キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tag保育園

非常に残念なニュースが飛び込んできました。


 

>2017年度末までに待機児童をゼロにする目標を事実上、断念です。

>安倍総理は目標の達成が困難になった理由について、
女性の活躍政策や経済の回復で
>労働市場が予想以上に改善され、
>「働き始める女性が見積もり以上になった」
>と説明しました。



本質は「女性活躍政策がプラスにはたらき、働き始める女性が予想以上に増えてる」という嬉しいニュースなのに。。。

保育園不足だから、待機児童がなくならないのだ!

なんとなく、日本中がその考えに固執しすぎなような気がします。

もちろん、保育園はすばらしいですが、足りないなら発想を転換してもいいのではないでしょうか?


ちなみに、待機児童のほとんどが0才1才です。

狭い日本土地も足りないし、近隣住民も反対するし、集団保育じゃなきゃいけないのでしょうか?

3才以上は集団保育など、発想の転換があってもいいような。



私たち「キッズライン」は待機児童問題に対して、以下の提言にまとめています。

いいたいことは、

保育園がたりないなら、すぐ出来る、ベビーシッター保育も取り入れようよ!

ベビーシッター保育なら、土地もいらないし、近隣住民の反対もないよ!

ベビーシッター保育は、復職しずらい、潜在保育士を活用できるよ!

病時保育のときも、会社から呼び出されたり、会社を休まなくていいよ!

送迎も、重い荷物の準備もいらないよ!ママもパパも楽だよ!

なによりも、税効率がめちゃめちゃいいよ! 保育園より安いんだよ、日本国民がみんな幸せだよ!


(保育園の0才保育の補助金が毎月40万以上と言われています)

そんなことを以下にまとめました。


それでも、なかなか、政府には伝わらないので、どうにか、この待機児童を辛いと思う方々と一緒に、安倍総理に声が届かないのかと、以下のようなキャンペーンをやってみました。


本当に多くの方が、シェアしてくださってありがたいです。

保育園に入れなくて困っている方に、一人でも多くの方に届いたら嬉しいですし、

政府や、塩崎大臣や、安倍総理大臣には、

「保育園どうしよう」「土地も、予算も不足」「将来、保育園いるのかな?」という悩ましい気持ちを、「お、ベビーシッターもあるのか!それならすぐに解決できるな」

そんな風に選択肢を提示できれば嬉しいです。

キッズラインはベビーシッターによる保育システムを以下「キッズライン保育園」と開設しました。



ママやパパにめちゃくちゃ優しくて、便利な
送迎なし、準備なし、待機なし、病時も大丈夫な、


■キッズライン保育園とは



どなたか、安倍総理と仲がよい方、塩崎大臣と仲が良い方、

ぜひ、この情報をお届け頂ければ嬉しいです。


また、社会への影響力を持つ、テレビ・新聞・雑誌などのマスコミの皆様、

この声を一人でも多くの国民の方にとどけ、待機児童問題を一日も早く解決すべく、

ぜひ、取材にご協力頂ければ嬉しいです。

https://kidsline.me/corp/coverage


みんなで声をあげて、協力しあって、
待機児童を一日も早くゼロにしませんか?



最後までお読み頂きありがとうございます。シェアなど拡散にご協力頂けると嬉しいです。


ありがたいことに、フジテレビの佳代子の部屋にキッズラインを取り上げていただきました!

社内の様子から、

18
46

私のインタビューと、

image
2017-02-10-17-01-25


実際に、シッティングにお邪魔するところも

2017-02-10-15-55-37
46

テレビに登場したシッターさんは、バイリンガル保育士のMikiさんです!

オーストラリアシドニーの保育園、東京のインターナショナル幼稚園勤務、
数々のベビーシッターの経験を生かして、英語で保育してくださいます。

プロフィール続き→https://kidsline.me/sitters/show/u0446612892


この機会にキッズラインを使ってみたい方は、以下をご活用下さい。



また、今日はワイドスクランブル生放送でした!


キッズライン、シッターさん続々増えています。

また、待機児童で保育園落ちた人が「キッズライン保育園」を活用される方が多いです!

待機なし・住民反対なし・病時でも大丈夫
ということで人気です。



ぜひサイトをチェックしてみてくださいね!









