キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tag経営者


ある日突然、「今日、あいてます?」とLINEがきて、娘も林間学校だし、まさに空いていた私は、内容も尋ねずに「あいてます〜」といったら連れていっていただいたのは映画「関ヶ原」

まさに、今の私がみるべき映画、っていうか、自分の小ささを実感。

中学受験の夏休みに「天下分けめの関ヶ原!」と周囲が色めき立ってたのを思い出しますが、未来を分ける大切な戦い。今の日本の未来を分けたともいわれていますよね。




この映画の主人公は「石田三成」です。岡田さん扮する、石田三成、すごく魅力的にみえました。

岡田さんはこの撮影中、実際に髪を剃ってこの半坊主頭にしてたとおっしゃっていて、「え、役作りですか?」ってきいたら「いやいや、毎日ズラつけるのがめんどくさいからw」と笑ってらっしゃいました。(髪とか髪型とかの概念を払拭させるほどに十分な顔面!)

と、そんなふうに言っていても、その役の迫力は凄まじく、映画にはずっと引き込まれました。


歴史マニアではないのですが、この映画では、石田三成と徳川家康を非常に対照的に描いて盛り上げていることが伝わってきました。「大義」を重んずるのか、あくまでも「利」にこだわるのか。

そして、部下たちはトップのビジョンについて行くのか、お金や名誉を取るのか。

(監督は、60歳をすぎて、石田三成の義を重んずる生き方がわかるようになり、心揺さぶられたというようなことをおっしゃっていたそうです)

心もざわざわするような場面をはじめ、もちろん激しい戦いのシーンにも強い衝撃を心にくらいました。

じゃあ、未来を分けるのはなんなんだ?

日々経営をやっていると、戦いに例えられることも多いです。情報戦や部下の裏切りもよくあるシーンでもあります。だからでしょうか、多くの経営者は歴史に学べとおっしゃいます。

確かにそうですし、学ぶことは多いです、ですが、この命がけの人たちの決断に比べると、私の悩みなんてちっぽけだという意味でもこの映画をみてよかったなーと。

現実の世界で、「え、ちょっと?」っていう場面があったら、映画の壮絶なシーンを思い出そうと思いました(苦笑)


とくに、一瞬の決断が天下を分けるほどなんだ

天下分けめの戦いはたった1日の出来事です。たった1日で天国か地獄か決まるんです。当時なら多くの命を犠牲にします。

その前に水面下で行われるトップの思想や判断が多くの人を巻き込むのだと、改めて自分の決断の精度をしっかり上げていかねばと、常に最高のコンディションで物事を決断し推し進め、周囲を幸せに導いて行きたい思った次第です。

たぶん、もう1回観に行くと思います。

(映画中は、歴史解説はあまりないので、その部分がおいてけぼりにされたと思われる方もいるそうなので、あくまでも個人の感想です!)



そして、これから徐々に歴女化して、経営者としての思想を新たな側面からも深めたいと思いました。














前からお会いしたいと思っていた経営者の方にやっとゆっくりお会いできました。

お若いのですが、すごくすごく実績も残されていて、活躍の幅も広くて、お会いする約束をいただいてから、会う方々に、

「●●さんって、どんな方ですか?」と聞いてみたのですが、みなさん口を揃えて

「いやー、彼は、天才ですね!ほんと、天才!」

っていうので、天才って? どんな人なのかな〜ってワクワク思ってました。

実際に、お会いしたら、楽しくて数時間が一瞬だったのですが、帰宅の道で、本当にすごいーーーって改めて咀嚼中。

私の中ではお会いしたばかりなので、その天才っぷりが、まだ、うまく言語化できてないのですが、

コミュニケーションの中ですごいなと思ったのは、

誰かの評判が下がるようなことは絶対に言わない、上手に褒める。でも、嘘でも、おべっかでもない上手な言い方。


いろいろな方にお会いすると、主観的に感じていることを、いかにも客観的のように表現したり、誰かがいっていたという言い方をしながら、相手や不在のどなたかの評判をさげたりする方も中にはいて、そういうのって、ややこしい表現が、マイナスの風評に繋がりやすいと私は思っているのですが、

そういうのは絶対にされないばかりか、一ミリも嫌味がなく、その人やそのサービスのいいところをみつけて褒めるんです。

頭がいい人って、時に批判的なスタンスになりがちですが、やっぱり長い時間一緒にいるとすごく疲れてしまうところがあると思うし、

どうしても、そういうスタンスで生きていると、周囲から警戒されたり、どっかで敵を作りがちになってしまうと思うので、心がざわつく時もあるかもしれません。

でも、みんなが天才というその方と一緒にいると、終始、自分までいい人になったかのような、ちくりと感じるようなことが一ミリもない、ふわっとした優しい気持ちになりました。

彼の悪口や彼のマイナス評価をいう人がいないのは、彼自身が誰かのマイナス評価をしないのだと思いましたし、

みんなが彼のことを素敵に表現するのは、彼自身が周囲の人を素敵な心地にさせてくれるからなのだと思いました。


会話でも、経営手法でも、いろんな波を、雑念やよこしまな気持ちなく、うまく正確に把握して、受け入て、そして、上手にバランスとって乗りこなしている自然体な感じがして、それも素敵だったし、
天才って、もしかして、相手のいいところを引き出す人なのかなと思ったり、

大変、楽しくて、勉強になる、あったかい時間でした。私もそんな人間に近づけるように頑張ろうと思いました。



女性起業家サロン、メンバーも増えていて、がんばってます!




キッズラインもよろしくお願いします!













