キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tag創業


私の人生は、なんとなく、3年ごとに大きなターニングポイントを迎えてるような気がする。

2000年に起業し、
2004年に難病の長女を出産し、
2007年に上場を目指し組織拡大、未熟な私は七転八倒し、娘も亡くし、
2010年にサイバーエージェントの子会社になったことで私自身が復活し、
2012年後半に悲願だった上場を果たし、
2014年にはその会社を苦渋の退任、離婚もし、新たに起業
そして、現在2017年キッズラインが3年目を迎え、基盤ができつつあるという現在

眺めてみると、半分以上は苦しいことで、一見どんずまりだった。でも、そこで、私は何かを見い出して、希望の光を見つけ、新しい道へ思い切って踏み出して、なんとか運命を繋げ、新たな発見をし、そんなふうに糧にして来たのかもしれない。

2017年現在の私は、この3年間のマイナスは一通り分析、消化したし、学び尽くしたかもしれない。

すごくスッキリした自分がいて、
新しい会社も基盤ができ、軌道に乗って来て、3年後のイメージや目標は明確になってきた。いまは、そのさらに3年後(つまりいまから6年後)の自分自身のあり方を視野に入れながら、いろんなものを再設定、明確化しているという感じなのかもしれない。

そういうプロセスにおいては、多読になったり、体力を鍛え始めたり、なんとなく「自分強化」「インプットしたくて、そして活動したい」みたいなゾーンに入っていく。

だから、過去の自分が書いた記事を読み返したり、



自分を掘り下げてみたり、すごくごく文章が書きたくなったりしていて、箕輪さんの編集室にいれてもらったりして、多くの人から活動エネルギーもらってます。

今年は行動量増やして、一歩でも前に進んで生きたい。

いつも、思うのは、年齢を経れば経るほど、人生では変えることができることの方が増えるということ。

小さい時は、どんな家庭に生まれたか、どんな容姿にうまれたか、そういうことがその地点での人生の決定要因に大きく関わったりしたけれども、もう40も過ぎれば、自分自身で人生を切り開くことができるんだ、たとえ、大変でも、そんな風に感じて生きていくほうがスッキリする感覚を身につけられるのかもしれない。

時間がかかっても、根気が必要でも、自分の一度きりの人生で、これだけ多くの人に支えていただいたんだから、変えることができるだけ社会を進化させたいと思う。青臭くても、理想を追求したいと思う。

過去の読み返してる自分の本たち。

すべての女は、自由である。
経沢 香保子
ダイヤモンド社
2016-04-25










読んでくださった方、お手に取ってくださった方、本当にありがとうございます。これからも頑張りますので、どうぞ、引き続き応援してください。




あまりにも面白くて一気に読みました。
松田公太さんの『愚か者』

image

タリーズコーヒージャパンの設立ヒストリー本でめちゃくちゃ心揺さぶられたのがきっかけでお知り合いになった松田公太さん。



この本の後のストーリー、タリーズを伊藤園に売却し、シンガポールに進出したり、
エッグスンシングスンを日本で展開したり、活動の幅を広げ

そして、参議院議員に立候補するのです。
最新の政治活動の奮闘ぶりまでが書かれたのが、今回の『愚か者』です。

Amazonでも大変売れているようでした。

===

実は、私は、公太さんが約5年ほど前、立候補を決意される数日前に、
たまたまお食事をご一緒することになり、、、

いろいろとお話を伺うと、いつしか話の内容は、新しいチャレンジ、政治への想いにわたり、

また、私自身の個人的な願いとして、起業家が政治の世界に進出して、改革を進めるような社会になればもっともっと合理性も導入され、より新しい日本が出来るのではないかと思っていました。


「起業家から政治家が増える社会に」その私の個人的な願いを、私も行動で示そうと、その日の夜をきっかけに、松田公太さんの選挙事務所の立ち上げから、当選まで、かなり深くボランティアとしてお手伝いさせていただくことになりました。


ボランティア仲間の募集からイベント開催、選挙PR、、、
実際に自分自身も選挙カーに乗って応援演説もさせていただきました。

44

公太さん自身の、一つの想いから、その情熱が多くのボランティアを巻き込み、
その活動が世間を巻き込み、マスコミも巻き込み、渦を巻いて大きくなっていくパワー

10

最後に65万票を獲得して政界に進出されたときは感動しました。

image


24

私自身も、ほとんど知らない世界を勉強させていただいたのは感謝しています。


なんと、本には、ちゃんと、私の名前まで出していただいて、、、ありがとうございます(′∀`)

