キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tag女性


26歳で起業してから、いまはそうでもないのですが、以前の会社の

最大の悩みといえば、男性幹部の採用が難しかったことかもしれません。

でも、自己成長する組織を作るには、男性幹部も欠かせません。それを乗り越えて、そこから、組織が成長し始めました。

男性がエンジンとなり、女性が発想や潤滑油となり、両方の存在が相乗効果を出すサイクルに入るからです。

ですので、今回の会社、キッズラインでは男女比率を5:5を当初より意識しています。

===

でも、女性社長の会社は、どうしても女性社員が集まりやすい傾向があるような気がします。

いいとか悪いとかではなく、バランスの問題になります。

それは、女性たちが、いま所属する会社組織の成り立ちが、男性目線ばかりで不満を感じたり、妊娠出産などに理解を得難い社風なので、場所を変えることで「共感」をもとめていたり、一般的に不在と言われている「女性ロールモデル」を求めてやってくる場合が多いからです。

ただ、会社は「共感」や「理解をしてもらいたい」という姿勢では、成長、発展し続けなくて、十分にお客様の役に立てないのです。

課題を突破したり、売上を拡大したり、利益をだしたり、「狩猟」の要素はかならず必要だからです。


==

女性起業家サロンでも「マネジメントがうまくできない」の悩みがよく寄せられますが

その奥には「社員が言うことを聞いてくれない」というのがぼんやりセットかもしれません。

での、その原因のほとんどの場合「毅然とした態度が取れない」という理由な気がします。

方向性が明確じゃなかったり、指示が曖昧だったるすると、もちろんできませんし、

やっかいなのは、男性社長や男性上司よりも、「女性だから感情的」「女性だから結果より調和」を大事にすると思われてしまいがちな部分もあります。

なので、それを逆に逆手に取らないといけません。

女性社長の良い意味で「暖か」さは残しつつ「毅然とした強さ」を「理論性・客観性・具体性」をもって、うまう表現していけるかどうかは、女性リーダーや女性社長の分岐点なのかな、と私は思っています。

私自身が、自分より優秀な、男女ともに採用できるために心がけているのは、


・志と目標は大きく
・会社を一流にするとフルコミット
・数字で語れるようにする
・必ず結果を出す


まだまだなところもあると思いますが、とにかく「この人について行ったら、必ず勝てる」という、水飲み場に対する嗅覚と、結果にコミットする社長であるよう取り組んでます。

というわけで、男性幹部もエンジニアも大募集中です。

以下の記事が大好評中でした。


どうしても、「育児」という分野と「女性社長」という存在で、女性ばかりの会社との印象を持たれがちですが、

弊社は「テクノロジーを使って社会を進化させる会社」
開発力と発想力を掛け合わせて、非効率を効率にしたり、新しいマーケットを作ったりしながら、これからも社会を進化させる事業を次々やっていきます。

活躍する男性がとても多いので、これからも特に男性社員との対談記事どんどん出していく予定です!

09
 ↓  ↓
https://www.wantedly.com/companies/colorsinc/post_articles/65923



23
 ↓  ↓
https://www.wantedly.com/companies/colorsinc/post_articles/64684














ばたばたしていますが、

楽しみでしょうがない、

今週末6月10日(土)の「女性起業家サロン」のオフラインイベントに向けて
着々と準備が進んでいます
今回のイベントの運営に携わるのは、
「女性起業家サロン」に在籍する現役の女性起業家たち。

13

 そして、私自身が個人的にもめちゃくちゃ楽しみにしているのが、

目玉の「起業家対談」です!



◼︎【今回の見どころ】


CtoC、シェアリングエコノミースタイルで「社会を変えようとする」女性起業家と対談させていただきます!


前回よりパワーアップした第1部「女性起業家対談」では、

株式会社タスカジの和田幸子氏、スナップマート株式会社の江藤美帆氏をゲストに迎え

・退職〜起業

・そして基盤づくり
に至るまで、
時系列に沿って、事業立ち上げ時のスピードアップの秘訣や収益化のポイントなど、より実践的なアドバイスをいただきます。

59



そして、今日は、女性起業家サロンのイベント運営メンバーからの

「イベントの開催のお知らせ」を掲載させていただきます。
 


↓  ↓  ↓

女性起業家サロンでは、
610日(土)に「起業で社会を変える」本気の女性起業家たちが集うイベントを、
アルコタワー
17階「シェアすぺ」(目黒)にて開催します。
http://peatix.com/event/265139/view
 

イベントバナー

 


 

また、上記見所の第一部のあとは、

【第2部】「女性起業家による自社商品サービスの1分間PRタイム」や

【第3部】「大交流会」では

「女性起業家サロン」ならではのアイデアを学び、人脈をつくることもできます。

 

◼︎前回の参加者からの声

「オンラインでも多くの学びのあるサロンですが、経沢さん、ゲストの方々、参加者それぞれの熱意を直に感じることができるイベントでした。中でも、経沢さんの『正しいことを正しいやり方でやれば、必ず結果は出ます』という言葉が、起業・経営は安定しないものだから不安になってもしかたがないという、これまでの私の起業の捉え方を180度変えました。」

 

「イベント後は、経営の知識もほとんどなく、子育てをしながら起業するという事に対して漠然と持ち続けていた「不安」が具体的な「課題」に変化し、更に具体的な「タスク」へと変化してきました。これまで不安のせいでなんとなく進めなかった私が、実際に起業に向けて行動できるようになったと感じています。」


「起業はまだ少し先になりますが、いつか私もあちら側(登壇者側)になりたい、という気持ちも日々のモチベーションとなっています!」  


・・・と大好評でした。

 

本イベントは「女性起業家」と銘打っておりますが、
男女問わずご参加いただけます。

また、サロンメンバーはもちろんのこと、メンバー以外の方の参加も大歓迎です!

