キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tag社長


土曜日は、主催させていただいている女性起業家サロンのイベント3回目でした!

13497555_1129928207064755_3405152242111214906_o-2


運営も女性起業家サロンのみなさま(本当に気持ちよくて素敵な方々ばかり)

2017-06-10-12-47-30

着々と準備が進みます。

2017-06-10-12-28-12

こんながらーんとした広い会場も

2017-06-10-12-27-06

みなさんがいらしてくださって、満員御礼!

約50名の起業家および起業家予備軍と、メディアの方も4社ほど。

2017-06-10-13-22-05

とにかく、お天気が良くて気持ちいい日でよかった!

そして、いよいよ第一部スタート
2017-06-10-13-25-11

2017-06-10-20-31-10



2017-06-10-20-31-13




すごくみなさん熱心に聞いてくださって、

2017-06-11-09-01-08

実況レポも


上記、講演の様子は、サロン内限定で動画配信される予定です。


それからそれから、参加者による1分プレゼンや交流会

2017-06-11-09-01-29
2017-06-10-14-14-03

このサロンに集まる方は(もちろん男性起業家および予備軍もいらっしゃるのですが)
みなさん、本当に魅力的な方ばかり

運営メンバーは、サロンメンバーの中からいつも有志がやってくれて、
2017-06-10-15-07-52

交流も深くなり、起業で必要な支え会える仲間、親友に出会えるのもすごく大切だなーと思います。

人生は出会いで劇的に変わる

本当にそう体感して来ました。

早速、感想をブログにあげてくださった方も!


2017-06-11-09-01-01

これからも24時間オンラインでも、そしてこのようなイベントも開催(サロンメンバーは参加無料)
していきますので、
ぜひ、興味のある方は、年齢性別かかわらずご参加いただけますよ!

学びながら、素敵な仲間を作っていきましょう!




知人の経営者が、メルマガに
こんなことを書いてくださいました。

すごく嬉しいので、ご本人の許可をとって、転載させていただきます。

====

4,5年前に、

「これからは、社会貢献するために
ビジネスをする」

と、言い出したとき、

多くの人に鼻で笑われました。

あるいは、ドン引きして
サーッと私から離れていくのが
分かりました。

あるいは、親しい友人には
心配されて、

「大丈夫?何かあった?」

と、心配そうにおでこに手を
あてられました。(おでこは嘘)

先日、10年来の友人が当時を振り返って

「社長が社会貢献とか言い出したときは
ヤバイ世界に足を踏み入れたと思った」

と言われました。

そもそも、なぜ、

「社会貢献とか
世の中の役に立ちたい」

という動機でビジネスを
するようになったかと言うと、

ひとつあるのは、

「私の器が小さかった」

のだと思います。

なぜ、そう思うかというと
周りの経営者の人たちよりも

自分のためや
お金のために

頑張れなくなるまでが
早かったように思うのです。

器が小さいので、早々に
自分のために頑張ることが
できなくなりました。

そして、

なぜ、周りの人たちと
話が合わなくなったかというと

ほとんどの経営者さんは

「お金という物差し」

で、ビジネスをしています。

会話のほとんども

「こんなに売上があがった」

「こうしたら、もっと売れる」

「あんなに儲けるなんてすごい」

みたいな話をしています。

それが、悪いというのでは
ありません。

もちろん、私もそういう話を
します。

ただ、そのような人たちに

「社会貢献したい」

とか

「世の中の役に立ちたい」

とか

「社会を良く変えたい」

という発言をしても
全く刺さらないのです。

そういう物差しを持っていないので
興味がないのです。

そして、

「何をキレイゴトを」

と言われてしまいます。

・・・・・・・

さて、そうして

・お金儲けのためではなく

・世の中に役立つために
・世の中を良くするために

という動機でビジネスを
始めようと思ったのですが、

正直、どうしていいか
分からない部分もあり
身近なところから始めました。

それが、

ミャンマーのプロジェクトだったり
女性の社会進出を研究する
北欧視察のプロジェクトです。

そして、

起業について教える講座も
なぜ、自分たちがそれを教えたいのか?

そして、その事でどう世の中に
貢献していくのか?