image

==

その後はお互い忙しくしていて、年に一度くらいの再会で、想い出話より近況報告、いつも、私の知らない世界で、楽しい話で時間はすぎてしまっていて、、、、

お恥ずかしながら、この本を読んで、公太さんのさまざまな苦労を初めて知ることになりました。

読み進めるうちに、なんどもなんども胸に衝撃が走りました。
こんなにご苦労されていたのか。。。


タリーズを伊藤園に売却するに至った背景には、こんな衝撃的な舞台裏のドラマがあったのか・・・
とか、



いかなるビジネスにおいても、信頼できるパートナーを見つけることは大切だ。
パートナーの選択を間違えれば、ビジネス全体に計り知れない悪影響が出てしまう。

重要なことは、常に使命感を持ち、「目的」に向かって生きることなのだ。

運命は人との出会いで大きく変わる。良い方に変わることもあれば、悪い方に変わるときもある。



話は政治家になる決意になっていくと、より様々に展開していって、裏切りや、計算や、「職業政治家」の表面的な行動に振り回されたり。。。引き込まれる。

みんなの党の解党の裏には、安保法政通過の裏には、こんなドラマがあったのか・・・胸が苦しくなりました。



政治には無関心ではいられても、無関係ではいられないのだ。

国会議員になった当初から、私は永田町における「みにくいアヒルの子」扱いだった。
「コーヒー屋のおまえに政治の何がわかるんだ!」

新しいことにチャレンジすれば「素人」と馬鹿にされ、たたかれる場面が必ずある。それが、世の中の現実だ。

私の行動はすべて自分自身で「使命」を認識できたからこそ、情熱をもって取り組むことができた。

単にカネや名誉だけが目的であったなら、私は何一つチャレンジできていなかったと断言できる。



===

いつも思うのですが、情熱をもって挑戦し続ける人は、決して愚痴を言わない。後ろを振り返らない。

たとえ、人に裏切られたり、はめられたして、立場を一瞬にして奪われてしまっても、
周囲からは「アイツは終わった」を蔑むような目で見られたとしても、

人のせいにせず、(そんな暇やエネルギーを使うのがもったいないと思っているのかもしれないが)やさぐれることもなく、泣き言や、悪口すら言わず、

ただただ、自分の使命に向かって、何度でも、時にゾンビのように、前に進んでいく人たちなのかもしれない。

お金や地位を奪うことが出来たとしても、その人の使命は誰にも奪うことが出来ない

そうやって、周囲や社会の幸せのために突き進む人は、人望があるので、再び、道を創り始める。
時に幸運の女神が微笑んで、必ずやその経験を糧にして、元の位置以上に復活することが出来る人なのかもしれない。


公太さんの本を読んで、また魂に火をつけられたような感覚がありました。
情熱の火をメラメラ燃やしたい人、湧き出るようなパワーが欲しい人
一気に読めますので、めちゃくちゃおすすめです。


松田 公太
講談社
2016-01-15


松田公太
講談社
2016-01-29








年末年始に読んで一番心震えたこの本、



サイボウズさん、っていうか、青野さん、、こんなに沢山の山を乗り越えていたんだ。。。(T_T)
と、心ゆさぶられながらも、具体的にしていった改革が、リアルな学びになった本でした。

26歳で起業してから、2回目の起業も、ずーーっとサイボウズを活用させていただいていて、青野さんにもお会いさせていただいたことがあったのに、なんにもしらなくて。。。(; ̄Д ̄)


思わずBlogをかき、

感想メールするとともに「お会いしたい」とお伝えすると、快諾いただき、本当に遊びにいっちゃいました!


いきなりキリンがいる、すごいエントランス!

2016-01-26-16-01-48


社内には、お食事できるスペースも有るんです

2016-01-26-16-02-35

談笑エリア? プレゼンもできるそうです。

2016-01-26-16-02-39

そして、いざというときは、お子さんが来ても大丈夫なように、リビングが!

2016-01-26-16-03-05


東日本橋にできたばかりの高層階オフィスは綺麗なだけではなく、眺めもすてきでした。

2016-01-26-16-05-27

ハンモックにゆられながら、スカイツリーを眺める、青野社長w(サービス精神旺盛すぎる!)

==

サイボウズといえば、さまざまな動画で有名ですが、

「大丈夫」はあまりにも有名ですよね。

19



働くママたちに、よりそうことを
http://cybozu.co.jp/company/workstyle/mama/

っていうコピーから、ぐっときます。

01

http://cybozu.co.jp/company/workstyle/mama/

いつも、こんな気持ちなのは事実です。。。。

===

私たちカラーズは、この視点から「日本にベビーシッター文化」という提案を、1時間1000円〜即日予約も可能なシッターサービス、キッズライン(https://kidsline.me/)を通じて、しています。

いつでも、こまったときに、育児のプロに安心して、すぐに頼める社会に。

だからこそ、同志ではないか、と、勝手に想い、いろいろと青野さんにお話ししたかったのです。

しかも、青野さんは夫婦別姓問題でも数多くコメントされていましたが、実は、私もその問題では個人的に悲しい思いをしているのです。



いろいろと相談させていただいて、とてもフランクにお話しいただいて、機会もいただいたり、これからご一緒できるチャンスをいくつかいただき、そのお優しさに感激しました。

2016-01-26-17-12-14

日本が、もっと、子どもを産み育てやすい社会に、引き続き頑張ります!

