キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tagワーママ

みなさん、スイミーのお話って知ってますか?



簡単にいうと、小さなお魚が以下のように軍団になって、大きなお魚に立ち向かうって言う話なんです。

13

いま、受講し、勉強させていただいている、APTWomenの授業で、「コミュニティーオーガナイジィング」〜ボトムアップで社会を変えていく〜という講義をうけ、そのなかで、冒頭に先生が事例として話してくれたのが「スイミー」の話でした。


社会起業、いや、起業全般的にそうだと思うのですが、まずは、活動の全ては、たった一人の問題意識からスタートしますよね。

そして、一人から、同志を集め、応援者を集め、活動の輪が広がっていく。。。

一人一人の力は小さいけれども、みんなの力を合わせて大きな力になるというプロセスは、どのように起こるのか、どのように起こせばいいのかという、ハーバードで研究されている、

コミュニティーオーガナイジィング

大変感動しましたので、学びをすこしシェアさせていただきたいと思います。

==

たった一人の問題意識に、人を巻き込んで活動をひろげていくには、まず最初に必要なのは、

「なぜ、私はこの仕事をはじめたのか?」
「いつこういった価値観を持つようになったのか?」


まずは、リーダーである自身が、しっかり分析することだそうです。

そして、その輪を広げていくには、


・まず、一番最初の体験「原体験」をリアルに語る、聞き手が眼に浮かぶように語る
  ↓
・同じ体験をしているような同志に語りかけ、
自分の動機を伝えることと、同志の動機を聞くことで、お互いの感情を確認し、行動につなげる
  ↓
・さらに、その問題は、同志の周囲の人にも「身近にも起きそう」「問題を解決すべき」と共感の波を広げていく。
  ↓
・参加しやすい活動に呼びかけ、仲間を増やしていく。


上記の具体的な事例として、以下の6分の動画ですが、LGBT活動での呼びかけ動画



まさに、上記のプロセスが体現され、心ばかりではなく、行動も動かされるものだなと思いました。


今回の授業では、

_ビジネスとはいえ感情
_感情は世界に伝わる
_感情は共感をもたらす

自分の原体験を元に共有していく大切さを学びました。

そういえば、あまり上手にはかけていませんが、私の妊娠・出産の3回の原体験は以下でした。



そして、ありがたく、優勝させていただいた、ビジネスプランコンテストでの、動画では「原体験」を「語りかけるよう」心を込め、同志を増やそうとしていたのを思い出しました。

https://vimeo.com/132780159

11
30
https://vimeo.com/132780159

そして、なによりも、いま、キッズラインでは、全国の同志200名と、キッズラインの全国展開プロジェクトをやっています。毎日毎日活動の範囲が広がっていくのを感動しています。


そして、保育士さんに対しても、働き方の革命を起こせればと思っています。


 APTの授業を受けながらそんなことを思い浮かべて胸を熱くしていました。
ちなみに、過去の授業レポートは以下です。ご興味のある方はぜひ。

http://kahoko.blog.jp/archives/1068447838.html



今年もまた来るであろう「待機児童問題」

それだけではなく、育児の問題は山積

私たちキッズラインは、たくさんの方から「この街にもキッズラインをお願いします」と言われることがあり、困っているママのお役に少しでも立ちたいという気持ちで、いろいろと試行錯誤し、

全国にキッズラインのインフラを広げるべく、悩んだ結果、

そっか、地元の人たちに手伝ってもらおう、一緒に日本全国に広めよう

ということを考えて呼びかけてみました!


するすと、すると、

どんどん仲間が

ユニークな拠点長から
http://kahoko.blog.jp/archives/1068429932.html

力強い応援団まで
http://kahoko.blog.jp/archives/1068228347.html


おかげさまで、まさに、北は北海道から、南は沖縄まで。。。

本当にありがたいことに、「日本中のシッターさんを探せ」というテーマでの秘密のフェイスブックグループには、200名を優に超える仲間たちが、日々試行錯誤しています。

しかも、「東京だってまだ足りないから集めたい!」という東京の仲間まで・・・・ありがたすぎます。

そのグループの中身もとっても熱いです!






そんなタイミングで

なんと、先日ヤフーニュースのトップにも取り上げられた、保育士の働き方革命!


保育士のみなさんは、参加するだけで交通費5000円支給のセミナー
(遠隔からも映像で参加できます)


しかも、11月1日には新しい発表もあるので、ぜひぜひ保育士のみなさん、潜在保育士の皆さん、
そして、育児の仕事に携わりたいと思っていた皆さん、楽しみにしていて下さい!