という軸で情報発信を
するようにしました。

実際に、そのように考えるように
なってから、

モチベーションで悩むことも
少なくなり、

お客さまに喜ばれるので
とてもやりがいも
感じるようになりました。

そして、

幸いな事に、

少しずつ、世の中でも

儲けるためだけではなく、

社会の問題を
解決するために
ビジネスをしたい。

社会を良くするために
貢献するために
ビジネスをしたい

と、考える人も増えてきました。

そして、そういう事に
興味がある人が
少しずつ周りに集まって
くれるようになりました。

まだまだ、小さな輪ですが。

なので、私のメルマガを
ずっと読んでくれている人は
きっと、そういう気持ちの人も
多いと思います。

ということで、

もし、あなたがビジネスを
している、

あるいは、これからしようと
考えているのであれば、

ぜひ、社会貢献の視点を
取り入れて欲しいと思います。

今となっては、

「そっちの方が、絶対にいいよ」

と言えます。

やりがい的にも
モチベーション的にも

お金以外の物差しを持って
ビジネスをした方が楽しいです。

そして、今、抱えている問題、

例えば、

集客やセールスや
モチベーションについても
解決策は実はここにあるかもしれません。

振り返ってみれば、

『社会貢献とビジネスを融合したい』

というテーマをこの数年間
ずっと持ってきたように思います。

もちろん、まだまだ形に
しきれていないので
私自身も絶賛挑戦中です。

これからに期待をしていてください。

・・・・・・・

それで、今、起業している人も
これから起業しようとしている人も
ぜひ、参加をして欲しいイベントがあります。

日時は、今週土曜日の午後1時からです。

なぜ、このイベントをおすすめするかと
言うと、

私自身が、方向性を変えてから
悩んでいる事がありました。

それは、

自分と同じような社会貢献の気持ちで
経営をしている成功者の人がなかなか
見つからないということでした。

一見、貢献タイプに見えても親しくなったら
ただの策略でやっていた、という事も
あります。

なので、方向性を変えてからも

「これって、やっぱりキレイゴトで
ビジネスとしては
成り立たないのではないか?」

と不安になることもありました。

そんな中、

「自分が正しいと思うことをしよう!
やりたいと思う形で貢献しよう!」

と、迷わなくなったのは
ある人の本を読んでからです。

その方は、

経沢香保子(つねざわかほこ)さん
と言います。

経沢さんの事は、週末の朝にテレビで
見たことがある人も多いと思います。

女性の史上最年少上場記録を
持たれている女性経営者の方です。

現在は、

1000円でベビーシッターさんを
即日、予約手配できる

シッターさんとお母さんをマッチングする
キッズラインというサービスを展開しています。

「ベビーシッターを日本の文化に」

というテーマで、待機児童の問題解決や
女性の社会進出支援をされています。

その経沢さんが、主催している
女性起業家サロンのイベントが
今週の土曜日にあります。

女性起業家サロンのイベントですが
男性も参加できます。

私の中で、経沢さんはやっと出会えた
社会貢献を軸にビジネスをして
成功されている方です。

いつも勇気と指針をもらっています。

実際に、どうやって

社会貢献とビジネスを融合していくのか?

というのは、中々イメージが分かないかと
思います。

その答えは、実際に実践されて
成功されている経沢さんの話を聞くのが
一番だと思います。

また、女性の方であれば、

リアルビジネスで起業している
先輩の女性経営者に出会うのは
難しい現状があると思います。

女性が聞きたいのは

・どうやってビジネスを立ち上げるのか?

・家庭と仕事の両立はどうしたらいいのか?

・苦手なことをどのように人に頼むのか?

など、具体的な話だと思うのです。

しかし、成功されている本物の女性経営者の方に
そういう話を聞ける場があまりないと思います。

経沢さんのイベントは
以前参加した事があるのですが

経沢さんの話はおもしろく、
笑いっぱなしで、かつ、
勉強になりました。

また、コミュニティーの人も
気さくでなので、良い人ばかりです。

ぜひ、自分の新たな扉を開くつもりで
参加してみてください。

男性も女性も参加できます。

詳細はこちらです。

==============================
==========
■女性社長が日本を元気に
~本気で社会を変える女性起業家が集結~
http://kahoko.blog.jp/archives/1066307374.html
========================================



追伸:

経沢さんの本でおすすめなのはこちらです。
Kindleなら99円で読めます。

『ベンチャー魂は消えない』:
https://www.amazon.co.jp/dp/B019WLLO16/


==

以上、引用させていただきました。

社長、ありがとうございました!

