キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tag女性活躍


セブン銀行で講演をさせていただきました。


2017-12-21-15-16-36


セブン銀行さんすごいなーと思ったのは、社内で新しいことをやる風土をつくるために、マスコミなどで登場するベンチャー経営者を招いてシリーズで講座をしているということ!


さてさて、

私は「イノベーションの起こし方」というテーマで講演させていただきました。


2回の起業を通じて、私がどのように「アイディアを着想」「イノベーションを起こすために心がけたこと」についてお話させていただきました。



2017-12-21-15-06-38


まず、私のアイディア着想法ですが、シンプルに「連想ゲーム」です。
風が吹けば桶屋が儲かる。。。的な発想です。

ただ、「社会問題から発生する連想ゲーム」を心がけています。

社会問題ってたくさんありますよね。

高齢化社会になると起きる問題は、、
少子化社会になると起きる問題は、、、
男性も女性も働くようになると起きる問題は、、、

社会の過渡期には必ず、今までと違う、発想や仕組みが必要になるので、その解決策を提供するのが起業家の役割だと思っています。


そして、イノベーションの起こる場所っていうのは「距離のあるところ」だと思っています。
「いかに距離を縮めるか」という発想で。

例えば1回目は「女性マーケティング」がテーマでした、これから女性が活躍する社会になるとみなさんがイメージしていただけれども、とっかかりながなった。そこで私は、「消費」に注目しました。

「消費の中心は女性」(=女性が欲しいものが売れる)
「経営者のほとんどは男性」(=売りたいと思う人は男性)
という心理的距離を「マーケティング」でつなぎました。


そして、キッズラインの場合、これから女性も男性も働くようになり、育児の支援がもっと必要になるということと、一人一人にライフスタイルにあった育児の支援が必要になるというところから、

「保育」に「IT」とかけてイノベーションを起こさねばと思ったのです。


そして、イノベーションを起こすにはどうしたらいいか?

というと、単純に、自分のセンターピン位置を変えること。だと思っています。


普通にイメージすると、同じ情報、同じ場所、同質化されたコミュニティーにいると、居心地がいいので、「イノベーションを起こそう」と思った時に、エネルギーが発生しづらいと思います。


イノベーションを起こすには、まず、自分がイノベーションしないといけません。

なので、私は、自分がこれからイノベーションを起こさねばと思った時、以下4つのステップを取ります。

(1)新しい知識=情報収集する
本を読むジャンルを変える、それに関連する必要な情報を取りに行く

(2)新しい出会い=人に会う
すでに自分の目指す場所にいる人や、興味のある新しい人にどんどん会いに行く

(3)新しい自分=場所を変える
自分のいる環境を変える。転職、起業でも、引越しでも、海外移転でも、頻繁な旅行でもいいのですが、いる場所を変えると自分も必ず変わります。

(4)新しい思考=発信を変える
自分がやりたいことや目指していることに関する情報を発信したり、会った、相手にいつも「〜〜がやりたいんです」などと話すようにする。情報は発信するところに集まって来ると思う。

つまり、自分のセンターピンをガラッと変えると、自分が変わる。
私自身が、いま起こそうとしているイノベーションについて実際の事例をお話ししました。

そういえば、ここ5日間ニューズピックで freeeの佐々木社長と対談しているのですが、上記に関連する話も多く、イノベーションを起こすヒントになる内容もあるかもしれません。佐々木社長の話はめちゃめちゃ面白かったです。興味のある方は是非、以下も参考にされてください。






対談ももちろんですが、講演も凄く楽しかったです。機会をいただいた、Newspicksの佐藤さん、セブン銀行の西井さん、ありがとうございました!

2017-12-21-15-15-53


起業に興味のある方は、女性起業家サロンもよろしくおねがいいたします!





先日アイスタイルの山田メユミさんと対談を行いました。
 


キャリアと育児 本音対談
株式会社アイスタイル 山田メユミ × KIDSLINE 経沢香保子

 

https://kidsline.me/magazine/article/99

DSC05690 (1)
 


===


メユミさんご自身が絶賛子育て中で、キッズラインを使って

くださっています。




そんな背景からメユミさんが経営をする@コスメさんが福利厚生の一環としてキッズラインを導入してくださいました。




ママたちが一番頭を悩ます、病児保育対策だそうです。



実はキッズラインの福利厚生導入にかかる初期費用は0円
 


使う分だけ申請し、自由に利用できるので中小法人・ベンチャー企業

から大手さんまでフレキシブルに対応できるので人気。


===


他社事例はこちら
 


 

https://kidsline.me/magazine/article_list/interview_corp



病児保育や、困ったときに、気軽にベビーシッターが呼べるよになれば、


会社から補助が

でるような仕組みがあると社会も変わると思います。




=== 

詳細はコチラ



53

===
 


また逆指名も可能です!




自社に導入を
提案してほしい!と頼まれたら弊社のエースが



社長様か人事担当者様にご説明にあがります!



