キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tag新刊


現C Channel社長で、元ライン社長の森川さんのインタビューがすごく勉強になった。

そして、僭越ながら、森川さんとは一緒に英語を勉強したり、時折ご一緒させていただくなかで、

尊敬もしているけれども、割と多くの共通する考え方もあるような気がしていて、

そして、何よりも、髪型と笑い方が大好きで、お慕い申し上げている。


このインタビューも、私自身も会社員時代に年収半減転職をしたり、起業してからも、収入や肩書きをすべてすててゼロからやり直した経験があるので、たくさんの箇所に共感した。

特に、自分が創り上げた組織を離れるのは辛い。

また、それだけではなく、全くなにもないところから、資金を集め、人を雇い、オフィスを構え、チームを作り直し、メンバーと信頼関係を構築しながら、ゼロから事業を創り上げるというのは、はっきりいって、簡単ではない。

大きな会社でもなかなか新規事業が成功しないご時世に、その前からさかのぼってやるのだ。

当然、できたばかりの会社から給与なんてとれないし、自分自身の生活や、会社の赤字分は自分の出来る仕事で稼いでいくことだって必要だ。

うまくいくことより、うまくいかないことだって多い。挑戦とはそういうものだ。
どんなに強い志があっても、言葉では尽くし難いプロセスだってある。

それでも、私は、仕事とは、社会の課題をみつけ、それを解決することを選べることのほうが幸せと思っている。

そして、追い込まれながらも挑戦し続けることで、自分の持っている潜在的な能力がぐんぐん発揮されていくプロセス、自分が成長していくことは、年齢がたてばたつほど相乗効果を増し、素晴らしい人生をつくりあげてくれると確信している。

以下の箇所、
自分がやりたいことをやるより、やるべきことをやったほうがいいということ。

そして僕の場合は、社会を大きく変えたり、人の笑顔をつくるようなことに自分なりのやりがいを感じるということに気づきました。

社会の課題を見つけ、それを解決するための「やるべきことをやる」のが向いていて、かつ、自分が本当にやりたいことだとようやくわかったのです

そして、自己成長マニアな私は、以下。

自分を限界に追い込んだときに能力が発揮され、それを乗り越えたときに成長することがわかっています。
だから、つねに収入よりも成長できる道を選んできたというわけです。

そして、本当に本当にそうだな、気づかされたのは、

僕は、たくさんの「偉い人」と出会うなかでわかったことがあります。それは、肩書や地位と能力は必ずしも比例しないということ。

もちろん、なかには「偉い人」と「すごい人」の両方を兼ね備えているかたもいます。


ただ、「偉い人」というのは弊害になりやすいものです。現状を変えること、チャレンジして失敗することをおそれるようになるからです。



森川さんのおっしゃる通り、世の中には、残念ながら、弊害になりがちな偉い人もいると思う。

たとえば、肩書きやポジションに満足してしまうと、その力を失わないように挑戦しなくなるばかりではなく、

その肩書きパワーを、周囲の気遣いや挑戦を搾取するために使うなど、社会のためではなく、自分のために利用する人をみると悲しくなります。

せっかく、その位置を手に入れたのであれば、その地位がもつパワーをより社会の発展に貢献していけば、もっともっと世の中がよくなるのになーと思います。


と、自分の感想を織り交ぜて書いてしまいましたが、とても素晴らしいインタビューだったので、

ぜひみなさまにも読んでいただきたくて、以下シェアさせていただきます。


新刊も出されたそうです! さっそくポチりました



森川さん、新刊の出版おめでとうございます!


【ただ今 ベビーシッタープレゼントキャンペーン中】


【私たちの挑戦】








みなさん、GWいかがおすごしでしょうか?