私が、いま、一番頑張っているのは、日本から病児保育問題をなくすことです!

ぜひ、みなさん、以下、必要な方に届けていただければ嬉しいです!

キッズラインは、病児保育の際のシッターの数と質をパワーアップし、システムも便利にして、

6月中は、どなたさまでも病児保育の無料体験ができるようにしています!

↓  ↓



ばたばたしていますが、

楽しみでしょうがない、

今週末6月10日(土)の「女性起業家サロン」のオフラインイベントに向けて
着々と準備が進んでいます
今回のイベントの運営に携わるのは、
「女性起業家サロン」に在籍する現役の女性起業家たち。

13

 そして、私自身が個人的にもめちゃくちゃ楽しみにしているのが、

目玉の「起業家対談」です!



◼︎【今回の見どころ】


CtoC、シェアリングエコノミースタイルで「社会を変えようとする」女性起業家と対談させていただきます!


前回よりパワーアップした第1部「女性起業家対談」では、

株式会社タスカジの和田幸子氏、スナップマート株式会社の江藤美帆氏をゲストに迎え

・退職〜起業

・そして基盤づくり
に至るまで、
時系列に沿って、事業立ち上げ時のスピードアップの秘訣や収益化のポイントなど、より実践的なアドバイスをいただきます。

59



そして、今日は、女性起業家サロンのイベント運営メンバーからの

「イベントの開催のお知らせ」を掲載させていただきます。
 


↓  ↓  ↓

女性起業家サロンでは、
610日(土)に「起業で社会を変える」本気の女性起業家たちが集うイベントを、
アルコタワー
17階「シェアすぺ」(目黒)にて開催します。
http://peatix.com/event/265139/view
 

イベントバナー

 


 

また、上記見所の第一部のあとは、

【第2部】「女性起業家による自社商品サービスの1分間PRタイム」や

【第3部】「大交流会」では

「女性起業家サロン」ならではのアイデアを学び、人脈をつくることもできます。

 

◼︎前回の参加者からの声

「オンラインでも多くの学びのあるサロンですが、経沢さん、ゲストの方々、参加者それぞれの熱意を直に感じることができるイベントでした。中でも、経沢さんの『正しいことを正しいやり方でやれば、必ず結果は出ます』という言葉が、起業・経営は安定しないものだから不安になってもしかたがないという、これまでの私の起業の捉え方を180度変えました。」

 

「イベント後は、経営の知識もほとんどなく、子育てをしながら起業するという事に対して漠然と持ち続けていた「不安」が具体的な「課題」に変化し、更に具体的な「タスク」へと変化してきました。これまで不安のせいでなんとなく進めなかった私が、実際に起業に向けて行動できるようになったと感じています。」


「起業はまだ少し先になりますが、いつか私もあちら側(登壇者側)になりたい、という気持ちも日々のモチベーションとなっています!」  


・・・と大好評でした。

 

本イベントは「女性起業家」と銘打っておりますが、
男女問わずご参加いただけます。

また、サロンメンバーはもちろんのこと、メンバー以外の方の参加も大歓迎です!

 

女性起業家サロンに1ヶ月無料で参加できる特典も付いていますので、この機会に是非活用してみてくださいね。

 

◼︎こんな方にオススメ!

・既に起業しているが、より事業拡大を図っていきたい

・個人事業主、フリーランスから法人化を目指している

・現在会社員だけれど、将来的に起業を視野に入れている

・副業でもっと稼げるようになりたい

・会社の仕事以外に、何かやりがいをもって取り組めるものを探している

 

一つでも当てはまった方にぴったりのイベントが、「女性起業家サロン」オフラインイベントです!