みなさん、ビリギャル読みましたか?
超ベストセラーになったこちらの本




実は私、本の時は「自分に関係ない受験の話かな?」だったので読まないままだったのですが、


飛行機に乗る時、アマゾンプライム映画をダウンロードする癖があり、そこで、「ビリギャル」の評判があまりにもよく、ダウンロード



その映画を飛行機で見て、、少なくとも5回は号泣

その後、感動しすぎて、ずうずうしくもツイッターでメッセージを送ると、即レス。
そのまま、坪田先生と、ビリギャルさやかさん(現在は起業して女性起業家)ランチしたりして、

52



素敵すぎる母娘の感動の話(実話)ということで、さやかちゃんがやってるクラウドファンディングで
さやかママを講演に呼ぶ権利をGETし、キッズラインのお客様に、ビリママに育児のノウハウを講演してもらうことに。










本当にためになりすぎる時間で、思わず涙を拭うママたちも、パパたちも多かった。

愛情はかけたもん勝ち! ケチケチせず、無限の愛を注ごう!

そうすると、相手が変化し始める。だから、信じ抜こう。本当にそう思った。

image




ぜひ、お客様のお役に立てればい嬉しいです。





楽しみに待っていた本! 

image

発売の随分前からプロモーションを仕掛けて盛り上がっていたので、「早く読みたい!」という気持ちが高まって、やっとどどいた〜という待ちきれない気持ちで拝読させていただきました!


面識はありませんが、本の中身によると、西野さん「日本一のクラウドファウンダー」だそうです。
その工夫や仕掛けが随所に書かれていてとっても勉強になりました。

本の中身にも随所に工夫がちりばめられていて、引き込まれる構成と文章なのですが、
なんと、「インスタ映えする本」を狙っているようで、わざわざ正方形に名言と印が・・・

(もれなく私の自分のインスタに長文の感想とハッシュタグさせていただきました!)

image

image

いま、テレビには積極的には出てないそうですが、「吉本の中で一番、講演依頼が多い」そうです。

本当のその思考法とセンスは起業家そのものっていう感じで、職業自分時代の開拓者だなーと。

===

他にも、「認知」と「人気」の違いはとっても面白かったし、

2017-10-08-16-30-49
2017-10-08-16-31-02

ここ数年、インターネットの登場や、スマホの圧倒的な普及、新しい通貨の登場、新しい調達方法の登場で、事業展開の方法がめちゃくちゃ多様化していますが、

その本質を掴んでないと、自分が化石や老害になってしまうと思うので、そういう意味でも、あらゆる事象を具体化かつ論理的&本質的に説明、そしてユニークな表現に魅了され、あっという間に引き込まれました。

事業を展開する上で、とっても勉強になることが多かった本です。






西野さんの本を編集した、カリスマ編集者の箕輪さん、キッズラインの顧問でもあります。
いつもありがとうございます!
↓  ↓

何か活動して社会を変えたい方、ぜひ一緒にあなたの地元を盛り上げませんか?






子供を産む前は、バリバリ働いていて、お子さんを授かり、

旦那さんの仕事のこととか、家族の事情で専業主婦になる元キャリアウーマンは多い。

本当に素晴らしいことだと思うのだけれども、

彼女たちが、復職しようと思うとき、やりがいがあって、自分の強みを活かせて、社会に役に立てる仕事、そんな仕事に巡り会う前に、

受け入れ窓口がない!

・子供がいると突然休むんじゃないか
・旦那さんの事情にこれからも左右されるんじゃないか

なかなか正社員でいきなり復帰はできない、というのが現実のようです。

パートなどで徐々に、、と考えている方も多いようです。


改めてそれに気づいたのは、キッズライン全国展開プロジェクトをスタートすると、

上記のような方が本当に多いんです。やりがいのある仕事に就きたいのに、それがない!

新規立ち上げなどを経験し、スキルと実績をつけたいけど、子供がいるとできない!

そう思って、「だったら、まずは、育児インフラを一緒に作る側になろう」そんな熱い想いで応募してくださる方が多いんです。


まずは、拠点長の募集から始めたら、いろいろな場所から素敵な方々が集まり、


そして、1日数分でもお手伝いや情報提供いただける、第1期メンバーを募集したら、

(秘密のフェイスブックで応援してくれるメンバーを募集)


たくさんの方に応援いただき感謝です。
まだまだ募集していますので、しっかり全国に新しい育児インフラを提供していきたいと思います


目指すは、クロネコヤマトです。

全国つづ浦々にキッズライン

そして、この仕事が、参加した皆さんの仕事の実績と社会へのよりよい未来につながるように、私たちも頑張ります。一緒に全国展開プロジェクト、やってみませんか?

仲間をおまちしています!







↑このページのトップへ