです」などと話すようにする。情報は発信するところに集まって来ると思う。

つまり、自分のセンターピンをガラッと変えると、自分が変わる。
私自身が、いま起こそうとしているイノベーションについて実際の事例をお話ししました。

そういえば、ここ5日間ニューズピックで freeeの佐々木社長と対談しているのですが、上記に関連する話も多く、イノベーションを起こすヒントになる内容もあるかもしれません。佐々木社長の話はめちゃめちゃ面白かったです。興味のある方は是非、以下も参考にされてください。






対談ももちろんですが、講演も凄く楽しかったです。機会をいただいた、Newspicksの佐藤さん、セブン銀行の西井さん、ありがとうございました!

2017-12-21-15-15-53


起業に興味のある方は、女性起業家サロンもよろしくおねがいいたします!






キッズラインは全国に展開していて、

それは、お子様を預けたいご家庭ばかりではなく、好きな時間に好きな時給でやりがいのある仕事をしたいという方にとっても朗報でありたいと思っています!

北は北海道から!




徳島の方!

愛媛の方!

女子大生
の方も!

徳島がんばってます!

山梨も続々誕生しています!

鹿児島の方も! 鹿児島日記はこちら https://ameblo.jp/nacco-k/entry-12328590878.html

富山にもキッズライン!
福岡は助成もあって、バッキーさんもいて、マスコミ取材もあって、ますます
https://note.mu/bucky1/n/n41637cc4da32

もちろん、東京の方も!



あなたの街でもキッズラインがもう使えるかも?!

続々デビューしてますし、もう直ぐデビューの予備軍も控えていますので、ぜひ、時折チェックしてみてくださいね!

トップよりいけます。

15
https://kidsline.me/



私は対談が好きです。

単独でインタビューされるのも、講演に呼んでいただくのも、とってもありがたいのですが、

どうしても、自分の過去のストーリーを「小話」のように話すことが多くなるので、、、、
(経歴を、、とか、起業のきっかけを、、とか)

でも、対談は立体的です。

2人もしくは、インタビュアーがいて3人になるので、
経歴や起業のきっかけだけは冒頭だけで、あとは、お互いの話を突っ込んだり、
お相手からの質問を違う角度から回答したり、

頭もぐるぐるなんだけど、何よりも発見や刺激が多い!

たとえば、先日大好きな本の著者である、シバタナオキさんと対談で、1回目上場のときに工夫したことを聞かれ、そういえば「3のことをやれ」と先輩経営者に言われて、それをやってスムーズになったなという話をしたのですが、

それは、

1)まず、経営メンバーを集める
2)次に、営業部隊をつくる
3)そして、男女比率を変える

なのですが、

1回目の上場準備は2007年ごろスタート、無謀にも、経営メンバーがいない時に一人でスタート、まず4億の資金調達して、たくさんの社員を採用して、一気に30名くらい、全然うまくいかなかった(汗)そりゃ多くの人数をマネジメントするのも一人では限界ということで、経営メンバーを探し始め、

で、同時に、社員が増えれば売り上げが上がると思っていた、単純すぎる私は、そうではないことに気付かされ、営業部隊を作り、

当時、女性がほとんどだった会社だと、サービスのクオリティや顧客満足度は上がるのですが、会社を成長させたいという欲は男性の方が強いので、売り上げ拡大のエンジンが健全に働くよう、男女比率を変えるのめちゃたいへんだったけど、それをやったら、優秀なメンバーのおかげですが、なんとか5年で上場できましたとう話をしました。


そしたら、シバタさんが

09

そうなんですよ、経沢さん、知ってますか?

女子高を共学にするのは難しく、男子校を共学にする方が楽なんですよ!

っていって、目から鱗。確かにそうですよね!

2回目の起業では、最初から、エンジニアと文系社員を半々、男性と女性の正社員比率を半々にしよう! とこだわっていたのですが、なるほどど思いました。


他にも、お互いの話す内容に、お互いの経験や見識を立体的に乗せることができるので、とにかく刺激的な時間になるんです。

他にも先週は、フリー社の佐々木社長とも対談させていただきました。
あまりの勉強されてる様子に、読んでらっしゃる本をアマゾンでその場で購入させていただいたり、
刺激を受けました。

29

あと、起業に向けての講演でも、実際の女性起業家である寺嶋さんのお話の引き出しのうまさに、みなさんの役に立つ話ができたと思います。

51
29
32

立体的であることって、すごいなーと思いました!

(上記のセミナーの様子は全て以下で動画で見れます)


あと、毎週金曜日に無料配信しているpodcastでは、いろいろな、著名な方との対談コーナーがあり、好評です。


そして、私が運営している女性起業家サロンでは、毎月著名なゲストをお招きしての対談をメンバーが無料でご招待させていただいています!


対談取材依頼が増えると嬉しいなーとちょっと欲張って、最後に希望をかいて見ました。

では、みなさま、素敵な週末をお過ごしくださいませ。







↑このページのトップへ