 

「女性起業家サロン」は、起業家の経沢香保子をコーディネーターとして、「起業で社会を変えたい」という目標をもつ本気の女性起業家のための会員制コミュニケーションサロンです。

今回のイベントは、上記サロンのリアルな交流の場として開催され、女性起業家をゲストに迎えたパネルディスカッションや交流会など、オンラインを飛び出した体験型イベントとなっております。

 

【イベント概要】

◆日時:2017/06/10 () 13:00 - 15:00

◆場所:目黒雅叙園アルコタワー17F 「しぇあスペ」セミナールーム(目黒駅から徒歩5分)

http://peatix.com/event/265139/view

 

◆イベント内容

【第1部】経沢香保子、和田幸子氏(株式会社タスカジ 代表取締役社長)、
江藤美帆氏(スナップマート株式会社 代表取締役社長)による「女性起業家対談」
*対談トピック(予定)

     TOPIC.1《退職〜起業》

      スピード感を持って事業を立て上げるコツについて

     TOPIC.2《起業〜基盤》

      収益化(金銭面の安定)の為に行った事について

     TOPIC.3《その他》

      女性でよかったと思う事について
 

【第2部】女性起業家による自社商品サービスの1分間PRタイム 

【第3部】参加メンバー交流タイム

 

◆参加費

・女性起業家サロンメンバー:無料

・ゲスト参加の方:5,400

※女性起業家サロン(月額5,400円)に1ヶ月無料で参加できる特典付き!

 

申込み・イベントの詳細はこちら:

http://peatix.com/event/265139/view

 

 

■本気で社会を進化させる女性起業家が結集する「女性起業家サロン」のご案内

 13497555_1129928207064755_3405152242111214906_o-2

起業家の経沢香保子をコーディネーターとして、「女性が輝く社会」の実現を加速させるために、「本気で社会を変える 女性起業家」が結集し相互に支え合う仕組みとして設立されたのが「女性起業家サロン」です。

女性起業家や弁護士、会計士、投資家等ゲストコメンテーターとして各分野の専門家約10名にも参加いただいており、起業の最新トレンドや分析、様々なカリキュラムをコンテンツとしている他では見られない内容です。

https://synapse.am/contents/monthly/woman_kigyou

 


 


私が主催させていただいている


本気で社会を変える女性起業家サロン


通常はフェイスブックグループで活動しているのですが、


44



不定期で開催しているリアルイベント及び交流会を以下開催します!


なんと上記サロンのメンバーは参加費無料で、豪華内容となっています。ゲスト参加も有料ですが一部ございます。



こんな方へ


いつか起業してみたいと思うけれども、とっかかりがわからない

自分なんかに起業できるのかな、と感じている方

どんな人たちがどんな風に起業を目指してるのか知りたい

自営業から脱却して、社会を変えるビジネスに進化したい方

高い視点をもって人生を楽しむ友人が欲しい方

女性起業家にあってみたい方

経沢香保子にあってみたい方


以下はブログの女王、影響力の女王のあさぎさんの前回の詳細レポートです。




知る人ぞしる外資系OLみどりさんの詳細レポート




他にもとってもわかりやすいブログ記事



↑    ↑    ↑

上記のように、めっちゃ大好評だったので、次回も、より事務局が練りに練って、盛り上げてまいります!



↓   ↓    ↓


 

【経沢香保子主催「女性起業家サロン」オフラインイベント】
 

起業家の経沢香保子をコーディネーターとして、「起業で社会を変えたい」という目標をもつ本気の女性起業家のための会員制コミュニケーションサロン。


今回は、経沢香保子基調講演や、オンラインサロンのメンターをゲストに迎えたパネルディスカッションなど、オンラインを飛び出した「女性起業家サロン」体験型イベントです。

サロンメンバーは勿論のこと、メンバーではない方の参加も大歓迎!年齢性別問わず大歓迎です。


申込みはこちら:

http://peatix.com/event/265139/view


イベントの詳細

■スケジュール

- 2017/06/10 (土)
12:30 開場
13:00 イベント開始
15:00 イベント終了


■イベント概要(予定)

【第1部】経沢香保子とゲストの対談(ゲスト:タスカジの和田幸子さん、他)

