キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tag女性起業家


スマホが当たり前のように普及して、本当にびっくりするほど気軽に、

誰もが、いろんなコンテンツに触れることが出来るようになりました。

インターネットのよいところは、それだけではなく、「誰でもが発信できる」っていうところにもありますよね。

だからこそ、

人を傷つけたり、不快にするようなものもあれば、

思い悩んでいたことに、大変な学びや気づきを与えてくれるものもあり、

また、普通では出会えないような人の本心や真心に自分の心をゆり動かされることもあります。

===

私はまだまだ未熟で、欠点だらけだけれども、自分の等身大の姿をさらしながら、

自分の言葉を16年以上も、起業してからずっとずっと、書き続けているのは、

「社会を進化させる」と挑戦する時、そこには間違いなく「人の心を動かす」

というプロセスもセットだと思っているから
です。

多くの人の心を動かすことができたなら、
多くの人に共感してもらうことが出来たなら、
多くの人に感動していただくことが出来たら、
多くの人に応援いただくことができたなら、

それが大きな波となり、人々の行動に影響を与え、社会を進化させたり、

時代を変えることが出来るのだと考えているからです。

===

もちろん、そこにはプレゼンテーションスキルというテクニックも見逃してはいけないし、

「表現力」も、ある程度、学ぶことも出来ると思います。学んだ方がいいとも思います。


だからこそ、毎日毎日考えたこと、感じたことを文章を通じて表現したり、自分のビジネスのプレゼン訓練をしたり

そんな、「相手に伝わるための工夫」は日に日にスキルアップしていくことは誰にでも出来ます。

43



でも、それを、人の心を動かす、行動に繋がるほど、昇華させていきたい場合、つまり、起業して成功させるほどにはどうしたらいいのでしょうか?


「本気で社会を変える女性起業家サロン」というオンラインサロンを運営させていただいているので、

上記について考え、「人の心を動かす女性とは?」というテーマで、スレッドをたてさせていただき、まず私自身の、いろいろな想いや具体例を綴らせていただきました。

結論として、以下のように締めくくりました。



「人のために役に立ちたい」そんな「真心」をもち、活動し続けてていけば、必ずしや、応援や共感が広がっていき、時を重ねるほどより大きな力を発揮していくのだと思っている。

「人のためになることをやり続ける人・企業」こそが、永遠に成功し続ける人であり、会社なのでしょう。


他にもコメンテーターや、参加者の方から素晴らしい意見を頂きました、


マインドセラピストのはるひなたさんは

人は、頭で考えたことを伝えると、頭で納得してしまい、正しいこと、間違ってること、というどちらかで判断してしまいます。

けれど、心で感じたことを伝えると、正しいこと、間違ってること、このどちらかで判断(頭で決めること)するのではなく、心が動くのだと思うのです。

仕事で人の相談を受けるとき、頭ではわかっているのですがという方はとても多いです。

けれど、その方が心で感じていることを言語にして伝えると、涙を流されたり、本当はそうなんですと話されたりされます。

そして、その方が心で感じたことを自分の中で受け止めたとき、自分の行動や言動が変わります。

人は心で感じていることを誰かが言葉にして話したり、書いたり、見せたりしたときに心が動くのではないかと思うのです。

と。


そして、アメーバピグやCCHANELの立ち上げを通じて、多くの人のこころを動かしてきた、やまざきひとみさんは、


人の心を動かす」のはやはり「人の心」だと思うので、経沢さんが仰るとおり「真心」の温度と純度を高く持ち、その温度を伝染させる努力をし続けることが大切なのかなと思います。

「ピュアでアツい人」には(しかもそれが経験や年齢を重ねているはずの人ならなおさら)、結局人は惹かれてしまうのではないかと..

