キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tag病児保育

先日アイスタイルの山田メユミさんと対談を行いました。
 


キャリアと育児 本音対談
株式会社アイスタイル 山田メユミ × KIDSLINE 経沢香保子

 

https://kidsline.me/magazine/article/99

DSC05690 (1)
 


===


メユミさんご自身が絶賛子育て中で、キッズラインを使って

くださっています。




そんな背景からメユミさんが経営をする@コスメさんが福利厚生の一環としてキッズラインを導入してくださいました。




ママたちが一番頭を悩ます、病児保育対策だそうです。



実はキッズラインの福利厚生導入にかかる初期費用は0円
 


使う分だけ申請し、自由に利用できるので中小法人・ベンチャー企業

から大手さんまでフレキシブルに対応できるので人気。


===


他社事例はこちら
 


 

https://kidsline.me/magazine/article_list/interview_corp



病児保育や、困ったときに、気軽にベビーシッターが呼べるよになれば、


会社から補助が

でるような仕組みがあると社会も変わると思います。




=== 

詳細はコチラ



53

===
 


また逆指名も可能です!




自社に導入を
提案してほしい!と頼まれたら弊社のエースが



社長様か人事担当者様にご説明にあがります!



メールにて24時間受付中


===


sales★kidsline.co.jp(→お手数ですが★を@に置き換えてください)

 

タイトルを【導入相談】としてくださると助かります。


※応募が多い場合は、返信に多少お時間を頂戴することがございますので予めご了承ください。

=== 



お一人でも多くの親御様が育児と仕事の両立を行え、よりよい人生をすごせるよう

全力で提案
していきます!
 



私たちは、日本から病児保育問題をなくすために活動しています。







よく、運がいい、とか、運が悪いとか言いますよね。

実は、私は、ずっと17年間経営者としてやってきて、実は「運」には、大きな違いがないようにも感じています。

もちろん、笑顔で過ごすとか、敵を作らないとか、みんなに喜ばれることをやるとか、徳を積むというのはやればやるほど、確かに効果があると思います。

そうやって、いいチャンスが巡ってくるための小さな善行の積み重ねは絶対にプラスに働く、と思うんですけど、それは、「運」ではなく、「努力」でコントロールできる範疇のような気がするんです。

(逆を言えば、人の悪口ばっかり言っていたり、自分だけ良ければいいという思考の人に、悪いことが起こるのは運が悪いといより、当然の流れかなと)

それを「運がいい」の一言で片付けてしまうのは、「それほどの努力を人は運という」 by見城徹氏ではないでしょうか。

だから、特に経営者、リーダーとか責任者とか、チームや家族に責任を持つ人は、いわゆる運が良くなるような、一見運に見えるようなものを引き寄せるために、悪行を減らし、善行を積むことは大切だと思うのです。


あと、同時に、私がもっと大切で、意思でコントロールできることは、

物事を継続させること


だと思います。

やっぱり、長くやっていれば、それだけ情報も集まりますし、ネットワークもできますし、そして、打席に立つ回数が多ければ、チャンスも「数」として増えるからです。


さらに、それを楽しくやっていたら、「楽しいから思わず長続きする」というサイクルに入るので、

好きなことをやっている

というのも重要だと思います。「仕事が遊びで遊びが仕事」 byマックス松浦氏

という感じではないでしょうか?



つまり、運がいい人が持っている、最も強い力は「継続力」ではないか?

継続するには好きなことじゃないと無理だし、好きなことをやってると笑顔になれるし、周囲にも優しくできる。アイディアも湧きやすい。

そして、実は好きなことに巡り合えることが幸運なのかも

それだけでずーーっとずーーっと幸せでいれるような気がします。好きなことに時間をつかえて、好きなことで人の役に立てる。愛する人(好きな人)に出会えて、その人とともに人生を豊かにできる。

「好き」のパワーは最強です。

ふと、そんなことを徒然に考えていた私でした。

私がいま、夢中で取り組んでいるのは「日本にベビーシッター文化」を作ることです。

女性たちが、子供をもっても、自分の自律的選択肢を持てること、パートナーともいい関係が継続するための選択肢を提示したいです。

また、子育ての呪縛をとくことで、もっと多くの女性が「子供を産んでみたいな」と、少子化改善の一翼を担えるように、

クロネコヤマト目指して頑張ります!

6月は以下の取り組みを真剣にやっております。日本から病児保育問題を無くしたいです。

キッズラインの病児シッターを6月中は無料で体験できます!






私は、「120歳まで生きる人生計画」で考えてます。

そういうと、すごく驚かれることが多いのですが、医学や健康方法がこれだけ発達しているのだから、人の寿命は伸びそうだし、

また、自分の性格からして長生きしそうだと思っているので(苦笑)

==

先日(いまさらですが)ふと手に取った本『LIFE SHIFT 』には、まさにまさにまさに、このことが書いてあり、

2007年に生まれた子供の平均寿命は105歳を超えるって書いてありました!