【第2部】サロンメンバー(希望者)による各1分宣伝タイム

【第3部】サロンメンバーの交流タイム


◆日時:2017/06/10 (土) 13:00 - 15:00 

◆場所:目黒雅叙園アルコタワー17F 「しぇあスペ」セミナールーム(目黒駅から徒歩5分)

◆参加費:
・女性起業家サロンメンバー:無料

・ゲスト参加の方:5,400円
今回は、サロンメンバー以外の方もご参加いただけます。

※女性起業家サロンに1ヶ月無料で参加できる特典付き


38


「口は災いのもと」というのは、会社を経営していると、より、痛感するし、公私ともに、ダイレクトに影響を受ける。

特に、私の場合はテレビでコメントをする仕事もしているので、より慎重にならざるを得ない。

うっかりの、たった一言が、いつまでも一人歩きしてしまうこともある。一度口にだしたら、言葉は消せない。

相手に対してよくない感情を持っているとき、
同時に、話している相手に対して好かれたいという思いを強くもつとき、

なおさら気をつけなくてはいけない。

「たとえば」のような話から、誰もが納得できるたとえにならず、誤解をされ、湾曲して、間接的に伝わり、相手の心に鉛のように重くよこたわってしまうこともある。

お酒の席などで、場を盛り上げようと、サービス精神を発揮していった冗談の一言が、昼間に言葉だけが「再現」され、ビジネスの場所で自分自身の評判を下げることもある。

==

その場にいない人の話を聞き出されるときは、理性を働かせないといけないし、情報伝達は本能的におこなってはいけないな、とつくづく思う。


経営者なら、手痛い失敗をしても、実績や経験で、なんとか挽回できることもあろうし、周囲が合理的な人たちに囲まれているので、受ける誤解も最小限かもしれないが、


政治家こそ、失言で職を失う可能性が最も高い仕事だな、と、複雑な気持ちで、テレビを見ながら思うことも多い。

そんななか、伊吹文明元衆院議長が失言を避けるために留意すべき6つの「た」を所属議員に訓示したというニュースを見た。


6つの「た」とは

(1)立場をわきまえて発言すること
→失言したら、応援してくれた有権者に大変な恥をかかせるから

(2)正しいと思っていることを話すとき注意すること
(3)多人数の場で話すとき注意すること


→正しいと思っていることを言うときに、よほど注意しなければいけない。政治の世界では、何が『公平』や『平等』か、人によって判断が違う。多人数のときは、自分の価値観と違う人もたくさん来ている」

(4)旅先で話すとき注意すること
→笑いを取って、楽しく話してあげないといけないと思うから、ついつい舌が滑る。

(5)他人の批判をするとき
→他人を批判するときは、よほど注意しないと、自分にもう一度戻ってくる

(6)例え話をするとき
→たとえ話は、非常に危険だ。例え話をすると誤解されるから


大変勉強になった。

また、ふと思ったのは、失言をしてしまうときは、

理性が緩んでる時に、うっかりとか、
怒りを抑えきれない時、爆発してしまうとか、
常日頃理不尽に感じていて思わず、言いたくなるとか、
相手に好かれたいための迎合的発言だったり、
場を盛り上げるためのサービストークだったり、

そういう心理状態なのだと思う。

だから、失言を避けるためにも、常日頃から自分のコンディション調整や、感情の整理を行っておかないと、と思う。

精神状態をフラットに、客観的に、冷静にしておくことは大切だ。

逆に、相手の方が、「そこまでいってしまうんだ」という発言をされる場合は、その方が怒りや不満を抱えていることが多いな、と思うので、それもきちんと受け止めるようにしたい。

言葉のパワーは凄いので、勇気や希望をともすような使い方をしていきたいと、改めて、思いました。


以下は、本音を綴っているので、失言があるのかもしれないと、焦りながら、Kindle読み放題に入られている方は、宜しければGWにお読み頂けると嬉しいです。










母の日のプレゼントを探している方は、大人気の以下はいかがでしょうか? ご自身にお子様がいてもいなくても、キッズラインに登録していなくても簡単にプレゼントできます。




0歳から15歳までのお子様がいて、キッズラインをまだお使いになったことがない方は、以下ぜひご活用下さい!





↑このページのトップへ