【KIDSLINE】

キッズサポーターは公式SNSから随時発信中!

t  fb  i

【2月のスケジュール登録が多いサポーター】 
地域:神奈川県 時給:1200円 対象年齢:2歳~ 

ママが少し不安に思う保育園へのお迎えもばっちりOKなサポーターさん!
ちんと手順をお伝えすれば問題なしです。 
https://kidsline.me/sitters/show/u4115942679

41


【2月のスケジュール登録が多いサポーター 】 
地域:埼玉県 時給:1500円 対象年齢:0歳~ 

子育て支援センターでボランティア活動中の産後ドゥーラ。
新生児の沐浴・寝かしつけお任せください!
https://kidsline.me/sitters/show/u0899427645
53



 
【2月のスケジュール登録が多いサポーター】 
地域:埼玉県 時給:1000円 対象年齢:2歳〜 

相手の気持ちを考え、察することを大切にし、
お子さまと共にあたたかい時間を過ごします。新宿、池袋定期内です。
https://kidsline.me/sitters/show/u3844005469 
02
 





先日出版させていただいたKindle本。




おかげさまで、Blogに書いてくださる方々が多くて、再会や新しい出会いに感動しています。


PJの元社長、みかじょんの息子でメンズ化粧品で世界制覇を狙っている
のぐたくさんが


18

こんな風に・・・
http://bulk.co.jp/bloghomme/nogutaku/131420559

のぐたくさんのメンズコスメ人気。男は黙ってバルクオム


そして、80万部を超えるベストセラーの伝え方が9割

伝え方が9割
佐々木 圭一
ダイヤモンド社
2013-03-01


作者の佐々木圭一さんが

33

ありがとうございます。。。(T_T)(T_T)


そして、私はネットでも沢山みつけては、嬉しくてRetweetさせていただいたりしているのですが、
このような感想もあるのだなと。。勉強になります。

25






そして、何よりも面白かったのが、「世界の底辺からサラリーマンが叫ぶ」さんとのやりとり。
叫ぶさんが、書評を書いてくださったところから、
私がリツイートしたらへんからやり取りが始まるのですが、おもしろい視点がはまってしまいます。

17

続きはこちらで・・・・
http://kowalski22.hatenablog.com/entry/2016/01/12/201217


でも、本が売りたいからRTしてるというより、書いて下さった方への敬意なんですよ(^-^)


ほかにも、沢山の方、

はあちゅうや、
カリスマ美容師キムさまや
■スピリッツ

http://naotokimura.tokyo/archives/18278


みなさんの書評ありがたいです。





Kindleつながりで、そして、出版社の方が急遽値下げをしたみたいで、こちらの本も、おかげさまで、相乗効果で売れているようです。

1300円した本が、5年前のとはいえ、99円ですからね!

経沢 香保子
ゴマブックス株式会社
2010-09-30




書評を書いてくださった方のTweet等一生懸命探していますが、遠慮なくメンションしてください。
ご購入いただいた方々もありがとうございます!引き続きどうぞよろしくお願い致します。



最近、沢山の原稿締切に追われ、嬉しい悲鳴を上げているのですが、

何かを書くと言うのは、もちうるパワーを投入する事だとつくづく。
どれだけ、魂を込めたかで、反響はやっぱり違ってくる。

だから、すごいエネルギーを使いますが、
感想が一番の癒しであり、次の原稿への原動力となります。


いま、一番力をいれて書かせていただいているのは、IT mediaの連載

「ベンチャー魂は消えない」という、編集の方につけていただいたタイトルすごく
気に入っています。


58


第1回目は、一度目の起業を簡単に振り返って、苦労した事とか、
そして、なぜ上場した会社を退任して、すぐに、2回目の起業を決意したのか。



52

・・・・

そんなことを書いています。大変好評でありがたかったです。


http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1511/04/news019.html



そして、連載2回目は、2回目の起業について、

39


仲間もいない中で、どうやってきっかけをつかんだのか、
どんなスタートを切ったのか、



54

自宅からスタートさせて、移転したところまで、



12


2回目の記事はこちら

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1511/11/news027.html



そして、現在第3回目の原稿をうんうんいいながら格闘しています。
ラフ案は出来たのですが、しっかり推敲中です。

キッズラインのサービス設計の苦労やこだわり、ローンチまでかいて行きたいと思います。


【連載「ベンチャー魂は消えない」ITmedia 毎週水曜日更新中】


【初回】

58
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1511/04/news019.html
39
【2回目】
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1511/11/news027.html






↑このページのトップへ