キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tag政治


待機児童問題は、いまや、待った無しで、

安倍総理大臣は、4月の現状を取りまとめて、6月に再度待機児童ゼロプランをだすそうです。

保育園だけでは、どう考えても追いつかない現状や、病時施設不足などによる預け先不足問題を

キッズラインの仕組みで何かお手伝いできないかと、政府への提言活動を行っています。

保育園への月額補助は1人あたり40万円〜60万円と言われていますが、

キッズラインならその約半額でできます。

提言内容↓


というわけで、木曜日は、自民党のIT戦略部会にて1時間プレゼント質疑応答させていただきました。




また、金曜日には、元榮議員に、今後の活動方法についてアドバイス頂きました。


元榮議員には、いままでの既存の仕組みではなく、新しい仕組みの中に入れたらどうかということで、

来週は「こども保険」を提言された、小泉進次郎議員に提案させていただく予定です。


まだまだ、インターネットを使った仲介ということで、誤解されやすい部分もありますが、

新しくて革新的だからこそ、通常の3分の1の値段で出来き、圧倒的スピードが実現できるのでもあります。

ですので、一人でも多くの方にお認め頂けるよう、ユーザーの方への接点を増やしていくばかりではなく、自治体や政府にもご理解頂けるよう活動して参ります。

1日も早く、日本が育児がしやすい国になるように、これからも努力して参りたいと思います。

引き続き応援してください!





みなさん、東京都知事の小池百合子さんが立ち上げた「希望の塾」通称「小池塾」
小池百合子政経塾


ご存知ですか?

08

https://koikejyuku.tokyo/


なんと、応募期間が短かったにも関わらず、4000人が殺到したそうです!!

11


下世話な話ですが、全6回のこちらの塾

受講料は一般男性が5万円(女性4万円、学生3万円)だそうです!

『仮に応募者全員の入塾を認めた場合、2億円近い集金力になる』(こちらより引用)



さて、今回の小池塾の特徴に、女性参加者の多さ、が挙げられるそうです。

通常、政治塾というと、女性の参加者は1割にもみたない事が多いのに、

この小池塾はなんと3割近くが女性の応募!


そこで、さすが、待機児童や育児政策に力をいれる小池百合子氏

この小池塾は子連れ参加OKとし、その託児を私たちキッズラインが請け負う事になりました!

キッズラインの使いやすい料金設定(入会金・年会費がいらない、業界最安値)

シッターさんの多様な経験や資格保有社などスキルなどの豊富さ、

そして、シッター人数を参加者人数や、お子さん状態にあわせたフレキシビリティーな

手配可能なシステムが評価されたのだと感じていて、嬉しいです。


2016-10-28-16-07-13


私も初回には塾長小池百合子都知事にご挨拶させていただく予定です。

いままで、数々の調査を繰り返してきた育児に関する問題の調査、

そして、待機児童問題をどうやって一瞬で解決するのか、私たちの提案や実証結果を

しっかりとお話させていただければいいなと思っています。

(キッズラインのユーザーのみなさんからの、アンケートやご意見も反映し、届けます。ご協力感謝です)




そんな風に、単純にサービス提供にとどまらず、

「日本にベビーシッター文化」を広めるべく、待機児童問題を解決すべく

私たちが全力をあげて頑張っている、キッズライン。

毎月シッターさんが50人〜100人くらいデビューしてるんです。

地域を登録しておくと、ご自分の近くにシッターさんがデビューした事をお知らせする機能も人気です!


以下のような、経験豊富な、保育士などの資格をもち、安心して預けられるシッターさんがたくさんいます。

登録無料、年会費や月会費も無料ですので、ぜひ、いざという時のために

キッズライン登録しておいてくださいね。









↑このページのトップへ