キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tag家入一真


一生懸命勉強をして、いい学校に行って、大企業に入る。という昭和の成功の方程式みたいなのって、崩壊しつつあると思う。受験で養われるちからの大半は、「我慢力」な気がするし、「我慢力」が差別化になる仕事も、世の中が便利になっていけばいくほどどんどん減っていくかと。

経済成長が今までのやり方では伸ばせない時代には、新しい発想や、競争よりも、人との協力が欠かせない。

だから、むしろ、好きなことをみつけて、一生懸命夢中になってるうち、仕事だかなんだかわからない感じで楽しんでると、人を巻き込んでうまく行った! 的な人が増えていると思う。

そういう人は、周囲の協力に対して感謝の気持ちがあるから人気だったり、「いやいや、ただ、好きなことやらせてもらってるだけなので」という謙虚さで人望も集めるし、何よりも本当に好きなことやってるからストレスがたまらず周囲に優しい、という、よい連鎖になっているような気がする。

最近だとよくお会いする家入一真さんとかがまさにそうなのかも。

世間体とか、過去のやり方とかに縛られていると時代の進化に追いつけないのが現代社会なのかもしれない。

育児とか仕事とかまさにそうだな、と。


我慢してやってる人は辛そうだし、辛いのを我慢してるから周囲にも同じ我慢を求めてしまったり、よくない場合はストレスを弱者に向けてしまうのだと思う。

もっともっとみんな社会の便利さを享受して、ありがたく思って、好きなことをやれたらいいのにな。「それぞれが好きなことで暮らせる社会」にしていきたいと思います。

まず、私たちは育児の我慢を減らしたいし、育児のプロが輝く社会にしたい。


こういうの凄く嬉しいです。


そして、とはいえ、そんなに言われても、我慢しなくていいって言われても、本当にいいの? どうしていいかわからない、きっかけもないし、、、というママのために、まず週1回は自由に過ごしてほしいと思っていて、

#ママのノー残業デー

という活動をしています。

14

これは、日本の未来である子供達を一生懸命育ててくれる、ママたちに感謝の気持を込めて、週に1回自由な時間を過ごしてほしい。そのために、1ヶ月分のシッター代金をみんながプレゼントしますよ!という活動です。

この活動に協賛して、寄付してくださった方がたくさんいらっしゃいます。

あの、本田健さん

image

そして、キャンプファイヤーの生みの親である、家入一真さんと、ネット業界で活躍しイクメンでもあるけんすうさん

2017-07-25-14-45-13

さらに、小学校4年生の学力から一気に慶応現役合格した、ビリギャルの小林さやかちゃんと、その師匠である坪井先生

2017-08-02-13-28-31



一緒に動画もとってみた!



吉田ではなく、本田のような、日本一の会社をめざし、働き方革命を推進する、クラウドワークスの吉田社長も

2017-07-28-11-12-37


みなさんのおかげで、開始10日ほどで、なんとなんと100万円のママへの応援の気持ちがあつまりました!

みてください!!! 本当にありがとうございます!!!

13


この集まったお金を、順次、50世帯のご家庭に「#ママのノー残業デー」を導入する活動をキッズラインでは始めてきます。

目標金額300万円で、引き続き、150世帯のご家庭をハッピーにすべくこれからも活動してまいります。

どうぞ、みなさんも参加してください。

■みんなで作る #ママのノー残業デー
https://camp-fire.jp/projects/view/36374



もし、もし、もし、上記に参加できないとしても、以下の動画だけは、すぐ終わりますので、ぜひぜひ見てほしいです。世界中が心ふるえた2千万回以上も再生された「世界で一番大変な仕事」



私たちキッズランは、今後もさまざまな活動を通じて、日本をもっともっとハッピーに、子供とママの笑顔を増やして行きます。どうぞ、これからも引き続き応援してください。


==ご協力いただいた方の素晴らしい著書を一部紹介させてください。

■本田健さんの新刊。めちゃくちゃよかたです。インスピレーション湧き上がる本です。

決めた未来しか実現しない
本田 健
サンマーク出版
2015-11-26


■都知事選のくだりは、心が震えます。



■こんなママになりたいって心震えます。



ぜひ、映画でも見てほしいと思います。






トーマツベンチャーサミット2017のシリアルアントレプレナーに聞く、Exitストーリーの描き方
というパネルに、家入一真さんとけんすうさんと参加させて頂きました。



私は、IPOにしろM&Aにせよ、「良い会社を作る」というのは同じだと思っています。
ただ、その「スパン」や、「何がしたいのか?」、「自分がどんなタイプの経営者なのか」によって、IPO向きやM&A向きなどは多少あると思っていて

M&Aの場合は、どちらかというと会社は「商品」であり、ホームランなどもアリで「当たればでかい!」みたいなのがありますが、

IPOの場合には、「組織づくり」という観点が重要で、持続発展するチームと事業作りを意識していきます。なので、長期戦ですし、スポーツでいうと「ゴルフ」のように「計画通り」「いかにPARの近いスコアを出すか」そんなスタイルの違いかなと思っています。毎回毎回の信用の積み重ねだと思います。

そして、IPOにせよM&Aにせよ、会社の株を、一部にせよ全部にせよ売却するというのは同じ。
だからこそ「資本政策」は重要で、不可逆なので、真剣に勉強して向き合いシミレーションしましょうというのは強調しました。

起業をしているとすべてが初めての経験で、正解がわからないけど、正解に近い解を持っている経験者がたくさんいるので「経験者にききまくる」というのは重要だという話をしました。

だから、私はこのような活動をしているのだと思います。
https://synapse.am/contents/monthly/woman_kigyou_salon


あと、私の周囲でIPO目指して、10年真面目に本気で目指し続けた人は、ほとんど100%叶えているという話もしました。(多くの人が途中でやめちゃうんですけどね)

なので「あきらめず挑戦し続ける」ことは起業家にとって重要だと思っています。


とても評判が良かったみたいで、凄く嬉しいです。

たくさんの方が真剣に聞いてくださいました。ご来場のみなさまありがとうございました!

家入一真さんとけんすうさんのお話もめちゃくちゃ面白くて勉強になりました。

先日、CAMPFIRE社におじゃまするものの、お会いできなかった家入さん

今日は、けんすうさんも一緒にリベンジさせていただきました!


仕事が終われば、家事に育児にと休みのないママのために「週1回のノー残業デー」をプレゼントしましょうという、クラウドファンディングです。

家入さんとけんすうさんがご参加くださいました!
ぜひ、みなさまもご参加のほどよろしくお願いいたします!


いっしょに、#ママのノー残業デー プレミアムフライデー目指して頑張るぞ!

↑このページのトップへ