まさに、人生100年時代で計画立てていきていこう、みたいな。

頷ける箇所が、私もそうそう、そんなこと意識してるっていうのが多くて、




私が、120歳まで生きるために大事にしていることは、

人間関係の計画(本当に大切な人と大切に過ごす愛がある人生)
健康の計画(いつまでも、心身、脳が若くあるように運動と食事の計画)
チャレンジの計画(常に新しい知識や体験を身につけ、社会に役立つ価値を提供し続けれるよう、自分を磨くこと)

です。

そういう意味で、当時を思い出すと大変だったけれども、
全てを捨てて、ゼロから、新しい事業、2回目の起業、社会を変えるための仕事に挑戦したことはよかったなーと改めて思うのです。

時折、方向性がずれてるなとか、思ってると違うと思った時の、
人生の抜本的改革は、ショートカットするためにも必要だと思うのです。

そして、そして、改めてその通りだと持ったのは「評判が人生の資産」という箇所でした。

他人の評価を気にすること振り回されることはよくないし、まったく気にならない方ですが、同時に、人を不快にさせたり、周囲を裏切ったり、損をさせたりは絶対嫌だと思っていましたが、

自分の評価=自分の行動

一瞬誤解が生まれたとしても、結局そこに落ち着いてくると書いてあり、腑に落ちました。

そして、ソーシャル時代だからこそ、常日頃からの発言、発信は「心あるもの、愛ある言葉」であろうと。


そういえば、以前こんな対談も

「誰かのいいねが資産になる」
http://logmi.jp/198157

54


いつも、まだまだ人生3分の1だし、焦らず、コツコツ、強い基盤の自分を作っていこうと改めて思ってます。

このタイミングでこの本に出会えてよかったです。

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)
リンダ グラットン
東洋経済新報社
2016-10-21




子供達には幸せに長くいきてほしいから、そして、それを育てるママたちも幸せにいきてほしいと思うから

みんなの病児あんしん解決
https://kidsline.me/information/byouji

6月中無料で病児シッターを提供する活動をしています。


今日は、こんなリリースをだしました。キッズラインでは最近「作り置き料理」「直ぐに泣き止ませる神業シッターさん」大人気です。

↓ ↓

https://t.co/6ZJD2HfcCu
35

https://kidsline.me/information/byouji

今日はキッズラインのユーザーさんにインタビューさせていただきました!


2017-06-13-14-18-05


・シッターさんに育児相談するためだけに定期的にきてもらってる。本当に頼もしい。


・シッターというと贅沢?!というイメージを周囲にもたれたが、「自治体も推薦するサービス」ということで、両親や旦那さんも「必要なもの」と認識してくれて利用許可が出た。


・顔が見える、レビューがあるというは本当に助かってて、レビュー見れば大体どんな人がどんなサービスをしてくれるかわかる


・忙しい時にシッターさんを探すので、「いかに早く見つかるか」が重要。キッズラインは圧倒的に他社より見つかりやすいが、もっともっと「検索機能」の充実は期待。


・認可外保育園と同じくらいの値段なら毎日でも頼みたい。


・子供がすこし大きくなると「良い遊び相手」という視点で探している。


・ヘビーユースしたいシッターさんは大体時給1500円くらい


・マイページに、「近所のシッターさんが登録しました」という機能は優れてる。新着あるたび、どんな人か必ずチェックしてる。


・登録者が多いので、近所がたくさん見つかるのがすごくうれしい。


・復帰前は平日に、仕事の復帰後は土日に頼むことが多い。


他にもふむふむネタが。明日もインタビューあるので楽しみです。



発見がたくさんあってますますやる気が出ました。


image


ユーザーの皆様本当にいつもありがとうございます!


他にもご利用者の方のリアルなレポートはこちらに

https://kidsline.me/contents/reviews_list





いま、一生懸命取り組んでいることは、以下です。


病児保育が6月中は無料で体験できます!





病児を頼めるシッターさん一覧(全国)


https://kidsline.me/sitter/p_3




おかげさまで、ベビーシッターキッズラインは、
毎月100名近いシッターさんがデビューしていて、総勢もうすぐ1000名に迫る勢いです!

機能も優秀なエンジニアたちがどんどんバージョンアップさせているので、ますます使いやすく便利になっています。

たとえば、
「今日、誰かに子供を見て欲しい!」そんな時でも大丈夫です。


もちろん、「明日、ちょっと外出したいんだけれども・・・」という時にも大丈夫です!


もし、「今すぐ!」とか、「条件にあった人を探すのが手間かも、、」という方は、

シッター求人機能というのがありますので、そちらでかんたん解決です!

https://kidsline.me/about/how_advanced_jobpost



へーーー、でも、実際どうなの? ベビーシッターって?? キッズラインって??
と、思われる方は、ぜひ、以下の記事をご覧ください。


ちなみに、お得なクーポンもございます!


そして、そして、ママたちの悩みの「病児保育」
私たちキッズラインは病児体制もバージョンアップしましたので、
みんなの病児をあんしん解決!
すべく、以下の活動を行なっています。ぜひ、みなさん、広めていただけると助かります。








↑このページのトップへ