特にネットは、ごまかしのない 真心が伝染しやすい世界(逆に、なにかごまかしているというのも、透けてみえやすい)なので、メディアを作る時にも気をつけていますが、発信するものすべ てにどういうメッセージ性をこめたいのかを一貫していく、そのために、日頃の自分の志の純度や焦点を常に磨き続けるのが大切なように思います。

と。



純粋に、心で感じたことを、真心から伝えると、心が動くんですね。

私も純度を高め、志をたかめ、しっかり活動を続けていきたいと思います。


起業家を目指す女性、起業してより社会を変えたいと思うメンバーが集まる以下のサロンから抜粋させていただきました。(コメントくださったみなさま、本当にありがとうございました!)


ただいまメンバーも募集中です! 最近は以下のようなトピックスを取り上げました。







世の中にある、有料コンテンツというと様々あるけれど、

なんとなく個人が発信する有料コンテンツには風当たりが強いような気がしなくもない。

というのは、私は、

noteで「月刊マガジン 経沢香保子の本音の裏側」というのを書いているのだけれど

たくさんの方が、購読して、心待ちにしてくださる反面

48

「なんで課金するのか?」
「経沢さんは無料で書くべき」


と、何度かご指摘頂いたからなのだが。

それ以来、なんとなく「有料で書くのはいけない事なのか?」と、

頭のスミにモヤモヤしたものを抱えていた。


ただ、私にとっては上記のマガジンも、本や、講演料、テレビ出演料はじめ、

すべて会社の売上げ計上で、キッズライン運営や先行投資として使わせていただいている、大切な源でもあるし、(ですので、コンテンツを購入頂いている方は、キッズラインの支援者でもあると言う意味で、2重の意味で感謝しています)

同時に、ブログよりももう一歩踏み込んで著作をつくるように、

読んでくださっている方の人生に役に立つように、勇気と元気を出していただけるよう、書いているから、それほど、違和感はなかった。

そして、読んでくださっている方には満足頂いているようで日に日に読者さまが増えていく中、

上記のような、そんな言葉を投げかけられて、「書くのを辞めるべきなのか?」と迷っていたところで、




以下のようなレビューを見かけたり、

image



批判する人が増えると、知識や経験はどんどんクローズなネットワークの中にとどまって外に出てこなくなり、結果的に社会に知識が発信されなくなり全体が損します...発信してもらえることに私はとても感謝しています。


という言葉や、


昨日は、話題の女性起業家、

スマホ写真が売れちゃうアプリ「Snapmart」をつくっている

スナップマート株式会社の江藤美帆社長が以下のような記事を書いてくださって





(決して、クソリプに悩んでいたという訳ではないのですが)


えとみほさんから「印象がすごく変わった!」まだまだ懲りずに書き続けてほしいといっていただいたのは嬉しかったです。

(思っていた以上に「努力と根性の人なんだ」と感じたそうです)


そして、上記、えとみほさんの記事で、特にこの箇所が印象に残ったので、


25



その目で、自分のマガジンを読み直してみると、


確かに、、、、(汗汗)

なんだか、ジムでサンドバックに向かって一人必死に打ち込んでるファイターみたいな記事ばかりだ。

まさに、

吐き出してるって、本当にそうだな、と。


でも、この2つの出来事から、

私はたぶん、「有料だから、限定読者の方向けに、かける事を書いている」というのは事実だし、

必要とされる方がいるので、もうしばらくは一生懸命書き続けていきたいと思います。



最近は以下のような記事を書きました。必要な箇所があれば、ぜひ、お役に立てれば幸いです。






























自分に自信がもてるか、自分に自信がもてないか
それによってその人の人生は大きく変わると思います。

なぜなら、自信があれば、日々の行動がかわるから。

あの人に連絡してみようかな、これ、ちょっとお願いしてみようかな、という小さい日々の積極性から始まって、

転職してみようとか、起業してみようとか、この人と一生一緒にすごそうとか、大きな決断もできます。

行動だけが人生を変えることが出来る。
行動の積み重ねが人生の進化。
そして、その行動のベースが自信の量ですよね。


その量や大きさによって、できることが増えたり、減ったり、挑戦できたり、できなかったり。

私は「やらない後悔より、やった学び」のほうが、後の人生をすばらしいものにすると思っています。

特に起業家、経営者にとって、最初の一歩を踏み出すのに自信はより大事だと思い、
運営している女性起業家サロンで以下のテーマを取り上げました。


サロン内の一部チラ見せになりますが、以下のような内容です。

【自信をもつためにやっていること】


起業を決意するのもそうですし、
起業して自分で仕事を続けること、人を雇うこと、規模拡大もそうですし、
起業して新しい提案を社会にして、本気で社会を変えようと思うとき、

