キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tag婚活


昨日、仮想銀座高級クラブ「かほこ」には、女性起業家業界のアイドルのあさぎさんがご来店くださいました!

お誕生日のお祝いも兼ねて、また、あさぎさんの開発した驚きの診断ツールの開発お祝いで!

IMG_7804

あさぎさんが、女性起業家業界でブレイクした理由は、産休中に書いたブログ!

2週間で幸せな結婚した方法、、、という記事がバズったそうです。

その話もVoicyで伺っているのですが、かほこママが衝撃を受けたのは、

あさぎさん独自の結婚メソッド

あさぎさんがある日突然、婚活をやめて、運命の人に出会った方法が衝撃でした。


そして、その時のノウハウを生かし、たくさんの女性を幸せに導いて来たのですが、

今後そのノウハウを、起業ツールを開発した話も面白かった!

人間は大体以下の5つのカテゴリーに分かれるから、それぞれに向いた起業があるというのです。

IMG_7805


とにかく、あさぎさんは、あさぎさんそのものの魅力全開ですごいのです。一緒にいて楽しい人なんです。

なので、仮想銀座高級クラブ「かほこ」では

・あさぎさんとは何者なのか?
・どうやっていまのポジションで成功したのか?
・結婚したいなら婚活をやめた方がいい理由
・起業診断ツールの5タイプってなに?
・5タイプにあった起業方法について


お話ししていますー

ちょっとまたママは酔っ払っているのですが、お許しくださいませ…


IMG_7436

59


ぜひ、聞いてみてくださいね!

https://voicy.jp/channel/630/16832


実際に聞いた方の感想は、、、

















昨日は、私とはあちゅうが開催している、オンラインサロン「ちゅうつね」の
リアルセミナーでした。@グロービス経営大学院


昨日のテーマは、ずばり以下、

(私の場合は、本当にいつも周囲に最高の男性の方ばかりに囲まれているので、恐縮なんですが)


とにかく、講師の大西明美さんが、元気で明るくてパワフルで面白すぎるんです!!!


(ちなみに、ワンピースはAYUWAさんのこちらです)


そして、大西さんは、いままで婚活アドバイザーとして、何万人のカウンセリングをしてきて、

このような著書も書かれていますが、




いきなり、

「最高の男性に会いたかったら、結婚したかったら、婚活はやめてください!」

(でも、●●の人は続けましょう、と、おっしゃっていました)

その理由は、以下、

婚活というのは、どうしても「周囲にジャッジされる」プロセスが多いので、それがマイナスに働いてしまわないように、という優しい気遣いの理論でした。



そして、そんな「周囲からのジャッジされる」婚活をやり過ぎると、日常がつまらなくなり、
その結果、、

つまり、結婚したいなら、まず、自分の魅力を高めることを頑張りなさいと!


で、そのためには、


そう、他人のためになるようなことを一生懸命やる。自分の好きなことを一生懸命やる。(特に、職場や趣味のサークルなどのコミュニティーのなかで)

そうすると、その人自身が、内側から輝くから、周囲に、素敵な人が集まってくるんだそう。


それが、婚活より、本質的で、素敵なパートナーに出会える、最良の方法だそうです。

なるほどですね!

(このビデオはちゅうつねに入会した人は昨日から1週間無料で見れます)



私は結婚したいという、強い願望が、いまのところないのですが(いろいろとあり)

とにかくいまは、仕事が楽しくて、ベビーシッターを文化として、どうやって日本に広めるか、そんなことばかりを日々考えているので、

でも、きっと一生懸命やっていれば、仕事も願いが叶い、素敵なパートナーシップも引き寄せるんじゃないかとおもうと、いろいろ相乗効果ですねww


というわけで、いま、最高の力をいれている活動が、

いい夫婦の日に、夫婦でごはんを食べにいってほしくて、先着1000名さまに

ベビーシッター無料体験をプレゼントしているというもの
です。

めっちゃ頑張っていますので、

どうか、みなさん、シェアや拡散にご協力下さい☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


また、お子さんがいるお友達にぜひ教えて上げてください(プレゼントも出来ます)

みなさん、お子さんが生まれてからの、夫婦ごはん事情どうですか?

弊社で調べたところ、驚愕の調査結果が、、、

子どもがいる夫婦が1年にふたりっきりでごはんを食べる回数は?!

⇩   ⇩

https://kidsline.me/contents/news_detail/94
2016-11-13-13-27-31








今年も、もう、11月。残すは12月のみ。

早いーーーーーー!!

