キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tag保育スキル


私たちが運営する、ベビーシッターサービス キッズラインは、病児や、ママの用事などで、

「いざという時」に、日付から検索し、空いているシッターさんを単発利用される方も多いですが、

48


本当におすすめの利用方法は「定期的に依頼する」です。

忙しいママには、信頼できる育児パートナーが必要です。


>単発利用だと当日のやることや、家の中のことも説明してもらう必要があるので、

>事前にやり取りする量が増えると思います。

>定期利用だと事前の打ち合わせが少なくてすむので、

>忙しい親御さんに大きなメリットになると思います(シッターさんの体験談より)


>単発利用の場合は、その日をお子さんと安全に、楽しく過ごせるのが一番です

>定期利用の場合は親御さんはもちろん、お子さんとも信頼関係ができているので、

>お手伝いできることも、お子さんの成長にも繋がるよう努力します(シッターさんの体験談)



3つのご家庭を担当する、人気シッターさん「さやかさん」インタビュー詳細は以下


定期予約は高い!と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、全然そんな事はないのです。

月1万円から週4回お願いする事も出来ます。その具体的な方法は以下の記事に。


実際に定期予約ってどうやってしたら良いの? という方は、以下の記事を参考にしてください。


キッズラインには500名を超える、素敵なシッターさんがたくさんいます。

また、デビューしたばっかりのシッターさんは

スケジュールにも余裕があるので、人気が出る前に、面接、定期予約をお勧めします。









安倍政権の新3本の矢は、
第1の矢「希望を生み出す強い経済」(名目GDP600兆円達成)
第2の矢は「夢をつむぐ子育て支援」(出生率1.8の回復)
第3の矢は「安心につながる社会保障」(介護離職ゼロ)


第2の矢のためにますます育児支援が重視されていくのだと思う。
本日も以下のような記事が

2015-10-07-09-34-59


少子化対策にかかせないのは、保育士不足の問題。
右の記事では保育士不足が取り上げられている

2015-10-07-09-34-31

保育士にとっては、保育園等の施設で働く事は、
低賃金、重労働が改善されないと難しいと思う。

通常の保育時間以外にも書類の作成を家に持ち帰ってやったり、
人間関係の煩わしさ等で、長期間働き続けるのが難しい環境に。


実際に保育士の資格をもっているが
「時間や給与等の勤務条件があわないから働きたくとも働けない」
という潜在保育士さんは全国に60万人いると言われている。



そういった環境が保育の質の低下を招くのは、子供にとっても良くない。

ですので、
私たちカラーズは「好きな時間に好きな時給で保育スキルを活かしてはたらく」
そして、一対一の育児を通じて、ここの家庭の方針に会わせた、理想の育児を追求する
子供の感性を引き出す。

キッズラインでのベビーシッターと言う働き方を通じて、
少しでも育児支援を盛り上げていきたいと思います。


昨日発表したリリース(http://goo.gl/d7qfmn
「あたらしい働き方講座」続々とお申込いただいています。

55


第1期は先着100名さまに報奨金1万円を支給します。
せひ周囲の保育スキルを持ちながらもっと活かしたいと思っている方にお伝えいただければと思います→https://goo.gl/jUIGDW

↑このページのトップへ