その根本には「自信」がないと出来ません。


いわゆる社会から疎まれる「自信過剰」という意味や態度ではなく、
「一歩行動を踏み出すための自信」は起業家なら必ず必要です。

また、壁に打ち当たったときも「自信」がないと、ちょっとしたことで諦めてしまって
「出来るまでやり続ける」ということが出来ません。


いちいち「私は自信がありますから!」などと、人に言わなくても良いのですが(苦笑)

起業し、事業を続ける人には「ゆるがない自信」が必ず必要で、
自信のあるところに人やお客様が集まってきて、
また、誹謗中傷されても、失敗しても、うまくいくまで、行動し続けるために「自信」が必要なんです。

結果がでるから自信をもてるのではなく
自信があるから結果がでるという流れ。


経営していて、程度の差はあれ、クレームやトラブルや誹謗中傷がない人はいません。

それでも、「私のやっていることはいつか社会に認められる」
という自信があるからこそ揺らぐことなく軸や信念を通すことが出来ますものね。

私は、いまは、だいぶ経験も積み面の皮も厚くなってきたのと
「日本にベビーシッター文化必要だ」と心底思うので、自信とは別のところの信念で揺るがないのは揺るがないのですが、、、、


その辺りのことを以下の本を読んでとっても考えさせられましたので、書いてみました。












というわけで、みなさんが、自信を持つためにやっていること、どんな些細なことでも良いので、教えてください。

===

それ対して、女性起業家サロンに所属する、素敵なメンバーたちが続々とノウハウをシェアしてくれました。

いつもストイックで誠実に前進する、ライターでもある田城さん


10

以前の女性起業家塾からお世話になっている、三石さん

56

女性向けキャリアカウンセラーとして活躍する岩橋ひかりさん(もともと弊社でも育休インターンで活躍されてくださっていました!)

51



そして、ブログ(http://ameblo.jp/asagiblog/)がめちゃくちゃ面白いと
「戦略的ワーキングマザー」として大人気の
あさぎさん


30

そして、マインドイノベーターとして「シンボリックメソッド」を開発。 ハリウッド映画祭でレッドカーペット招待されるほどのはるひなたさんからは「自信をつけるには体を鍛えることが大事」と。

12
23


本当になるほどと思うことが多くて、いつも運営者である私が、勉強になります。

女性が起業して、本気で社会を変えようと目指すとき、高い視座で、高い志で、
本質的な意見交換をしながら、
まっすぐ、成長できるように、これからもサロンの仲間と高め合っていきたいです。

以下のような充実した内容になっていますので、
ご興味のある方は、どなたでも、準備中でも、フリーランスでも、
(男性でも)参加できます!(詳細は最後のURLをご覧下さい)







女性起業家サロンはこちらから

https://synapse.am/contents/monthly/woman_kigyou_salon


19






起業すると、はっきりいって、わからないことだらけ

まあ、自分で目標を立てて、自分でその道を探して、結果を出していかなければいけない。

上司もいないし、困難にぶつかったときは、自分で解決して乗り越えるしかない。


起業は、理想や夢を追求するものだけれども、現実との格闘だ。

情熱は必要だけど、知恵とノウハウがないと壁を越えられない。




税理士とか社会保険労務士とか、どうやって探すの?
最初の人を雇う時どうしたらいいの?
どうやってモチベーションを保っているの?


どうするのか?
どうするのか?



そいういときは、実際にそれを乗り越えた先輩に聞くのが一番です!

