キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tag潜在保育士


あなたの街にもキッズライン!

お住いの地域にキッズラインを広めて、育児の便利な街をつくりませんか?


政治家の皆さんが選挙に忙しい間、私たちは、次年度の待機児童対策というか、
とにかく日本全国に新し育児のインフラを作ろう!ということで立ち上がった、全国展開プロジェクト

おかげさまで、なんと100名近い方が早速プロジェクトメンバーとして、自己紹介が始まっています!

たのしそう!

そして、そして、都道府県ごとに活動協力していただきたいので、以下の都道府県がまだ拠点長がいないんです!


青森/岩手/秋田/山形/福島/新潟/富山/石川/長野/岐阜/三重/滋賀/和歌山/島根/山口/香川/高知/佐賀/長崎/熊本/沖縄

にお住いの皆さん!!!


ぜひぜひ、あなたの街にもキッズライに広めるのご協力ください。

1日数分から、自宅で新規プロジェクトに参加できます。私とわかちゃんが、

45


こんな風に、二人で笑いながらやってますが、もっともっとみなさんにもお仲間になっていただきたく、これからどんどん楽しく盛り上げていきます!

ちなみに、この方も!顧問です。



顧問👍の動画:
https://www.facebook.com/kahokotsunezawa/videos/1480237452032509/?permPage=1


02


在宅から、気軽にご参加いただけますので!

・いままでにないインフラをみんなで作ってみたい方
・新規プロジェクトで盛り上がりたい方
・何かをやろうというエネルギー溢れる仲間と知り合いたい方
・キッズラインを応援したい方

どなたさまも、ぜひ仲間になってください。副業でも、ダブルワークも、在宅も参加可能です!

一緒に楽しみながら、日本の育児問題を解決しちゃいましょう!

ぜひぜひ、おまちしています!


フォームに書いていただければ、こちらから秘密のフェイスブックグループに招待いたします!

19


より詳しく知りたい方は、よろしければこちらも合わせてご覧ください!





今日、プレスリリース出させていただいた以下



大変、たくさんの反響をいただいて嬉しいです。
寄せられたコメントは以下のようなものが多く、みなさんが潜在的に「保育士はもっと報酬を受け取るべき」そんな、同じように感じてくださったのが嬉しいです。





そして、実際にキッズラインで半年働いた方の感想も嬉しかった


個性的でキャリアをもつサポーターさんが多いキッズラインは、夏休みの自由研究も、宿題も、英語もお任せ下さい!




昨日のニュースで、「待機児童の対象拡大」というものがありました。

今、待機児童は全国に約23500人とされていますが、カウントの仕方が変わることで、これまで潜在待機児童とされていた人も含まれるようになるので、今後ますます増えるのではないか、ということです。

28


これまで待機児童の基準は、「保育の必要があるのに、保育所などに入れない子ども」とされていましたが、「自宅から離れた施設を提示されて断ったり、施設が見つからずに育児休業を延長したりしている場合には、待機児童にカウントされない」という自治体も多い、という問題があり、今後そのカウント基準を統一していく流れとなっているそうです。

待機児童問題は決して他人事ではなく、少子高齢化が進む中、日本の国力低下につながる大きな問題だと思っています。

実感として、我々が運営する、ベビーシッターサービスのキッズラインでも「どの保育園も入れず待機児童になってしまったので、シッターさんにお願いして会社復帰する」という保護者様からの依頼が増えています。

たとえば⇩

待機児童対策の最前線?!保育園に入れなくてもベビーシッターで職場復帰へ—長友好江さん



待機児童問題を解決するためには、保育園の数を増やすということも大切なのですが、実は保育園を増やしても、もう1つ「保育士不足」という問題が残っています。

保育園で働く保育士さんは、待遇面・職場環境・人間関係等に悩み、保育士を辞めてしまうケースがすごく多いとされていて、せっかく資格を持っているのに保育士として働いていない「潜在保育士」が全国に約70万人いると言われています。 