というわけで、私は、今年が終わるまでに、どんどん身軽になると決めている。

究極にどこまでも身軽になりたいと思っている。

それは、来年の飛躍に向けて、という目的だ。

飛躍するには、高く飛ぶには、身軽でなければいけない。


では、どうすればいいのか?

それは、とにかく「捨てること」「捨てまくること」

以前、人生の転機のときに、1トントラックにがしがし捨てました

before

53

after

00

(もうこの部屋はすっかり引っ越してしまったのですが)


急に思い立ったので立った一日でやったのですが、当然一人では出来ず、

こんな風にご協力いただいて、、


でも、断捨離効果ってすごいですね。


捨てれば、何かが入ってくる。

何かが入ってくるということは、動き出す。


そのあと、停滞していた私の人生が動き出して、キッズラインを起業することにつながったと思います。

動き出すには、スペースが必要なんですよね。

===

そして、人生を新たに展開させるためにスペースをあける、

そんな、断捨離は、いわゆる「モノ」だけではないと思います。

ほかにも、

・時間の断捨離

・人間関係の断捨離

(言葉は悪いですが、いいたいことは、無駄な会合に行かないとか、自分にマイナスを与える人からはなれるとか)

等があると思います。



というわけで、今月のちゅうつねカレッジ

https://synapse.am/contents/monthly/chu_tsune

のテーマは「断捨離」(古いものを捨てる1ヶ月)です。

私とはあちゅうで、毎週毎週考え方を課題とともに投稿しています。

私の方では、以下の順で進めています

第1週目:無駄な時間を捨てる
第2週目:古いモノを捨てる
第3週目:古い人間関係を捨てる
第4週目:まとめ



そして、今月は、人間関係、パートナーシップがやはり人生の多くを左右するということで、

「最高の男と出会うために捨てるべき7つの習慣」

というテーマ!!!!

来週月曜日(11月14日)19時〜開催です!


もっと良いパートナーと巡り会いたいと思ったら、やはりスペースを空けないとダメですもんね。

しかも、講師は、いま話題の婚活支援で大人気の大西明美さん


婚活アドバイザー。2010年からクリスチャン専門の結婚相談所を経営。

20年で43,000件以上の婚活&恋愛アドバイスを実施とツワモノ!




糟糠の妻はなぜ捨てられるのか
大西 明美
プレジデント社
2016-09-29



43

詳細は以下より
http://peatix.com/event/202919










昨日は毎月1回開催されている、オンラインサロンのちゅうつねカレッジのリアルセミナーでした。


毎回豪華ゲストをお呼びして話を聞くというのもありますが、
今回は、シークレットセミナーと題して、少人数ワークで気づきを得るというもの

image

内容はちょっと秘密なのですが、

お互いをシェアしていくというものなのですが、以下のような感想を持ってくださった方がいて嬉しいです。


地方等でリアルに参加できない方も、映像で見れるのが好評です。



そして、なんとなんと、メンバーの男性の方から、

ちゅうつねの中で出会って、結婚する事になりました!


と報告が!!!!


憧れの一つだったので、とっても嬉しいです。

同じコミュニティーでカップルが産まれるというのは、価値観が近い者同士の魅かれあいだと思うのでなおさら感激します。

ちゅうつねの雰囲気は、本当に素敵で、向上心と思いやり溢れるメンバーばかりなので、とっても居心地が良いのです。


ちゅうつねカレッジの特徴は、毎月カリキュラムがあり、きちんと進んでいく事、自由にいつでも24時間参加できること、

向上心のある素敵なメンバーに囲まれる事(ここがみなさん嬉しいみたいです)

大人の部活のように、一緒に旅行にいったり、グルメを楽しんだり。。。

だからこそ、深い友達ができるんでしょうね。会社以外に大人の友達が出来るってスゴい事だなーと思います。


そして、オンラインだけではなく毎月1回必ずリアルなセミナーも開催しています。


7月30日:
16時~17時半 メンバー主催の「ちゅうつねオープンデー」

(ちゅうつねメンバーだけが参加できます)


8月27日:
16時~17時半
ゲスト>エリエス・ブック・コンサルティング 土井英司様


9月24日:
16時~17時半
ゲスト>作家・心理カウンセラー 五百田達成様


10月26日:
19時~20時半
ゲスト>サプライチェーンコンサルタント 坂口孝則様


と、続いていきます・・・



私とはあちゅうも、ちゅうつねのおかげで人生加速しています!





はあちゅうの影響ではじめた、月刊マガジンもおかげさまで大好評です。

https://note.mu/kahoko_tsunezawa/m/mbfb175f6ffa2

42





↑このページのトップへ