「保育園落ちた・・・・会社に戻れない。。」

「保育園落ちた・・・・キャリアにマイナス・・・」


そんな、悲痛な叫びがSNSにちらほら見かけるようになり、胸が痛みます。

そこで、私たちキッズラインはママ達300人に保活の実態を調査してみました。


なんと、保育園にはいるために離婚したという人もいらっしゃいました(涙)・・・・


実際に偽装離婚を検討した方もSNSでみかけられました。

47


保活を経験したことない人には、そんな〜と思うことかもしれませんが、

保育園にはいれないことで、キャリア形成や、人生設計が崩れてしまう方もいらっしゃるので、

経験者にとって偽装離婚はうなずけるようで、7割の人が「わかる!」と。。。。それほど熾烈な保育園争奪戦。

30



キッズラインは非常にリーズナブルなシッターサービスなので、ベビーシッターで復帰する方も以下のように増えています。


会社の支援があってこそではあるかもしれませんが


自営業の方や、在宅勤務の方などは実際にキッズライン保育園復帰(私たちはキッズラインでの復帰をそうよんでいます)復帰も多いので、次回はそのレポートをお伝えしたいと思います


みなさまにせめてものお役立てになれば、以下ベビーシッター無料体験キャンペーン中です。












みなさん、東京都知事の小池百合子さんが立ち上げた「希望の塾」通称「小池塾」
小池百合子政経塾


ご存知ですか?

08

https://koikejyuku.tokyo/


なんと、応募期間が短かったにも関わらず、4000人が殺到したそうです!!

11


下世話な話ですが、全6回のこちらの塾

受講料は一般男性が5万円(女性4万円、学生3万円)だそうです!

『仮に応募者全員の入塾を認めた場合、2億円近い集金力になる』(こちらより引用)



さて、今回の小池塾の特徴に、女性参加者の多さ、が挙げられるそうです。

通常、政治塾というと、女性の参加者は1割にもみたない事が多いのに、

この小池塾はなんと3割近くが女性の応募!


そこで、さすが、待機児童や育児政策に力をいれる小池百合子氏

この小池塾は子連れ参加OKとし、その託児を私たちキッズラインが請け負う事になりました!

キッズラインの使いやすい料金設定(入会金・年会費がいらない、業界最安値)

シッターさんの多様な経験や資格保有社などスキルなどの豊富さ、

そして、シッター人数を参加者人数や、お子さん状態にあわせたフレキシビリティーな

手配可能なシステムが評価されたのだと感じていて、嬉しいです。


2016-10-28-16-07-13


私も初回には塾長小池百合子都知事にご挨拶させていただく予定です。

いままで、数々の調査を繰り返してきた育児に関する問題の調査、

そして、待機児童問題をどうやって一瞬で解決するのか、私たちの提案や実証結果を

しっかりとお話させていただければいいなと思っています。

(キッズラインのユーザーのみなさんからの、アンケートやご意見も反映し、届けます。ご協力感謝です)




そんな風に、単純にサービス提供にとどまらず、

「日本にベビーシッター文化」を広めるべく、待機児童問題を解決すべく

私たちが全力をあげて頑張っている、キッズライン。

毎月シッターさんが50人〜100人くらいデビューしてるんです。

地域を登録しておくと、ご自分の近くにシッターさんがデビューした事をお知らせする機能も人気です!


以下のような、経験豊富な、保育士などの資格をもち、安心して預けられるシッターさんがたくさんいます。

登録無料、年会費や月会費も無料ですので、ぜひ、いざという時のために

キッズライン登録しておいてくださいね。










「日本は正直、育児しにくい国だなと思っています」


日本で専業主婦をしている上品な女性が残念そうに言っていました。

彼女は、元客室乗務員で、商社マンの旦那さんと結婚し、ブラジル赴任についていき、ブラジルで数年育児をし、現在は帰国して、東京で育児しています。

安全な日本食がいつも手に入るわけではない異国の育児。
しかも、ブラジルは治安はよいとは言えない。
それでも、ブラジルの方が育児しやすかった。


彼女がそういう理由は、二つあった。

一つは、

「ベビーシッターがあたりまえの国」

非常に安くて(時給600円くらい)そして、みんなが使っていたから、自分も罪悪感なく、普通の感覚で利用できた


彼女は週に3回くらい、1回8時間くらいシッターさんに来てもらって、乳幼児の世話をしてもらって、その間、自分はポルトガル語を学んだり、自分の好きなことに時間を使ったりして過ごしたという。


