キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tag家庭料理


よく、女性が、好きな男性のタイプを問われると、まっさきに、

「優しい男」

と、答えますが、行動や好みを見ると、どうも、「優しいだけの男じゃだめ」だそうです。

だからというわけではないのですが、最近、キャリアでも、3つの掛け算をすれば、最強になれる。
のような流派がはやってますよね。

時代の流れなのでしょうか?

キッズラインも、もしかしたら、多くの方に使っていただいているのは、シッターだけじゃない魅力、子供預かりだけじゃない魅力かもしれません。

たとえば、キッズラインでは、産後ケアサービスも人気ですが、その理由は、生まれたばかりの「赤ちゃんの育て方を教えてもえる」だったり、産後のママの「メンタルケア」もしてくれる、だったり、栄養のあるご飯を作ってくれたり、掃除も手伝ってくれる、だったりします。

そして、キッズラインには「子供の教育」という視点も人気で、有名大学の女子大生による家庭教師や、バイリンガルによる英語教育も人気です。

科目ごとにも検索できるようになっています。

08
02
16

あとやっぱり、人気はお料理です!シッターさんも胃袋つかんできます!

35

キッズラインでは、シッターさんを「家庭料理」で検索すると、お料理写真も出てくるようにバージョンアップしました。

image

みなさん、「お料理もシッター」さん、オススメです。仕事でくたびれてお家に帰ってきたら、料理ができててお子さんも寝静まってるなんて最高!!

スーパーに急いでいかなくても、メニュー考えなくても、子供のお風呂で戦争にならなくても、一人でお皿を洗わなくてもいい、週に1回や2回などの定期利用をすれば、平和な時間を確保できます。(キッズラインなら1時間1000円〜なので、コストもそれほどかかりません)

1時間1000円〜「お料理"も"シッター」200人突破

https://kidsline.me/contents/news_detail/186


そうそう、余談ですが、藤井四段w や、ビルゲイツもうけたと話題の「モンテッソーリ」キッズラインでも人気です!












ベビーシッターだけじゃもう古いんじゃないかな。

そんな風に思っています。

子供が生まれたら、ママやパパのやるべきことは、本当にたくさん。

ママは産前産後は動けないから、産後ケアサービスも必要だし。

あかちゃんは、24時間見守りが必要だから、たまには、集中して家事もしたいし、一人時間だってほしい

保育園に入れば送迎だって必要で、小学生になれば家庭教師も欲しい。。

病児保育のことだって、いつも心配。


ついでに、お家のお掃除や、お料理だって、誰かがやってくれたらうれしいのに・・・

さらに、今日きてくれたらうれしいな〜 明日でもいいなー 直前でも依頼できると嬉しい。

すべて、キッズラインが叶えます!

image

急な依頼も大丈夫!

こんなことまで!


キッズラインには個性豊かなシッターさんが1000人います!


あまり知られていないのですが、地方にも徐々に広がっています。


キャンペーンやクーポンを利用してお得にスタートしてみてくださいね!






↑このページのトップへ