 

女性起業家サロンに1ヶ月無料で参加できる特典も付いていますので、この機会に是非活用してみてくださいね。

 

◼︎こんな方にオススメ!

・既に起業しているが、より事業拡大を図っていきたい

・個人事業主、フリーランスから法人化を目指している

・現在会社員だけれど、将来的に起業を視野に入れている

・副業でもっと稼げるようになりたい

・会社の仕事以外に、何かやりがいをもって取り組めるものを探している

 

一つでも当てはまった方にぴったりのイベントが、「女性起業家サロン」オフラインイベントです!

 

「女性起業家サロン」は、起業家の経沢香保子をコーディネーターとして、「起業で社会を変えたい」という目標をもつ本気の女性起業家のための会員制コミュニケーションサロンです。

今回のイベントは、上記サロンのリアルな交流の場として開催され、女性起業家をゲストに迎えたパネルディスカッションや交流会など、オンラインを飛び出した体験型イベントとなっております。

 

【イベント概要】

◆日時:2017/06/10 () 13:00 - 15:00

◆場所:目黒雅叙園アルコタワー17F 「しぇあスペ」セミナールーム(目黒駅から徒歩5分)

http://peatix.com/event/265139/view

 

◆イベント内容

【第1部】経沢香保子、和田幸子氏(株式会社タスカジ 代表取締役社長)、
江藤美帆氏(スナップマート株式会社 代表取締役社長)による「女性起業家対談」
*対談トピック(予定)

     TOPIC.1《退職〜起業》

      スピード感を持って事業を立て上げるコツについて

     TOPIC.2《起業〜基盤》

      収益化(金銭面の安定)の為に行った事について

     TOPIC.3《その他》

      女性でよかったと思う事について
 

【第2部】女性起業家による自社商品サービスの1分間PRタイム 

【第3部】参加メンバー交流タイム

 

◆参加費

・女性起業家サロンメンバー:無料

・ゲスト参加の方:5,400

※女性起業家サロン(月額5,400円)に1ヶ月無料で参加できる特典付き!

 

申込み・イベントの詳細はこちら:

http://peatix.com/event/265139/view

 

 

■本気で社会を進化させる女性起業家が結集する「女性起業家サロン」のご案内

 13497555_1129928207064755_3405152242111214906_o-2

起業家の経沢香保子をコーディネーターとして、「女性が輝く社会」の実現を加速させるために、「本気で社会を変える 女性起業家」が結集し相互に支え合う仕組みとして設立されたのが「女性起業家サロン」です。

女性起業家や弁護士、会計士、投資家等ゲストコメンテーターとして各分野の専門家約10名にも参加いただいており、起業の最新トレンドや分析、様々なカリキュラムをコンテンツとしている他では見られない内容です。

https://synapse.am/contents/monthly/woman_kigyou

 


 


自分でもびっくりするぐらい、忙しく動き回ってます。大きな目標がぼんやりからしっかりみえてきたからかもしれないです。

本当に有り難いです! 頑張ります。

そんななかでも、女性起業家サロンの活動もしっかり続けています。

オンラインで24時間活動し、時折リアルイベントがあります。

最近の更新は、、、





年齢性別関わらず入会できます。

また、4月か5月にイベントを企画していますので、どうぞみなさま奮ってご参加下さいね。




非常に残念なニュースが飛び込んできました。


 

>2017年度末までに待機児童をゼロにする目標を事実上、断念です。

>安倍総理は目標の達成が困難になった理由について、
女性の活躍政策や経済の回復で
>労働市場が予想以上に改善され、
>「働き始める女性が見積もり以上になった」
>と説明しました。



本質は「女性活躍政策がプラスにはたらき、働き始める女性が予想以上に増えてる」という嬉しいニュースなのに。。。

保育園不足だから、待機児童がなくならないのだ!

なんとなく、日本中がその考えに固執しすぎなような気がします。

もちろん、保育園はすばらしいですが、足りないなら発想を転換してもいいのではないでしょうか?


ちなみに、待機児童のほとんどが0才1才です。

狭い日本土地も足りないし、近隣住民も反対するし、集団保育じゃなきゃいけないのでしょうか?

3才以上は集団保育など、発想の転換があってもいいような。



私たち「キッズライン」は待機児童問題に対して、以下の提言にまとめています。

いいたいことは、

保育園がたりないなら、すぐ出来る、ベビーシッター保育も取り入れようよ!

