キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tag女性起業家


起業すると、はっきりいって、わからないことだらけ

まあ、自分で目標を立てて、自分でその道を探して、結果を出していかなければいけない。

上司もいないし、困難にぶつかったときは、自分で解決して乗り越えるしかない。


起業は、理想や夢を追求するものだけれども、現実との格闘だ。

情熱は必要だけど、知恵とノウハウがないと壁を越えられない。




税理士とか社会保険労務士とか、どうやって探すの?
最初の人を雇う時どうしたらいいの?
どうやってモチベーションを保っているの?


どうするのか?
どうするのか?



そいういときは、実際にそれを乗り越えた先輩に聞くのが一番です!

経験談やそこから学んだノウハウが正解に近い。


専門的なことから

なんとなく分かりそうで分からない
もっと上手にできる方法があるんじゃないかということから



いまいるステージから違うステージに行きたい時も、どうきっかけを掴むのか?



他の人がどうやってやっているのか知りたいこともあれば、

「知っておいた方が有利なこと」まで

実践的なことは、知識を得れば得るほど、有利になるもの。

その答えは、実際に経験した人に聞くのが一番



というわけで、専門家のみなさんとともに、有意義な手法をシェアしていきます。

必要な方はぜひ参考にしてください。

100名を超える「起業で社会を変えたい」本気の女性起業家が、専門家とともに学びあう実践的サロンです。

https://synapse.am/contents/monthly/woman_kigyou_salon

19


こちらも参考にされてください。

自分の会社をつくるということ
経沢 香保子
ダイヤモンド社
2005-06-24




そういえば、先週、娘と休日にドンキホーテ→スヌーピー博物館に遊びにいったとき、
ドンキホーテで見知らぬ女性に話しかけられました。


「すみません、経沢さんですよね!」

と。



その人は、10年くらい前に私の事を知ってくださったそうで、それ以降ずっーーっとウオッチ&応援してくださっているそうです。


彼女が私を知ったとき、人生の岐路だったそうで、

「自分は子供を生まない人生かもしれない」「仕事と両立できないから、仕方がない。。。」

と、諦めかけてたときに、私の本を手に取ってくださり

自分の会社をつくるということ
経沢 香保子
ダイヤモンド社
2005-06-24



「この生き方だ!」

と、ピントきたそうで、起業をし、お子さんも生んだそうです。

「経沢さんのおかげで、人生の可能性が開けて、感謝しています!!」

と、目を見ながらしっかり、嬉しそうに、言ってくださいました。

===

今の時代、社会の進化で、女性も「働き続ける」という流れ、それらをうけいれても、
まだまだ、社会のサービス、インフラが追いつかないのが現状。

育児はいつまでも昭和のまま。ベビーシッターなんぞたのんでまで!とか、危険・不安でしょ。
となると「母親が全部責任をもつ」という、なかなか無理難題な状態。

そうすると「両立できない」「迷惑かけるくらいなら生まない」と思ってしまう女性が多いのも現実なのかもしれません。

==

もちろん、会社がすごい福利厚生が手厚い、旦那さんがセレブで専業主婦を希望してくれるなど
特殊な環境があれば別なのかもしれませんが、

ほとんどの場合は、そうはならないのが、日本の現実だと思います。

なので、私は古い常識に囚われず、変化を受け入れていきたい。
変化にあわせて、柔軟に新しいものを取り入れていきたい。
誰もが幸せになれる平等な社会でありたい。


常識にとらわれて、本質を見失ったり、自分らしさを見失ったり、誰かが犠牲を強いられたり
幸せに生きれないという事がないように。

一人一人が幸せを追求できる選択肢をやんわり増やす事が出来たらな、と思います。

===

そういう思いもあって、女性起業家サロンを7月から運営しています。

続々と魅力的なメンバーがあつまってきていて、嬉しいです。

自立して、すべてを手に入れようと試行錯誤する女性達は輝いているなって思いますし、
とはいえ時代の中でのマイナーな存在だから、知恵や情報を共有したり、
新しい価値観を生み出す事が出来ればと思っています。


10人の活躍するコメンテーター(@コスメ、山田メユミさん、ディスカバー21干場さん、おとりよせネットの粟飯原さん、、、、)ばかりでなく、メンバーには、はあちゅうや、リクルート森本千賀子さんや、七尾エレナさん、4meee役員の坂梨さん、などなど、沢山の素敵なメンバーが


ここから沢山の次世代のロールモデルが次々輩出されると思っています。









7月30日にキックオフイベントおよび交流会も開催します。
ぜひ、ご興味のある方は以下ご参加下さい(男性も参加可能です)

(人数限定とさせちただいていますので今月はあと27名さまとさせていただいています)

https://synapse.am/contents/monthly/woman_kigyou_salon

18

image












7月からリニューアルしスタートした『女性起業家サロン』おかげさまで素敵なメンバーが続々と。。。



C CHANNEL編集長で、アメーバピグの生みの親のヒットメーカー



株式会社プリンシパルの代表七尾エレナさん




エレナさんとオンラインサロンを運営する

4meee!の執行役員で、元フリーランス起業家の坂梨さん


女子大生からそのまま起業して、テレビやマスコミでも話題の竹村さん


noteが超絶おもしろいあやにーさんも


「旅MUSE」という素敵なメディアを運営する野々村さん



他にも素敵なコメンテーター10名も然りですが、ぞくぞく魅力的な女性起業家メンバーが集まっています。

ですので、7月30日にはキックオフとメンバー交流会を行います!
(なんと参加費メンバーは1000円)



ちなみに、Twitterの#女性起業家サロン でも中身をチラ見せしていますが、
サロンは以下のような感じで更新しています。






7月中の早めの入会はかなりお得になっています。起業は長期戦、ぜひみなさまと支え合いながら、日本一の女性起業家コミュニティーにして参りたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します!



