キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tag目標


みなさま、あけましておめでとうございます!
戌年ですね。ドックイヤーのような成長ができたらうれしいな、と思います。

45

さて、実は、出張を兼ねての海外だったにもかかわらず、空港でPCを忘れてしまうという大胆な間抜けをしてしまった私。(電源プラグはしっかり持っているという。。。)
でも、プレゼン資料は秘書にデータで送ってもらったり、なんとかなるものですね。

しかも、知人の知人夫婦が偶然同じ場所に渡航するとうことで、本当に幸運にも手元に愛しのPCが戻ってきました。

そんなこんなで今になってしまいましたが、頭の中にあった2017年の振り返りと、2018年のことについて、書いてみたいと思います。


■2017年の取り組み 以下、3つの活動を中心に


(1)サービスの基盤の徹底化

キッズラインのサービスも2015年の2月にローンチしてから3年になりました。

とにかく安全・安心を最優先して、急がず慌てず、サービスや会社の基盤を作ることに注力してまいりました。おかげさまで、今年は去年に比べてさらにたくさんのお客様にご利用いただくことができました。

そのうえ、過去に13万件以上のシッティングをさせていたきながらも、1件も大きな事故やクレームがなかったのは本当に第一にシッターさんのおかげです。キッズラインのシッターさん全てに心から感謝します。そして、弊社のサービスに理解、ご利用いただいている、お客様のおかげです。どうぞ引き続きよろしくお願いします。

01

今年の活動ダイジェストはhttps://kidsline.me/contents/news_detail/234

さらに、僭越ながら、優秀なエンジニアのみんなのおかげで、システムがより進化しました。シッターさんと親御さんの電話やメッセージ、アプリのやり取りを極限までスムーズに、事故が起こりにくく、親御さんのストレスがないよう、これからもよりブラッシュアップしています。テクノロジーの力を極限まで利用して、利便性と安全性、そして満足度を高めていきます。

社会に貢献しようと頑張る誇らしいチームキッズラインのエンジニアのみんな(以下現在の主要メンバー↓ ↓)本当にありがとう。引き続きよろしくね。来年も新エンジニア入社予定で、増員してますます頑張ります。

09
https://www.wantedly.com/companies/colorsinc/post_articles/65923

05
https://www.wantedly.com/companies/colorsinc/post_articles/66664

23
https://www.wantedly.com/companies/colorsinc/post_articles/64684

(キッズラインは絶賛、エンジニア募集中です)


そして、チームキッズラインのホスピタリティー溢れるサポートチームのおかげで、解決センターの設置や、コンシェルジェデスクの設置など、ネットを使っているから、プラットフォーマーだからということではなく、お客様に安全を届けるのが仕事と、しっかりとサポート強化できたのも良かったと思います。

image

55
コンシェルジェチームのみならず、採用をする部門のみんな、マーケのみんな、本当にありがとう!心を砕いてくれてたくさんの愛を届けてくれて、感謝しています。あなたたちがキッズラインの「心」「heart」です。

(2)政府への提言活動〜1時間500円程度で誰もが使えるように

私たちキッズラインは、女性が輝く社会をつくるために、そして、子供とママの笑顔を増やすために、政府にも提言活動をしています。

2017-12-20-01-37-39
2017-04-30-12-40-59
2017-04-14-18-21-32
2017-04-14-16-56-36

1時間1000円〜即日もベビーシッターを24時間手配できるシステムを提供していますが、

私たちの願いは1時間500円程度で、誰もが安心して、簡単に使えるベビーシッターのインフラを作ることなんです。

ですので、現在のところは、リロクラブやベネフィットワンなどの福利厚生サービス経由、法人営業により多くのナショナルクライアントにも導入を始めています。

さらには、6つの自治体(品川・渋谷区、千代田区、調布市、福岡市)でも。
34

申請方法などの詳細はhttps://kidsline.me/service/price


実は自治体導入も、キッズラインのユーザーさんが「キッズラインを対象にしてほしい」と電話してださったので実現したんです。これからもユーザーさんと協力しながら、対象範囲を広げていきたいと思います。

ですので、2017年はとにかく、私自身も積極的に政府に足を運ばせていただきました。多くの政治家のみなさんが耳を傾けてくださって、必ずしや「誰もが育児しやすい社会」「待機児童ゼロ」を実現していきたいです。

お話を聞いてくださって、活動を応援してくださる政治家の皆さんには心から感謝です。


そして、私自身大変保育園にお世話になっているのですが、待機児童問題の解決が困難を極める中、賛否を承知で、思い切って以下の提言をさせていただきました。


22
35

続き・・・

https://note.mu/kahoko_tsunezawa/n/nfb85115ec99b


少しつづ、キッズラインの活動が認められればと思ってます。2018年も引き続き提言活動は続けてまいります。

ですが、どうぞ、みなさまも、応援いただけると嬉しいです。

というのは、ユーザーの方が自治体や政府や内閣府の子育て課などに連絡してくださるのが一番の後押しになっているのです。

企業がいうのはもちろんですが、現在の世の中では、利益団体と見なされがちです。それよりもユーザーの方が「キッズラインを導入してほしい!」といっていただくと実現可能性がぐんとあがるんです。やはり国も自治体も、一人一人の国民の声に耳を傾けてくださっているんですね。