2つ目は、

「ブラジル人は無類の子供好き」

子供を見れば話しかけ、子供と交通機関の乗れば席を譲ってくれる。ブラジルでは子供というだけで特別な存在になるそうです。


でも、帰国した日本では「育児は母親がするもの」という空気の上、頼みの綱の保育園は入れるのも大変、公共機関に子供連れでいけば迷惑そうな目で見られるので、日本の育児は常に緊張感でいっぱい、と。


そんな話を聞いて、とっても残念に思いましたが、だからこそ、私たちは、そんな日本の育児をもっともっと楽しく、魅力的なものにしたいと考えています。



まず、ベビーシッターをもっともっと誰もが活用しやすくしたい。


そのために、24時間いつでもどこからでも「スマホがあるだけで簡単に予約できる」キッズラインをつくったんです。

32

18


そして、なによりも利用しやすい料金を考えました。

間接コスト中間マージンを徹底的にIT化することで、1時間1000円〜

今までは入会金や月会費などをゼロにし「使った分だけ」そして、時給はシッターさんが決めた時給にしました。

ですので、毎週利用しても、毎月1万円台で利用できる方法がいっぱいあります。
キッズラインの利用者の方は月1万円台の方がほとんどです。ぜひ、以下の記事を参考にしてください。



そして、さらに、もっともっとお得に賢く利用する方法があるんです。


私たちは、自治体や各種福利厚生サービスなどの各種団体に積極的に働きかけ、補助を出してもらうよう努力しています。

その結果、千代田区、渋谷区、品川区、調布市なども助成の対象に。
しかも、各種福利厚生サービスが利用できます。


さらに、法人営業もおこなっており、賛同する多くの企業様が、続々と福利厚生として社員に補助を出して下さっていたり、利用補助をしてくださる企業様が増えています。


株式会社コンカーさんは社員の早期復帰に、保育園ではなくても、ベビーシッター半額補助などの新しい制度を導入されています。



そして、2つ目。

確かに日本はブラジルのように「無類の子供好き」という国民性ではないかもしれません。

でも、キッズラインのシッターさんは、保育士(資格保有の登録者一覧はこちら)の方がたくさんいるのはもちろんですが、
子供好きなばかりではなく「子供の教育にも熱心」そして、子供預かりだけのシッターの範囲ばかりではなく、バイリンガルや家庭教師など(英語レッスン可能なシッター一覧はこちらも見つかるんです。

しかも、家事(簡単な家事一覧はこちら)や料理もしてくださる方も、産前産後ケア(こちら)をしてくださる方もいらっしゃいます。

(私はキッズラインで週2回家事を頼んでいますが、以前使っていた会社の半額以下になりました!直接コミュニケーションもオンラインで出来るのですごく楽で毎回毎回自分カスタマイズ進化していくのが感激です。)


人気の利用法はやはり、バイリンガルや家庭教師利用です。




だからこそ、私たちは、

日本はベビーシッター発展途上国だからこそ、

とっても便利で、新しい方法で、子供の笑顔を増やす、ママの笑顔を増やす、日本の未来を輝かすような、

日本ならではの最高のベビーシッター文化

を作ろうと挑戦しています。



正直、日本は、まだまだ育児がしにくい国かも知れません。


でも、私たちは、まずは、ママの育児ストレスの少しでもの軽減をしてほしいし




ママ達が心から育児が楽しめる環境になってほしい
子供の笑顔がもっと増える国になってほしい


そう強く願っていて、

・利用しやすさ
・安全安心の向上
・リーズナブルな価格設定や補助制度の充実
・シッターサービスにとどまらない利用方法の充実

など、みなさまのご意見を伺いながら、理想の育児スタイルの追求を続け、
これからもよりよい育児環境の整備に努力していきたいと思います。


どうぞ、暖かく応援頂ければと思います。



■始めてのキッズライン、キッズラインとは
https://kidsline.me/about/service


■初回2000円無料になる方法
http://www.saisoncard.co.jp/cp/kidsline/


■企業のみなさまへ
https://kidsline.me/contents/corporation_plan


社会の未来を担う子供達の笑顔が増えるように
日本がもっと育児しやすい国になるように、これからも私たちは挑戦を続けていきたいと思います。

02












↑このページのトップへ