メールにて24時間受付中


===


sales★kidsline.co.jp(→お手数ですが★を@に置き換えてください)

 

タイトルを【導入相談】としてくださると助かります。


※応募が多い場合は、返信に多少お時間を頂戴することがございますので予めご了承ください。

=== 



お一人でも多くの親御様が育児と仕事の両立を行え、よりよい人生をすごせるよう

全力で提案
していきます!
 



私たちは、日本から病児保育問題をなくすために活動しています。







私たち、キッズラインは、1時間1000円〜即日予約手配も、スマホから誰でも簡単という

新しいスタイルのサービスで「日本にベビーシッター文化」を作るべく活動しています。

===

同時に、現在、育児に関する問題が非常に山積する日本。

「産むこと、育てることの不安」から、少子化につながることにも。

ですので、日本にいままでにない、育児インフラの必要性を政府にも提言させていただいています。



保育園は素晴らしい日本の育児システムだと思うのですが、その既存のシステムに当てはまらない人もいます。

まず、働く側、

保育資格はもっているが、フルタイムでの保育園復帰は難しい、でも、育児の仕事をしたい人もいる。

そんな、80万人の潜在保育士の方に、

好きな時間に、好きなスタイルでという、働きやすい環境をキッズラインを通じて用意し、



同時に、お困りの親御さん、

病児に預ける場所を探すのが難しい、待機児童などで職場復帰できない、

特別なケアを必要な子供である、、、など、お困りのご家庭と、個別のニーズをマッチングしつつ、

繋いでいく活動を政府に提案しています。

53


育児のニーズというのは多岐にわかっていると思うので、それらのニッチだったり、テンポラリーだったりの要望に、簡単に答える仕組みが必要だと思っています。

それが育児の安心感につながり、日本の未来を豊かなものに、女性活躍推進も進み、少子化改善にもつながればと思っています。


あらゆる場所で、誰もが使いやすい、新しい育児システムの必要性を提言できればと思っています。







現在、6つの自治体に導入いただいていますが、もっと広げていけるよう、もっと画期的な方法がないか、これからも試行錯誤して、活動してまいりたいと思います。






昨日すごくすごく嬉しいことがありました!
それは、以下のブログを発見したからです。


上記のTwitterをみつけて、プロフィールを拝見させていただいたら、
関西の保育士さんのようで、キッズラインに登録して働くまでの詳細のプロセスを
ブログにまとめてくださいました。


ぜひぜひ、読んでいただきたいのですが、

嬉しいところ、一部抜粋させていただきます。

02

サポートスタッフもエンジニアもめっちゃ頑張っているので本当に嬉しいです。

そして、とにかく、いまのサービスはシステムだけではなく、サービスも大切、
シッターさんの採用も命です。

32

いかに素敵なシッターさんにご協力頂くか、働きやすいか、モチベーションが高まるか、
数えきれないほどの議論を重ね、工夫をしているので、
実際に働いてくださっていってもらった以下のコメントに涙が出そうになりました。

15



保育士の方の待遇問題がクローズアップされる昨今ですが、

「働きやすい」「がんばりが認められる」「報酬がきちんとしている」「学べる」「ストレスがない」など、当たり前のことかとは思いますが、難しいところもあり、アイディア、発想を実行して、一つ一つ改善していきたいと思っています。


14


なので、「シッターさん」と「親御さん」のコミュニケーションもしやすいように、
アプリの開発にもすごくこだわりをもって取り組みました。



32

すると、そこも気づいてくださって、

33
嬉しすぎます。  ヾ(=^▽^=)ノ(* ̄∇ ̄*)エヘヘ



私たち、キッズラインは、対外的にわかりやすく「ママと子供を笑顔に」と言っていますが、

それは、イコール、働いている、「サポーターさんが笑顔でやり甲斐をもって働くこと」

が実現されることだと思っています。

保育者側にストレスがあれば、それは、お客様、お母様やお子様に伝わってしまうので。


05

本当に嬉しいブログでした。


ママ、パパ、お子さん、シッターさん、そして採用する社員も、開発する社員も、お客様対応する社員も、

キッズラインは、シェアリングエコノミー、関わる人すべてがハッピーになるように、これからも、地道に真剣に頑張っていきたいと思います。


25


シッターさんも随時募集中なので、ぜひぜひ、お気軽にご応募頂くと同時に、
多くの方に広めていただければ嬉しいです。

(採用のプロセスは、いただいたエントリー内容に従って、お住まいの地域や経験等によっても変わってくる場合がありますので、あらかじめご了承下さい)

■エントリーはこちらからお気軽に

https://kidsline.me/sitters/welcome


52

■お試しシッティングでトレーニングサポートをしてくださるママトレーナーも募集中です。

https://kidsline.me/curations/trainer-recruitment



37


■社会インフラになるような開発を手がけたいエンジニア・デザイナーも募集中です。

http://colorsinc.me/#wanted


37

↑このページのトップへ