(3)ベビーシッターを文化にするための活動


とはいえ、「ベビーシッター」というのは、まだまだ日本では富裕層のも、ちょっと怖いというイメージがあると思いますので、中間マージンコストを徹底的に圧縮して「誰もが使える値段」にすることのみならず、「サービスの徹底的な可視化」により「安心してつかえる」など、工夫してきました。

ただ、改善や工夫はしても、それが伝わらないと、ムーブメントにならない
「文化」にすることが私たちの目標です。

ですので、多くの方にご協力いただきながら、啓蒙活動にも力を入れてきました。

2017年は、待機児童の時に「不承諾通知買取りキャンペーン」を行って、たくさんの報道関係のみなさまに取り上げていただくこともできました。

06

インスタ映えする(?!)不承諾通知の数々。。。待機児童になって悔しいとおもう気持ちをポジティブに変えたいと思って、頑張りましたw

57
49

報道いただいたマスコミのみなさま、本当にありがとうございます。私たちは皆様に育てていただいているなーと思います。

==

他にも、ママたちばかりが仕事や育児に24時間休みがないという現実、まったく働き方革命から遠いママたちのために以下のような活動も

12


週に1回キッズラインを使って、ママも自由な時間でリフレッシュしてほしい、そして笑顔で育児と仕事に向き合ってほしいという思いなのですが、本当にたくさんの方にご協力・応援いただき、

34

たくさんのママにノー残業デーを届けることができました! 支援いただいた方本当にありがとうございました。皆さんのご協力で活動が輪になって広がりました。

56

2017年をまとめただけで、だいぶ長くなってしまいました。年末には全国展開プロジェクトも開催して、プロジェクトメンバーには感謝の気持ちしかありません。

16

全国に同志がいるのは心強いですね! 本当にありがとう!

スタートしたばかりの全国展開プロジェクトも拠点長と300名近い仲間のおかげで、キッズラインは現在29都道府県で使えるようになりました!

33
あなたの地域でも使えるかぜひチェックしてみてください。引き続き頑張ってきます。
https://kidsline.me/sitter

そして、アマゾンログイン、アマゾンペイもキッズラインができるようになりました。(絶賛使い放題キャンペーン実施中
2018年はもっともっと全国に便利に広めていきます!

本当に本当に関係者の皆様のおかげです。心より感謝申し上げます。
===

2018年はさらに活動を加速していきたいです。だいぶ長くなってしまったので、上記以外のテレビや講演や女性起業家サロンの活動、2018年の目標など、また、改めてブログ書くかもしれませんが、

2018年の目標は、写真の以下の通りです(^∀^)なんか写真が間抜けですみません。。。

image


詳細は、podcastでお話ししていますので、興味がある方は、ぜひ、無料でダウンロードできますので聴いてみてくださいね。

↓↓


そして、キッズラインでは一緒にこのような活動を、日本ばかりではなく世界に広めていきたい仲間を募集しています。



創業からの私たちの活動に興味のある方はぜひ、以下もご覧いただけると嬉しいです。


チームキッズラインの仲間とともに引き続き頑張って参ります!

2017-12-21-00-53-13

どうぞ、引き続き応援いただければ嬉しいです!

みなさまも素敵な一年を!


英語ペラペラだったらかっこいいのに!

2016-10-23-16-37-35

でも、英語のマスターって、とってもとっても、遠い道のり
。。。

私は、TOEICうけたり、たくさん塾に通ってみたり、オンライン英会話やったり、

しまいには短期英語留学したり。。。いろいろと試行錯誤して、

結局、ネイティブにはなれないから、どうしたものかと。


(あ、そういえば、今までで一番心揺さぶられた英語の教材は以下でした。)




他にもいろいろと手を変え品を変え、試行錯誤したのですが、そんななかで、ふと気づいた、

「そっか、目標しぼればいいんだ」

「私は、なにか海外進出のきっかけが欲しいんだ」

「だったら、こうすれば海外進出のきっかけ掴める英語になるかも」


と、思って、実践した事を

月刊マガジン「経沢香保子の本音の裏側」(一部有料)に



苦心している「英語勉強方法」について、3本ほど記事を書きました。

(有料記事の紹介で、不愉快に思った方いたら、ごめんなさい)




その結果、

2016-10-23-16-40-22


なんとか、英語でキッズラインのプレゼンが出来るようになりました。

(日本語バージョンのプレゼンはこちら


↑このページのトップへ