私は久々にドラマなんぞ一気見たりして、いつもと違う方向に心を動かすようにしています。

さて、おかげさまで、先日発売した新刊、読んだ方から大変好評いただいていて
ありがたいです。




ブログにまで書いてくださってありがとうございます。




みなさんの感想はTwitterなどサーチして、嬉しくすべて拝見させていただいています。

よろしければ、お手に取っていただけると嬉しいです。


すべての女は、自由である。
経沢 香保子
ダイヤモンド社
2016-04-25






来週金曜日22日に発売される新刊『すべての女は、自由である。』の見本誌が届いた。

2016-04-15-14-11-14

いつもどきどきする瞬間です。


2014年から雑誌で連載してきた「すべての女は、自由である」というタイトルのコラム。

おかげさまで大変評判がよく、「泣きながら読んだ」「この連載のために雑誌をかってます」など身に余る言葉をかけていただくようになり、

このテーマで、既存のコラムに、大幅に、新しいコラムを書き足して合計39テーマで書き下ろしさせていただだいたのがこの本です。


昨日も新しい記事を配信したのですが、おかげさまでありがたく反響頂きました。


他にも、新刊内容のチラ見せとなりますが、以下のようなトーンの記事が掲載されています。


自分らしい人生を生きるために、私がつかみ取ったこと、
自分の心と上手に向き合うために、奮闘した経験、
パートナーシップの失敗から学んだこと。。。



私たち女性は、いま、女性のライフスタイルが急激に変わる時代に生まれ、
それにともなう育児や仕事の両立の問題などがネガティブに取り上げられることがありますが、

私は、母親世代より、生きる選択肢がこれだけ自由になった現代に生まれたことに心から感謝し、享受し、後に続く女性達へ何か残す生き方をしたい、一度きりの人生を、最高に魅力的に創り上げたいと心から思っています。

(私の志は「女性が輝く社会の実現」ですが、人生の目標は、「花さかばあさん」なので。)

いまの、私たち女性が道を歩けるのは、茨の道を身を削って切り開いてくださった、先輩女性達のおかげ、育ててくれた母親世代のおかげ。

私自身は、たいした成功は出来ていませんし、自分の目指すところを考えるとまだまだ道は始まったばかりです。

なによりもこの失敗ばかりの人生、傷だらけの道ですが、そこから立ち上がるときに、掴み取ったリアルな学びは沢山ありました。周囲の皆様のおかげで、運良くまだしぶとく生き延びています。

ですので、後に続く女性達がショートカットできるように、すこしでも参考になればという気持ちでこころをこめて書かせていただきました。

なんと、はあちゅうが、早速感想を書いてくれました(4月17日追記)







来週発売日22日には、『伝え方が9割』の佐々木圭一さんとも対談させていただきます。参加無料ですので、ぜひ奮ってご参加ください。





新しい育児スタイルを提案することで、女性が輝く社会に講演するという活動ばかりではなく、
女性の生き方の提案や、女性起業家の支援なども、「女性が輝く」のビジョンに従ってさせていただいています。

今週、来週の活動などなどのご報告です。


#ちゅうつね #女性起業塾サロン #ちゅうハヤの人たちも、それ以外の方も参加できる、
なんと、参加者100名を超える、素晴らしいイベント。

今週土曜日4月16日はグロービス経営大学院にて、
松村社長と小松成美さんの対談です。またとない機会
になりそうです。

私とはあちゅうも冒頭15分お話させていただきます。まだお席に余裕がありますので、奮ってお申し込みください。



そして、4月22日(金曜日)には、新刊がいよいよ発売になります!
表紙がAmazonに反映されました。


そして、その日は新刊発売を記念して、あの85万部のベストセラー『伝え方が9割』の著者の佐々木圭一さんと対談させていただきます。まだお席わずかあるそうです。先着順参加無料です。



そして、5月の#ちゅうつねカレッジでは、あの家入さんが登場します!


#ちゅうつねカレッジ 最近かなり盛り上がっています!!



そして、メンバーが200名を超え、有名コメンテーターからのご意見もかなり
活発に巻き起こっている、女性起業家サロン、まだメンバー募集中です!
3ヶ月限定ですので、お急ぎください。




そして、毎度のことながら、毎週金曜日はワイドスクランブル生放送に出演しています。
隔週金曜日は、モーニングクロス。


そして、noteも更新しています!



月刊マガジンもおかげさまで好評です。


また、こちらの『ベンチャー魂は消えない』もKindle本一気に読める量で、99円で
おかげさまで大好評です。



引続き、よい発信が出来るように頑張って参りますので、どうぞ宜しくお願い致します。


↑このページのトップへ