投資家の方にはすごくお世話になっていて、いま、自分がこうしてあるのは、すべての投資家の方のおかげだと思うので、私が偉そうに言える立場ではないですが、(端くれではありますが、投資家という側面もあるので)

最近、ある投資家の方に「いい投資家と悪い投資家の違い」の話を聞いて感銘を受けました。

私自身の話ですが、いまから、10年以上まえに、1回目の起業の時に大型資金調達を経験しています。

そして、最近の投資環境や契約書と比較してみると、現在までの間に、環境も進化し、投資してくださる方もすごく増えた分、投資契約書もかなり高度になっているなーと感じる機会がありました。

10年経って投資環境がかわっても、それと比較して創業経営者のキャラというのが大きく変わったということはない気がします。変わらず、リスクテイカーであり、契約書が苦手な人が多いような気がしていて、投資契約の内容をあまりよくみないまま投資契約を結んでしまうことこともある気がしています。

同時に、投資側はノウハウ蓄積し契約書を進化させるけど、創業者側の経験は蓄積することがほとんどないということだからかもしれません。だからこそ創業者が見逃してはいけないこともあると思います。

ま、私自身にそのような傾向があったということだけなのかもしれませんが(苦笑)


1回目の苦い思い出として、、

そこで、のたうちまわりつつ学んだのは、



最近、女性起業家が増えてきて、女性起業家にも出資したいという投資家も増えているように思うのです。

でも、コンセンサスが上手にとれないままもめてしまうとお互いにとって良くないので、せっかく未来の可能性を増やすために出資を受けるのだと思うので、女性起業家サロンに投資を受ける際の注意点について書いてみました


女性起業家サロンでは、なかなかおもてでは共有できない経営の本質や、気づき、そしてみなさんの悩みなどに回答しています。毎月1回以上豪華講師陣によるセミナーもあるので、かなりお得な内容となっています。

いま、受付中(残席わずか)のセミナーは以下です。

本気で社会を変えようと思う女性起業家、予備軍の皆さん(男性も参加可能)
ぜひ一緒に未来を変えていきましょう!


私は人生で、どっちの道を選ぶか迷った時に、あえて遠くを見るということをします。
遠くというのは、たとえば、自分の3年後とか5年後とか、理想の状態をイメージして、
その状態を達成している自分なら、いま、どっちの道を選ぶんだろうかという視点。

最高の人生を生きる時、最高の会社を作る時、果たしていま、私が立ってる、その分かれ道は、どっちに進むべきなのか?

進もうとしている道は、本質的なのか? 知性的なのか? 長期的によいものとなるのか?
短期的、享楽的、見栄みたいなものに流されてないのか。

今回は、久々にアナログに書き込み式の手帳まで用意して、具体的にイメージしていった。

===

そんな中でちょうど読み始めた、話題の新刊、岡島悦子さんの『40歳が社長になる日』

image

もう、勉強になることばかりで、イスピレーションが湧くことばかりで、手帳にメモしまくりで、おせっかいにも、Twitterにメモリすぎて。






















あまりにも呟くので、関係者に怒られるかと思いきや、な、な、ななんと! 著者の悦子さんからは、

00

そして、箕輪さんも「やりましょう!」といってくださったので、絶対に実現します。女性起業家サロンのメンバーめっちゃ喜ぶだろうな。悦子さんの女性が活躍するための理論、私もすごく共感するので、いろいろと教えていただきたいと思っていたところでした。願いって叶うんですね。悦子さん、箕輪さん、ありがとうございます!

本当に、脳みそをぐぐっと広げてくれる、素晴らしい本でした。





✳︎ツイートの途中で、40歳が社長になる日が正しいのに、時折「40歳で」となってしまいまして、大変申し訳ございませんでした。お詫びして訂正いたします。





ある尊敬する経営者に教えてもらった言葉。

とても心に響いたので書いてみようと思います。

その人は、長い間苦労しながらも、事業も、大成功をおさめたからか、

忍耐強さは飛び抜けて一流で(肉体的にも精神的にも)

だからこそ周囲にも優しく、本当に強い人だなーとリスペクトしていたのですが、


そんな彼でも「命の危険すら感じる、ハードな出来事」があったそう。

確かに、話を聞くと壮絶

彼自身も、彼ほどの人でも、苦しくて途中で逃げ出したくなったほどだったとか。

でも、逃げるわけにはいかない

そんな風においつめられた彼は、真夜中に、やって立てなおったこと。それは、


「どんとこーーーい!」 と思いっきり空に向かって叫んだこと

だったそうです。

なるほどーーーと、感動してしまいました。

===

どんとこいとは、言葉の意味を調べてみると、

こちらに向かって来るものを、確実に受け止めるという心意気を表す語。



どんなに苦しくても、大変でも、逃げる訳にはいかない、乗り越えるしかない、

そんなときは、「かかってこいやー、何でも乗り越えてやるぞっ」という覚悟してしまったほうがいい。

覚悟した人は強い。そして、覚悟の強さが、「どんとこい!」が、唯一のゴールへの道なのだと思います。


私も、いまのキッズライン日本の新しい育児インフラになるまで、絶対にやり続ける!

という覚悟があるので、

「どんとこいマインド」

で、しっかりこれからも邁進していきたいと思います。

===

最近は、noteの更新にはまっています。

嬉しい反響がすごく増えてきて、購読者も増えてきて、ありがたく感じています。

ブログには書けない話で、みなさんの勇気やエネルギーになる内容でこれからも書いていきます。


最近の更新で反響が良いものは、

お金の話

運気の話

高級着物を激安で着れる話





そして、先月の人気ランキングは以下です。

どのような記事を書いているのかの一覧は以下よりご覧いただけます。

月刊『経沢香保子の本音の裏側』

56
09

一覧こちら









↑このページのトップへ