経験談やそこから学んだノウハウが正解に近い。


専門的なことから

なんとなく分かりそうで分からない
もっと上手にできる方法があるんじゃないかということから



いまいるステージから違うステージに行きたい時も、どうきっかけを掴むのか?



他の人がどうやってやっているのか知りたいこともあれば、

「知っておいた方が有利なこと」まで

実践的なことは、知識を得れば得るほど、有利になるもの。

その答えは、実際に経験した人に聞くのが一番



というわけで、専門家のみなさんとともに、有意義な手法をシェアしていきます。

必要な方はぜひ参考にしてください。

100名を超える「起業で社会を変えたい」本気の女性起業家が、専門家とともに学びあう実践的サロンです。

https://synapse.am/contents/monthly/woman_kigyou_salon

19


こちらも参考にされてください。

自分の会社をつくるということ
経沢 香保子
ダイヤモンド社
2005-06-24




そういえば、先週、娘と休日にドンキホーテ→スヌーピー博物館に遊びにいったとき、
ドンキホーテで見知らぬ女性に話しかけられました。


「すみません、経沢さんですよね!」

と。



その人は、10年くらい前に私の事を知ってくださったそうで、それ以降ずっーーっとウオッチ&応援してくださっているそうです。


彼女が私を知ったとき、人生の岐路だったそうで、

「自分は子供を生まない人生かもしれない」「仕事と両立できないから、仕方がない。。。」

と、諦めかけてたときに、私の本を手に取ってくださり

自分の会社をつくるということ
経沢 香保子
ダイヤモンド社
2005-06-24



「この生き方だ!」

と、ピントきたそうで、起業をし、お子さんも生んだそうです。

「経沢さんのおかげで、人生の可能性が開けて、感謝しています!!」

と、目を見ながらしっかり、嬉しそうに、言ってくださいました。

===

今の時代、社会の進化で、女性も「働き続ける」という流れ、それらをうけいれても、
まだまだ、社会のサービス、インフラが追いつかないのが現状。

育児はいつまでも昭和のまま。ベビーシッターなんぞたのんでまで!とか、危険・不安でしょ。
となると「母親が全部責任をもつ」という、なかなか無理難題な状態。

そうすると「両立できない」「迷惑かけるくらいなら生まない」と思ってしまう女性が多いのも現実なのかもしれません。

==

もちろん、会社がすごい福利厚生が手厚い、旦那さんがセレブで専業主婦を希望してくれるなど
特殊な環境があれば別なのかもしれませんが、

ほとんどの場合は、そうはならないのが、日本の現実だと思います。

なので、私は古い常識に囚われず、変化を受け入れていきたい。
変化にあわせて、柔軟に新しいものを取り入れていきたい。
誰もが幸せになれる平等な社会でありたい。


常識にとらわれて、本質を見失ったり、自分らしさを見失ったり、誰かが犠牲を強いられたり
幸せに生きれないという事がないように。

一人一人が幸せを追求できる選択肢をやんわり増やす事が出来たらな、と思います。

===

そういう思いもあって、女性起業家サロンを7月から運営しています。

続々と魅力的なメンバーがあつまってきていて、嬉しいです。

自立して、すべてを手に入れようと試行錯誤する女性達は輝いているなって思いますし、
とはいえ時代の中でのマイナーな存在だから、知恵や情報を共有したり、
新しい価値観を生み出す事が出来ればと思っています。


10人の活躍するコメンテーター(@コスメ、山田メユミさん、ディスカバー21干場さん、おとりよせネットの粟飯原さん、、、、)ばかりでなく、メンバーには、はあちゅうや、リクルート森本千賀子さんや、七尾エレナさん、4meee役員の坂梨さん、などなど、沢山の素敵なメンバーが


ここから沢山の次世代のロールモデルが次々輩出されると思っています。









7月30日にキックオフイベントおよび交流会も開催します。
ぜひ、ご興味のある方は以下ご参加下さい(男性も参加可能です)

(人数限定とさせちただいていますので今月はあと27名さまとさせていただいています)

https://synapse.am/contents/monthly/woman_kigyou_salon

18

image











↑このページのトップへ