ベビーシッター保育なら、土地もいらないし、近隣住民の反対もないよ!

ベビーシッター保育は、復職しずらい、潜在保育士を活用できるよ!

病時保育のときも、会社から呼び出されたり、会社を休まなくていいよ!

送迎も、重い荷物の準備もいらないよ!ママもパパも楽だよ!

なによりも、税効率がめちゃめちゃいいよ! 保育園より安いんだよ、日本国民がみんな幸せだよ!


(保育園の0才保育の補助金が毎月40万以上と言われています)

そんなことを以下にまとめました。


それでも、なかなか、政府には伝わらないので、どうにか、この待機児童を辛いと思う方々と一緒に、安倍総理に声が届かないのかと、以下のようなキャンペーンをやってみました。


本当に多くの方が、シェアしてくださってありがたいです。

保育園に入れなくて困っている方に、一人でも多くの方に届いたら嬉しいですし、

政府や、塩崎大臣や、安倍総理大臣には、

「保育園どうしよう」「土地も、予算も不足」「将来、保育園いるのかな?」という悩ましい気持ちを、「お、ベビーシッターもあるのか!それならすぐに解決できるな」

そんな風に選択肢を提示できれば嬉しいです。

キッズラインはベビーシッターによる保育システムを以下「キッズライン保育園」と開設しました。



ママやパパにめちゃくちゃ優しくて、便利な
送迎なし、準備なし、待機なし、病時も大丈夫な、


■キッズライン保育園とは



どなたか、安倍総理と仲がよい方、塩崎大臣と仲が良い方、

ぜひ、この情報をお届け頂ければ嬉しいです。


また、社会への影響力を持つ、テレビ・新聞・雑誌などのマスコミの皆様、

この声を一人でも多くの国民の方にとどけ、待機児童問題を一日も早く解決すべく、

ぜひ、取材にご協力頂ければ嬉しいです。

https://kidsline.me/corp/coverage


みんなで声をあげて、協力しあって、
待機児童を一日も早くゼロにしませんか?



最後までお読み頂きありがとうございます。シェアなど拡散にご協力頂けると嬉しいです。


キャリアの作り方って、諸説ありますよね。

時代によっても変わる。

手に職とか、昇進昇格を目指すとか、今の時代なら、エンジニアスキル、英語・・・などなど

私は、結局どれを追いかけても、「なろう」「極めよう」と思っても、いろいろなひずみが出てくることもあると思ってしまいます。

時代が変わった、自分の人生の軸が変わった、やりたいことが変わった。。。

そして、最後には「これって自分らしいのだろうか?」という悩みまで。

だから、好きなことをやる、求められていることをやるというのが、実は最強だと、私は思っています。


そんな漠然と考えているときに、頂いた献本、女性起業家の猪熊真理子さんから

2016-12-01-15-24-53

まだ、全部、拝読させていただいていないのですが、ぱらぱらとめくると目に飛び込んできたのは、

2016-12-01-15-22-23

強みのトライアングルをつくる

という言葉。彼女は「心理学」×「女性」×「ビジネス」

2016-12-01-15-34-24
2016-12-01-15-34-34

一つだけでは胸はって言えなくても、3つ掛け合わせれば希少価値になり、唯一、自分らしい存在価値と居場所がつくれるという話。

すごく、面白いと思いました。

そういえば、先日ちょっとネットで拡散されていた以下の記事も、本質的にはおっしゃっていることが同じだなーと。


3つの軸をつくってキャリアをつくっていくという話

10


そういえば、私の知人であり尊敬する経営者でもある、元榮太一郎さんは、

「弁護士」×「上場経営者」×「国会議員」

という、すごいわらじを3つ履いていて、これらは相互に支え合って全部が相乗効果だとおっしゃっていました。


私自身も、


・自分が3人の育児をしながら会社経営をしたこと
・上場企業の社長の経験
・2社の社外取締役の経験
・2社目の起業=キッズライン

・コメンテーターの仕事

・書く仕事(note 女性起業家サロン ちゅうつねカレッジ)


「女性経営者」×「コメンテーター」×「ネットで発信」



この3つは、かなり相乗効果があって、最初は「何屋さん?」と、誤解をされることもありましたが、

一つ欠けたとしても、保管し合って、また再生することが起きたりして、不思議な3つだなーと。

いまとなっては、どれも欠かせない、互いの成長を支える要素になっています。


まだ全部読んでいませんが、自分らしいキャリアをつくる方法に迷っている女性には、いろんな発見がある本なのかもしれません。

何よりもいま「女性」であることが仕事において強みになる時代ですよね。元気でる!


「私らしさ」のつくりかた
猪熊 真理子
サンクチュアリ出版
2016-12-07


猪熊さん、出版おめでとうございます&ありがとうございます



■私の月刊マガジン「経沢香保子の本音の裏側」
最近の更新情報

2日連続怖い夢を見て自分に足りないものに気づいた話です。
(ちょっと暗いかな?・・・・)

■はあちゅうとセミナーやります!年内最後。久々のセミナーです。ぜひぜひ!




↑このページのトップへ