キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tag挑戦


よく「自信がないのですが、どうやったらつけられますか?」という質問をいただく。

人生に自信は不可欠だ

だって、自信がないと、新しい挑戦も、隣の誰かに声をかけることもできない。

起業もしないだろうし、転職もできないだろう。人を愛することもためらえば、日々の仕事においてでも、ちょっとした工夫をするより、無難な道を選んでしまうだろう。

そう、自信がないということは、ずーーっと生きることを無難に終えてしまうだけれはなく、人生に彩も、自分らしさも、可能性もすくなくなるのだ。

とはいえ、

私も、自信があったわけではなく、むしろチキンな性格を自覚してる。


でもある日気づいた。

「自信的」なものを持つのは実はすごく簡単。


というか、視点を変えれば、もう自分の中にあったんだなーと。


ある時、自分を生きててふと気づいたことがあった


そんな、私が会得した、自信のつけ方について、Voicyでお話ししたら、

「そんな考え方があったのか!」と意外と目からウロコだったようなので、シェアさせていただきます。
よかったら聴いてみてください。

要約すると以下のようなこと…





そして、先日配信した、サイバーエージェント藤田社長とのエピソードは、かなり好評だったので、よろしければお昼休みにでもポチって見てください。




今月は私の中でVoicy強化月間。

いろいろと試行錯誤して、音声のパワーについて会得したいなと思っています。

ぜひ、みなさんもご贔屓ください。

仮想銀座高級クラブ「かほこ」
https://voicy.jp/channel/630

お待ちしています…

IMG_7436

こちらは、仮想ではなく、「リアル」のイベントもお待ちしています!





ある尊敬する経営者に教えてもらった言葉。

とても心に響いたので書いてみようと思います。

その人は、長い間苦労しながらも、事業も、大成功をおさめたからか、

忍耐強さは飛び抜けて一流で(肉体的にも精神的にも)

だからこそ周囲にも優しく、本当に強い人だなーとリスペクトしていたのですが、


そんな彼でも「命の危険すら感じる、ハードな出来事」があったそう。

確かに、話を聞くと壮絶

彼自身も、彼ほどの人でも、苦しくて途中で逃げ出したくなったほどだったとか。

でも、逃げるわけにはいかない

そんな風においつめられた彼は、真夜中に、やって立てなおったこと。それは、


「どんとこーーーい!」 と思いっきり空に向かって叫んだこと

だったそうです。

なるほどーーーと、感動してしまいました。

===

どんとこいとは、言葉の意味を調べてみると、

こちらに向かって来るものを、確実に受け止めるという心意気を表す語。



どんなに苦しくても、大変でも、逃げる訳にはいかない、乗り越えるしかない、

そんなときは、「かかってこいやー、何でも乗り越えてやるぞっ」という覚悟してしまったほうがいい。

覚悟した人は強い。そして、覚悟の強さが、「どんとこい!」が、唯一のゴールへの道なのだと思います。


私も、いまのキッズライン日本の新しい育児インフラになるまで、絶対にやり続ける!

という覚悟があるので、

「どんとこいマインド」

で、しっかりこれからも邁進していきたいと思います。

===

最近は、noteの更新にはまっています。

嬉しい反響がすごく増えてきて、購読者も増えてきて、ありがたく感じています。

ブログには書けない話で、みなさんの勇気やエネルギーになる内容でこれからも書いていきます。


最近の更新で反響が良いものは、

お金の話

運気の話

高級着物を激安で着れる話





そして、先月の人気ランキングは以下です。

どのような記事を書いているのかの一覧は以下よりご覧いただけます。

月刊『経沢香保子の本音の裏側』

56
09

一覧こちら










人生にはきれいごとではどうにも行かない瞬間というのがやってきます。
それがいわゆる逆境に立たされたときです。

その瞬間こそ、自分自身が試されます。

ヒーローはその瞬間、スポットライトがあたってしまう。
ボロボロに負けているのに「負けてはいないぞ」と立ち上がる。
それがヒーローです。
そんな逆境でこそ輝く、それがスーパーヒーローなのです。


人が諦める場面で、諦めないこと。
それこそが、持ち得た才能を発揮できるか否かの分かれ目となるのです。



それまで「できなかったこと」を「できる」ようにしてきたのが「人の生の歩み」です。
成長とは自分の限界を超えることなしには始まらないのです。



以上『自分を超える勇気』より引用

自分を超える勇気 (ベスト新書)
久瑠 あさ美
ベストセラーズ
2014-07-26




新しいことに挑戦すると、自分のいままで使ったことがない部分が刺激されて、自分も気づかなかった、もっていた新しい側面や能力を発見できるなーと思う最近です。


2回目の起業のこともそうだし、LaunchPadの挑戦もそうだった。何かに取り組むと必ず成長があって発見があって、未来につながる。



最近のちゅうつねの取り組みもそうですが、どんどん新しいことをやって、結果をシェアし合って、(最近は電子書籍出版の話が熱い)自分の可能性や、ちゅうつねメンバーの可能性をどんどん広げて生きたいと思っています。毎月副業でプラス1万円を稼げる自分になるというテーマも盛り上がってきました。いろんな新しいことに挑戦して、一緒に頑張っていきましょう。

https://synapse.am/contents/monthly/chu_tsune







↑このページのトップへ