キッズラインでは、この潜在保育士の方々が働きやすいよう工夫しています。
好きな時間で好きな時給で働けるキッズラインは大好評です。


潜在保育士の方達は、本当は子どもが好きだけど、保育園には戻りたくない、戻れないという人が多いのです。

ですので、フルタイムでなくても、自分の好きな時間から保育の現場に戻ることができる選択肢としてベビーシッターは人気です。

特にキッズラインは、好きな時給で、好きなスケジュールで働き、お客様からの評価も明確で感謝される仕事として大人気なのです。

ですので、一人でも多くの保育士さんが、育児の現場に復帰し、いきいきと働ける、新しいワークスタイルを伝えていくために、

保育士向け情報サイトの「ほいくらいふ」と提携することとなりました。


 53


実際に、潜在保育士からベビーシッターになった方のインタビューやベビーシッターとしての働き方も掲載しています。

38
 
キッズラインでは、好きな時間に好きな時給で働けるということで、口コミで潜在保育士さんが増えているという状況で、0歳、1歳のお子様をお持ちの親御様から大人気となっています。


こちらの新しいサイトもどうぞ宜しくお願い致します。

ほいくらいふ×キッズライン
 https://sitter.hoiku-me.com/


11


提携に関する詳細はこちらにまとめていますので、よろしければ是非ご覧下さい。

https://kidsline.me/contents/news_detail/69


新しい発信により、日本中の本当は育児現場でやり甲斐をもって、評価をされて働きたい、潜在保育士さんに、私たちの提案する新しい働き方が伝わりますよう、努力して参ります。

https://kidsline.me/sitters/welcome

15


また、私たちは深刻化する待機児童問題のために以下のような提案をさせていただいています。



日本が一日も早く、誰もが子どもを産み育てやすい社会になるよう、これからも精進します!




昨日、「保育園落ちた日本死ね!」
http://anond.hatelabo.jp/touch/20160215171759


という記事が話題になりました。


実際のところ、政府は17年を目標に待機児童ゼロを目指してはいるようです。


このように、保育園の増設は急がれているもの、


・用地取得の困難さ

・保育士不足(変わらず大きい潜在保育士問題)


など、一筋縄では解決が難しいのが現実です。


この辺は、駒崎さんのブログにも詳しいです。


「保育園落ちた日本死ね」と叫んだ人に伝えたい、保育園が増えない理由

http://www.komazaki.net/activity/2016/02/004774.html



私たち、カラーズは、この問題に真っ正面から向き合っています。


一日も早い待機児童ゼロの実現のためには、「預かる側」が充実しなくては行けないのです。

保育園以外に、早急に、日本に新しい育児支援ネットワークが必要なのです。



そのために、私たちは、日本に70万人いると言われている、潜在保育士の人たちが働きやすい環境を整備しました。



そして、親も預けやすいキッズライン(即日も1時間1000円〜手配可能なベビーシッターサービス https://kidsline.me/)をたち上げました。


サービス開始1年経ち、東京では多くの方の育児サポートをさせていただき、口コミで活動が広がっています。


また、保育園勤務が大変(給与が安い、自分の出産と両立できない、複数のお子さんを見るので重労働、親や園内の人間関係が大変で、育児に向き合う時間が少ない)


で、潜在保育士になってしまう人たちも、多く、キッズラインで、資格を生かし、復帰して働いています。


(ベビーシッターとして、好きな時間に好きな時給で登録して、一人一人のお子さんと向き合う育児スタイルだからです)


実際にこのように活躍されています。


07
35


詳細プロフィールは https://kidsline.me/sitters/show/u9121456830



保育園問題、待機児童問題を一日も早く解決するために、保育園の増設のみならず、


このように潜在保育士さんが働きやすい仕組みをフレキシブルにつくっていくことが重要だと思います。



この育児ネットワーク、キッズラインをつくって1年。

東京で多くの実績を残してきました。


ですので、この活動を全国に広げていきたいのです。



ぜひ、この社会問題を一緒に解決してくださいませんでしょうか?


ご賛同いただける方、この記事をシェアいただくか、

ぜひ、以下の、クファウドファ ウンディングにご参加ください。



リターンは、お友達にプレゼントできる、自分も使えるベビーシッターポイントです。



ですので、あなたのご参加 が支援の輪が広がり、待機児童問題の解決に繋がっていきます。

ぜひ、日本の未来のためにも、ご協力のほど、どうぞよろしくお願い致します。


https://www.makuake.com/project/kidsline/

06
16

一緒に輝く日本をつくっていきましょう!

https://www.makuake.com/project/kidsline/




↑このページのトップへ