詳細や入会はこちらから https://synapse.am/contents/monthly/woman_kigyou_salon

image



久々に、起業志望、起業家向けに講演をします!

(最近、ありがたいことに、講演のご依頼を頂く事は多いのですが、なかなか準備できないので、対談形式にしていただいていますので、本当に起業ネタで単独は久々でちょっとドキドキです)


2回の起業を通じて、起業は、どのように考え、どのように軌道に乗せていくか、長期的な視野をもち、コントロールしなくてはならない、3つの押さえるべき点があると痛感したので、それぞれのポイントについて、詳しくお話しします。


これから起業する方、どのようにロードマップを描いていくべきかお悩みの起業家の方等、すべてのみなさんが対象です。

これは、

私が7月から開催している、女性起業家サロンのキックオフイベントでもあるのです。
ですので、講演の後は、仲間を見つける交流会も開催します。

ビジネスを広げていくには、正しい出会いと人間関係は必須だと思うので、
ぜひみなさん、ご興味のある方は、ご参加下さい。

18

■概要■


日時:7月30日(土)

13時より受付開始、13時半スタート
13時半~:
(第一部)経沢香保子による基調講演「起業を成功させる3つの鉄則」
(第二部)メンバー交流会「ビジネスを発展させる仲間を見つける」
15時:終了

会場:グロービス経営大学院@麹町


詳細、お申込はこちらから→http://peatix.com/event/183188


そして、このイベント、私が7月〜主催する女性起業家サロンメンバーの方は、1000円で参加できます。

メンバーではなくてもゲスト参加できますが(6400円)
ゲスト参加された方は、お申込日から7月末まで、女性起業家サロンを7月末まで、本来月額5400円のところを無料で参加できますので、

ぜひ、興味のある方は、サロンへの参加も検討してみてくださいね。

https://synapse.am/contents/monthly/woman_kigyou_salon




また、なんとなんと、この日、この会場で、このイベントの後、
そのまま、「ちゅつうねカレッジ」のオープンイベントがあり、
こちらはどなた様でも「無料」で参加できます。

ベストセラー作家の木暮太一さんをゲストにお招きして「人に伝える力」というテーマでお話を伺います。

詳細、お申込は以下より
https://www.facebook.com/events/1012537718860719/





この日は、一気に2つのイベントにも参加できるチャンスですので、

もしスケジュールのあう方はお早めにお申し込み下さいね。

一人でも多くのみなさまにお会いできるのを楽しみにしています。


女性起業家サロンキックオフイベントのお申込は以下
http://peatix.com/event/183188







話題になっている映画「マイ・インターン」を観ました。

42


アパレルECを経営する、30代で育児と仕事を両立する創業社長。
独自のセンスと感覚と、社員への愛情で、たった一人でキッチンで自宅で
生み出した会社を急成長させた。

その時、急成長のひずみで、いろんな事件が起こる。

母親とのトラブル
育児のトラブル
パートナーシップのトラブル
経営上のトラブル

・・・

いっこいっこ乗り越えていくけど、創業者の人生って、影響が多岐にわたるから、
すごく悩んでしまう姿。


社員も数百人規模になり、
多くの利害関係者が発生してきて、周囲にいろいろな事をいわれはじめる。


会社が好きだから、自分が生み出した大切な大切な宝物だから、
社会に根付いて発展してほしいから、
社員が幸せになってほしいから、
お客様が大切だから、

どんな自己犠牲を払ってでも、頑張ってしまう。

映画を見るとわかるが、彼女が社員に気を配る姿、その愛情は計算ではなく深いものを感じる。
社員を愛して商品を愛して、会社を成長させ、社会を良くしたい。


でも、だからこそ、そんなとき、
創業者を辞めさせるのは、本当に簡単な一言なのかもしれない。


「もう、会社は、あなたがいなくても大丈夫です」


その発言をしたひとが、たとえ、それが本心としても、
短期的な自分の立場や利益から発した言葉だとしても、

悩んでいるときに、さらに悩ませるに十分な、ぐさっと刺さる言葉、
致命傷になりかねない言葉なんだと思う。
最後に自分が役立つ事が辞める事なんじゃないかと思ってしまうほど。


本当にそうなのか、本当はそうでないのか。
判断はむつかしいのかもしれない。


でも、だからこそ、創業者は、ものすごく強くなければならない。
組織体制も、資本政策も、採用も、軽んじてはいけない。
自分以上に本気じゃない人の言葉に痛めつけられたり、影響されてはいけない。


原点を常に思い出し、ぐらつかないように自分を鍛え続け、万全の体制づくりに気を配り、
理想の社会を実現させなくてはいけない。


すごく、心があったかくなって、大切な事に気づかされてくれた、素敵な映画でした。

マイ・インターン [DVD]
ロバート・デ・ニーロ
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2016-08-10


マイ・インターン [Blu-ray]
ロバート・デ・ニーロ
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2016-08-10





↑このページのトップへ