キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tag対談


お友達の脊山麻理子ちゃんが、モーニングクロス仲間である、
北条かやさんと対談されていて、なんだか、すごく胸を打たれました。
二人の一生懸命な生き様とすべての経験から学ぼうとしているエネルギーに。


「仕事で女性らしさを活かすのは卑怯?」

というテーマ。

47



私自身は、新卒でバリバリ営業をやっていて、先輩女性たちがどんどん男性化していくように見えて、
本当であれば彼女たちだってそれを望んでいる訳でもないけれども、

当時はそのようにしないと、売れなかったり、評価されなかったり、なめられたのかもしれません。
すこしやっかいだなーという気持ちを抱えていました。

いまは先人の皆様のお陰で、大分、ありのままが許されるようになったのは、
心から感謝しないといけないですね。

===

自分が起業して、「女性」というテーマである事もありましたし、
女性社長だったので、ルールを決めなければいけない立場でもあったのですが、

女性上司が、なんとなく、やり過ぎてはいけないんじゃないかとか、
優しく包み込むくらいじゃないといけないんじゃないかとか、

本当は納得できない事に、強く立ち向かえないときもあって、
その隙をつかれて、
いろいろとやっかいなことに巻き込まれたこともありました。


でも、おそらく、それは、私のなかに
「そこまでしなくても、自分が我慢したらいいのかも。自分がその場を去ればいいのかも」

という女性ならではの勝手な遠慮を謙虚さとか美徳と勘違いしてきたのかもしれません。


それは、大きな失敗でした。
だからこそ、大きな学びとなりました。

女性だからとかそういうことではなくて、
トップとして貫く事には性別は関係ないのだと思いました。


もちろん、女性だからこそ、そういった出現するときおりの大小に対して、
悔しいと思う事はあります。

でも、正しさを証明するために、
成果や結果を出すことにこだわり続けているというのは、
よいエネルギーなんだと感謝しています。


「自分の能力を引き出すのは自分しかいない」


そう思うので、周囲がどうこうとかではなく、男性女性とかそういうことではなく、
これからも自分と徹底的に向き合って
限りなく成長していきたいと思います。


対談面白かったです。読んでるうちにそんなことを考えていました。


【対談】

仕事で“女性らしさ”を活かすのは卑怯? 脊山麻理子×北条かや対談
http://wotopi.jp/archives/29218

「女は得だ」と批判されても“女の得”を手放すな 脊山麻理子×北条かやが語る
http://wotopi.jp/archives/29378

「人生はRPG。そう思えば楽しい」脊山麻理子×北条かやが語る、女性のライフプラン
http://wotopi.jp/archives/29521




本日発売のDRESSに5ページほど掲載いただいています。

2015-06-30-15-41-16


まず、小島慶子さんとの対談

2015-06-30-15-39-26


野心的な女子アナの人生の紆余曲折な小説、

わたしの神様
小島 慶子
幻冬舎
2015-05-01



Kindleはこちら



すんごい、いろいろな意味で衝撃的な小説で、
それを題材に対談しました。前からお会いしてみたかったので嬉しかったです。


そして、毎月恒例のコラム「すべての女性は、自由である」

2015-06-30-15-39-06


今回は、時代が変わったから、育児の古い概念に縛られないでいいんじゃないでしょうか
というテーマです。


よろしければ、DRESS、手に取ってご覧下さいませ。




雑誌だけどKindleもあります





1時間1000円〜即日予約可能な安全・安心のベビーシッターサービス【キッズライン】

■キッズラインご利用の流れ■

29

ご利用の流れ
https://kidsline.me/help/user



■私たちカラーズでは第2創業メンバーを募集しています。



=====================================

There is a discussion between newscaster Keiko Kojima and I featured on this month’s DRESS magazine. We are talking about her newest novel, which I was very shaken by. I have always wanted to meet her in person, so I was very blessed to be able to meet her like this.  

↑このページのトップへ